2014-09-03

映画 「イン・ザ・ストーム」

9月に入り、夏らしさがめっきり消え失せ、秋の雰囲気が漂い始めましたね。
でも、この涼しい天気、ぱんだは全然信用しておりません。 まだまだ残暑が続くと思われる今日この頃。。。

9月1日は「防災の日」ですが、意識したわけではないのだけれど、タイトルの映画「イン・ザ・ストーム」を観てきました。
自然災害の恐ろしさを、「これでもか式」に見せつけてくれる、それなりに「良い映画」でしたわ。。。
まー、面白かったかと問われれば「。。。えー。。。。はい、まあ。。。」ですが、面白くなかったかと問われれば、以前に「ツイスター」という全く同じような内容の映画があり、ぱんだはそちらも映画館で観ていたのでついつい比較すると、「ストーリーに何のひねりもない」という理由で「うーむ。。。ですねぇ。。。」という感想にもなります。
もちろん、CG技術のレベル差は歴然ですが。。。まー、パニック映画系っていうのはどーしてこういうストーリーにしちゃうのかしろとケチをつけたくなるくらい同じパターン。 いやいや、これはハリウッド映画の王道として、あえてパターン化しているところを理解した上で「観るなら観ろ」ということなんでしょう。
違うところといえば、以前の「ツィスター」では、牛とかトラックが空を飛んでいましたが、今回は飛行機がすっ飛ばされてました。(wwwwww)


それよりもっっっ!

ぱんだが注目したいのは、欧米人と日本人のリアクションの差ですよっっ。

毎月1日は、映画が1000円で観られるということもあり、雨の中をデートで来ているお客さんもそこそこおられました。
ぱんだの斜め前に座っていたカップルは、女性が日本人で、男性が欧米人(たぶん、アメリカ人。でも、見た目だけでは判断できませんので、ここでは欧米人とさせていただきます)でした。
この二人、予告編からペラペラと日本語&英語のチャンポンでしゃべっていましたので、ぱんだは「本編では静かにしてくれよー」と心の中で祈っておりました。
さて、本編が始まり、女性の方はさすがに静かにされておりましたが、この欧米人くん、場面の内容にいちいち反応して、「オゥッッ」とか、「オッオゥーーー。。。」とか、「ワァオ!」とか、周囲にまる聞こえの大声で奇声を発し、ときには「ワッハハハハハ」と、どーみても笑う場面ではないのに大爆笑。
もちろん、お約束のデカいポップコーンをバリバリ食べながら、缶ビールは常時手放さず。。。
さらに、ちょいと悲しい場面では大泣き。。。人一倍涙もろいぱんだでさえ、「ここで泣くか?」と思うほどの場面で。。。

1000円で、どんだけ楽しんどんじゃいっっっっ!!!???

まー、もちろん。

いいですとも。 泣いても笑っても、楽しみ方は人それぞれ。
たぶん、対訳を介さずに、ダイレクトに英語が理解できるという強みも相まって、日本人より反応が深いのはあたりまえ。

でもっっっ。

「映画館で、映画を観る」という行為をもってして、日本人と欧米人の「文化の違い」を大いに痛感させられましたわー。
純粋に映画を楽しもうとする、あのテンションの高さ。。。。見習いたいような、見習いたくないような。。。


えー。

それで、その後は、ぱんだの年に一度のお楽しみである、高級鰻店で、その店で出している一番高価いランクのウナギ様を食しにいきました。

午後5時から予約を入れていたのですが、5時半から20名の団体様の予約と重なってしまい、狭いお店内には次から次へと人とが集まりだし、せっかくのウナギ様の味が良くわからんようになってしまいましたわ。。。
それが、60~70歳台とおぼしきオッサンたちの集まりで、結局集まったのは17名。 内、2名が女性でしたので、15名のオッサンが所せましとワイワイガヤガヤ。
それがこのオッサンたち、「15つ子」かと錯覚するくらい似ておりまして、バーコード頭にメガネ、シルバーっぽいだふだぶジャケットの下には暗い色のポロシャツ、そしてチャコールグレーのスラックスに黒い革靴といういでたち。 まるで、ユニフォームかよっっっと突っ込みたくなるくらい、超ソックリさんたちでした。
地下のフロアーだったので、ぱんだは階段を下りてくるオッサンたちを見る位地に座っていまして、「あ、また同じようなオッサンがっっ」と思いながらウナギ様をバクついておりました。 まるで、今ここにいた人が、いったん上階へ行き、また降りてきたのかと思わせるくらいの激似ぶり。。。
一体、ナンの集まりの方々なのかは存じませんが、ぱんだたちがいるにもかかわらず、「それじゃあ、始めまーす!」という幹事っぽいオッサンAの掛け声と共に、主賓らしいオッサンBがおもむろに立ち上がって「えー、本日はお忙しいところ。。。」などとおっぱじめたではありませんか。
なんか、面白そう。。。と、内心ワクワクしながら、このソックリ団体を見守りたい気持ちはあったんですけど、早々に退散することになりました。

年一の、高級ウナギ様がっっっっっっっ!!!!

こんな形で終了してしまうなんてっっっっ!!!!

まー、何が言いたかったのかといいますと、日本人って、60~70台くらいになるとみんな同じ顔になってしまうのかなーと。。。。。。
特に、男性。。。それとも、「没個性」が尊重されたのはこの年代までで、これからは野球帽にジーンズ、アロハシャツにビーサンなんていうオッサンが高級鰻店で会合するような時代になっていくのでしょうか。

これも、日本人の文化なのでしょうか。。。。


そんなことを思いながら、トボトボと帰路についたぱんだでした。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

naopan555

Author:naopan555
「ぱんだ」と申します。
東京・世田谷在住のカバン大好き女子!
ダンナと猫の3匹(?)暮らしです。

☆ 応援、ありがとうございます!励みになります!


人気ブログランキングへ

☆ ブログ分析のランキング投票です。こちらも励みになります!よろしくですーっっ!
blogram投票ボタン

☆ よろしければ、ポチしていって下さいませね! 後ほど、伺わせていただきます!
おきてがみ


☆ ようこそいらっしゃいました! ご訪問、ありがとうございます!



☆ 2009.7.24より、カウントスタートしまーす!

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
<今日のタロット>
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード