2014-08-30

舞台 「Rock the Ballet 2」

昨日ですが、以前から気になっていた舞台をようやく観に行くことができました。

タイトルの、「Rock the Ballet 2」というからには、当然「Rock the Ballet 1」があるわけで、そちらの方を見逃したので、今回ははりきって観に行ったという次第。。。

場所は、東京芸術劇場のプレイハウスです。
いやー。。こういう用事がない限り、極力足を踏み入れたくない「池袋」という街は、相変わらずのごった返し感で満ち溢れておりました。

そんな、大都会の喧騒からは真逆といえるバレエの世界。。。
とはいえ、バレエであってバレエではない、クラシックであり、ポップスであり、モダンであり、まー、タイトル通りのロックンロールなわけであります。

今回は、アッキーが「アン・パレ」で共演し、「ロミ・ジュリ」では見事な死神役を演じた大貫勇輔くんがゲスト出演。
「アン・パレ」では、あの天下無敵のアッキーが舞台中央で懸命に歌っているのにもかかわらず、ぱんだは不謹慎にも、その後ろで、通常ではあり得ないほどの高水準技術で踊っている大貫くんしか目に入らなかったという超逸材のダンサー様。
「ロミ・ジュリ」でも、天井から静かに、いえいえ、かなり不気味に、スゥーーーーーッとアクロバテイックに頭から降りてきた死神様。。。もうもうもう、あの時の大貫くんは、まさに神聖な「神」そのものでした。

その大貫くん、ゲストとはいえ、本格参加でほぼ出ずっぱりの状態。 これはっっっっ!!!!!
四の五の言わずに大いに楽しんだ方が良かろうと思い、休憩をはさんでの90分間、存分に堪能させていただきました。

男性7人、女性1人という構成。 
80年代に流行したロックに合わせて、舞台の上を所狭しと踊りまくるエンタメ・ショー。

ぱんだは、これって何かに似ている。。。というか、どこかで見た覚えがあるという気がして、舞台を観ながらずーっと考えていたところ。。。

そーだっっっっっ!!!!

「アメリカン・ダンス・アイドル」だっ!!!!!


ぱんだは、休憩時間にトイレにもいかず、パンフレット売り場へ猛ダッシュ。 ペラッペラで、どーみても300円くらいの価値しかないパンフレットを、大枚1000円も出して購入。
そこで、出演者たちの経歴などを見てみると。。。やはり、いたいたいたっっっ。 いましたわーっっっ。
「アメ・ダン」(「アメリカン・アイドル」のプロデューサー、ナイジェル・リスゴーがダンス版の「アメ・アイ」を作っちまえということで始まったアメリカの人気TVリアリティー・ショー)出身者がっっっ!!!!

ぱんだも、CSでよく視てましたよー。
プロ・アマ問わず、「我こそは、アメリカ一のダンサー様よ」と思う連中が、全米中からこの「モンスター」的オーディション番組にはせ参じ、ひとり、またひとりと脱落していくという。。。
TOP10くらいに残ると、やはり全米中の視聴者が自分のお気に入りに電話やネットで投票し、最終的に優勝者を選ぶというものなんだけど、生き残った本格派ダンサーたちの「マジ」ぶりが凄すぎて、傍観している日本の視聴者でも興奮しまくりです。

ロックやラテン、ときにはワルツのリズムに乗って、3分間のショーを披露して採点されるんですが、そのバトル・シーンを観ているかのような舞台でしたねぇ。 懐かしかったなー。

まー、そんなわけで。

ダンサーたちは超一流どころ。 あのスペシャル極まりない大貫くんが「日本で、自分は特別だと思っていたけど、彼等と共演してみて、フツーだってことを思い知らされた」と言わせるくらいの逸材さんたちが、「アメ・ダン」を生で演じてくれているわけですから、それを観ているこちらとしては、「生きてて良かったぁー」となりますよね。

今回は、さすがに大貫くんのファンの方々が多く足を運ばれたご様子で、大貫くんのソロでは格段に拍手の量が違っていました。  でも、ぱんだの「公平???」な目で観ても、大貫くんは決してフツーではなく、遜色がないどころか上手さが目立っておりましたわ。 やっぱり、「選ばれた人」感があるのでしょう。 舞台オーラが半端なかったです。


次回も、日本で公演してくれることを切に望みます。

「アメ・ダン」好きな方は、必見かも。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

naopan555

Author:naopan555
「ぱんだ」と申します。
東京・世田谷在住のカバン大好き女子!
ダンナと猫の3匹(?)暮らしです。

☆ 応援、ありがとうございます!励みになります!


人気ブログランキングへ

☆ ブログ分析のランキング投票です。こちらも励みになります!よろしくですーっっ!
blogram投票ボタン

☆ よろしければ、ポチしていって下さいませね! 後ほど、伺わせていただきます!
おきてがみ


☆ ようこそいらっしゃいました! ご訪問、ありがとうございます!



☆ 2009.7.24より、カウントスタートしまーす!

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
<今日のタロット>
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード