--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-06-06

東宝ミュージカル「キャンディード」

昨日は、帝国劇場で上演中の「キャンディード」を観てきました。


以前(2004年)、国際フォーラムで上演されたときには、タイトルロールのキャンディード役を中川晃教くん、演出が宮本亜門さんでしたが、残念なことに、ぱんだは観ていません。
なので、今回の帝劇バージョンを楽しみにしていたのですが。。。

うーむ。。。ナンというか。。。

正直なところ白状すると、アクビが何度も出てしまいましたわーっっっ。。。(汗)
何故なら、ハナシの内容があまりにもハチャメチャ過ぎていて、ついていけないというか、わからないというか。。。


ストーリーですが、作者は18世紀のフランスの作家であり哲学者でもあるヴォルテール。
主人公のキャンディードが、失恋して旅に出るはめに陥るのですが。。。これが、とんでもない波乱万丈の旅なのです。要は、主人公の成長物語なのですが。。。

飢え死に寸前に助けられ、戦争に借り出されるわ、男爵令嬢だった恋人は娼婦のごとく堕ちているは、はずみで殺人を犯すわ、エルドラドを偶然見つけて、突然大金持ちになるわ。。。。
「全てが必然なのだ」と教えられていたキャンディードが、様々な経験や人との関わりによって、その教えに対して疑問を抱きはじめます。
そんなある日、6人の王たちが議論をしながらゴンドラで進んでいくのを目にしたキャンディード。
これは夢か、幻なのか。。。
彼らは、「一度は王だったが、今はもう王ではない」と語り、王冠を脱ぎ捨てるのでした。
その後、キャンディードとった行動は。。。。???

あまりにも哲学チックで、説明的で、悲惨で、シュール、ファンタジー、何でもありな展開。。。肝心の人間ドラマはどこへやら、いくらなんでも、これはちょいと。。。な、そんなおハナシです。


作曲は、天下のレナード・バーンスタイン。
ですが、あのメガトン・ナンバー揃いの「ウェストサイド・ストーリー」と同じ作曲者とは。。。申し訳ないですが、信じられません。
キャンディードの恋人・グネコンデが宝石を身につけながら狂ったように歌う「着飾って輝いて」という曲がありますが、全幕で印象に残っている楽曲は、この1曲のみ。


演出は、大御所・ジョン・ケアード。舞台上に大きな円形の物体を登場させ、登場人物たちを操る操作板のように仕立てています。
大小複数の宝箱(のようなもの)を小道具として使いまわし、椅子、テーブル、ベッド、馬、船、険しい山道など、すべての状況を表現しています。これは、なかなか面白い!!


役者陣は。。。


登場人物を操る狂言回し・ヴォルテール本人と、主人公の恩師役に市村正親さん。
いやー。。。
哲学者っぽい顔してますから、このお方は。。。
全幕・全場面での登場で、出ずっぱりの3時間。長いセリフ、難しい楽曲を完璧にこなされていました。
ただただ、凄いです。。。アッパレでした。

タイトル・ロールである主人公、キャンディード役は、井上芳雄くん。
実は、ぱんだはこの方の舞台をマトモに観るのはこれが始めてです。「モーツァルト!」では中川晃教くんとのダブル主演でしたが、当然ながら晃教くんのバージョンしか観ていません。
その後、いろいろと観る機会はあったものの。。。なぜか今日に至っておりました。(ごめん、ヨッシー!)
第一印象は、正統派・王子さま。
ラテン語で、「白」を意味する「キャンディード」役は、その名前の通りに真っ直ぐで、恐れを知らず、少々世間知らずの男の子。。。。大熱演だったと思いますよーっっ。
でも。。。。ぱんだの贔屓目かもしれませんが、この役には晃教くんのほうが合っているのかも。。。フホホホ。。
(ご本人の晃教くん曰く、キャンデイード役が大変で、毎日稽古場に行くのが苦痛だったそうですが。。。)
ルドルフ役(「エリザベート」)のヨッシーを、一度でいいから観てみたかったですねーっっ。

薄幸の男爵令嬢・クネゴンデ役に、新妻聖子さん。
人生は素晴らしいと思っていたのに、恋人と引き裂かれ、戦争で兵士たちに犯され、殺されかけ、売られ、「誰かの愛人」として生きていくことを余儀なくされてしまった女を、体当たり演技で頑張ってくれました。
ちょいと、感動。。。。
元々、歌や芝居をやっていた方ではないにもかかわらず、彼女の熱演ぶりには心を奪われます。

その他、村井国夫さん、坂元健児さん、阿知波悟美さんなど、芸達者な方々が、複雑な物語を盛り上げていってくれます。(wwwww)


6月27日まで、帝国劇場にて。
ジョン・ケアード版「キャンディード」。 冒険の旅に出てみたいという方にはお勧めです!


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

naopan555

Author:naopan555
「ぱんだ」と申します。
東京・世田谷在住のカバン大好き女子!
ダンナと猫の3匹(?)暮らしです。

☆ 応援、ありがとうございます!励みになります!


人気ブログランキングへ

☆ ブログ分析のランキング投票です。こちらも励みになります!よろしくですーっっ!
blogram投票ボタン

☆ よろしければ、ポチしていって下さいませね! 後ほど、伺わせていただきます!
おきてがみ


☆ ようこそいらっしゃいました! ご訪問、ありがとうございます!



☆ 2009.7.24より、カウントスタートしまーす!

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
<今日のタロット>
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。