--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-06-26

オルセー美術館展2010 「ポスト印象派」

22222


木曜日に、ようやく行ってきました。。。

いやー。凄かった。。
何がスゴイって、人混みですわーっっっ。

ゴールデン・ウイークや夏休みというわけでもないのに、人・人・人の波です。
年齢層は、ズバリ「シルバー世代」。
若いカップルもちらほら見受けられましたが、お子様たちはほとんどいなかったかなぁぁぁ。。。

いつも思うのですが、人気の美術展は行くもんじゃありません。
でも、今回の「オルセー2010」はモノが違います。日本中の美術ファンが殺到するのもしかたのないことかもしれません。
なんせ、フランス政府が「今後、これだけの作品を一度に国外へ出張させることは金輪際二度と無いだろう!」と言ったとか言わないとか。。。
確かに、美術の教科書でしか観たことのない作品や、フランスへ旅行でもしない限り観られなかった作品などが目白押しです。。。

ぱんだは大のセザンヌ好きなので、「サント・ビクトワール山」さえ拝めれば嬉しかったのですが、モネの「日傘の女性」や、ロートレックの「赤毛の女」、ゴッホの「星降る夜」「アルルのゴッホの寝室」、ゴーギャンの「タヒチの女たち」、ルソーの「蛇使いの女」などなどなど。。。
名画中の名画たちがワンサカ! 所狭しと陳列されております。

中でも、ギュスターヴ・モローの大作「オルフェウス」には、クラーッときましたわーっっ。
モロー展といえば必ず駆けつけていましたが、この作品を拝めたことはありませんでした。
ギリシャ神話をモチーフにした作品ですが、あえてストーリーに関係ないところにスポットを当てて題材にしているところなんか、泣かせるじゃありませんか。。。
(オルフェウスが首を切られてから、その首を拾った女、憂い顔の表現が見事でしたーーーーっっっ(涙))


写真は、開催された「国立新美術館」の内部です。
大きな逆さ台形の柱が2本あり、その上がレストランになっています。全面ガラス張りで、個展や美術展を同時に複数開催できるスペースがあります。
ぱんだは、オルセーの後に、「銀粘土細工コンテスト」にもお邪魔しました。
プロ・アマを問わず、自分の持てる技術を全て出し切った感がアリアリの、凄いコンテストでしたわーっっ。
小手先不器用なぱんだも、銀細工でアクセサリーでも作ってみようかと思ってしまったほどのパワー!!!(wwwwww)
為せば成る。為さねば成らぬ、何ごとも。。。フホホホホホーッッッッ。。。。


「オルセー」の方は、8月16日まで、開催しています。
「六本木駅」よりも、ご面倒ですが。。。「乃木坂駅」の6番出口の方がGOOD! 地下鉄直結でーす!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

naopan555

Author:naopan555
「ぱんだ」と申します。
東京・世田谷在住のカバン大好き女子!
ダンナと猫の3匹(?)暮らしです。

☆ 応援、ありがとうございます!励みになります!


人気ブログランキングへ

☆ ブログ分析のランキング投票です。こちらも励みになります!よろしくですーっっ!
blogram投票ボタン

☆ よろしければ、ポチしていって下さいませね! 後ほど、伺わせていただきます!
おきてがみ


☆ ようこそいらっしゃいました! ご訪問、ありがとうございます!



☆ 2009.7.24より、カウントスタートしまーす!

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
<今日のタロット>
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。