2014-04-20

朗読劇 「あの日、星は重かった」

昨日ですが、久しぶりにアッキーご出演の朗読劇に行ってきました。
初日・初回ということもあって、観客の入りはまあまあでした。 場所は、天王洲の銀河劇場です。

最近の朗読劇はいろいろと工夫をしているようで、今回は出演者に人気声優さんを起用し、歌も歌いまくるという、エンタメ性バリバリの作品となっています。

いやー。。。

これが。。。

いやいやいや、でもでもでも。。。。

なんというかなーっっっ。。。


内容的(ストーリー)には、面白くもなんともなかったっつーかねぇ。。。。

まー、強引にお涙頂戴的寸劇を見せられた感じですわ。 この前観に行った坂上忍さん作・演出の「リバース」と比べちゃいかんのだろうけど、朗読劇にあるまじき、あまりにもユルユル・フワフワした内容なので、なかなか入り込みができなかったのです。 

「自分史」の中に、想いが深くて厚い場面。。。。
その都度に耳にしていた「音楽や流行歌」があり、「今でもこの曲を聞くと、瞬時にあの頃へと戻ってしまう」という体験は誰にでもあるもの。
それが青春時代の甘酸っぱいものであっても、悲しいものであっても、おかまいなしに「再体験」させられてしまうわけで。。。
「人生で一番美しい夜」は、もう終わってしまったけれど、(大人になり、いろいろと汚れていまったけど)もう一度くらい、最高に美しい夜に出合えるかもしれない。。。まー、そーいった感じのお話でした。


ここで。


演出的にイラッとしたんですが。。。


思い出というからには、過去に戻ったりするのはわかるけど、そのたびに思い出の曲を歌うっていうのはどーなんですかね????
まー、違う楽曲ならもちろんオーケーですが、口ずさみ程度のものから、浪々と歌い上げる系のものまで、回数にしてたぶん20回くらいは同じ曲を歌います。

おいおいおいおい、またかよっっっっ!!!!!  って感じ。 フホホ。。
  

マジで、その曲がキライになりかけましたわ。。。しかも、入れ代わり立ち代わりで4人くらいが交互で歌ったり。。。
あ、その中に、1回だけファルセット・ボイスのアッキーが歌う場面もあります。
その楽曲とは、ネタバレなんだけどユーミンの「春よこい」。 もともと、あまり好きな楽曲でもなかったところへ、ゲップが出るほどやられたら、正直もう、ノーサンキュー!!!!!!
しかも、場面ごと過去に戻ったりするので、セリフと歌のダブル・リフレインの嵐。。。こりゃ、たまらんです。。。
これって、演出家本人だけの自己満足でしかないでしょ。 酔いしれるのも、ほどほどにしてくださいませね。 


そして。


我らがアッキーですが、いつものごとく全力投球なのは素晴らしいんだけど、朗読劇なのに、あのポテンシャルは。。。

夢をあきらめて大人になった男と、11歳の夢見る少年とのギャップがかなりキツイというか、痛いといいますか。。。でも、それがある意味潔くて良かったのかも。 
それから、誰もが知っている名曲の数々を、歌唱本人より上手く歌ってしまうボーカル力を見せつけてくれ、ぱんだはとても満足ですーっっ。(wwwwwwwww)

でも、衣装は良かったでーす!
一見地味なんだけど、それぞれのコスチュームの中に少しだけ違う色を差し込んであって、面白いと思いましたわー。


他に、小野大輔さん、仁藤萌乃さん、西村直人さん、小林美江さん、高橋由美子さんがご出演でした。

ぱんだは、小林美江さんのキャラ演技にすっかり心を鷲捕まれましたわ。。。朗読劇に、どこまで「読まず」に激しい熱演ぶりを取り込んで良いのかわかりませんが。。。

凄かったですっっ。。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

naopan555

Author:naopan555
「ぱんだ」と申します。
東京・世田谷在住のカバン大好き女子!
ダンナと猫の3匹(?)暮らしです。

☆ 応援、ありがとうございます!励みになります!


人気ブログランキングへ

☆ ブログ分析のランキング投票です。こちらも励みになります!よろしくですーっっ!
blogram投票ボタン

☆ よろしければ、ポチしていって下さいませね! 後ほど、伺わせていただきます!
おきてがみ


☆ ようこそいらっしゃいました! ご訪問、ありがとうございます!



☆ 2009.7.24より、カウントスタートしまーす!

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
<今日のタロット>
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード