2016-04-27

劇団四季 「アラジン」

えー。。。

毎度ですが、ご無沙汰しております。

とりあえず、劇団四季モノについては「新しい演目だけは必ず観る」というのを自分に課しておりまして、この演目も最初の一年はなかなかチケットが取れず、ようやく最近になって初観となりました。

大変申し訳ないのだけれど、「リトル・マーメイド」が思ったよりつまらなくて、ブログに記事をアップする気にもなれず。。。 
って、こんなことを書くと、四季ファンに大ブーイングされそうですね。 でも、どっこいぱんだも大の四季ファンですし、かれこれ30年のお付き合い。
なので、なるべく贔屓したいのであえて記事にしなかったというのが本音です。 まー、一言で表現すると「お子様向き」だったというだけのことなんですが。。。

それで。

これですよ、これ。 「アラジン」!!

ザ・面白い!!!!!!!


四季のディズニーものは、あの山口祐一郎大先生がバッくれた(?)「美女と野獣」でケチがついて以来、ずーっと心の奥底で敬遠しなから観ていましたので。。。 
今回もあまり期待はしていなかったのですが、良い意味で完全に裏切られました。 
衣装・舞台美術はもちろん、楽曲の良さ、キャラクターの立ち具合、シナリオの素晴らしさは秀逸です。 でも、ぱんだ的にいつも気になるのは、なんといってもストーリー。 これが面白いか面白くないかで、すべてが決まると言っても過言ではないと思うのは、ぱんだだけではないと思います。
「アラビアン・ナイト」(千夜一夜物語)。。。 この世界中で親しまれている児童文学は、ダテじゃなかった!!!
その中でも、「アリババ」「アラジン」「シンドバッド」の3作は別格で、誰もが一度は本で読んだり、映画を観たりしたことがあるほど有名なので、今さら説明するまでもないですよね。 「面白い」ってこういうことなんだと、改めて教えてもらったような気分になりました。
今まで、四季のディズニーもので唯一「もう一度観たいかも」と思ったのは、「ライオンキング」のみ。 これも、最初は手塚治虫氏の「ジャングル大帝」のパクリじゃんかと勝手に決めつけて敬遠していましたが、演出力と舞台仕掛けに度肝を抜かれ、ポカンと口を開けながら夢中で観劇したのを思い出します。
今回の「アラジン」は、それにストーリーの面白さもプラスされていますので、これはもう久し振りの大ホームランと言わざるを得ません。

主役は、一応タイトルロールのアラジンなんですが、完全にジーニー(ランプの精)が持ってっちゃってます。(wwwwwww) そこがまたこの演目の「美味しい」ところ。
本当に、久し振りに「大エンターテイメント」の舞台を堪能させていただきました。
初演から一年経って、チケットも取りやすくなったみたいですので、ご家族連れでお出かけください。

あ、ちなみにぱんだが観た日は、どこぞの中学の団体さんがご一緒でした。  「うるさいっっっっ」とデカイ声で生徒を威嚇する先生、あなたの声の方がよっぽどウルサイです。。。

この子たちの中から、将来、ミュージカル界の花形スター(古!)が生まれることを、切に願いつつ。。。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

naopan555

Author:naopan555
「ぱんだ」と申します。
東京・世田谷在住のカバン大好き女子!
ダンナと猫の3匹(?)暮らしです。

☆ 応援、ありがとうございます!励みになります!


人気ブログランキングへ

☆ ブログ分析のランキング投票です。こちらも励みになります!よろしくですーっっ!
blogram投票ボタン

☆ よろしければ、ポチしていって下さいませね! 後ほど、伺わせていただきます!
おきてがみ


☆ ようこそいらっしゃいました! ご訪問、ありがとうございます!



☆ 2009.7.24より、カウントスタートしまーす!

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
<今日のタロット>
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード