2010-09-26

河村隆一 「No Mic.No Speakers Concert #003」

先日、河村隆一さんのコンサートに行ってきました。

今回で3回目(たぶん)のマイク・スピーカーを使用せずに、生の楽器音と声だけで表現しようという企画ものです。
ぱんだは、今回が初めてですが。。。

これがまあー。。。呆れるほど凄いステージでした。本当、脱帽。。。


いやいやいや、河村隆一さんといえば、先ずは「LUNA SEA」を思い浮かべますよね。
ぱんだもその一人です。
特別、バンドのファンというわけでも、彼のファンというわけでもありませんでしたが、唯一、「LOVE IS」という楽曲だけ大好きで、シングル・CDを購入したことがあります。
妙にマイクを唇にくっつけて歌ったり、シャウト顔がメチャ怖いので、パフォーマーとしての彼はあまり好きではなかったのですが。。。
ぱんだのご贔屓・中川晃教くんが、このコンサートにゲスト(東京公演ではなく、愛知県の公演でしたので、遠征嫌いなぱんだは気になりつつも断念)で呼ばれて大絶賛していたのをきっかけに興味を持ち、東京の千秋楽に出掛けてみました。

場所は、「東京オペラシティ コンサートホール」。
とっても素晴らしい音響なのはいいけれど、ほぼカッチリとした長方形であるにもかかわらず、バルコニー席が横っつらにビッシリとへばりついており。。。。
ぱんだは、予想通り3階のとんでもない席に通されまして、こんな場所までマイクレスの生声が届くのかと心配しましたが、懸念に終わりました。本当ーーーーーっっっに、良く聴こえました。
でも、このホールは身体をねじりながら鑑賞しなければならず、音には優しいけれど、身体には激優しくない作りとなっております。(涙)

さて。。。

「LUNA SEA」の楽曲や彼のソロ・アルバムからの楽曲も歌ってくれましたが。。。

これが、激上手いっっっ!!!!!

自分のボーカル力に絶対の自信がなければ、なかなか大ホールでの「マイクレス」というのは有り得ないでしょう。
声のトーンを様々に操りながら、独特のネバつく(失礼!)歌いまわしで、次から次へと。。。まー、お疲れさまです。(wwwwwwww)
マイクを唇にくっつけていた頃の彼は、一体どこへいってしまったのでしょうか?
細身で小ぶりの身体を、最大限に揺らしながらのアッパレな熱唱ぶりに、ただただ唖然のぱんだ。。。。
特に、ラストの3曲は涙ものでした。 

「誰も寝てはならぬ」 「タイム・トゥ・セイ・グッドバイ」 「マイ・ウェイ」

「タイム~」の歌い終わりは、「イール・コンテーェェェーーーー!!!!」と高音で締めくくるので、これが決まるか決まらないかで、この楽曲を歌いこなせる歌手かどうかが問われます。
故・本田美奈子さんも、最後のこの部分では全身全霊を傾けて、歌い終わりでは身を大きく捩っての大熱唱。ぱんだの涙を誘ったことがありますが。。。。。。もちろん、彼も身を捩ってましたねぇぇぇ。。(wwwww)

アンコールでは、アコースティック・ギター1本で「LOVE IS」を歌ってくれました。

うおぉぉぉぉーーっっっっ!!!!!

この曲を、まさか生声で聴けるとは思ってもいず。。。フホホホホホホ。。。思わず、小さくガッツ・ポーズをしてしまいましたわーっっっ。

ゲストも、世界的ピアニストの松居慶子さん、三味線界のカリスマ、上妻宏光さん、古典楽器の伝承者、東儀秀樹さんという顔ぶれでした。中川晃教くんじゃなくてちょいと残念でしたが、ぱんだはこの3人の生演奏を聴けただけで大満足です。

カテコでは、スタオベの嵐が鳴り止まず。。。これほど圧巻なステージを、久しぶりに観ました。


河村隆一というアーテイストの底力、堪能させていただきました。

次回も、必ず飛んで行きますっっっっ!!!!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:naopan555
「ぱんだ」と申します。
東京・世田谷在住のカバン大好き女子!
ダンナと猫の3匹(?)暮らしです。

☆ 応援、ありがとうございます!励みになります!


人気ブログランキングへ

☆ ブログ分析のランキング投票です。こちらも励みになります!よろしくですーっっ!
blogram投票ボタン

☆ よろしければ、ポチしていって下さいませね! 後ほど、伺わせていただきます!
おきてがみ


☆ ようこそいらっしゃいました! ご訪問、ありがとうございます!



☆ 2009.7.24より、カウントスタートしまーす!

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
<今日のタロット>
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード