--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-09-28

中川晃教コンサート2014 I SING ~ Believe In ~

御嶽山、噴火しちゃいましたねーっっ。 もう、びっくり!!!
何か、兆候はあったのでしょうか? あれだけ登山者がいたということは、兆候はなかったんでしょうね。
富士山も、そんな感じで突然噴火でもしたら。。。うー。。。考えたくないです。。。

広島の災害といい、今年はまたまた、日本は試練の年なんでしょうか。

そんな中で(関係ないことこの上なしですが)、アッキーのコンサート、行ってきましたのでアップさせてくださいませね。

場所は、泣く子も黙る「国際フォーラム」ですが、ホールCですので、ベソ泣きくらいですかね。
つい最近までミュージカルの舞台に立っていたのに。。。どんだけお仕事好きなんですかっっ。
まー、ファンにとっては、とってもありがたいことなんですけど。

今回は、地味にパンフレットとマグカップ、Tシャツという、割とフツーのグッズが売られていましたが、なんと、去年のコンサートDVDの発売もこの日にぶつけてきましたので、それはそれは長蛇の列がっっっ。
終演後に買うつもりでいたら、なんとパンフレットは売り切れっっっっ!!!!
グッズならともかく、コンサートなのにパンフが売り切れって、いったいぜんたい、どーなっとんのじゃぁぁぁっっっ???
。。。と、吠えまくりたい人続出だったでしょうねぇ。。。ぱんだは、「売り切れですよ」と係員にシレーッと言われたときは、絶望的な気持ちになりましたが、優しくて気の利く「アッキー友達」が、ぱんだの分もゲットしておいてくれました。
ありがたや~っっっっ!!!!!
でも、会場のキャパは分かっているのだから、相当数のブツは用意しておいてほしいところです。 DVDやグッズなどはいつでも買えますが、パンフレットだけはその日の記念物。 他では手に入らないですから~。
ゲットできなかった方は、ファンクラブに問い合わせてみましょう。 もしかしたら、手に入れることが可能かもしれません。

そして。

肝心のコンサートですよ。

いやーっっっ。。。「ザ・良かった」です。
もうもう、最高の気分で帰路につかせていただきました。

今回は、シンガーとしてのアッキーはもちろん素晴らしいのですが、ソングライターとしてのアッキーの存在感が、ドカーーーーンと。。。。(別に御嶽山の噴火とは関連ありませんよー)
最近は、「ポップシック」などのコンセプト・コンサートが多かったので、完全なオリジナル曲が多いと、今さらながら「ああ、アッキーの音楽観ってこーいうのだったよね」と思い返しました。
唯一、ベートーベンの曲をアレンジしたもの以外は(「ミュージカル曲」を抜かせば)、完全なる「中川晃教の世界」へようこそって感じでした。 そこが、ファンにとってはたまらなく良かったりするんですよねっっっ。

そして!!!!!

なんとなんとなんと、数ある彼が関わったミュージカル曲の中で、今回アッキーが選択してくれたのは、

「TOMMY」ーーーーーーっっっっっ!!!!!

きゃーっっっっっっ!!!!

もう、失神しそうでございましたわよ。

ぱんだが、アッキー・フリークとなった記念すべき作品、いのうえひでのり氏演出の、THE WHOの「TOMMY」ですよーーーーーーっっっっ!!!!!
もともと、長年に渡り、THE WHOの大ファンであるぱんだは、特にこの作品には思い入れがあります。
まだ20歳代後半になったばかりのアッキーが、体当たりで挑んだこの超難解な作品。。。アッキーも、「この作品と出会い、とても衝撃を受けました。その後の自分に影響を与えた、大事な作品です」というようなコメントをしてくれたのも嬉しかったです。

ですがっっっ!

このカルト作品を好きだという人は、一部の古いロック・ファンか、THE WHOのコアなファンくらい。。。
なので、最近アッキーのファンになった方はもちろん全く反応せず、ポカーーーン状態。 おなじみのファンの方でも、「好き・嫌い」がパックリ別れる楽曲たちであることはまちがいありません。 アッキー本人も、「ちょっといつもとは変わった曲をやります」って言ってたくらいですし。。。
なので、ノリノリに乗ってる人はまばらでした。 かくいうぱんだも、立ち上がって良いものかどうか迷ったあげく、「See Me Feel Me」 「Listening To You」 までは、なんとか周囲に気を使ってましたが、「Pinball Wizard」に至っては、もう大人しく座しているわけにはいかず、申し訳ないけれど立ち上がってしまいましたわー。 
ライブで、この曲を目の前にして燃え上がらないTHE WHOのファンなんて、世の中には存在しませんっっっ。

しかし。。。

なんと、ぱんだが座っていた列で、立ち上がったのはぱんだただ一人。。。。。こーいうのを、嬉し恥ずかしというのでしょうねぇ。。。 どの位置かは、あえて伏せさせてくださいませね。 フホホホホホ。。。

一度、中野サンプラザでのコンサートでもこのダイナマイト級の「3曲」をやってくれたことがありましたが、あのときは英語バージョンでした。
アッキーの英語歌詞がちょいと怪しかったんですが(それがまたご愛嬌で可愛かったなーっ)、それでも本公演のすぐ後だったので、観客も総立ちだったのを思い出します。
今回は、いのうえ版の日本語バージョン。 2007年の当時は、正統派の THE WHO のファンからブーイングを受けた対訳も、今では懐かしさと愛しさしか感じません。
最近ファンになった方々が、あの瞬間のアッキーに出会えなかったなんて、本当にお気の毒に思ってしまいますわ。
劇団四季の黄金時代に君臨していた山口祐一郎大先生の、「ジーザス・クライスト・スーパースター」を二度と観られないくらい気の毒です。。。って、あまりピンきませんか? おかしーなー。。。

でも。。。
あまりにもビックリ仰天な選曲で大興奮のあまり、肝心のアッキーの歌声やパフォーマンスがあまり目や耳に入ってこなかったっという。。。あっっっありえない。。。。
こんなことって、あるんですねーっっっ。
「一体、おめーは、何をやってんねんっっっっ!!!!」 って、誰か頬っぺた殴ってくださーーーーいっっ。


いやー。。

そんなこんなで、楽しかったなー。

アッキー、お疲れ様でした。 そして、いつもながら感動をありがとうっっっ!!!

またいつか、こんな素敵すぎるサプライズ、やってくださいね。
「TOMMY」のおかげで、あなたのオリジナル曲がグッと引き立ったような気がしたのは、ぱんだだけでしょうか。。。


わーっっっ。 やっぱり、アッキー・フリークは死ぬまで止められないですーっっっ!!!!


<次回のコンサート>

1月16日(金)19:00開演 VS ベース&チェロ (渡辺等・.......)
1月17日(土)18:00開演 VS ピアノ&キーボード(旭 純・大坪正)
1月18日(日)17:00開演 VS ギター&パーカッション(鈴木英俊・.......)

【会場】日本橋三井ホール
【日程】2015年1月16日19:00 17日18:00 18日17:00

スポンサーサイト

2014-09-09

奈良旅行 第5弾

1年の内に2回も同じ場所へ旅行に行くなんてっっと以前は思っていましたが、最近なんとも思わなくなってしまいました。
今回は、最近まで行けずにいた名所などをゆっくり周遊しようという「余裕旅」です。

といっても、いつものように一泊二日の強行弾丸日程であることには違いないのですが、「仏像」にあまり重きをおかないという点で、差が出るかもしれません。

いやいや、そーは言っても。。。見仏の旅であることは大前提です。
京都の醍醐寺のご本尊をはじめ、5代明王などが一同にして奈良出張。 おなじみの奈良国立博物館で特別展示をするってんで、これは是非とも観にいかなくてはっっっ。。。


。。。って、何故、京都で観ない??????

京都のお寺から奈良へ出張するってことは、関西 ⇒ 関西。。。 ならば、新幹線を降りてすぐの京都で観ずに、わざわざ1時間近くもかけて奈良へ移動する必要がどこにあるのでしょうか。。。

。。。。いやー。。。実は、ぱんだにもわかりません。。。。


まー、そのあたりの言い訳ってことで、今回は「JR奈良線」(京都から奈良へ移動する手段のひとつ。近鉄奈良線というのもあります)沿線にある、「稲荷」駅で途中下車し、「伏見稲荷」へご参拝させていただきました。 
神社ですので、もちろん、仏像はありませんが、以前から電車で奈良への道すがら、窓からあの大きな朱塗りの鳥居を見て「いつか、お参りしたい」と思っておりました。

そして。

いざ、初めてなのでワクワクしながら鳥居をくぐると、そこには「外国人旅行者が訪れる観光地 全国№1」という「のぼり」が大量にっっっっ!!!!!

そっっっそーだったっっっっ。。。ここは、京都だったっっっっ。 

しかも、比較的京都の中心部で、観光客でごった返しているであろうことは容易に想像できたはずなのにっっっ。
平日とか、小雨模様とか、午前中(まだ9時台)とか、そんなこたぁー関係ないってハナシです。
。。。ってことは、土日祭日とか、ピーカンとか、午後昼過ぎくらいなんていうと。。。これはぱんだの想像を超える賑わいを見せるのでありましょう。

なのに。

ぱんだたちは、恐れ多くもご祈祷などをしていただくことになりまして。。。友人と二人だけの「オンリーご祈祷」。
お祓いを受けている間、背後の祭壇には次々と観光客が押し寄せ、こちらへ向かって参拝されています。
「全国シェア№1外国人観光神社」だけのことはあり、ぱんだたちが受けている儀式を不思議そうに眺める人たちも相当な数です。 好奇の目にさらされて、広い祈祷所にたった二人のみ。。。
どーして、こーいうことになってんのか。。。。

。。。。いやー。。。実は、ぱんだにもわかりません。。。。


それから、奈良へ向かい、醍醐寺の仏像たちを鑑賞し、夜は若草山の夜景バスに乗車して「新・日本三大夜景」のひとつを堪能しました。 そこは以前、放送していたちょいと変わったドラマ、「鹿男あおによし」の舞台にも使用されていたといえば、ピンとくる方もいらっしゃるでしょう。
ぱんだは、「長崎の夜景」が大好きなので、あのすばらし過ぎる美観には遠く及ばないだろうと、正直まったく期待していませんでした。

がっっ。。。

良い意味で裏切られました。 なかなか、良かったです!(ごめんっ。奈良の夜景。。。絶対にしょぼいはずだと、勝手に決めつけてましたわー)
って、おいっっっ。 なんと、別便のバスに「まほろばソムリエ」のボサツさんがっっっっ。(前回のバス・ツアー中、カリスマから指導を受けていた新人ソムリエさん。「普段、菩薩菩薩と説明していますが、私自身はいつもボサッとしています」という挨拶から、ぱんだたちは彼をボサツさんと呼んでいます)
あれから半年、説明が上達したのかと思いきや、こちらのバスガイドさんに負けてましたよ。 彼女は、ソムリエ顔負けの知識と話術。。。しかも、若くてカワイイし。。。
ボサツさん、ファイト!

次の日は、午前中に「秋篠寺」を周り、午後は、またまたJR奈良線に乗車して今度は「宇治」駅で途中下車。
以前から行きたくてうずうずしていた「平等院」へ!!!
最近、あの10円玉でおなじみの鳳凰堂が彩色され、当時の姿に復元されたようなので、その御姿を拝見できる喜び浸りきっておりましたところ。。。

やられましたよ。。。

そーなのです。。。ここも、京都だったのさーっっっ。。。

目的のひとつに、ここのご本尊である、「天平時代からの珍しい阿弥陀如来」の仏像が観られないっっっっ????
どーやら、本堂の拝観は人数制限をしているらしく。。。
美しい鳳凰堂の外観だけ観て、その小窓から阿弥陀如来の顔だけ覗き込んでくれってことなのです。。
そんなーっっっっ!!!  どーして、こんなことになっちゃったのか。。。

。。。。いやー。。。実は、ぱんだにもわかりません。。。。


はいはい。

そーいうことなら、しかたがありません。

でも、国宝なのになぁーーーーっっっ。  観たかったなぁーーーーーーーっっっ。
あっさり諦めるには、あまりにも惜しい仏像だよなーっっっっ。

「。。。。まー、次に、来れたらまた来てよ。 でも、来るなら、ついでに立ち寄ったとか、そーいうのやめて欲しいわけよ。 ちゃんと下調べしてから、出直せってハナシよ。 アンダースターン?」

。。。と、阿弥陀如来に言われたような気がしましたわ。

ふーっっ。。。


アーーーーーイっっっ・アンダスターーーーーーーンっっっ!!!

2014-09-03

映画 「イン・ザ・ストーム」

9月に入り、夏らしさがめっきり消え失せ、秋の雰囲気が漂い始めましたね。
でも、この涼しい天気、ぱんだは全然信用しておりません。 まだまだ残暑が続くと思われる今日この頃。。。

9月1日は「防災の日」ですが、意識したわけではないのだけれど、タイトルの映画「イン・ザ・ストーム」を観てきました。
自然災害の恐ろしさを、「これでもか式」に見せつけてくれる、それなりに「良い映画」でしたわ。。。
まー、面白かったかと問われれば「。。。えー。。。。はい、まあ。。。」ですが、面白くなかったかと問われれば、以前に「ツイスター」という全く同じような内容の映画があり、ぱんだはそちらも映画館で観ていたのでついつい比較すると、「ストーリーに何のひねりもない」という理由で「うーむ。。。ですねぇ。。。」という感想にもなります。
もちろん、CG技術のレベル差は歴然ですが。。。まー、パニック映画系っていうのはどーしてこういうストーリーにしちゃうのかしろとケチをつけたくなるくらい同じパターン。 いやいや、これはハリウッド映画の王道として、あえてパターン化しているところを理解した上で「観るなら観ろ」ということなんでしょう。
違うところといえば、以前の「ツィスター」では、牛とかトラックが空を飛んでいましたが、今回は飛行機がすっ飛ばされてました。(wwwwww)


それよりもっっっ!

ぱんだが注目したいのは、欧米人と日本人のリアクションの差ですよっっ。

毎月1日は、映画が1000円で観られるということもあり、雨の中をデートで来ているお客さんもそこそこおられました。
ぱんだの斜め前に座っていたカップルは、女性が日本人で、男性が欧米人(たぶん、アメリカ人。でも、見た目だけでは判断できませんので、ここでは欧米人とさせていただきます)でした。
この二人、予告編からペラペラと日本語&英語のチャンポンでしゃべっていましたので、ぱんだは「本編では静かにしてくれよー」と心の中で祈っておりました。
さて、本編が始まり、女性の方はさすがに静かにされておりましたが、この欧米人くん、場面の内容にいちいち反応して、「オゥッッ」とか、「オッオゥーーー。。。」とか、「ワァオ!」とか、周囲にまる聞こえの大声で奇声を発し、ときには「ワッハハハハハ」と、どーみても笑う場面ではないのに大爆笑。
もちろん、お約束のデカいポップコーンをバリバリ食べながら、缶ビールは常時手放さず。。。
さらに、ちょいと悲しい場面では大泣き。。。人一倍涙もろいぱんだでさえ、「ここで泣くか?」と思うほどの場面で。。。

1000円で、どんだけ楽しんどんじゃいっっっっ!!!???

まー、もちろん。

いいですとも。 泣いても笑っても、楽しみ方は人それぞれ。
たぶん、対訳を介さずに、ダイレクトに英語が理解できるという強みも相まって、日本人より反応が深いのはあたりまえ。

でもっっっ。

「映画館で、映画を観る」という行為をもってして、日本人と欧米人の「文化の違い」を大いに痛感させられましたわー。
純粋に映画を楽しもうとする、あのテンションの高さ。。。。見習いたいような、見習いたくないような。。。


えー。

それで、その後は、ぱんだの年に一度のお楽しみである、高級鰻店で、その店で出している一番高価いランクのウナギ様を食しにいきました。

午後5時から予約を入れていたのですが、5時半から20名の団体様の予約と重なってしまい、狭いお店内には次から次へと人とが集まりだし、せっかくのウナギ様の味が良くわからんようになってしまいましたわ。。。
それが、60~70歳台とおぼしきオッサンたちの集まりで、結局集まったのは17名。 内、2名が女性でしたので、15名のオッサンが所せましとワイワイガヤガヤ。
それがこのオッサンたち、「15つ子」かと錯覚するくらい似ておりまして、バーコード頭にメガネ、シルバーっぽいだふだぶジャケットの下には暗い色のポロシャツ、そしてチャコールグレーのスラックスに黒い革靴といういでたち。 まるで、ユニフォームかよっっっと突っ込みたくなるくらい、超ソックリさんたちでした。
地下のフロアーだったので、ぱんだは階段を下りてくるオッサンたちを見る位地に座っていまして、「あ、また同じようなオッサンがっっ」と思いながらウナギ様をバクついておりました。 まるで、今ここにいた人が、いったん上階へ行き、また降りてきたのかと思わせるくらいの激似ぶり。。。
一体、ナンの集まりの方々なのかは存じませんが、ぱんだたちがいるにもかかわらず、「それじゃあ、始めまーす!」という幹事っぽいオッサンAの掛け声と共に、主賓らしいオッサンBがおもむろに立ち上がって「えー、本日はお忙しいところ。。。」などとおっぱじめたではありませんか。
なんか、面白そう。。。と、内心ワクワクしながら、このソックリ団体を見守りたい気持ちはあったんですけど、早々に退散することになりました。

年一の、高級ウナギ様がっっっっっっっ!!!!

こんな形で終了してしまうなんてっっっっ!!!!

まー、何が言いたかったのかといいますと、日本人って、60~70台くらいになるとみんな同じ顔になってしまうのかなーと。。。。。。
特に、男性。。。それとも、「没個性」が尊重されたのはこの年代までで、これからは野球帽にジーンズ、アロハシャツにビーサンなんていうオッサンが高級鰻店で会合するような時代になっていくのでしょうか。

これも、日本人の文化なのでしょうか。。。。


そんなことを思いながら、トボトボと帰路についたぱんだでした。


プロフィール

naopan555

Author:naopan555
「ぱんだ」と申します。
東京・世田谷在住のカバン大好き女子!
ダンナと猫の3匹(?)暮らしです。

☆ 応援、ありがとうございます!励みになります!


人気ブログランキングへ

☆ ブログ分析のランキング投票です。こちらも励みになります!よろしくですーっっ!
blogram投票ボタン

☆ よろしければ、ポチしていって下さいませね! 後ほど、伺わせていただきます!
おきてがみ


☆ ようこそいらっしゃいました! ご訪問、ありがとうございます!



☆ 2009.7.24より、カウントスタートしまーす!

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
<今日のタロット>
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。