2009-08-22

死神の精度

舞台版「死神の精度」、とうとう初日の幕があがりました。
ぱんだの地元である、世田谷は三軒茶屋にある「シアター・トラム」にて、21日よりスタートです。
(実際、チャリで観に行ったぱんだです。フホホホホ。。)

この舞台、原作は伊坂幸太郎さん、演出は「厳しい」で有名な和田憲明さん。。。
主な出演者は、たったの4人。しかも全員男子です。

香川照之さん、ラサール石井さん、ぱんだのご贔屓・中川晃教くん、そして鈴木省吾さん。
この異色な取り合わせ、どうなることやらと思って観に行ってみましたが。。。


まず、ぱんだは原作を読んでいません。映画版も観ていないので、ストーリーを知りません。
なので、「死神」モノだということと、ヤ○ザさんのエピソードをピックアップしてあるという予備知識しかありませんでした。
うーむ。。。ナンでもアリの死神モノかぁぁぁぁ。。。なんて、ちょっと引き気味だったのですが、これがなかなか面白かったのです。
任侠の世界に死神は付き物かと思いきや、この話はドンパチだけではもちろんありません。
「死」というものがテーマの場合は、必ず「生」を浮き彫りにしてありますよね。ひとつのパターンといってもいいと思いますが、このドラマはそのパターンに沿ってはいません。むしろ、人間はみな死ぬのだということを思い出させてくれたりします。死を知っているから、今を大事に生きる。。。そういう「生」の描き方とはちがう。。。。ナンだろう、説明できないのですが。。。つきつめれば、やっぱり「生きる意味」だの「自分らしい生き方」だのをうたっているのかもしれませんね。(。。うーむ、説明不能っっっ。任侠の特殊な考え方は、一般人理解の範疇を超えているのかも?)

若いチンピラ役で、我らがアッキーこと中川晃教くんが体当たり演技をしてくれていますが。。。もーう、彼のお育ちの良さが邪魔をして、かなり無理があったかなぁぁぁ。。。
さらに、彼の澄み切った美声は、どう頑張ってもチンピラくんのそれではありません。ぱんだ的には、あの稀有な美声は国宝ものだと賞賛したいところなんですが。(wwwww)
しかーし。。対極のキャラに挑戦した姿勢たるやアッパレ!!これからの舞台人生に、ひとつキャリアを加えてくれました。突き抜けられるかどうかは、これからですね。でも、彼ならやってくれると信じてます。ぱんだオバサン、見守ってまーす!!!(誰かツッコミよろしくっっ)

香川さんは、2時間出ずっぱりの死神役。映画版では、金城武さんが演ったそうですが、ちょっとそちらも観てみたい気がしてくるほどキャラが立ってました。
ちょいとヌケているけれど、職務に忠実なミュージック大好きっこの死神。。。。。この難解なキャラを自然体で、サラリと演じて魅せてくれました。その堂々たる主役っぷりには、拍手です!

そして、ラサール石井さんの存在感ってば、お台場のガンダムも驚いて腰抜かすでしょーっっっ。!!!
彼の演じる任侠ヤ○ザさんは、芯が強く、心優しく、愛に溢れ、あくまでも大人の男。
ぱんだ、すっかりラサール・ファンになりました。
あれだけの舞台オーラを出す俳優さんは、なかなかいそうでいないものです。 
本当に凄いの一言。

鈴木さんは、同僚の死神役なんですが、カッコ良かったなぁぁぁ。独りで背が高くて。。。フホホホ。
他の3人に比べて出番は少なめなんですが、要所に顔を出しては、イイ味出して去っていきます。
あ、もうちょっと観たいと思わせるテク、憎いったらありゃしない!!

そんなこんなで、硬いベンチシート座席に2時間。堪能させていただきました。
の演出や、ストーンズの音楽がとても効果的で、ここは東京ではなく、もしかしてマンハッタンかと思わせるような。。。そんな異空間。

今月末まで上演しています。これぞ、ストレート・プレイだ!というのがお好きな方、お奨めです!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:naopan555
「ぱんだ」と申します。
東京・世田谷在住のカバン大好き女子!
ダンナと猫の3匹(?)暮らしです。

☆ 応援、ありがとうございます!励みになります!


人気ブログランキングへ

☆ ブログ分析のランキング投票です。こちらも励みになります!よろしくですーっっ!
blogram投票ボタン

☆ よろしければ、ポチしていって下さいませね! 後ほど、伺わせていただきます!
おきてがみ


☆ ようこそいらっしゃいました! ご訪問、ありがとうございます!



☆ 2009.7.24より、カウントスタートしまーす!

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
<今日のタロット>
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード