--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-09-30

浦井健治 15周年記念「初」コンサート ~ アッキー15周年との比較 ~

すみません、ライブ・ネタが続いています。
カバン様、沢山控えておりますので、次回は必ず。

それでですね。。。

浦井くんですよ。

最近では、3人組ユニット「STARS」の中の1人(ボケ担当。でも、たぶん天然です)としても活躍しています。 お笑いユニットではありません。 
「ミュージカル界のプリンス」たちです。

と言うと、我らがアッキーはプリンスじゃないのかといわれてしまいそうですが、彼は所属事務所内では「王子」と呼ばれているみたいなので、そこはヨシとしましょう。 アッキーは、「ミュージカル界の天才」ですから!!!

まー、ここでアッキーが出てきたので書いておきますが、前々回くらいにアッキーの15周年記念コンサートの様子を記事にしましたが、なんと、浦井くんも今回が15周年の記念コンサートっていうじゃありませんか。 同じ業界に身を置く二人が、同年同月に同じ趣旨のコンサートを開くとはっっっ。
これは、タイプが違うので比較できないけれど、あえて比較するしかないでしょう!
ぱんだがアッキー・ファンだからといって、贔屓はしませんよ。


先ず、浦井くんは、今回が初の自分だけのコンサート。 ここがもう、アッキーとは雲泥の差がついてます。 まー、「差」というと語弊があるので、「違い」と言うべきですね。
「差」といえば、開催会場がたまたま同じ「東京国際フォーラム」。 でも、アッキーは「ホールC」ですが、浦井くんは泣く子も黙る「ホールA」。 うわーっっっ。。。 初コンサートで、ホールAですか。 しかも、5000人の観客。。。
ぱんだは、2階席のほぼ中段の中央でしたが、それでもチケットが良く手に入ったもんだと思ったくらい、完売状態。
と、言いつつ、何故か当日券売り場が開いていたのが不思議です。 こういうのを、「業界の謎」と言うのでしょう。
これについては、アッキーの観客動員が少ないと言うのではなく、浦井くんの動員数がケタ違いにヤバイということ。。。 やはり、ミュージカル界の貴公子様、コアなファンがわんさか押し寄せてきたわけですね。
しかも、「今夜、一夜限りのコンサート」と銘打っているからとも考えられます。 アッキーは様々な会場で様々なファンを相手に様々な音楽(ミュージカル以外の自作音源)で開催しているので、分散されてしまいますから。

で。

内容ですよ。

同じ15周年記念コンサートでも、こうも違うものを観せられると感慨深いです。

アッキーは、自分史として15年の歩みをオリジナル楽曲で表現し、ほとんどミュージカルの楽曲を選ばなかったのですが、浦井くんは、彼のデビュー作品である「仮面ライダー・クウガ」の主題歌から、最近の舞台「王家の紋章」まで、歌うわ踊るわ、その数なんと27楽曲。
まー、ミュージシャンとしての顔と、ミュージカル俳優としての顔、両方を持つアッキーとは表現方法が違うのは当たり前なんですが、アッキーにはもう少しミュージカル楽曲にも目を向けて欲しかったと、浦井くんのコンサートを観て、心底そう思いましたよ。
だって、観客の約7割強がミュージカルからアッキーという存在を知った人々なのだから。

でも、この15年を振り返り、アアッキーがミュージカル楽曲を歌うとなると、選曲が大変であろうことは容易に想像できます。
実は、当然のことながらこの二人が舞台で共演していることがありまして、「あれ? この曲は浦井くんの役が歌う曲だったのかー。。。。」という、いわゆる作品の顔的な有名曲ではなく、サブ的な楽曲だったりするわけです。
アッキーが、いつかミュージカル楽曲だけで自分史を振り返ってくれるコンサートを期待します。(何年か前、たった一度だけ六本木のライブハウスでそれをやってくれました。観客は皆、涙の大感動でした! でも、歌う方は大変だったでしょうね~)

ぱんだが、初めて浦井くんの舞台を観たのは、10年前。 「蜘蛛女のキス」で、甘いマスクの割に、粗野でセクシーな演技が光っていたのを想い出します。
彼は、シェイクスピア劇にも良く出演して高い評価を得ていますし、 「アルジャーノンに花束を」では、各演劇賞を総ナメ。
この人にも、アッキーとは違う。。。いや、同じ「舞台の神様」がついているのだと思われます。
それぞれの個性に併せて、神様が手を差し伸べたり見守ったりしているのかも。。。

さて。

浦井くん、笑顔が素敵でしたよー。 フホホホ。。。
「王家の紋章」の、あのメンフィスが、妙なハイテンションで早口なMCをぶちかます姿は、アッキーとはまた一味違う面白さがあります。

歌については。。。 うーむ。。。

もちろん、上手いのは当たり前なんだけど。。。 声も、しびれるほど良いんだけど。。。

ごめんなさい、オープニングの楽曲から生あくびが出てしまったのは、ぱんだだけでしょうか。 ただ単に、楽曲がつまらなかっただけなのかもしれませんが。。。
「ヘドヴィク・アンド・アングリーリンチ」の「ミッドナイト・レディオ」と、「エリザベート」の「闇が広がる」だけ、”聴かせて”いただきました。 おーっと、ぱんだの上から目線コメント、炸裂ですわー!

アッキーとの違いって、一番はそこだと思うのですよ。

どんな楽曲でも「魂の入れ具合」によって”聴かせる”ことができるでしょ。 この2曲ほど、今回のコンサート内でドラマチックな楽曲、ないですから。 観客も、曲の良さに釣られてそれなりに引き込まれてしまうけれど、それを差っ引いても、浦井くんの魂を強く感じることができました。

アッキーは、どんな曲でも、確実に観客を引き込みます。 誤解を恐れずに言うと、これは、浦井くんがダメというのではなく、こと「歌う」という行為に関しては、アッキーが不思議なくらい「ザ・本物」さんだからなのではないでしょうか。
浦井くんが、「ザ・偽物」さんってわけじゃありませんよ。 根本の資質が違うと言いますか。。。 持って生まれたものが違うと言いますか。。。
浦井くんは、なんといってもその演技力。 コロッと別人になれる人ってよくいるけれど、彼はまさにそのタイプ。 歌の天才・アッキーに対して、芝居の天才・浦井くん。。。 (天才肌っていうのは、大体みんな「天然くん」ですよね。 アッキーもその一人。)
それが、浦井くんが持っているアッキーとは違う根本の資質なんだと思います。 なんたって、初のライブで、「ホールA」を満員御礼にできるのですから。 (現時点では、アッキーにはできないことかもしれません。 ファンとしては、ちょいと複雑です。)
でも、残念なことに歌を演技から切り取った状態のコンサートでは、ぱんだにはイマイチ響いてきませんでした。

何はともあれ、芸大・音大を出ていないこの2人が、15年間この業界に身を置いてこれたのは、多大な「努力」と「運」以外の、2人にしか持っていない大きな大きな大ーーーーーきな、それぞれの「資質」なのだと思います。 これって、相当、凄いことなんじゃないでしょーか。。。

むむむむ。。。 結局、自分でも何が言いたいのかわからないような締めになりましたね。 

浦井くん、お疲れさまでした。 ぱんだは、好きになりましたよーっっ。

アッキーの次に。 

ごめん。


スポンサーサイト

2016-09-24

QUEEN 日本武道館公演

IMG_20160923_181615.jpg
IMG_20160923_182817.jpg

なんと言いますか。。。

一夜明けても、まだ興奮状態が続いておりますよ。
待ちに待った、あのフレディ・マーキュリーがいないQUEENがいろいろと試行錯誤するうちに出会った最終兵器、アダム・ランバートをフロントマンにしての、初武道館公演!!!!

ぱんだは、ダメ元で応募した抽選チケットに当選し、最終日の公演を観に行ってきました。 といっても、S席16500円を払って、2階の天井が手に届きそうな席でしたが。。。 いやいや、あれは2階ではなく、3階。。。いやいや、アリーナという特殊な席から考えると、4階席といっても過言ではないでしょう。

これは、ぱんだが人生初めて「ロック・コンサート」と名の付くライブに出掛けた、くしくも、そのときと同じ席でした。 演目も、日本初来日した、まだ駆け出しのグループだった、正真正銘の「QUEEN」でした。
日本武道館。。。
まだ中学生になり立てだったぱんだには、刺激的すぎる場所でした。 昔の武道館は、コンサートのために建設されたわけではないので、音響が悪くて適さない場所でしたが、たぶんこのときのコンサートをきっかけに当時の「外タレ」たちがわんさか来日してコンサートに使用し、現在では少し音響設備が良くなったし、大仕掛けのセットにも耐えられるようになったのかも。
(この初来日のとき、どこかの大学の講堂でもコンサートやったんですが、どこだったかなー。 そのときは年齢をごまかして(14歳を18歳と!)徹夜で並んでチケットを取り、最前列の中央で、舞台にかぶりつきで観ました。 今では有りえない光景ですが、あの頃は大らかな時代で、それが許されたし、椅子の上に立ち上がって騒ぐのもアリでしたね。 フレディまでの距離が、10センチくらいでした。)

さらに、当時のQUEENは、日本で人気に火をつけ、世界に発信したというのは有名なハナシです。 その音楽性に酔いしれる前に、メンバーがイケメン&インテリ揃いだったというのも最大の理由です。 特に、ドラマーのロジャー・メドウツ・テイラーは、超がつくほどのイケメンさんで、「金髪・碧眼」に弱い日本人の心を鷲掴みにしました。 「美形」という言葉は、まさに彼のために作られた言葉ですし、全員大卒とか、天文学や電子工学の博士号取得なんていう肩書がついてちゃあ、男女ともにメロメロになるのは当然だったのかもしれません。 
昭和の時代(70年代)の日本は、まだ大学に通える人たちは今の半分にも満たなかったし、あのビートルズを生んだ国に、こんなに才能あふれる王子様たちが潜んでいたとはという驚きと感動があったと思われます。
今回、ロジャーの息子がサブ・ドラマーとして来日していて、ワールド・ツアーに参加していますが、美形ぶりが凄まじすぎて現在でも「美しすぎるロック・スター100選」の上位に名を連ねる父親の足もとにも及ばず。。。 うーむ、残念!! やはり親子なので、少しだけ面影がありますけど。 まー、今現在のロジャーの容姿については、あえて語らないことにしますが、甘いマスクには似合わず、メンバーの中で一番のロックンローラーだったそのやんちゃぶりは、現在でもちゃんと健在です。 40年という歳月が流れていても、です!


ぱんだが一番好きだったブライアン・メイは、相変わらずのギター・テクニックと、ブライアンにしか出せない「音」をこれでもかと聴かせてくれました。 それだけで、もう感激です。
宇宙の中で、たったひとりギターを弾くという演出、最高でした。 レーザー光線、ミラーボウル、ドライアイス、金色の紙ふぶき、ドカンと吹き出す煙幕、花火やプロジェクション・マッピングなど、一曲ごとの様々な演出で客をワクワクさせるアイデア、天文学の博識高いブライアンの趣向が垣間見れました。

そして、そしてそして、あのフレディ―・マーキュリーを彷彿とさせるアダム・ランバートですよ。 ぱんだは、彼がオーディション番組「アメリカンアイドル」のシーズン8で準優勝したときからの大ファン。 それについての記事は、以前にこのサイトでアップしましたのて、よろしければ覗いてみてくださいませ。
昨日のステージを観ていて、「アメアイ」の地方予選を受けにきたまだ初々しいアダムの姿を想い出してしまいました。 即興アカペラで歌う最初の審査で、アダムが歌ったのは、「ボヘミアン・ラプソディー」でした。 4人の審査員のうち、ボスであるサイモン・コーウェルだけが彼の歌声を気に入らず、他の3人に促されて(説得?)しぶしぶ合格を出したのでした。 今思えば、あのとき合格させてくれたサイモンにも感謝しなくちゃですね。 その後のアダムが本選審査でどれほどの大活躍をしたか、そしてラスト2名まで勝ち残り、惜しくも優勝は逃したけれども、フィナーレでQUEENのメンバーと披露した「We are the Champion」が、どれほど神がかっていたか。。。 
プロになてからのアダムの活躍は、いわずもがなです。
(シーズン8の優勝者だったクリス・アレンよ。。。 悪いけど、その後の活躍がパッとしないのは、自ア分よりアダムの方が遥かに凄いパフォーマーであるにもかかわらず彼を差し置いて自分が優勝してしまった驚きと負い目にも原因があるのではないか? なんて言うと、クリスのファンに袋にされますかね。 だけど、それくらいボヤいても許されるくらい、その差は歴然でした。)


でも、彼はこう言い放つのです。

「僕は、フレディじゃありません。」

そして、こう続けるのです。

「フレディは、この世にたった一人しかいません。」


彼にとっても、大ヒーローのフレディ、きっと天国からやってきて、傍でその言葉を聞き、はにかんだような、あの独特の「小さな笑み」を浮かべていたと思います。
ぱんだは、往年のヒット曲の合間に演奏された「Love of my life」で、涙が止まりませんでした。 ブライアンが、「フレディ・マーキュリーに捧ぐ」なんて前置きして、澄んだ綺麗な声で歌い始めるものだから。。。
幸い、暑かったので扇子を持っていましたので、泣いている顔を隠すことができました。 双眼鏡を諦めて、もう片方の手には涙を拭くためのタオルを持って、ひたすら泣きました。 フレディの姿が巨大スクリーンに映し出され、歌声が場内に広がると、もう号泣でした。
そして、「手を取りあって」という日本語の歌詞が入る曲では。。。 ああー、思い出しただけで涙が出るわー。 オバサンを泣かせるなよー、ちょっとーっっ。

昭和の「洋楽黄金時代」に、フレディほど異彩を放ったスーパー・スターはいなかったのではないでしょうか。 QUEENというバンドの、日本ウケが最高に良かった原因は、ロジャーの美形ぶりでも、ブライアンのインテリぶでも、ジョンの静かな英国紳士ぶりでもなく、唯一無二の存在であるフレディが、日本という国を愛してくれたからこそ。
それは、彼が若くして亡くなり「伝説」になったからではなく、生きて70歳になっていたとしても変わらないことである証明を、我らがアダムがやってのけてくれた気がします。 ありがとう、アダム。 そして、フレディ。

さてさて。

もっともっと語りたいのですが、長文になってしまったのでこのへんで。

グッズ売り場、いつもながら凄まじかったですね。 ぱんだは意気揚々と、1時間前に到着して買う気満々でしたが、最後尾のプラ持ち兄さんが、「開演には間に合いませんよ」と言うのであっさり諦め、終演後に来てみたら、開演前より長蛇の列。 しかも、最終日ということもあり売り切れの商品も多く、それでもパンフレットだけはなんとしてでも死守したいと思い、2時間立ちっぱなしの上にさらに1時間並んで、ようやくお宝をゲット。 
たのむから、パンフだけは別の場所で売って欲しいです!!!
今回を逃したら、もう二度と来日は難しいというし、何よりも、思い出深いここ日本武道館での公演はもう無いだろうという世評にほだされて、老骨にムチ打って並んでみたものの、あれだけ豊富な種類があったはずの公式グッズは残りもの(スミマセンっっ)と呼べるものしかなく、それでも有難がたく購入して帰路につくファンたち。。。 もちろん、ぱんだもその一人ですが、日本人って凄い民族だと、つくづく感心させられます。

IMG_20160923_185109.jpg

写真は、このコンサートのために作られたTシャツを着たお客さんです。 ぱんだの目の前に座っていて、羨ましかったからついパシャリ。 このTシャツ、たぶん初日で売り切れたんじゃなかろうか。。。
ちゃんと、23の文字が入っているのをわざわざ着てくるという楽しみ。。。
ということは、前の2日ぶんのもあったと思われます。 むむむむ。。。 羨ましいっっっっ。
ぱんだが買えたのは、リストバンドとタオル、パンフレットだけでしたよーっっっ。

QUEEN+アダム、又、来て欲しいなー。 

無理かなーっっ。。。


2016-09-19

中川晃教コンサート 15Th Anniversary Live "I Sing Crystal"

しかし。。。

最近のブログの怠り用は、もうもうもうもう、もーーーーうハンパなくなっていましたので、大反省をし、記事をアップさせていただきまする。
ここ1ヶ月強、いろいろコンサートには出かけましたが、やはりアッキーのデビュー15周年記念イベントが主だったものでした。
行き過ぎて、いちいちアップしていられなかったのと、ぱんだがズボラなのとでダブルパンチでした。
なので、今回はちゃんと掲載しようと思いつつ。。。

うーむ。。。

昨日でしたが、この長ったらしいタイトルのコンサートに行ってまいりました。
まー、アッキーのコンサートのタイトルっていつもこんな感じですけども。。。

先日、サントリーホールで東京シティ・フィルのフルオケをバックに開催したコンサートも、15周年記念のものでした。
そして、白寿ホールでは初めての(たった一人でってことですか?)弾き語りコンサートを2日間、その合間にファンイベントもあったりして。。。

あの、大盛況の末に怒涛のごとく終了した「ジャージー・ボーイズ」の余韻を残しながら、まだその体調も回復していないだろうに、このスケジュールですよ。 流石に、プロなんですねー。。。 いや、天才だからできることなんでしょうか。
我々ファンは、この目まぐるしい彼のスケジュールに一抹の不安を覚えてしまうのですが、当のアッキーはへっちゃらで頑張ってくれています。 あー。。。 感謝です。

さて、その集大成でもある昨日のコンサートですが、久し振りに「アッキーらしいコンサート」を観たなという感想でした。
最近、10年ぶりにリリースされたアルバムからの全曲をやってくれたし、15周年ってことで、彼にとって思い入れのある楽曲を取り入れながらアンコールではホイットニー・ヒューストンも、ピアノの弾き語りで表現。 もちろん、最近の定番曲となっている「君の瞳に恋してる」も!

「今日は、ここにいる全員を連れていきます」

というとおり、みんな楽しんで「連れて行って」もらいました。

というのも、去年のコンサートは、全てが神がかった彼の「新境地」を体験させられ、観客はただそれを遠くから眺めているような錯覚を覚えたからなのです。 これを感じたのは、ぱんだだけではなく、他のファンの方も同じ様な感想を述べられていました。
まー、平たく言えばライブ特有の"一体感"っていう感覚がまるで無く、「置いてけ堀」をくった感じですね。
ステージの上だけで繰り広げられる「凄いモノ」に、ただただ圧倒・呆気にとられてボーッとしてしまうといいますか。。。
それが、今回は「凄いモノ」から「参加できる凄いモノ」に変化していました。
それは、アッキー自身が感じ取ってのものなのか、周囲に促されたものなのかはわかりませんが。。。
アッキー、ありがとう。 楽しかったです。

それから、ひとつ言いたいのは、パンフレットやグッズを購入するためにもの凄く並びました。 国際フォーラム、最悪です。
運動不足のオバサンには、最後尾のプラカードを持って立っているお兄さんの場所まで行くのに階段をヒーヒー言いながら登って行くというのが辛すぎました。
観客動員が凄い会場では、グッズ売り場をもっと増やしていただければ嬉しいです。

「ジャージー・ボーイズ」からファンになったという方には、馴染のない楽曲ばかりでしたし、ちょいと刺激的なコンサートでしたが、これこそが、ザ・中川晃教なんだですよね。 
ミュージカルから入ったファンであるぱんだがこれほど、彼のソングライターとしてのアーティスト性に共感し、シンガーとしての良い意味での裏切りに陶酔できるのも、彼の「歌う」という真摯な姿勢に感動しているから。
彼のことを知ってから約11年間、ずーっとこの感動を味わい続けています。

ありがとう、アッキー。

そして、これからも宜しくですーっっ。


2016-09-17

ぐげー。もうこんな季節にっっ。

前回の記事のタイトル、見てビックリですねー。 なんと、リオ・オリンピック開催とは。。。(今はパラやってますが)
更新が月イチになっちゃってますーっっ。 怖いです。

最近、夏が過ぎ去ってからこっち、旅行やら「教室展」やらなんやらでバタバタしておりました。 そしたら、グッタリと疲れて何もする気が起らず。。。 これは大変です。 こーやって、人はダラダラ病になっていくのでしょうか。

さてさて。

久し振りのカバ好きなのでカバン様をと思ったのですが、アッキー・ネタも全然手をつけられずにいるし、旅行記でもと思ったのですが、ここはやはり軽くリハビリを。。。

ってことで、「教室展」を経ての感想などを。

えー。

今月の6~12日まで、日頃お世話になっているアクセサリー教室の、初めての「教室展」が開催され、無事に終了いたしました。
おかげ様で、なかなかの大盛況という、嬉しい結果で、先生をはじめ生徒さんの頑張りが実った形となりました。
来ていただいた方々に、この場をお借りして御礼申し上げます。

場所が、「溝の口」から徒歩5分という、都心からはローカル感が否めないところでしたので、最初は「どーなのかな?」と懸念していましたが、「フィオーレの森」というハイソなエリアだったため、近隣のマダムたちがお誘い合わせて覗きにきてくださり、当初の予想よりもはるかに多い人手と賑わいにビックリでした。 「星のミュージアム」というロマン溢れるネーミングの狭いスペースでしたので、展示作品をゆっくりじっくり鑑賞するというわけにもいかず、スーッと素通りする方もチラホラ。
生徒のお客さんは、とりあえず顔出しだけしとけばオーケーという方から、気を使って何か購入していってくださる方までいろいろでした。
でも、大半の方は、楽しんで鑑賞、お買いものをして下さっていました。 これは本当にありがたかったです。

ぱんだも、「AJCクリエイターズコンテスト」に出品した2作品(「MARS」佳作、「COMET」入選)と、お客様に納品したチャームの作品、マクラメのネックレスとブローチなどを展示させていただき、マクラメのブレスレットやパワーストーンのブレスレットとピアスを販売品として提供しました。

自分の作品を、まじかで観ていただく機会って少ないですので、緊張しましたわー。 美点も欠点も、まるごと晒すことになりますからねー。 むむむ。。。 いやー、笑ってごまかすしかないんですけど。 フホホホホ。。。
コンテスト作品は上野の美術館で散々晒し物になっていますが、チャームに関しては、ブログHPでのご紹介だけですので、写真と本物の違いは歴然と異なるものです。
キラキラと輝く美しいモノっていうのは、女心をくすぐりますものね。 「わーっっっ綺麗!!!」と、足を止めて観て下さる方たちや、作品の写メを撮って下さった方々、ありがとうございました。 本当に嬉しかったです。 でも、「この作品、私が作りました」と名乗ることがスーパー超恥ずかしくてできませんでした。 この場をまたまたお借りしてお詫び申し上げます。 本来なら、作品の説明などをするべきなのでしょうが。。。 まー、説明といっても、皆さんからの質問は1つだけで、「これを作るのに、どれくらいの日数がかかりましたか?」というものでしたが。。。

IMG_20160906_190323.jpg

そして、ぱんだの写真技術では、十分の一くらいしか作品の魅力をお伝えできていないのだと、つくづく感じました。
他の生徒さんの手前もありますので、チャームはたったの1点しか展示できませんでしたが、たった1点だけでもあの反響でしたで、推して知るべしですよね。
うーむ。。。 勉強になりました。 そして、反省しました。 改善点など、いろいろな課題が見つかりました。

なんだかんだで、とてもタメになった「教室展」。
先生曰く、「2年後にまたやりましょう」とのことです。  

ゆるゆるですが、ぱんだなりに頑張ります!



プロフィール

naopan555

Author:naopan555
「ぱんだ」と申します。
東京・世田谷在住のカバン大好き女子!
ダンナと猫の3匹(?)暮らしです。

☆ 応援、ありがとうございます!励みになります!


人気ブログランキングへ

☆ ブログ分析のランキング投票です。こちらも励みになります!よろしくですーっっ!
blogram投票ボタン

☆ よろしければ、ポチしていって下さいませね! 後ほど、伺わせていただきます!
おきてがみ


☆ ようこそいらっしゃいました! ご訪問、ありがとうございます!



☆ 2009.7.24より、カウントスタートしまーす!

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
<今日のタロット>
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。