--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-02-10

劇団四季「エビータ」

今日は、劇団四季公演「エビータ」を観てきました。
これまた、本当にお久しぶりです。やはり、20年以上経っているでしょうか。。。
場所は、ぱんだの大好きな「自由劇場」。 席は、ど真ん中の前から12列目でした。

いや、この演目。。。
男性客が目立っておりました。平日の昼公演にもかかわらず、不況の波か。。。はたまた女優目当てか???
女優といえば、12年ぶりにエピータ役で返り咲きをする野村玲子さん。
ぱんだなんか、まさに彼女観たさっていうところが大きかったのです。 なのに。。。なのになのに!!!
勢い込んで出かけてみたら、別の女優さんが主演しており、愕然のばんだです。(wwwww)
こんなはずじゃなかったのにっっっ。 野村さーーーーんっっっ!!! お姿を見せてくりょぉぉぉーーっっ。。
やっぱり、「エビータ」といえば野村玲子。野村玲子といえば「エビータ」なのです。はい。
かつて、田園都市線に乗車中、ぱんだの前に座っていた女性が「野村・エビータ」と小さく書かれたカツラの丸い箱を大事そうに両腕で抱き込みながら持っていたのを目撃しました。
内心、ドキドキでしたわーっっ。あの箱の中に、野村さん専用の、金髪のカツラがっっっっ。 なんて想像したりして。(田園都市線沿いに四季の稽古専用場があるので、四季の団員さんとは電車の中でしょっちゅう遭遇します)

まー、そんなわけで。。
ぱんだは12年ぶりにこの役を演じる野村玲子さんを見損ねて帰ってきたというわけです。トホホホホ。。。。
でも、今回の「エビータ」はぱんだには新鮮でした。
自由劇場の構造を上手く利用した演出でしたから。「ウェストサイドストーリー」や「コーラスライン」のように、何もかもが昔のまんまじゃつまりませんからねぇぇ。。
特に、エヴァが大統領夫人となって、カーサ・ロサーダに始めて立ち、国民の前で歌うメガトン・ナンバー「アルゼンチンよ、泣かないで」なんか、全面のセリが上がっていくという斬新なもの。
これが、メチャ感動なのです。 まるで、自分がアルゼンチーナになったような錯覚すら覚えてしまいます。
ペロン役の金田さんのカッコ良さ、チェ役(昔は、チェ・ゲバラだったよね)の芝さんの堂々たる風格。。。そして、野村さんを向こうに回して一歩もひけを取らないタイトル・ロールの秋さん。
「あー、四季を観た」という気持ちにさせていただきましたわーっっっ。 本当に、素晴らしい舞台でした。

この演目、全く知らないという方のために、ちょいと解説すると。。。

私生児という負い目を持ち、野心家のエヴァは15歳でアルゼンチンの田舎から「南米のパリ」と謳われるブエノスアイレスへ出てきます。
次々と男たちを利用してラジオ女優にまでなったものの、どっこい我らがエヴァはそんなもんじゃ満足できない女。
ターゲットは、軍人あがりのエリート、ホアン・ペロン。 出逢ったその夜に彼の愛人を追い出し、周囲の顰蹙や嫌がらせにも負けずに妻の座を獲得するのです。
見事、ファースト・レディとなったエヴァは、上流階級からお金をむしり取り、悪名高い「エヴァ基金」を設立。
労働者階級への「札束バラまき作戦」で民衆の心をゲットすることに成功。
「アルゼンチンの虹」として、一人でヨーロッパ外交へ出かけるのですが、次第に彼女の身体はガンに侵されていき。。。志半ばにして、惜しまれつつ(???)かえらぬ人となります。

ぱんだは、「エビータ」という愛称でいまだに国民から愛され続けているエヴァ・ペロンの伝記を読んだことがあります。 
「太く短く生きた」見本のような女性ですわ。(マイケルもビックリよーっっ)
成り上がりも、ここまでやればアッパレ。 まー、豊臣秀吉は知恵で成り上がったのに対し、エヴァは男で成り上がったというわけです。 二人に共通しているのは、上流階級への強烈な反骨精神と、「人たらし」と言われるほどのオーラと魅力。
エヴァが輝いていたときの顔は、どんな女優だってかなわないほど美しいっっっっ!!!ですから。

ミュージカルとしては、アンドリュー・ロイド・ウェーバーがまだ「オペラ座の怪人」を世に送り出す前の作品。
ちょうど、アブラが乗りだした頃の傑作だと思います。
映画版では、エヴァをマドンナ、チェをアントニオ・バンデラスが演じて話題になりましたね。
エヴァの物語は、このミュージカルで世界的に知られるようになりました。 これだけドラマチックな人生をおくった美女は、他に見当たらないですもんね。 
生まれながらにして。。。という、星の下にいる御仁たちに対して、エヴァは「無」から立ち上がり、戦って勝ち、自らの頭の上に星を乗せちゃってますからっっ。 たとえそれが、強引だったとしても。。。。

うーむ。。。

「アルゼンチーナよ、泣かないで。。。」



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

naopan555

Author:naopan555
「ぱんだ」と申します。
東京・世田谷在住のカバン大好き女子!
ダンナと猫の3匹(?)暮らしです。

☆ 応援、ありがとうございます!励みになります!


人気ブログランキングへ

☆ ブログ分析のランキング投票です。こちらも励みになります!よろしくですーっっ!
blogram投票ボタン

☆ よろしければ、ポチしていって下さいませね! 後ほど、伺わせていただきます!
おきてがみ


☆ ようこそいらっしゃいました! ご訪問、ありがとうございます!



☆ 2009.7.24より、カウントスタートしまーす!

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
<今日のタロット>
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。