--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-10-07

ブロードウェイ・ミュージカル 「ザ・カンパニー」

昨日は、久しぶりに正統派なレビューを観てきました。

「ザ・カンパニー」とは、会社という意味ではなくて、どうやら「雑多な」という意味のようです。
まー、バレエのガラ公演のように、誰でも知っている有名演目の、名シーンだけを表現するという、まさに「良いとこ取り」の舞台。

女4名、男5名の精鋭たちが、演じて踊って歌いまくりの2時間。。。
まー、皆さん、ちょいと中年がかった方ばかりでしたが、本場のブロード・ウェイでご活躍されてきた選りすぐりなので、観客としては安心して観ていることができました。

今回は、オリジナル・オーケストラを引き連れて来日しており、舞台上で演奏。なので、どこぞのミュージック・ホール的なところにいるような錯覚を受けました。(wwwwwww)


楽曲は。。。

「シカゴ」「ミス・サイゴン」「レ・ミゼラブル」「屋根の上のバイオリン弾き」「雨に歌えば」「オリバー!」
「サウンド・オブ・ミュージック」「ドリーム・ガールズ」などなど。。。


しかーし。。。

どーにかならんのかっっっ!!!??? このありきたりなチョイスはっっっ!!!

。。。と、怒ってみたところでナンですが。。。
それでも、ヒネリってものが欲しいじゃありませんかっっ。

しかも、ロイド・ウェーバーものが一切入っておらんじゃないですか。 BGM的にチラッと「メモリー」の演奏があったくらいで。。。
確かに、ウェスト・エンド発信のミュージカルかもしれませんが、ロンドン発信の「オリバー!」を演るなら、同じことだと思いますが。。。
。。。まー、グチってみたところでもしょうがないのでこの辺で止めておきますがぁ。。。


この手の舞台につきものなのは、「気持ちの切り替えが大変」ということでしょうか。
ビック・タイトルの演目以外は、大体1場面につき1曲のみ。せっかく「シカゴ」の気分に浸っているのに、いきなり「ミス・サイゴン」の世界に連れて行かれます。
一応、簡単な説明はあるのですが、歌詞には一切日本語訳がないので、どの場面を演じているのかわからないという難点があります。
まー、そのために誰もが知っていそうな演目にしぼっているのでしょうが、ちょいと不親切だと思いました。
でも、「レ・ミゼラブル」では4曲がチョイスされており、一幕目のラストシーンを完全に再現していました。
日本語版しか観たことがなかったので、オール外国人の完全英語版(当たり前だけど)は、胸にグググーッと来ましたわーっっっ。(フランスの物語なので、本当はフランス語の方が良いのかもしれないけど。。。)


場所は、渋谷bunkamuraオーヂャード・ホール。
ぱんだは、このホールで初めて前方8列目中央の美席に座ることができました。

舞台が高く、段差がなくて目線が最前列と同じでしたので、グワーッと迫ってくるような迫力を感じましたが。。。逆に最前列はキツイかもしれません。観えているのは、役者のアゴと鼻の穴だけかも。。。

フホホホホホ。。。。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

naopan555

Author:naopan555
「ぱんだ」と申します。
東京・世田谷在住のカバン大好き女子!
ダンナと猫の3匹(?)暮らしです。

☆ 応援、ありがとうございます!励みになります!


人気ブログランキングへ

☆ ブログ分析のランキング投票です。こちらも励みになります!よろしくですーっっ!
blogram投票ボタン

☆ よろしければ、ポチしていって下さいませね! 後ほど、伺わせていただきます!
おきてがみ


☆ ようこそいらっしゃいました! ご訪問、ありがとうございます!



☆ 2009.7.24より、カウントスタートしまーす!

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
<今日のタロット>
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。