--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-06-18

バレエ「マシュー・ボーンの白鳥の湖」

hakucyou


昨日は、ようやくマシュー・ボーン版「SWANLAKE」を観ることができました。
以前からずーっと観たいと思っていましたが、今回の来日でそれが叶いました。

この演目は、歴史的には結構古いのです。かれこれ15年くらいでいすねぇぇ。
元々、ダンサーだったマシュー・ボーンが、男が踊る白鳥を思いついたのがきっかけのようです。
「男がスワン」といえば、「モンテカルロバレエ団」をイメージする方が多いのですが、マシュー・ボーン版は全く違いますので、ご注意くださいませ。
モンテカルロバレエ団は、バレエをパロディ化しつつ、高い技術を魅せるものですが、オカマチックなケバイ化粧の方が有名ですね。

以前、公開された映画、「リトル・ダンサー」で、主人公の男の子が成長し、立派なバレエダンサーになったときに演じていたのが、マシュー・ボーン版「SWANLAKE」の「ザ・スワン」という役。
この演目で初代のザ・スワン(座頭的ポジション)を演じたアダム・クーパーが特別出演。記憶に新しいという方も多いと思います。


ストーリーですが、オデット姫・ジークフリード王子・悪魔ロットバルト・オディール姫など、通常の「白鳥の湖」に登場するキャラは一切出てきません。
ですが、舞台はイギリスのロイヤル・ファミリーなので、「現代の王子さま」は出てきます。(wwwww)

執事やメイドたちに囲まれて、孤独な王子は日々悶々と暮しています。
母である女王も、忙しさで王子への愛情表現が足りません。王子は憂さ晴らしに町へ出て、スワンク・バーで酔いつぶれたり、ガールフレンドと遊んだりしていますが、心は全然、癒されません。
そんな王子が見たのは、白鳥たちの美しい舞い踊り。特に、その中の一羽に目を奪われ、その魅力にたちまち心を奪われてしまいます。

王子の結婚相手を見つける舞踏会。各国の王女たちがイギリスへ集まります。
そこへ、ワイルドな男前(ストレンジャー)が突然現れ、王女たちのみならず、母である女王まで誘惑の虜となってしまうのです。
その男は、王子に「自分は、あのときの白鳥だ」と仄めかすと、ギリギリで保っていた王子の精神状態が崩壊し、狂気の世界へ。。。。。それは、王子の悲劇の始まりでした。


音楽は、もちろんチャイコフスキーですが、一部の踊りを省略したり、テンポを変えたりしています。
主題曲である、いわゆる「白鳥の湖」ではあえて踊りをせず、パントマイムで演劇の要素を全面に出していました。ぱんだ的には、ちょいとガッカリ。名曲なのに、踊らないなんて勿体ない!!
有名な「大きな4羽の白鳥」も、振り付けがユニークで、白鳥というよりはどう見てもアヒル。ガァガァと忙しげにエサを探しているように見えました。でも、サスガに名シーンだけあって、拍手が一番大きかったですわーっっ。


この演目は、モダンとクラシックの融合です。
衣装・舞台美術なども造りこみをせずシンプル。ですが、華やかな場面では「ザ・金かけてます」感はありますので大丈夫。クラシックファンも十分納得できるシーンが沢山盛り込まれています。
特に、劇中劇「バレエ・蛾」での衣装は素晴らしいっっっですから。(”蛾の乙女”や”蝶の精”の衣装なんですが、これがめちゃくちゃカワイイ!)


6月27日まで、東京・青山劇場にて上演中です。

後方の席には、まだまだ余裕が感じられましたので、是非。

梅雨の憂さ晴らしに、芸術鑑賞。。。うーむ。。。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

naopan555

Author:naopan555
「ぱんだ」と申します。
東京・世田谷在住のカバン大好き女子!
ダンナと猫の3匹(?)暮らしです。

☆ 応援、ありがとうございます!励みになります!


人気ブログランキングへ

☆ ブログ分析のランキング投票です。こちらも励みになります!よろしくですーっっ!
blogram投票ボタン

☆ よろしければ、ポチしていって下さいませね! 後ほど、伺わせていただきます!
おきてがみ


☆ ようこそいらっしゃいました! ご訪問、ありがとうございます!



☆ 2009.7.24より、カウントスタートしまーす!

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
<今日のタロット>
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。