--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-05-27

オリジナル・チャーム屋さん 「NAO・f」

DSC_1165.jpg
                      ロータス
                                       DSC_1170.jpg


いやはや。。。
サルもおだてられて木に登るっていいますが、ぱんだもおだてられてチャーム屋さんを開業ですわー。

ネット開業ですが、アメブロさんで立ち上げました。
以前から、あれこれと悩み苦しみ、ずーっと迷っていましたが、「まずは行動しろ」という弘法大師空海さんのお言葉通り、とりあえずではありますが立ち上げてみました。
前回の記事でも触れましたが、カバン様ひとつひとつの個性に合わせたチャームを作れないかと思い立ち、自分のカバン様用にせっせと制作しておりましたところ、有難いことにいろいろな方面から「是非、自分にも作って欲しい」というお声を頂き、感謝感激していたところ、このような次第になりました。
まだ、この世界に足を突っ込んでからようやく1年が過ぎたばかりですので、何分素人の趣味に毛が生えたようなものですが、やる以上は必死に頑張る所存!!!

フホホ。  フホホホホホ。。。


えー。

最初は、1個につき6,000円~8,000円という破格値段で制作させていただきます。
その他、天然石・スワロフスキー社製ビーズ・ヴィンテージもの・アンティークものなど、ご希望に応じて素材を替えることもできます。 
全体の色のトーン・誕生石使用などのご希望も、もちろん可!!

普通のカバン様が、高級なカバン様に変身っっっっということもありますわー。

ご注文は、すべてメールでのやりとりとなります。 
御手持の好きなカバン様の写真を添付していただけると、イメージがし易いので助かります。
個々ではなく、いろいろなカバン様にマッチしたものが欲しいという方も、もちろんオーケー。
ですが、サンプルと全く同じものをというのはお作りできません。 なんせ、世界にひとつだけのオリジナルチャームですから。 デパートなどの店頭で、他人の手垢がベッタリついているヤツとは違いますよー。

あ、それからオマケとしてと言ってはナンですが、普段、使用しないときにしまっておけるオリジナルの袋も同時に制作します。 チャームとビーズが御揃いとなっています。
ご希望があれば、それにアイロンで付けるイニシャルも添えて。。。
そして、言い忘れましたがチャームとカバン様の連結部分は、取り外してブレスレットにもなります。 なので、打合せの際に手首のサイズをお報せいただき、その方に合ったものを作らせていただきます。

以上、いきなりの告知でしたー。
どうかひとつ、当サイト同様、宜しくお願い申し上げます。

ザ・頑張ります!!!



ここでーす!




スポンサーサイト

2015-05-19

<今日のカバン> VOL.111,112

DSC_1178.jpg
DSC_1179.jpg

えー。

なんか、画像がビヨーーーーーンと縦長になってしまいましたが、許して下さいませ。
最近の、カバン様への怠りが激しく、写真がひっちゃかめっちゃかになっております。

とりあえず、この写真でご勘弁のほどを。。。

まず、上のカバン様は、今年の冬まだ寒い頃に自由が丘のセレクトショップでお持ち帰りしました。
実は、下のカバン様の方を一昨年の秋口にお持ち帰りをしまして、同じお店で上のカバン様に出会い、「あ、兄弟すじ」とわかり嬉しくなって勢い買いです。
見比べるまでもなく、このかばん様たちは同じデザイナーさん(確かフランスの方だったような。。。)に企画され、同じ工房(確か、フランスの工房だったような。。。)で制作されたものです。
季節的に素材が全く違うのですが、持ち手の牛革と上半分の豚革(上のカバン様は少し加工してあります)は変わりませんが、下半分はそれぞれ綿素材、ウール素材となっています。
メンズっぽさ丸出しなんですけど、女性でもカジュアルスタイルであれば持っている人の個性を選びませんし、機能的にも中ポケットは充実しているので使用感はなかなかGOOD。

いやー。。。。 なんといいますか。。。

私事ですが、最近は両親の介護のことなどでバタバタしております。
病院で、母親の退院手続と、父親の入院手続きを時間差で同日にやっちゃいましたわー。 トホホホ。。。
そんなときに、このかばん様たちは丈夫だし、形もシンプルなので病院でも浮くことなく、重宝しました。

カバン様ネタは、なかなかアップできずにいて歯がゆい思いをしていましたが、これからはちゃんと頑張りますよー。
ついでといってはナンですが、最近ビーズ刺繍でいろいろな物を制作しております。
そこで、カバン様を愛するぱんだとしては、どーーーーしても、「愛するカバン様たちをデコりたいっっっ。」ということで、カバン様個々の特別チャームをせっせと制作しておりまする。
もちろん、このかばん様たちにも作ってみたので、こんど別ネタとして写真を掲載させて下さいませ。


(45×40×12 上下とも同様)
さて、お値段ですが、下のカバン様の方が少し高めでした。 上が31,000円くらいで、下が36,000円くらいだったと思います。やはり、セレクトものなので買付けに行く分、割増の金額にはなってしまいますよね。 うー。。。自分で買いに行きたいよぉーーー。。。

2015-05-08

ミュージカル・ミーツ・シンフォニー 2015

GWも無事に終了しまして、新緑の素敵な季節となりました。
ぱんだは、5月という月が一年中で一番好きです。 そりゃあもう、ピンポイントで5月は最高!
「風かおる」とはよく言ったもので、4月とは違った爽やかな涼風が吹き抜けていきます。

そんな中、日曜日に行ってきました。 またもや、フルオーケストラのコンサートにアッキーがゲスト・ボーカルでご出演。。。
と、思いきや!!!!
このコンサートは意外にもミュージカルのガラ・コンだったのです!!!!
いやー、知らずに行って、嬉しい誤解。。。

前回の川崎では、一応オーケストラがメインで、映画音楽をフィーチャーしていましたが、今回は完全にアッキー畑ど真ん中のミュージカルものですからっっっ。
他のご出演は、前回もご一緒だった新妻聖子さん、安蘭けいさん、平方元基くん。

さらにっっっ!!!!!

なんとなんとなんと、ジョン・オーウェン・ジョーンズさんっっっっっ。 うー。。。。ひぃぇーーーっっっ。
本場イギリスのウエスト・エンドで、史上最年少(26歳)で「レ・ミゼラブル」のジャン・バルジャン役に大抜擢され、その後もスター街道まっしぐらの「ザ・本物の中の本物」様でございますよーっっっ。

恥ずかしながら、ぱんだはこれも知らずに出向いてしまいまして。。。「まさか、えっ出るの????」って感じで。。。
いかに、アッキー目的でしかチケットを買っていないかが露呈し、自分でも笑っちゃうくらい大バカッタレ野郎だと思いましたわ。 そうと知っていれば、追加で出たその日の夜公演もはずさなかったのにっっ。 トホホホ。。。


さらにさらに、イギリスの「アメ・アイ」的オーディション番組、「ブリティッシュ・ゴッド・タレント 2014」の優勝者である「コラブロ」。 さすがに優勝者の貫録があり、その実力は本物。 若くてイケメンの5人組のボーカル・ユニットグループです。
なんか、「イル・ディーボ」の二番煎じといいますか、「イル・ディーボ」が歳とっちゃって輝きが失せてきたところに、夢よもう一度的な発想でデビューさせられた感はアリますけど。。。彼等は、全員が以前はキッチン用品のセールスマンとか、ガソリンスタンドのスタッフとか、前身との落差が激しいほど話題になるのがこの番組。 そこが「売り」なんでしょうか???
過去の優勝者であるポール・ポッツさんは携帯電話のセールスマンだったし、スーザン・ボイルさんは何をされていたのか良くわからない系のフツーのおばさんだったしなー。

まー。。。それは、置いときまして。。。

もちろん、ミュージカルの楽曲でお楽しみといったところなんですけどね。

うーむ。。。

今回は、メインであるジョン・オーウェン・ジョーンズ(人は彼をJOJと呼ぶ)さんの一人勝ちでしたかね。
いつもより沢山出番があったアッキーですら、彼の迫力ボーカル、というより芸術品には完全に食われちゃってましたし。。。
ぱんだなど、あのボッコボコにこき下ろしてしまった「ラブ・ネバー・ダイ」を、もう一度観たいとすら思わせるほど、彼のウルトラ・スーパー大歌唱ぶりには、もうもうもうもう、ひたすらひれ伏すしかありませんでした。
前述の「コラボロ」を後に従えての「ブイ・ドイ」(「ミス・サイゴン」より)では、メイン・ボーカルなのにイントロの伴奏が始まっても、なかなかステージには出てきません。 「コラボロ」がコーラスっぽいアレンジを頑張って歌っている最中に、やーーーーーーーっと袖のドアが開いてお出ましになるという、とんでもないジラし作戦。 ジラした以上、あり得ないほどのクォリティでないと格好が付かないんだけれど、彼はその期待を大きく上回るどのパフォーマンスを「これでもかーーーーっっっっ」と魅せつけてくれました。 これには、度肝を抜かれた観客の大喝采拍手が鳴りやまず、次の出番だったアッキーが苦笑いしながらのご登場でした。(いつもなら、アッキーがこの立場なんですが。。。)
しかも、その後、彼は何万回歌っているのか分からないほどの持ち歌的楽曲である「僕こそミュージック」(「モーツォルト!」より)の出だしをミスるという失態をやらかしてしまいまして。。。
いやー。。。アッキーがあの歌でミスるなんて前代未聞ですねー。 もちろん、天才といえども人間ですからミスはつきものですけど。。。ある意味、世にも珍しいものを見ることができたかな。

なんというか。。。
誰もフル・オーケストラの素晴らしい演奏など聴いてないしっっ。  
フホホホホ。。。

アッキーは、自分でもコメントしていましたが「まさか、自分が「レ・ミゼラブル」の歌を歌うことになるとは思わなかった」そうで、意識的かどうかはわかりませんが避けて通っていたようですねー。 個人的に、嫌いなのかなー?
でも、最後に全員で歌唱した「民衆の歌」では、しっかりソロ・パートまで貰って熱唱してましたけど。。。

この手のコンサート、出演者側は出番が少なくて「ラクチンでうれしい」のか、それとも、普段歌ったことのない楽曲を無理矢理歌わされて「キツくてしんどい」のか、素人目ではよくわかりません。
その点では、やはり本編に出演した経験があるのと無いのとでは、歌っているときの感情移入が違うのでしょう。 
歌い手が、楽曲の歌詞を良く把握して、物語の流れを知っているのといないのでは、少なからず聞き手である観客の耳にも影響があると思います。 もちろん、これはしかたのないことなんですが、今回のコンサートほど、それを痛烈に感じたことはありません。 

えー。

すみません。 カバン様もアップいたします!!!!!

プロフィール

naopan555

Author:naopan555
「ぱんだ」と申します。
東京・世田谷在住のカバン大好き女子!
ダンナと猫の3匹(?)暮らしです。

☆ 応援、ありがとうございます!励みになります!


人気ブログランキングへ

☆ ブログ分析のランキング投票です。こちらも励みになります!よろしくですーっっ!
blogram投票ボタン

☆ よろしければ、ポチしていって下さいませね! 後ほど、伺わせていただきます!
おきてがみ


☆ ようこそいらっしゃいました! ご訪問、ありがとうございます!



☆ 2009.7.24より、カウントスタートしまーす!

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
<今日のタロット>
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。