--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-02-24

鎌倉散歩 ~まったく懲りない見仏人ぱんだ~

先週の金曜日、またまた見仏の散歩旅へ。


いやー、お天気が良かったなー。
まったくもって、見仏にはもってこいの小春日和でした。

以前からずーっと行きたかった鶴岡八幡宮の境内にある、国宝がひとっつも展示されていない「鎌倉国宝館」へGO!

大体、神奈川県にある仏像の国宝は、たったのひとつ。


えええええええーーーーっっっ!!!!!!????

たったのひとつって、どーした神奈川県!!!!!????

そのひとつっていうのが、鎌倉のシンボルである、エメラルド・グリーンのにくいヤツ! (いえ、愛すべきお方!)

大仏ですよ、大仏!!!!!!!

運慶・快慶などの天才仏師たちが活躍したのは、まさに鎌倉時代だというのに、大仏たった1尊とは、また。。。なんとも信じがたいハナシじゃありませんか。

国宝館では、薬師如来だけがかろうじて平安時代のもので、脇侍の日光・月光菩薩は江戸時代の作品。ボディガード的眷属仏である十二神将に至っては、運慶が彫ったオリジナルを模したものしかなく、もはや誰の作品かなど、出自一切がまったくわからないらしく。。。。

うーむむむむ。。。

まー、オリジナルがあまりにも素晴らしかったのでありましょう。 模写したものであっても、ここの十二神将たちのお姿はまるで最近流行のゲームに登場する戦士たちみたいでむちゃくちゃカッコ良いですっっっっっ!!!!!!
特に、ぱんだの生まれ干支を守護してくださっている「ショウトラ神将」は、入ってすぐの場所に展示してあり、「おおおおおーーーっっっ。ショートラさまーっっ」と、アドレナリンが一気に急上昇。

国宝であろうとなかろうと、直にお会いできたときに「ひひひひひひひひぇーーーーっっっ」と心から喜びが湧きあがってくる仏像って、本当にありますね。 不思議なんですが。。。

ばんだは、完全なる無宗教派ですが、仏教・密教の世界観が好きなのであります。 キリスト教にしても、バチカン内にあるサン・ピエトロ大聖堂のミケランジェロ壁画や大理石のピエタ像など。。。そういうものを「芸術」と称して世界中から観光客がワンサカと詰めかけて「おおおーーーっっすげぇーーーっっ」と感心するのとまったく同じ心境なんですけどね。

2009年に、東京国立博物館(トーハクです)で開催された「阿修羅展」以来、仏女さんたちがどっと増えたそうですね。 それは、ずーっと心の中で「みっっっっ観たい! 観たいけど、仏像ってどーなのよ? 彼氏に一緒に観に行こうなんていったら変人扱いされるかも。。。」などという乙女(?)らしいありがちな懸念から、いまいち踏み出せないでいた「仏像観たい女」たちの背中を大きく蹴っ飛ばしてくれた記念すべき興行でした。
あの天地がひっくり返ったような浮かれたバカ騒ぎは、彼女たちにしてみればミケランジェロのダビデ像を鑑賞するかの如きものであったのであり、仏教芸術は一部のマニアや坊さんたちだけのものではないと世に知らしめた大イベントとなりました。

。。。とか言いながら、あのときのぱんだは「超混んでいる ⇒ 並ぶ ⇒ 行くのやめた」となり、家で関連ニュースや特集番組を観て満足していましたが。。。(汗)

それだけに、去年の奈良旅行でお会いした阿修羅像(興福寺「国宝館」こちらはホンマもんの国宝がワンサカ。って、あったりまえか。。。)には感動しました。 だって、混んでないし。 彼のお仲間である「八部衆」と一緒に展示されていて、居心地が良さそうだったしなー。 もちろん、そーは言ってもスポットライトの当てられ方は別格。 スーパースター級の扱いでしたけど。(wwwwwwwww)


いやー。 阿修羅はいいとして、鎌倉ですよ。

スター級は高徳院の大仏1尊だけではありません。 長谷寺の十一面観音や東慶寺の水月観音、円覚寺の大日如来、円応寺の閻魔大王など、素晴らしい仏像が大勢さま、いらっしゃるんでございますのよ。フホホ。

一口に仏像見物といっても、ただやみくもに観ても「へーっっ」とか「ふーん」で終わってしまうので、先ずは密教系の仏像界ヒエラルキーだけでも知っておくと良いですね。

ここで簡単に説明しますと。。。


ボスの中のボス   大日如来

ボスたち      阿弥陀如来・釈迦如来・薬師如来 など

参謀たち      弥勒菩薩・観音菩薩・普賢菩薩・文殊菩薩・虚空蔵菩薩 など

ボスたちの変化形  不動明王・愛染明王 など

ボディガード    四天王・帝釈天・梵天・十二神将・八部衆 など


。。。。まー、こんな感じです。 却ってわかりにくくなったという方もおられるかもしれませんね。

これに、それぞれが決まったものを持っていたり、決まった手の動き(俗にいう「印」ですね)をしていたり、決まった服装をしていたりと、決まった眷属(セットで配置されている仏。たとえば、薬師如来の両サイドには絶対に日光菩薩・月光菩薩が「チーム薬師」として配されています)と、自由表現のようでいて、実はビックリするほど形式に縛られています。
なので、関連して覚えてしまえばこっちのもの。 たまーーーーに、間違えて配置してある仏像を発見すると「気持ちわるいーーーっっ。ちゃんと配置直してよーーーっっ」となるわけです。 このように、簡単に見分けがついてくると、仏像見物は一層楽しくなるわけです。


え? 楽しさがわからない? おかしーなー。。。


56
57
58


一番上の写真は、長谷寺で購入したもの。

クリアファイルは、長谷寺内にある「宝物殿」に展示されている観音菩薩の三十三変化した姿の仏像。 これはもう、戦隊もののフィギュアのよう。
ターコイズのブレスは念珠の意味があるのでしょうが、数珠にしちゃあ、ちょいとオシャレでしょ?
金色のお守りは、ご本尊の光背を修理で替えたときに出た以前の光背を小さく切ったものが中に収められています。 ありがたや、ありがたや。。。。

二番目の写真は、ご存知「ハトサブレー」の鎌倉本店バージョン。 最近では、都内の各デパートでも購入できますが、このパッケージだけは鎌倉に来ないと手に入らないのだとか。

三番目の写真は、このパッケージの横に描かれているイラスト。 ハトがトラック運転って。。。?????
しかも、ナンバープレートが「8-10」。。。。



スポンサーサイト

2013-02-20

アッキーのCD、最高です。

最近、ブログのアップをサボタージュしてばっかりいたので、ずーっと書けなかったのですが、昨日のアッキーの記事で思い出したことがあります。


そーなのです。
  

アッキーは、新しく新譜をリリースしていたのです。

アッキーファンの方は、「なんだ今さら」と思われるでしょう。 確かに、今さらって感はぬぐえませんが、アッキーが去年開催したコンサートの模様を収録したCDアルバムが去年の暮れに発売されましたので、遅ればせながら当サイトでも宣伝させていただきますね。


AKINORI NAKAGAWA CONCERT 2012 “POPSSIC”

発売日 : 2012年12月28日
価格:2800円

オクタビアレコードより12月28日に発売。

レーベル : Octavia Exton    No : OVCL00490

*2012年9月23日にHAKUJUHALLで行われたLIVEを収録。

【収録曲】
ビリージーン
I WILL GIVE U WHAT U WANT
HAPPY DAY
終わりのない愛
No.5
月光〜カンランセキ
フタツ、ヒトツ〜Futa-tu,Hito-tu
谷間の風
Miracle of Love
ナユタ


ぱんだは、アマゾンで購入しました。 発売記念イベントがあったCDショップでは、なんと売上トップ3に入っていたらく、「入荷待ち」という嬉しい誤算により購入できませんでした。

特に今回は、音質の素晴らしさで定評のある「オクタビアレコード」からの発売!!!

タイトルからもわかるように、クラシックとポップスの融合として、ベートーベンやドボルザークなどの名曲をアッキー風にアレンジして熱唱に次ぐ熱唱の嵐!!!!

押尾コーターローさんとのコラボ曲などもあります。


ファンの端くれとして、もっともっと大勢の方に彼の音楽を体験して欲しいと願わずにはいられません。

当サイトを覗いてくださる方の中で、舞台鑑賞にあまり感心がないという方も大勢いらっしゃいます。 ぱんだの記事を読んでいただくき、「アッキー(中川晃教)」という名前と、彼が素晴らしいアーティストであるということは認識していただいたようなのですが、いかんせん舞台を観ないため、いまいち「実態が見えない」のだそうで。。。(汗)


これを機会に、是非是非!!!!!



AKINORI NAKAGAWA CONCERT 2012“POPSSIC”AKINORI NAKAGAWA CONCERT 2012“POPSSIC”
(2012/12/28)
中川晃教

商品詳細を見る

2013-02-19

ロックオペラ 「モーツァルト」

565656


ノロウィルスに限りなく近い(?)ウィルス性の風邪で、ずーっと寝込んでいるぱんだです。

皆さま、この季節、体調管理には気を付けましょう。


そんな中、待ちに待っていた演目、「モーツァルト」が渋谷シアター・オーブで幕を開けました。
「待ってたぜぇーーっっ」という方、たぶん大勢いらっしゃるのではないでしょうか?

ぱんだは、短い公演なのに日本初演ということもあってか、なんとプレビュー公演に行ってきました。

お間違いのないように説明しますと、これは帝劇で定番演目となっている「モーツァルト!」とはまったく違う演目なのです。
帝劇版は、オーストリア発信のミュージカルですが、今回の演目はフランス発信のロックオペラなのであります。

しかーーーーもっっっ!!!!

ダブルキャストなんだなーっっっっこれが。。。。

普通、ダブルキャストっていえば長期間公演などで見られますが、日替わりで同キャラクターを複数の役者で演じることをいいますが、今回は同キャラ2役を2人の役者が交代で演じます。

まー、簡単に言うと「役の取り替えっこ」みたいなもんですかね。
 

その取り替えっこキャストが、山本耕史くんと我らがアッキーなわけですよ。フホホホホホホ。。。
もうもうもう、楽しみでないわけがありません。

取り替えっこする「お役」は、もちろんタイトルロールである、天才&天然「モーツァルト」と、彼の才能に嫉妬して苦悩したといわれているイタリア人宮廷楽師「サリエリ」。


ややこしいことに、アッキーは帝劇版「モーツァルト!」でも主役のモーツァルト役を演じており、このときは井上ヨッシーとのダブルキャストでした。 こちらは取り替えっこではなくて、本来の意味でのダブルキャスト。
この演目で、いわゆるメジャー昇格したような記念すべき大作品なので、アッキーファンは「え? またモーツァルト役? いやー、なつかしーなー。またまたピョンピョン飛び跳ね系のアッキーが観られるのかなー」なんて思ったんじゃないでしょうか?(たぶん)

でも、今回は同時進行でサリエリ役もこなさなくてはならず、ピョン跳ねしている場合じゃないのかと思いきや、やっぱりやってました。。。ピョンっっ。。

まー、この際ストーリーは割愛させていただきます。 あまりにも有名な大作曲家の半生は、今までにも多くの作品で表現されています。 特に、サリエリとの関係についは、アカデミー賞を受賞した映画「アマデウス」でご存知の方も多いでしょう。
モーツァルトの死の真相は。。。なんて、かなりミステリーじみた内容で観客の度肝を抜いた作品でした。

今回の演目は、ミステリーとは無縁。 そこのところが、ぱんだ的にはちょっと物足りなかったと言っておきましょう。 なんせ、「アマデウス」のインパクトが凄すぎて、あのサスペンス部分をかなり期待しちゃっていましたから。。。

音楽は、ロックオペラというふれこみになっていますが、普通のミュージカルです。
どこがロックなのか、ぱんだは最後までよくわかりませんでした。 
ロックオペラと謳えるのは「ジーザス・クライスト・スーパースター」「トミー」「ヘアー」「ファントム・オプ・パラダイス」くらいのもので、別枠に「ヘドウイグ・アンド・アングリーインチ」か、せいぜい「ロッキー・ホラー・ショー」あたりがいいところだと思います。(「レント」はロックとは違うと思うので外します)
なので、ミュージカルだと思って鑑賞すれば、なかなかの楽曲揃いでしたけども。。。。(汗)

衣装と舞台美術は、べらぼう(死語か?)に素晴らしかったですね。 特に、女性貴族の衣装は一見の価値あり。

本格派のソプラノのオペラ歌手が、アリアを一曲まるごと歌うシーンもあります。 これも必見。いや、必聴。



さて、肝心の主役2人ですが。。。


うーむ。。。

どーしよーっっ。プレビューしか観てないからなー。

実は、前述した風邪悪化により、プレビュー以外の公演チケットを1枚無駄にしてしまいました。(大枚12000円! 涙涙涙涙涙)

今回、主役が2人いるということで、当然プレビュー公演も2日間開催されました。

初日がインディゴ・バージョンと称してモーツァルトを山本耕史くん。サリエリをアッキー。
2日目がルージュ・バージョンと称してモーツァルトをアッキー。サリエリを山本耕史くん。

この2日間は、ぱんだもまだ元気だったので観にいけたんですが。。。いやー。。。なんというか。。。

「勝ち負け」を決めるなら、贔屓目なしに、モーツァルトはアッキーの圧勝でしたかね。 だって、モーツァルト役をやらせたら、彼は年期が入ってますから。。。

アッキーとの歌&演技合戦がなければ、高音が出ずに苦労していた山本モーツァルトでも損傷なく観れたんですが、なんせ、大人でセクシーなモーツァルトなんて、今まで観たことないからなぁ。。。なので、これはあくまでもぱんだがこれまでの人生で出会ってきたいろいろなモーツァルト像が主観として頭にこびりついてしまっていたのだと思われます。
でも、山本サリエリは素晴らしかったです。 舞台に出てくるだけで、ため息がでるような美しさと存在感。。。
演技もダンスも気合い入ってるのがビンビン伝わってきて、完全に彼の世界へ引き込まれてしまいますね。

それに比べて、アッキーのサリエリは、品が良くて、「さらりと気持ち良く苦悩してた」って、なんじゃこりゃな感想ですみません。
でも、アッキーのモーツァルトはやんちゃで、プライドが高く、世間知らずで、愛情たっぷりな天才児。 まー、ある意味、とんでもないノーテンキ野郎なわけですよ。 
父親のレオポルドに、「あやつめ! まぁぁぁぁた、あのウェーバー一家にひっかかりおって!」というセリフがあるのですが、明らかに世間的には悪い方向へ自ら飛び込んでいく様が見事に表現されていて、思わず吹き出してしまいました。 そんな、破壊的な人生を駆け抜けたモーツァルトって、事実と少し違っていたとしても、たいしたヤツだと思いますわ。


公演は一昨日終っちゃったんですが、千秋楽までスタオベの嵐だったようで、再演もあるかもしれませんね。

そしたら、先ず千秋楽のチケットを押さえようっと。。。今回も、かなり盛り上がったみたいですからっっ。。


プロフィール

naopan555

Author:naopan555
「ぱんだ」と申します。
東京・世田谷在住のカバン大好き女子!
ダンナと猫の3匹(?)暮らしです。

☆ 応援、ありがとうございます!励みになります!


人気ブログランキングへ

☆ ブログ分析のランキング投票です。こちらも励みになります!よろしくですーっっ!
blogram投票ボタン

☆ よろしければ、ポチしていって下さいませね! 後ほど、伺わせていただきます!
おきてがみ


☆ ようこそいらっしゃいました! ご訪問、ありがとうございます!



☆ 2009.7.24より、カウントスタートしまーす!

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
<今日のタロット>
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。