--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-01-08

舞台 「時計じかけのオレンジ」

新年一発目の舞台観劇は、小栗旬くん・座長の「時計じかけのオレンジ」!!

場所は、赤坂ACTシアターでした。
チケットの争奪戦を予感し、かなり早い段階でチケットを手配していたにもかかわらず、2階のF列中央って、一体どういうことですかーっっっ???
まー、それだけ皆さんの期待と小栗くんの人気がすごいということなんでしょうか。

この作品、中年以降の方ならば、「ああ、スタンリー・キューブリックの異色作ね!」という印象を思い浮かべるかもしれません。
原作はアントニー・バージェスですが、原作を読むよりも忠実に再現されたといっても過言ではない、キューブリック監督のカルト(?)映画を御覧になった方の方が多いのでは。。。
ぱんだは、70年代当時のデカダンス・ムービーこそ、自分史の原点といっても良いくらいで、この映画には本当に衝撃を受けました。現在でもDVDを購入してたまに観たりしています。
もちろん、子供時代に感じた衝撃の大きさと、ナンでもアリの現在・大人の視点とでは比べようもないのですが、子供ながらに憧れた、あのメチャクチャな世界には、今でも変わらない新線な驚きと興味を覚えてしまいます。

特に、主演のマルコム・マクダウェルにはガツンとやられました!!!!
カッコ良いとかハンサムとか、そういう俳優さんではありません。ただただ、完全無欠なアレックス・ボーイの具現化されたお姿と、その怪演ぶりには。。。もうもうもう、心臓をわし掴みされてしまいましたわーっっ。

ぱんだは、映画の後に原作を読みましたが、文学と呼べるシロモノなのかどうかわからず。。。
当時、「クィーン」のギタリスト、プライアン・メイが「好きな小説ベスト1」に挙げてましたが。。。???
とにもかくにも、あの内容をよくぞ映画化したキューブリックに軍配を挙げたいですねぇぇ。フホホ。。


まー、そんなこんなで舞台ですが。


うーむ。。。。

「パンク・オペラ」と謳っている割には、どこが???と首を傾げたくなっちまうほどの中途半端さ。
何も、無理やりパンクにしなくても。。。普通でいいじゃん。。と、正直、思いましたが。。。。
この作品は、テーマが「暴力」なので、ちよっと舞台で表現されちゃうのはキツイと感じた方もおられると思います。レイプ・リンチ・殺人・拷問的な実験とか。。。
全体的には、面白いというよりは「痛い」舞台でした。
ただ、役者陣が頑張ってくれていましたので、痛さも半減。。。かなぁぁぁ。。。コミカルな場面もあったし、全員が有り得ないような個性的キャラクターばかりでしたのでぇぇ。。。。フホホ。。。

主人公・アレックスに小栗旬くん。
幕間の休憩時間ですら、舞台上にずーーーーーーっと出ずっぱりで、よく頑張りました。
ほぼ、予想通りのアレックスで、ぱんだ的には大満足でしたよーっっ。

彼以外の役者たちは、皆さん複数の役を演じていて、誰の、どの役が良かったというのはネタバレなので止めておきます。ですが、武田真治くんの演技力には脱帽でした。元々、才能のある人ですが、今回は圧巻です!!
その他、橋本さとしさんや、石川禅さんなど、大物たちがゾロゾロとご出演されていますが、アレックスがあまりにも出ずっぱり状態なので、観客の目はずーっと小栗くんに向いてしまい。。。ちょっと残念。


映画版、またまた観たくなっちゃいました。

キューブリックよ、永遠なれ!!!!!!(「2001年宇宙の旅」だけじゃないのよーっっ)


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

naopan555

Author:naopan555
「ぱんだ」と申します。
東京・世田谷在住のカバン大好き女子!
ダンナと猫の3匹(?)暮らしです。

☆ 応援、ありがとうございます!励みになります!


人気ブログランキングへ

☆ ブログ分析のランキング投票です。こちらも励みになります!よろしくですーっっ!
blogram投票ボタン

☆ よろしければ、ポチしていって下さいませね! 後ほど、伺わせていただきます!
おきてがみ


☆ ようこそいらっしゃいました! ご訪問、ありがとうございます!



☆ 2009.7.24より、カウントスタートしまーす!

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
<今日のタロット>
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。