--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-09-06

「大人のロック」に見る今昔

昨日、面白い雑誌を見つけました。
その名も、「大人のロック」!

この雑誌、「大人」と謳っていますが、決してエロい方ではありません。(wwww)
60年代後半、70~80年代のロック好きなオッサン&オバサン向けの雑誌なのです。
まさに、ぱんだなんかドンピシャのターゲットなんだけど、なんせ年間4冊しか発行されないようで、今まで知らずにいたのです。(なんと、創刊は5年前だっつーの!!!)
さらに、昔のロックが知りたいという20代の若者たちも、購買層に入っているのだそうです。

この雑誌、洋楽ロック黄金時代と呼ばれる年代に思春期から青年期までを過ごした人々には、泣いて喜ぶ内容となっております。もちろん、ぱんだなんか、釘付けで読みふけりましたわーっっ。。
主たる記事のひしつとして、ロックスターランキングというものがあります。
これは、単純に好きなアーチストを投票したものですが、ぱんだが喜んだのは、この他に

「コンサートを見たいロックスター」
「CD・レコードを初めて購入したロックスター」
「歌唱・演奏がうまいロックスター」

というランキングがあり、総合ランキングと雑誌読者のランキングが両方掲載されていて、比較できるようになっていたこと。
まあ、大体この年代だと1位は言わずもがなのビートルズなんですけどね。。。
ビートルズや2位のクイーンなんていうのは、屋台骨のメンバーが既に亡くなっちゃっていますから、観たくてもライブでは二度と観られないという哀しさがあります。解散してたりすると、余計困難になってきますね。
ぱんだが一番観てみたいバンドは、ズバリ、「T・レックス」。ランキングでは、34位でした。

初めて買ったレコードというのも、1位はビートルズでしたが、2位にサイモン&ガーファンクルのお名前が!!!!
この方たちは、はたしてロックスターなんでしょうか???まあ、ボブ・ディランなんて名前も入っていますけど、ボブ・ディランの場合は途中からロックに転向したからなぁぁぁ。。。
ちなみに、ぱんだは「ミッシェル・ポルナレフ」でしたーっっ。。。フホホホホホホホ。。。。
ピンと来る方、凄いです。ポルナレフはフレンチ・ポップスの重鎮。世間的には、「シェリーに口づけ」で有名ですが。。
ぱんだの場合、姉がストーンズを聴いていたのをきっかけに、ブリティッシュ系に走りましたが、それまでは完璧なフレンチ大好き少女でした。
その後、伝説のアルバム、クイーンの「クィーンII」を購入してきた姉の影響力のおかげさまで、ハードロックからグラムロックへ怒涛のごとく雪崩れ込んで行きました。
ちなみに、初めて行ったロックコンサートは初来日時のクィーン。中学2年生になったばかりの4月。まだ肌寒かった武道館公演は天井に手が届きそうな席でしたが、一生涯忘れることはないと思います。

歌唱・演奏がうまいというのは、やはりクイーンが1位。エリック・クラプトンやジェフ・ベックなんて顔ぶれも当たり前のように入っていますが、ブライアン・メイのギターテクニックが圧倒的な得票率を呼んだのでしょう。
ぱんだは、フレディのピアノや音域、美声も充分考慮されていると信じたいです。その証拠に、読者票では、フレディが個人で10位にランク・インしています。
楽曲のランキングは、どーしても趣向があるし、ジャンル的にも難しいのでしょう。。。
いつか、やって欲しいですが、イギリスの番組で観たときは、星の数ほどある楽曲の中で、1位が「ボヘミアン・ラプソディ」でした。なんか、クィーンの回し者みたいですが、それほど彼等の音楽は世界中に浸透しているし、特に日本はまだ無名に近かった彼等をいち早く取り上げましたよね。そんな時代に中坊だったぱんだは、おいしい時代に生まれたと思っています。。。

最後に、好きなロックスターランキングで、ぱんだの好きなエイジャが、なんと41位で大健闘していたのが嬉しかったですー。50位のミック・ジャガー(個人ランク・イン)より上ですよ上!!!!
プログレッシブ・ロックのメジャー・バンドのメンバーが寄せ集まってできたバンドですが、確かな演奏力と各バンドの良いとこ取りな音楽性が日本人受けしちゃって、現在でも根強いファンが彼らの来日を期待しています。(でも、2年に一度は来日してますが。。)

40位では、ぱんだのアイドル「T・レックス」がランク・インしていましたが、もっと上位かと思っていたのでちょっとガッカリ。
でも、「20世紀少年」を観て、このバンドの存在を知り、それ以来ハマッているという10代の読者コメントがありました。
このマンガ、作者の浦沢直樹さんが子供のころに聞いていた「音楽」の象徴としてこの曲を選択し、題名にしたというエピソードをテレビで見ました。丁度、同年代の浦沢さんとぱんだ。。。お昼の時間に、放送委員を説き伏せて校内放送で「ロッキー・ホラー」のナンバーを流したことを思い出し、やっていることは皆同じなんだと、つい笑ってしましました。

オッサンとオバサンが夢中になった同じ音楽を、今の子供たちがハマッている。。。なんか、心がホッと和む一冊。。。「大人のロック」。。。

大人のロック! 2009年 秋号【Vol.20】[雑誌]大人のロック! 2009年 秋号【Vol.20】[雑誌]
(2009/09/01)
日経エンタテインメント!

商品詳細を見る

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

naopan555

Author:naopan555
「ぱんだ」と申します。
東京・世田谷在住のカバン大好き女子!
ダンナと猫の3匹(?)暮らしです。

☆ 応援、ありがとうございます!励みになります!


人気ブログランキングへ

☆ ブログ分析のランキング投票です。こちらも励みになります!よろしくですーっっ!
blogram投票ボタン

☆ よろしければ、ポチしていって下さいませね! 後ほど、伺わせていただきます!
おきてがみ


☆ ようこそいらっしゃいました! ご訪問、ありがとうございます!



☆ 2009.7.24より、カウントスタートしまーす!

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
<今日のタロット>
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。