--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-10-23

バス旅行

前々回に記事にしたカバン様をお供に、行ってきましたわー。
最近、プチ流行しつつある、激安バス旅行。

ぱんだは、「どーしても、どこかへ旅したい」という老齢の母と、仕事疲れでゲッソリと「太っている???」姉の三人旅です。

今回申し込んだのは、なんと行先が全く分からない「ミステリー・ツアー」。
ぱんだは、過去一度もミステリー・ツアーなるものに参加したことがないので、「これしかないっっっっ」とばかりに飛びついたわけで。。。ぱんだが申し込んた手前、面白くなかったら母と姉に怒られるどころか、恨まれてしまうのを覚悟です。 


いやー。。。我ながら、無謀なチャレンジャーですなー。 フホホホ。。


まー、そーはいっても、いろいろとヒントめいたものは事前に渡されるわけです。

〇 湖畔のホテル
〇 カニ食べ放題
〇 日本三大△△△で参拝
〇 天然記念物を散策

まー、この他にもいろいろと書いてあたのですが、ぱんだは全く見当がつかず。。。

値段的に、芦ノ湖か、諏訪湖あたりか? でも、カニ食べ放題っつーのがわからないぞ。。。
なんて、あれこれと想像はしていましたが、どれもピンとこず。。。

後で添乗員さんが言っていましたが、ツアー参加客の中に、最初にトイレ休憩したサービスエリアで全行程をピタリと当てた御仁がいたそうな。。。
うーむ。。。ミステリー・ツアーの達人としか思えません。。。


そして。


最初の観光スポットは。。。

なんと、静岡県の「日本平」でした。
風光明媚な、良いところです。 東京都下の町田駅から出発し、東名高速に入った時点から、諏訪湖はなくなったわけです。まー、西への旅ってことなんだけど。。。
でも、日本平あたりで時間をつぶすってことは。。。のんびり旅ってことなんでしょうか。

このツアーでは、添乗員さんがバスガイドさんの役も少しだけ担っているようで、バスが静岡県・清水町周辺を走行中に、ツアー客に向かって質問をぶつけてきました。


添乗員「みなさん、車はちょうど清水町を走っております。「清水」といえば、なんでしょうか?」

客たち「。。。。。」

添乗員「さあ、有名なのがありますよねー。 清水といえば?」

ここで、添乗員さんとしては、元気な声で エスパルズ!!! とか、ちびまるこちゃん!!!! という回答を期待していたのでしょう。

ですが、なんせバス旅行です。
ご高齢の方々が、非常に多ございます。
か細ーーーーーーい声で、



客たち「。。。。次郎長。。。。」



添乗員「。。。。え? なんですか? じろ?」



まー、こんな感じですわ。
もちろん、ぱんだも真っ先に頭に浮かんだのは次郎長ですともっっ。
ごめん、エスパルズ。 ちびまるこよ、申し訳ない。


バスは、その後浜松へ向かい、

運転手「このまま高速を飛ばして琵琶湖へ行こうと思いましたが、道路が混んでいるのでここで降ります」

添乗員「えーっ。運転手さん、そんな勝手なっっ。それでは、このあたりで泊まれるホテルを探します」


こーんな、アホな会話(小芝居?)を延々とする運転手と添乗員コンビ。。。
ぱんだなど、朝が早かったのでうたた寝しているところを、フル・ボリュームにしたマイクでのこの無駄な会話で起こされ、一瞬なにがなんだかわからなくにり、本当に琵琶湖へ向かっていたのかと錯覚したほど。
まー、あくまでもミステリーにしたい気持ちはわかりますけどね。。。

到着したところは、まー、サスガに途中からうすうす予想はしていましたが。。。やはり、浜名湖でした。
ぱんだは、浜名湖っていう場所が観光地だとは夢にも思っておらず。。。わざわざ一泊しにくるところだったとはっっっ。。。。
大変申し上げにくいのですが、浜名湖というのは、新幹線でピューッッッと通り過ぎるところだと思い込んでおりましたっっ。
とはいえ、浜名湖といえば「うなぎ」ですよーっっ。 こりゃ、今晩はうなぎがわんさか食べられるのかと思いきや。。。
ホテルのバイキングでは、うなぎの「う」の字もなかったです。。。。
そのかわり、細身のずわいガニは食べ放題。。。確かに、お報せに偽りはないけどさーっっっっ。


前日は晴れて気持ちが良かったのですが、次の日は、台風26号が東海地方に迫ってきていたにもかかわらず、東へ帰らずに、なんとさらに西へ向かって愛知県へ突入し、日本三大稲荷の「豊川稲荷」で参拝し、蒲郡まで足を延ばして天然記念物に指定されている「竹島」を散策。
もちろん、雨、ざんざん降ってます。。。

かろうじて台風をかわして東へと帰京しましたが、あらゆる意味でミステリーな旅でした。


242424


清水港って綺麗でした。 駿河湾なんですよね。
東京湾も、最近では綺麗になってきたとはいえ、水質は歴然の差があります。 まー、当たり前ですけど。
ぱんだは、近寄って海水を眺めてみましたが、透き通っていて底が見えていました。 さすがに、魚介類が美味しいところです。
富士山は、おひざ元であるにもかかわらず、うっすらとしか姿を見せてはくれませんでした。
その他、大井川にかかる「蓬莱橋」を途中まで渡って、引き返(ご丁寧に、橋の中間地点に赤い線が引いてあり、「ど真ん中」という文字が書いてありましたわーっっ)すというハード・スケジュール。。。まー、向こう岸まで渡ったとしても、お茶畑しかありませんし、びゅうびゅうと容赦ない横風にさらされて、ちょっとした恐怖感を2倍味わうことになるだけですけれど。。。


313131

途中に「立ち寄らされた」、春華堂の工場にあった「うなぎパイ」のトラック。


ひぇーーーーーーーっっっっっっっ!!!!!



スポンサーサイト

2013-10-13

ミュージカル 「SONG WRITERS」

昨日の昼公演に、行ってきましたわーっっ。
久しぶりのアッキーご出演の本格派(?)ミュージカルです。

いやー。。。

実はこの演目、ぱんだはてっきりブロードウェーの作品だと勘違いしておりまして。。。
ぱんだが間違えていたのは、「ザ・プロデューサーズ」。
オマージュなのかパクリなのかわかりませんが、タイトルもそれっぽい「ソングライターズ」ですからっっっ。(wwwwwwwww)
まー、勝手に勘違いしていたぱんだが悪いのですが、観劇途中から「あれ? なんかおかしいぞ。。。」と思いつつ、幕間の休憩時間にパンフレットをよーっっっく見てみれば、なんとこの演目は日本発信の最新創作ミュージカルだったではありませんか。


「。。。あ、そーなの? 。。。。へーっっ。。。。」


。。。って感じの驚きを禁じ得ず、そんなわけで一幕目と二幕目の印象がパックリと分かれております。


脚本・作詞・音楽プロデュースを森雪之丞さん。。。なんだそうですわ。。。。またまた、「へーっっ。」
演出は、岸谷五朗さんが担当するっていうのは知ってたんですけどね。 
。。。んでもって、肝心のアッキーですが、今回は準主役に回っております。 でも、しっかりと楽曲の提供もしています。
なんといっても、ソングライターズってからには、作詞家と作曲家のおはなしです。 アッキーは主役の作詞家くんの親友で、気の弱い作曲家の役どころ。(なんか、「あかい壁の家」の凡平キャラがそのままって感じでしたけど)
なので、歌はもちろん得意のピアノもずーっと生演奏で披露。 別の役者が歌って踊っている傍でも、楽譜をチラ視しながら激しい楽曲もガンガン弾きまくりでした。 当たり前のように思えるけれども、実はこれって、とっても凄いことだと思います。


で。。。

この後、地方公演も控えているから、ネタバレ御免と読進み注意で書いてしまいますが。。。


正直言って、ストーリーは面白くありません。


これが大昔のブロードウェー作品というなら納得ができるけれども、新作でこの内容はないだろーっっっっ。。。って叫びたくなるようなシロモノです。
なので、勝手に勘違いしていた一幕目の方が、「まー、こんな感じでしょーねー」なんていう風に単純に楽しめていました。
しかし、二幕目に入ってからがいけません。 一幕目の導入部で主役二人の関係性を嫌というほど伝えておきながら、二人のドラマがまったく無視されて全面に出てこなかったといいますか。。。それよりも、二人が書こうとしている作品に重点がおかれてしまいました。

頑張って、事件性やミステリー感をプラスしつつも、笑いを入れて観客の気持ちを掴もうとしていた割には、あっと驚くような展開もなかったし、ストーリーとしての笑いはまったくナシ。 一部の場面(役者陣の、数少ないアドリブで)、ちょっと沸かせたくらいかなー。。。

「暗号」の謎解きを無理矢理「歌(歌詞)」で表現させたまではよかったけれど、それがあまりにも陳腐すぎてリアクションに困るといいますか。。。狙ってあの内容だとしたら、子供でもあくびが出ますよ。
別に、文学性を持たせろとか、シリアスさをもっと強調してくれとか、そんなことをうるさく言うような舞台ではないので、「オモシロオカシク観てください。作り手としては、それで大満足なんですよ」って言われてしまえば、「はいはい。 まー、こーいうのもアリなんですかねー」と納得しますけれども。。。
申し訳ないけれども、ぱんだ的には、ストーリーは△。 原作がないって、ツライところですね。


次に演出ですが、もうもうもう、これは「地球ゴージャス」の公演ではありませんって!!!!

岸谷さん、やってしまいましたねー。 

アドリブが利かない方々なんですからーっっっ。
一所懸命、早口で面白いツッコミを入れても、返ってこなければアウトなんですからーっっっ。

観客を最後まで飽きさせない演出は見事だったけれども、その有り余る凄腕の演出に慣れていない人たちが演じているのでぇぇぇぇ。。。。

ぱんだは、幸か不幸か(初観の演目では非常に観ずらい)最前列ほぼ中央の美席に陣取っていましたので、役者さんたちの滝のような汗(大袈裟ではなく、本当に滝そのものでした)を見て、愕然としました。
そんな大汗をかきながらの、「猛烈に必死のボケ」と「猛烈に必死のツッコミ」に、「やめてやめて!!! もう、痛いからっっ。あああっっ。 痛たたたたたたぁぁぁっっっっ」でしたわ。。。。
役者さんの中には、「オレは。。こんなところで、一体ナニをやっているんだ?」みたいな顔をしている方もいましたよ。
まー、気持ちは分かります。 あの大量の汗は、尋常ではありませんから。 ぱんだの乏しい観劇人生でも、あんなのは、一度も見たことなかったなー。。。
 


でも。


そーは言っても、行って良かったです。 こんな感想なのに。


薔薇をモチーフとした男性陣の衣装は素晴らしかったし、70年代のアメリカっぽさを表現した舞台美術も素敵でした。
アッキーと主演の屋良朝幸くん(ジャニーズ)のコンビも面白かったし、コング桑田さんのコミカルな「マフィアのおっさん」ぶりもカッコ良かったし。。。

そして!!!!!

ダンスですが、スゴーーーーーーーーーく頑張りましたね、アッキー!!!! ハナマルですわーっっ。
最前列で唯一良かったのが、「こーーーーーーんなに目の前で、あのアッキーが。。。お、おおおお踊ってるーっっっっっっ」って思えたことかなー。 フホホホホ。。。


他に、武田真治さん、島袋寛子さん、泉見洋平さん、藤林美沙さんなど。


東京公演は、今月の30日まで。 その後、名古屋と大阪でも公演します。

たぶん、勝手に想像すると、今後の再演はないと思うので、興味のある方はこの機会をお見逃しなく。

間違いなく、アッキーの数少ないダンス・キャリアの初作品として、後世に残ると思われますっっ。




2013-10-06

<今日のカバン> VOL.104

5888
5889

台風シーズンですが、今日はカラッと秋晴れて気持ちが良いですねー。

皆さま、秋だからといって食べ過ぎには注意しましょう。 ぱんだのように「〇ブ」になっては大変。
ここ最近では、ヒザどころか、足のくるぶしまでもが痛くて、季節的に良い時期なのにウォーキングもできず。。。(涙)


でも、「旅行の秋」でもありますよね!

今回は、直近に入れたキャリー・バッグを紹介します。


一見、普通のデカいカバン様なんですけど、背中部分にキャリーが潜んでいるという、からたまりませーん!!!!
もうもうもう、即買いでしたわーーーーっっっっ。(wwwwwwwww)
久しぶりに、一目惚れしちゃいましたよーっっ。

バス旅行などでは、ボストン状態にして狭い車内にも持ち込めるので、なかなか使えそうな一品です。

素材はもちろん合皮なので、軽くて雨にも丈夫です。
ただ、キャリーが付いている分、ちょいと重いので肩掛けするのは大変ですけど。。。


来週、一泊二日のバス旅行に参加しますので、早速使ってみようかと思います。
この程度の小旅行に、キャリーバッグをゴロゴロさせて行くのはどーなのかと思案していたところなので、ちょうど良かったかも。。。
黒い四角いタイプのキャリーよりは、容量的にも見た目にもGOODですよね。


「ヒーッ。 あの人、一泊で温泉行くだけなのにキャリー引いてるーっっ」


なーんていう周囲の反応もありそうですが、とりあえずチャレンジしてみます。


購入場所は、自由ヶ丘の路面店です。 昔は「FANAKA」というお店だったんですが、オーナーが変わったようで、ブランド名どころか店の名前もわかりません。(汗)
このカバン様は、一応フランス辺りから買い付けてきた日本のインポート・アパレル会社から、お店が仕入れたもののようですね。
色・デザインは、最高に気に入っていますが、外ポケットがないので旅行用としての機能がイマイチ。 その辺り、機能重視の日本人が企画したものではないことがバレバレです。。。


(42×52×22) お値段ですが、「ええ?」と聞き返すほどリーズナブルでした。17,800円くらいだったところ、さらにそこから3割引き。 なので、驚きのプライス! 12,460円なり。
プロフィール

naopan555

Author:naopan555
「ぱんだ」と申します。
東京・世田谷在住のカバン大好き女子!
ダンナと猫の3匹(?)暮らしです。

☆ 応援、ありがとうございます!励みになります!


人気ブログランキングへ

☆ ブログ分析のランキング投票です。こちらも励みになります!よろしくですーっっ!
blogram投票ボタン

☆ よろしければ、ポチしていって下さいませね! 後ほど、伺わせていただきます!
おきてがみ


☆ ようこそいらっしゃいました! ご訪問、ありがとうございます!



☆ 2009.7.24より、カウントスタートしまーす!

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
<今日のタロット>
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。