--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-04-25

ロジャー・ダルトリー 「TOMMY」コンサート

きーぃぃぃっっ。(wwwwwwwwww)

ブログの更新ができないっっっ。


なかなかなかなか進まないデータ取り込みの日々。。。
カバン様ネタをアップしたいのは山々なれど、いかんせん、新しいPCがわからないっっっ。(号泣)


まー。


そんなわけでして。。。


昨日、いえ、もう一昨日のことですが、ロジャー・ダルトリーの単独来日コンサートに行ってきました。

もうもう、ひたすら命の洗濯をさせていただきました。
THE WHOのボーカリストであり、カルト・ミュージカル「TOMMY」でも主演している、あのロジャー・ダルトリーが、なんと看板演目である「TOMMY」を全曲ご披露してくださるそうで。。。

これはもう。、大枚10,000万円を捻出してでも行くしかないでしょーっっ。

「TOMMY」といえば、アッキーこと中川晃教くんがいのうえひでのり氏の演出でタイトル・ロ-ルであるトミー役を熱演し、それを観たぱんだが、腰が抜けるほど感動&感激して大のアッキー・フリークと変貌したきっかけの作品でもあります。

もともと、ケン・ラッセル監督の映画版「TOMMY」に惚れ込んでいたので、ロジャー・ダルトリー演ずるところの「トミー・ウォーカー」には、ひとかたならぬ愛着がありましたが。。。
今回は、その全編(トミー以外の役どころの楽曲)をロジャーだけで表現するというもの。
これは、もともと「THE WHO」のバンド・マスターである名ギタリスト、ピート・タウンゼントが作詞・作曲をしており、ロジャーはボーカル担当としてずーっと演ってきたものではありますが。。。
今回は、ピート抜きの単独行動。 よくこれを、あのピートが承諾したもんだと、ちょいと驚愕しつつ。。。
逆に、今さら70年代のカルト作品で金儲けをしようというのも、なんか哀しいものを感じたりして。。。
いやいや、さらに逆を言えば、本国イギリスから遠く離れたこの日本で、泣く子も黙る、「東京国際フォーラムのホールを満杯にし、始まる前から総立ちで盛り上がる観客のテンションの高さを目の当たりにしてみると。。。


70年代って超グレイト!!!!!!


オジサン、オバサン、万歳三唱!!!!!!



。。。と、しみじみ思う次第なのであります。


「TOMMY」世代とは全く縁のなさそうな若い層もちゃんといたし(最近では、「THE WHO」の曲をアメリカの人気テレビドラマ「CSI」、「CSI・マイアミ」、「CSI・ニューヨーク」のメインテーマ曲・イメージ曲として使用されており、そちらでロジャー・ダルトリーの存在を知ったという若者たちの相当数が足を運んでいると、ぱんだは勝手に思うわけであります。。フホホ)、ビミョーなペア・ファッションの親子づれとか、怪しい中年ロッカーさんとか、ワケもわからず騒ぎまくる外国人の集団とか、地蔵のように固まったまま微動だにしないデブのサラリーマン風オヤジなんていうのもいて、もうもう、会場内は得体のしれないパラレル・ワールド。

ロジャーがこの作品でまたまた一儲けしようともくろんでも、しかたのないことだと思いますわ。。。
うんうん、いいよいいよ。 どんどんやっちゃって下さいませ!!


でも。

そーは言っても、ご本人はかなりの老齢となられているわけです。

なんせ、70年代の作品ですからね。

なので、あまり期待はしていなかったのですが。。。

やはり、出だしはちょいと不安が的中の感アリだったのですが、何曲かこなす間に調子が出てきたようで、「ロジャー・ダルトリーが、目の前で歌ってるよーっっ! どうしよーっっっっっ!! うぉぉぉぉぉーーーーっっっっ!!!!」。。。な、状況になり、久しぶりにぱんだも大興奮であります。

昔、ミック・ジャガーがロジャーのボーカルについての感想として、「あいつの歌は、マジで酷いぜ」と言ったとか言わないとか。
そーなんです。 確かに、もともと上手いボーカリストではないのです。
それは、ぱんだたち素人目にもわかるほどなんだけれど、にもかかわらず、ロジャーが50年近く第一線で活動していることは事実だし、世界中の(70年代からの)ロック・ファンを魅了し続けているなんて、ある意味スゴイといいますか、ヤバイといいますか。。。??? フホホホ

しかし。

ロジャーといえば、ぐるぐるとハンド・マイクをぶん回すという、とんでもなくシンプルで破壊的なステージングで有名ですが。。
これとセットで、ピート・タウンゼントがギターを振り回し、アンプに叩きつけてギターをぶっ壊すというのが定番となっております。
さらに、故キース・ムーンがドラムセットをなぎ倒し、ケリ倒しているその横で、涼しい顔をしたベーシストの故ジョン・エントウィッスルが黙々とプレイを続けるという。。。

そんな場面を、人生に一度だけでも、生で拝みたかったなーっっっっ。
もう、2人は死んじゃってるしさーっっっ。

今回は、ロジャーのマイクのぶん回しだけだったので、かなり欲求不満ですねーっ。
しかも、ぶんぶんやり過ぎて、ゴツンと頭にぶつけてたしなぁ。。。まー、それが醍醐味なんですけどね。。。


とにもかくにも、最高の夜でした。



アッキーの「銀河英雄伝」の記事は、次回やります。。。
それと、カバン様ネタも。。。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

naopan555

Author:naopan555
「ぱんだ」と申します。
東京・世田谷在住のカバン大好き女子!
ダンナと猫の3匹(?)暮らしです。

☆ 応援、ありがとうございます!励みになります!


人気ブログランキングへ

☆ ブログ分析のランキング投票です。こちらも励みになります!よろしくですーっっ!
blogram投票ボタン

☆ よろしければ、ポチしていって下さいませね! 後ほど、伺わせていただきます!
おきてがみ


☆ ようこそいらっしゃいました! ご訪問、ありがとうございます!



☆ 2009.7.24より、カウントスタートしまーす!

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
<今日のタロット>
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。