--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-03-19

映画「人間失格」

今日は、朝っぱらから渋谷へ行く用事があり。。。
用事が済んだ後に時間があったので、フラーッと映画館に入りました。こういう楽しみができる映画館が、渋谷にもまだ残っているのですねー。

本当は、ミュージカル映画「NINE」が本日から公開だったので観たかったのですが。。。
ぱんだが観るハメになったのは、最近公開された「人間失格」。
たまたま時間と場所の折り合いが良かっただけでしたが、これがなかなかの秀作だったのですわーっっ。


まー、原作は、例のアレです。。。
ぱんだが尊敬してやまない筒井康隆大先生が、「日本人ならこれを読め!」と声高に叫ばれていた、例のアレですわ。

正直、ぱんだはこの小説が好きではなく。。。(汗)
そもそも、「太宰治」そのものが嫌いなのだからしかたありません。フホホホ。。。。
なーんていう記事を書くと、全国にゴマンといる太宰ファンから吊るし上げられちゃったりしますかね?
いやいや、太宰は嫌いだけれども、「走れメロス」は結構好きだったりしますが。。。(wwwwww)
個人の好みにもよりますが、根本的にエンターティメント性のある、凡人にも理解しやすいハナシが良いってことなんでしょうねぇ。。。
昔、ある友人がこの小説を中学生時代に読んでしまい、とてつもないショックを受けたそうで。。。今だに読んだことを後悔しています。ぱんだなんか、読んだことすら憶えてませんわーっっ。(恐るべし、ぱんだ脳!!)


ストーリーは、ぱんだが説明するまでもないのですっ飛ばします。ほぼ、小説の内容どおりだったといっておきましょう。
ただ、小説には出てこない人物として、詩人の「中原中也」をキー・パーソンのひとりとして取り上げています。
読んだなーっっっっ。大昔。。。中原中也かーっっっ。日本のアルチュール・ランボー!!
芥川龍之介とかさぁぁぁ。。。。。
彼らは一体、どこへ去ったのでしょう?。。。ぱんだたちの中にしっかりと根付いていながら、とりたてて想いを馳せることはしません。特殊な業界人以外の一般人には、遠い人たちとなりましたね。
そんな中、「太宰治」というスーパー・ブランドだけはいつの時代も消えてなくならないのです。
日本人に「好きか、嫌いか。愛しているか、無関心か」という質問をするとしたら、唯一「無関心」というくくりが無いと思われる小説家。。。ある意味、怖いですねーっっ。。。本当、気味が悪いったらありゃしません。

主人公・大庭葉蔵にイケメン俳優・生田斗真くん。
大金持ちのボンボン。美形ゆえに女に不自由なし。画家としての、小さな才能。。。ゆえに何もしない、誰かがやってくれる、ダメになれば逃げる、人とは争わない。病気だから、戦争にも行かなくてOK。時代的に、そんなヤツでも許される。。。。堕落し、酒・薬・自殺未遂を繰り返した果てに入れられたのは、鉄格子窓のある精神病院。
他人から「人間失格のレッテル」を貼られる男の気持ちを、体当たりで熱演してくれました。

ただ、この男がなぜ堕ちて行くことになったのかという理由のひとつとして重要な、子供時代の悲惨な性的虐待については一切触れていません。

彼を取り巻く女達に、寺島しのぶさん(心中相手のカフェ・女給)、石原さとみさん(無垢だとばかり思っていた妻)、大楠道代さん(堕落への第一歩となった文壇バーのマダム)、小池栄子さん(子持ちの編集者)、坂井真紀さん(一方的に愛情を押し付けてくるアパートの管理人)、室井滋さん(完全に堕落への道に誘い込む薬屋の女主人)、三田佳子さん(親子ほど離れた年齢の世話人)と、そうそうたる顔ぶれ。
全く優劣はつけられません。それほど、どの女優さんも素晴らしかったーっっっ。特に、大楠さんのマダムは圧巻!

でも、ぱんだが一番注目するのは、「中原中也」役の森田剛くん。(「V6」だったっけ?) 
彼演じる中原ですが、これが。。。イイ!!!!!!
何がって、もう全てですよ! 存在感、はかなさ、哀れさ、出てくる場面の映像の美しさ。。。
背格好といい、実物の中原に似ているのもGOODです。

他に、主人公を堕落の道に引きずり込む男に伊勢谷友介さん。生田くんを食っちゃっている場面も多々あり。(涙)
侍従役に、渋さでは天下一品の石橋蓮司さん。
監督は、日本映画界の鬼才と名高い荒戸源次郎監督です。ぱんだは、「ツィゴイネルワイゼン」しか観たことありませんが。。。


しかし。。。この時代の芸術家って、どうして死にたがりなんでしょうね? 若くして、結核で惜しまれつつ逝かなければならなかった人も多い中。。。

とりあえず。。。
観てください!!! ちょっと長時間ですが、頑張って「青春文学の最高峰」を堪能しましょう。
DVDになるまで待ってもOKですよーっっ。

あ、それから音楽があまりないので、映画館へ行かれる方はポップコーンはやめたほうが無難です。
実は、買って中に入ろうとしたらポップコーンが焦げちゃったからという理由で売って貰えませんでした。結果として大正解でしたわーっっ。
ごそごそごそごそ。。。カリッ。。。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

naopan555

Author:naopan555
「ぱんだ」と申します。
東京・世田谷在住のカバン大好き女子!
ダンナと猫の3匹(?)暮らしです。

☆ 応援、ありがとうございます!励みになります!


人気ブログランキングへ

☆ ブログ分析のランキング投票です。こちらも励みになります!よろしくですーっっ!
blogram投票ボタン

☆ よろしければ、ポチしていって下さいませね! 後ほど、伺わせていただきます!
おきてがみ


☆ ようこそいらっしゃいました! ご訪問、ありがとうございます!



☆ 2009.7.24より、カウントスタートしまーす!

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
<今日のタロット>
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。