--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-09-09

みうらじゅん&いとうせいこう 「ザ・スライドショー12」

miura&ito


先週の金曜日、行ってきちゃいました!!!


サブカル界の大御所、みうらじゅん氏といとうせいこう氏の名物イベント、「ザ・スライドショー」。
このイベントは、みうら氏が長年撮り溜めていた膨大な写真の中から、毎回テーマに沿った内容の写真を巨大なスクリーンにスライドとして映し出し、それに対して、いとう氏がするどく突っ込むという、実に(くだらなくも奥が深い)面白しろ可笑しい企画モノなのです。

その面白さは、今回が第12回という回数が物語っています。記念すべき第1回目は1996年といいますから、かれこれ16年前。ところはラフォーレ原宿のこじんまりした会場だったのに、あまりにも評判が良かったので、出世魚のごとく会場がランクアップしていき、ついには日本武道館で開催されるに至ったという、伝説の(?)イベントなのです。
もちろん、チケットはすぐに完売。 黄金期には発売開始から3分で売り切れたというから恐ろしいじゃありませんか。。。
今年は、約5年ぶりだということで、ファン待望のチケット争奪戦。 ぱんだも「あの手この手」の策を弄し、やっとの思いで手にいれたチケットでした。 ですが、その席たるやなんと2階席の一番後ろ!!!! こんなコアな席、久しぶりに、座ったなぁ。。。フホホホ。。。。あ、ちなみに、場所は渋谷公会堂です。

このイベント、全員プレゼントなるオマケがもらえますが、今回はお写真の下敷きのようなモノでした。
これは、みうら氏が清水ミチ子さんとのコラボイベント「二人のビッグショー」でのお土産と同じ作りのもので、わざわざ韓国へ発注をしたという手の込んだ(?)シロモノ。 
この下敷き(らしきもの)は3D画面になっており、写真ではわかりずらいのですが、いとう氏の左手がビヨーンと飛び出して見えるという、楽しいけれど見ているうちに画面に酔って気持ち悪くなってくるという。。。(wwwwwwww)
さらに、42×30という、ハンパにデカいサイズなので、適度に重くて硬いのでまげて持つことすらできず、うちわとして扇ぐこともできません。
しかも、専用の袋もなくむき出しのままなので、渋谷の街にはこの下敷きをカバンへ入れることもゴミ箱へ捨てることもできずに手持ちでうろつく人々が続出。(清水さんとのコラボのときは専用の袋がついてましたが、今回は、わざと袋はナシ。これって完全にいやがらせでしょうねーっっ)
この後にも、福岡・大阪・仙台と公演して周るようですが、オマケはそのたびに違うものを用意しているみたいですね。 でも、今年は3Dで統一するみたいなので、写真だけが違うものになるかもしれません。


さて、肝心のスライドの内容ですが。。。

今回は「みうらさん、今度は見仏記SPかよ!」といういとう氏のツッコミが副題になっています。 毎回、副題が変わるのですが、今回は副題の通り、お二人の超当り本「見仏記」にスポットを充てた内容でした。
といっても、「見仏記」を知らないという方のために説明しますと。。。

子供の頃よりいろいろなものに興を持っていたみうら氏が、ご実家が京都だということと、お祖父様の影響もあり、仏像を観て周るのが好きという一風変わった小学生だったということから端を発しています。
そして、その記録を小学生としてはあり得ないほど詳細にスクラップブック化してまとめており、大人に成長したみうら氏がいとう氏と知り合ったときに、ご自宅でそれを見せたのがきっかけで、「一緒に仏像を観て周りましょう」ということになり、仏友(ぶつゆう)として一緒にガイド本「見仏記」を出版するに至ったというものです。
これにより、「仏像がなんとなく好きだし、前から観て周りたいと思ってたけど、マニアというほどでもないので写真集でいいや」なんていう人々に対して、堂々マニアへの道が開かれたのであります。
まー、当然、ぱんだもその一人と言っておきましょう。

そんなわけでですね。。。

内容は、仏像の写真だけにとどまらず、みうら氏のイラストなども含めて約2時間、楽しい時間を過ごさせていただきました。
仏像に対する愛情があるからこそ、仏像で楽しんでしまおうという発想。
仏教だの、神道だのという宗教のワク飛び越えて、エンタメ化してしまう彼らのオモシロ感覚は、現代日本人だからこそ受け入れられるものなのでしょう。 世が世なら、とんでもないといってお説教されたり、命を狙われたりと物騒なことになりかねませんよね。
たとえば、神社でおなじみの「絵馬」に書かれている「とんでもないお願いごと」に対して、その内容をみんなで大いにちゃかし、笑い飛ばし、バカにしちゃったりしているわけですから。。。
これって、決して褒められた行為ではないと思うけれど、みうら氏はその「とんでもない絵馬」たちにもあふれる愛情をそそぎ、自分なりの解釈で説明を加え、ちゃんとフォローもしているので、「うわー。絵馬にこんなことを書くヤツがこの世にいるんだー。でも、それはまー、それでイイんじゃない?」とか、仏像に対してであっても、「ぎょえー。仏像をオモチャにして遊んじゃってるよーっ。でも、笑えるーっっ」みたいな空気感を漂わせるにいたり、観客たちを大いに共感させ、このイベントの成功へとつながっているのだと思われます。
(いとう氏が、「ダメでしょーっっ。仏像をオモチャにしちゃーっっ」と、ツッコミを入れてたりします)


また来年、あれば必ず行きます。

いやがらせのオマケも、楽しみにしています。
(過去には、彼らの顔が出てくる金太郎飴や、栓が抜けない栓抜き「抜けま栓」、特製オリジナル「兜」など、いるようでいらない、欲しいようで欲しくないものたちのオン・パレード)




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

naopan555

Author:naopan555
「ぱんだ」と申します。
東京・世田谷在住のカバン大好き女子!
ダンナと猫の3匹(?)暮らしです。

☆ 応援、ありがとうございます!励みになります!


人気ブログランキングへ

☆ ブログ分析のランキング投票です。こちらも励みになります!よろしくですーっっ!
blogram投票ボタン

☆ よろしければ、ポチしていって下さいませね! 後ほど、伺わせていただきます!
おきてがみ


☆ ようこそいらっしゃいました! ご訪問、ありがとうございます!



☆ 2009.7.24より、カウントスタートしまーす!

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
<今日のタロット>
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。