--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-10-17

舞台 「桜の森の満開の下」

台風が去り、爽やかすぎる風が吹きぬけまして、なんだかめっきり肌寒くなってまいりました。
皆様、体調などくずしされてはいませんか?

そんな中、昨日初日を迎えた珍しい舞台を観に行ってきました。

アッキー・ネタは続くよどこまでも。

ということで、我らがアッキー(中川晃教くん)がまたぞろ新しいことにチャレンジするってんで、はせ参じたわけでして。。。
場所は、渋谷セルリアンタワー内にある能楽堂です。

まず、「能楽堂」なんてものが、渋谷のど真ん中にあるっていうのも相当珍しいことだと思いますけどね。
行ってみたらあなた、凄いじゃありませんか。 もうもう、完璧なんてものではなく、舞台屋根部分はちゃんと茅葺っぽい!
都会の喧騒からは真逆の別世界に、土足で踏み込んだような、そんな気分にさせるほど神聖で静謐な空間。。。(いつだったか、能楽堂の「能舞台」は宇宙そのものを表しているというハナシを聞きました)
これはもう、期待できるってなもんじゃありませんかっっっ。

当初、この演目についてぱんだはナンの知識もなく、能楽堂で演じるとしたら、能か狂言しか思いつくこともないまま時が過ぎ。。。チケット買ったはいいけど、「アッキーと能&狂言ってどーなのよ?」などと漠然とした不安感を抱きつつおりましたところ、どうやらいつもの朗読劇だと聞いて、ホッとするやら、ガックリするやら。。。

はたして、その真相は。。。


ということで、ここからはネタバレ御免でお願い致します。


先ず。


一言ではちょいと表現に困るような、複雑怪奇な演目なのです。

うーむむむむ。
突っ込みどころは、満載なんだけれども。。。


ストーリーは、とっても恐ろしくてドロドロしているのに!!! そのあまりにも凄すぎる設定に、ぱんだはちょっと滑稽さすら感じたくらい。 
荒くれ者の山賊が通りがかりの夫婦を襲い、亭主を殺して女房を自分の女にしてしまいます。 この女は、山暮らしに耐えられず、山賊を説き伏せて都へ連れて行き、そこで次々と殺人を犯させて生首を運ばせ、首人形遊びに興じるという、ちょっと「ハァー?」的な内容。
その後、都暮らしに飽きた山賊は山に帰る決心をし、女も一緒に連れて行くことに。。。そして。。鬼が。。
まー、いくらネタバレとはいえ、ここまでにしておきます。

アッキーは、もちろん山賊の役なんですが、これが、粗野で荒くれの山賊っぽさはゼロ。 むしろ、都のやんごとない王子様って感じで、この役はアッキーじゃないほうが良いのではと思ったりもしたんですけどね。 (パンフレットのお写真なんて、「チャン・グンソク」かよっっっていうくらいな美形ぶり)
ハナシが進むうちに、これはアッキーじゃないと成立しないんじゃないかと思うに至り、ラストシーンでは、アッキー節の大炸裂で、ひぇぇぇーーーーーーーーーっっっっっっっ申し訳ないですーっっっごめんなさーいっっって、土下座したくなるほどの圧巻演技。
いやー、アッキー様。 御見それ致しました。 あなたの演技力には、本当に、衝撃を受けました。

まさに、渾身の「慟哭」でした。。。


そういえば。。。
こういう、青筋が立つようなとんでもないシーンは、アッキーの得意とするところだったと思い返し、この演目のオファーがきた理由が大いに納得できました。

朗読劇でありながら、それを感じさせないのは演出の良さだろうと思います。
アッキーは女性の台詞も担当していたので、最初は低い声で登場し、途中で裏声を使って女性になりきっていました。
口調も、口語的ではなく、あくまでも能っぽい朗読。 これは、かなり練習したのではないかと思われますが。。。

義太夫や笛など、古典芸能をふんだんに使いながら、ちゃんと内容は聞き取れたというのもGOODでした。

出演は、他に市川ぼたんさん、いいむろなおきさん。
演出は、大河ドラマ「独眼竜正宗」で幼少時代の正宗公、梵天丸役だった藤間勘十郎さん。
作者は、坂口安吾さん。

行って良かったと思います。 甘くて、切なくて、恐ろしくて、哀しくて、あまりにも美しい舞台でした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

naopan555

Author:naopan555
「ぱんだ」と申します。
東京・世田谷在住のカバン大好き女子!
ダンナと猫の3匹(?)暮らしです。

☆ 応援、ありがとうございます!励みになります!


人気ブログランキングへ

☆ ブログ分析のランキング投票です。こちらも励みになります!よろしくですーっっ!
blogram投票ボタン

☆ よろしければ、ポチしていって下さいませね! 後ほど、伺わせていただきます!
おきてがみ


☆ ようこそいらっしゃいました! ご訪問、ありがとうございます!



☆ 2009.7.24より、カウントスタートしまーす!

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
<今日のタロット>
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。