--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-05-20

DVD「星の大地に降る涙」

去年、舞台を観に行く予定だったのですが、なんと「女信長」(中川晃教くんご出演の舞台)と日程が重なってしまい、当然のごとくぱんだは晃教くんをとってしまい。。。
スイマセン、今日になってようやく鑑賞しましたーっっっ。(涙)

いきなりですが。。。

号泣しましたーっっっ!!!


DVD鑑賞というものも、なかなか良いものです。なんせ、場所が自宅のリビングなので、ひとりで思いっきり泣いたり笑ったり騒いだりできるからです。(おせんべいもスナック菓子も、バリバリ食べれまっせーっっ
最近になって、ようやく姉からレンタルしたDVD。
オマケ特典映像で、稽古の様子やインタビューなどもありますし、当然のことながら役者のアップが堪能できます。
感極まって、役者さんが本当に泣いていたりするのがわかります。一番良いのは、生舞台でそれがわかることですが、その迫真の表情をショボい双眼鏡で捉えることはなかなかできません。。。

まー、そんな凄いシロモノのDVDですが、「劇団☆新感線」のゲキシネとは、また違う趣があります。舞台と映像の融合を目指すゲキシネは、エンターテイメント演劇界に衝撃を与えました。
「地球ゴージャス」も同じ演目の再演はめったにないそうなので、このようなソフト面の充実や強化は、これから必要不可欠となるのではないでしょうか。

とりわけ、今回の演目は、ちょいと雰囲気が「新感線モノ」に似ていると思ったのは、ぱんだだけでしょうか?
「地球ゴージャス」の第10回プロデュース公演ですが、今回が初めての歴史ファンタジーなのだそうです。
歌あり、ダンスあり、ギャグあり、驚異的な殺陣あり。。。さらには、衣装の派手さ、舞台美術のスケールなど、「五右衛門ロック」を彷彿とさせるものがありました。あくまでも、ぱんだの印象ですが。。。
もちろん、魅せ方の差はかなりありますが。。。

根幹で両者が違うのは、そのテーマ性ゆえなのでしょう。
今回は、「反戦」がテーマなのだそうです。(本演目、反戦三部作の第二作目。第一作目は「クラウディア」)
「生きる」ことと、「死ぬ」こと。。。人間のあり方を描くには、「戦争」は切っても切れないものなのでしょう。


ストーリーは、星の大地と呼ばれる北の地(エゾという地名から北海道の最北端あたりか?)に住むある部族の物語です。
武器を持たず、いつも笑顔で楽しく暮らすこの部族には、以前倭人たちによる殺戮の末、追い詰められてこの地へたどりついたという悲しい過去があります。
そこへ、記憶喪失の2人の男たちが漂着し、介抱されてこの地へ住み着きます。
2人を受け入れるかどうかの葛藤の中、「太陽の部族」は悲惨な運命に向かって歩き出すのです。
一度は分かり合えたはずの他民族間の友情や絆は、日本国の分裂という大きな渦の中に掻き消えてしまうのか。。。
そして、2人の男たちの正体は。。。???


役者陣ですが。。。


漂着した謎の男のひとり「シャチ」に、三浦春馬くん。
若干19歳にして、初舞台とはとてもとてもとてもとてもとても思えないほどの完成度で、観客の度肝を抜いてくれました。ただただ、脱帽としか言えません。
冒頭、舞台の端から群舞の中を颯爽と駆け抜けてからの名セリフ、これだけで、この舞台が面白い!!!!と思わせてしまうというのは、いやはや、並みの役者ではありませんわーっっ。(汗) 同時に、岸谷さんの演出力と脚本力の凄さにも感服。

ヒロイン「ステラ」に、木村佳乃さん。
一点のくもりもない、美しくて優しくて強い女性。。。有り得ないほどオイシイ役どころですが、熱演だったと思います。以前、「モーツァルト!」再演時にコンスタンツェ役の彼女を観ましたが、いまいちピンとこなかったことしか憶えていません。今回は、古びたぱんだ脳にもズドンときましたので、間違いなく記憶に残りますわーっっっ。フホホホ。。

倭人に強烈な憎しみを抱えた男に、「TEAM NACS」の音尾琢真さん。
この方を観て思ったのは、舞台人としてのプロフェッショナルさ。
頭の天辺からつま先まで、「ザ・舞台役者」さん。この方が出てくると、舞台端まで気持ちの良い緊張感が漂います。

岸谷さんと寺脇さんについては、次回作「Xday」で思いっきり語りたいと思います。
「オジサンたち(失礼)、カッケーーーーーっっ」という、オバカな感想だけ書いておきますわーっっ。(wwwwwww)


まだ観ていないという方、思いっきり泣きたいという方、三浦くんのファン(大好きとは違うけど、ちょっとだけ良いなと思っている方は特に)という方、エグザイル(音楽・楽曲担当)のファンという方、是非お買い求めくださいませ。。。絶対に損はしません。


地球ゴージャスプロデュース公演 Vol.10 星の大地に降る涙 [DVD]地球ゴージャスプロデュース公演 Vol.10 星の大地に降る涙 [DVD]
(2010/01/29)
木村佳乃三浦春馬

商品詳細を見る





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは。やっと見てくれましたか!どこかの公演の時斜め前のおじさんが(私も充分おばさん)号泣して一番良いところが、シラ-ットしてしまい、早く泣いたもん勝ちだと思いました。

最後の方で、三浦春馬が「このままでいいのか 日本国よ-!」「今に・・・」のあと後ろのスクリ-ンが赤くなるところがあると思いますが、DVDではカットされてますが、あそこは原爆が落とされるシ-ンなのです。そして、あの大感動のラストに入っていくのですよね!

もう一回見たい!もう一度やって欲しい!


本当に言葉で言い表せない素晴らしさでした!ラストが近づくと、「お願い!終わらないで~!」と祈りながら見ておりました。

いや~本当に良かったです!!!DVDでは生舞台の百分の一の魅力になっちゃいますが、皆様も是非見て下さい。そして生舞台を想像してお楽しみ下さい。

No title

みいちゃんさん、どうもですー。
ありがとうございますーっっ。
いやー、堪能いたしましたわーっっっ。号泣でした。
でも、原爆って。。。????
この時代(新撰組)に原爆の技術があったとは????
よくわかりませんが、「今に。。。」という近い将来への危惧ってことでいいんですよね。
その辺り、初回の鑑賞ではなかなかわかりません。
もう一度、そのあたりを踏まえて鑑賞してみようかと思います。

この舞台が好きということは、みいちゃんさんはきっと「劇団☆新感線」モノにも興味がわくと思いますよー。
プロフィール

naopan555

Author:naopan555
「ぱんだ」と申します。
東京・世田谷在住のカバン大好き女子!
ダンナと猫の3匹(?)暮らしです。

☆ 応援、ありがとうございます!励みになります!


人気ブログランキングへ

☆ ブログ分析のランキング投票です。こちらも励みになります!よろしくですーっっ!
blogram投票ボタン

☆ よろしければ、ポチしていって下さいませね! 後ほど、伺わせていただきます!
おきてがみ


☆ ようこそいらっしゃいました! ご訪問、ありがとうございます!



☆ 2009.7.24より、カウントスタートしまーす!

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
<今日のタロット>
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。