2010-03-04

ポール・ポッツ東京公演

花粉。。。とうとう暴れだしましたねー。
目も鼻も、かなりヤバイ状態ですが、今日も行ってきました。
「ポール・ポッツ」来日東京公演の初日です。

去年の初来日のときは、渋谷の「bunkamuraオーチャードホール」でしたが、今回は有楽町の「国際フォーラム・ホールA」でした。
まー、どっちにしても観客動員の数はスゴイです。
なんたって、国際フォーラムの「ホールA」は、5012人の収容キャパを誇っておりますから!!!
そして、今回も超満員の大盛況。(2階席の状況はよくわかりませんが。。。)

まー、それにしても。。。

あのスーザン・ボイルおば様同様、人間どこでどうなっちゃうのかわかりません。2年前までは携帯電話のセールスマンだったポール氏が、地球の裏側でこれだけの集客力を発揮することになるとは。。。
この方、プロモーション用にテレビ出演のみでしよっちゅう日本に来ている感がありますが、本格的なコンサートにこれだけの人数が押し寄せるというのは、やはり本物の証拠です。

途中休憩を含めて、約2時間半、あのド迫力ボディに匹敵する声で朗々と歌ってくれました。
オペラ・ミュージカル・映画音楽・クラシックとジャンルは様々でしたが、最初から最後まで完璧を保っていたのには驚きです。失礼ながら、もう若いとはいえないお歳のはず。。。
セカンド・アルバムをリリースしたおかげで歌う楽曲が増え、前回より濃い内容でした。オーケストラは日本のチームでしたが、コンダクターとピアニスト(ミュージック・ディレクター)はちゃんと引き連れておいででしたわーっっ。

今回も女性ソプラノのゲストを迎えて、演出(実は、自分が休みたいだけなのだと思われますが(www))に加えていましたが、日本語の通訳がいなかったおかげで、楽しい(???)トークが全く理解できずに眠気を誘うという泥沼にはまり込みました。(ぱんだだけか?)

でも、あのゴッド・ボイスには眠気も吹っ飛びます。

アンコールでは彼の代名詞的名曲「誰も寝てはならぬ」を披露。
もうもうもう、これはもうっっっ。。。。
歌い終わりを待たずして、拍手の嵐が沸き起こり、5000人のスタ・オベと「ブラボー!」の大歓声。
やはり、この曲なくしてポール・ポッツという人物は語れませんっっっ。
ぱんだ的には、テレビで歌っていた「青い影」を期待していたのですが。。。残念!!!!でも、ショパンの「別れの曲」が聴けたので嬉しかったです。ただただ、酔いしれました。。。

でもでもでも。。。やはり「誰も寝てはならぬ」には無条件に涙が出てきます。
ドミンゴよりも、パバロッティよりも、カレーラスよりも全然良いのです!!!!フホホホホホ。。。


そんなわけで。。。

先日の、中川晃教くんの「ポピュラー・ウィーク」コンサートで、有り得ないほどの感動を味わい過ぎまして。。。ちょいと引きずっていたのですが。。。
あの夜に匹敵するくらいの、素晴らしい一夜でした!!!!


ちょっと気になったのは。。。

途中の休憩アナウンスで、「ただ今より、20分間(15分間のときも)の休憩でございます」というようなのが普通ですよね。
なのに今日は、「ただ今より、しばらくの間休憩のお時間となります」ってちょっとちょっと!!!(観客から、狼狽のドヨメキが。。。)
一体、この中途半端すぎるアバウトさは何なのさ? 
トイレだけでヨシとすれば良いのか、コーヒーにサンドイッチくらいまではいけるのか、ハッキリして下さーーい!!!


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

naopan555

Author:naopan555
「ぱんだ」と申します。
東京・世田谷在住のカバン大好き女子!
ダンナと猫の3匹(?)暮らしです。

☆ 応援、ありがとうございます!励みになります!


人気ブログランキングへ

☆ ブログ分析のランキング投票です。こちらも励みになります!よろしくですーっっ!
blogram投票ボタン

☆ よろしければ、ポチしていって下さいませね! 後ほど、伺わせていただきます!
おきてがみ


☆ ようこそいらっしゃいました! ご訪問、ありがとうございます!



☆ 2009.7.24より、カウントスタートしまーす!

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
<今日のタロット>
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード