2012-10-31

奈良旅行 VOL.2

yoshimizu
yoshino

先週の金曜・土曜に、ふたたび奈良へ行って来ました。

幸いにも、両日とも晴天に恵まれ、紅葉にはまだ少し早かったものの、サワヤカな秋の空気を満喫してきました。
そもそも、なぜまた奈良なのかといいますと、金峯山寺の秘仏ご開帳が期間延長になったからなのです。
そのため、あわてて奈良行きを決め、無理やり決行したわけなんですが、まー、そこはそこ。。。一応綿密な旅のスケジュールを立ててはみたのです。
ところが、やはりあわてていたためか、一泊二日という少ない時間の中に目いっぱい観光予定を詰め込みすぎ、無理な時間割をしたようで、京都駅で近鉄電車の特急を一本乗り遅れたために大幅な予定変更を余儀なくされてしまいました。 たった一本の電車ですが、これを逃してしまったために「吉野」への到着が一時間も遅れてしまうとはっっっ。。。「古都奈良・吉野の山」よ。。。恐るべしですわ。。

写真・上は、その昔、後醍醐天皇が蟄居させられ、無理やり勝手に「南朝皇居」として晩年を過ごした場所としても有名な「吉水神社」です。 そして、あの義経も弁慶等とともに落ち延びた場所として知られています。
まー、奈良へ行くとあちこちに世界遺産がごろごろと点在していますが、ここもそのひとつであります。

写真・下は、吉野の山並み風景です。 茶色く見えるころは、全部桜の木。 ソメイヨシノで有名な吉野の桜は、春爛漫の頃にはそれはそれは絶景なのでしょうね。
かの豊臣秀吉も、5000人の大名連中を引き連れて(嘘か真実かわかりませんが、たぶん嘘。ぱんだの読みでは、だいたい200人くらいだと思われます)大行楽をやらかしたというから、よっぽどの名所なんでしょうね。 最近では、パワスポ扱いもされていたりしますし。。。
標高そのものはありま高くはありませんが、こんなところへ輿に乗っかり、わざわざ大阪から花見見物に来るってんだから、大したワガママぶりです。 輿を担ぐ人たち、大変だったろーなー。。。 
それから、秀吉の側室たちが、正室・北の政所の輿の次に誰が続くかで大モメしたらしいですし。 世継ぎを生んだ淀殿(信長の姪といえども、没落した浅井家出身)は、この時点ではまだ国母とはいえず、血筋からいっても公家出身の側室よりは格下の身分。 それを見ていた北の政所が、「まーまー。あんたたち、そんなことでモメなさんさな」と言ったか言わないかはわかりませんが、取り成しをしたおかげでことが丸く収まったというエピソード、ありましたよね? あれ、なかったっけ? フホホホ。。

kinpu

ここですよっっ。

ここが今回の旅の目的のひとつです。 

吉野山の修験者たちの総本山。 「金峯山寺」です。 

今年の3月くらいから盛んに「JR東海」のテレビCMとして放映されていた「本尊・蔵王権現」が、特別ご開帳ということで、仏像好きたちがいっせいにこの寺へ押しかけ、それはもう大変な賑わいだったそうです。
ぱんだは、2月の末に奈良へ行ってきたばかりだったので、この波にすんなり乗ることができず、あきらめていたところ、なんと12月まで期間を延長するという朗報を目にし、もういてもたってもいられなかったというわけなのです。さらに、10月は毎年2週刊だけ宮内庁のお許しが出て、正倉院にある6万点に及ぶというお宝が見られる「正倉院展」も重なり、それに併せてという目的もありましたが。。。


いやー。

サスガに、迫力満点でした。 ブルーのお顔は、媒体で見るほど鮮やかではありませんでしたが、なかなかの仏オーラをお持ちでした。
三尊のうち、真ん中がお釈迦様、両サイドが観音様と菩薩様の変身されたお姿で、過去・現在・未来を見守ってくださっているようです。

ぱんだは、ひたすら祈りました。

「どーかひとつ、この日本をなんとか立ち直らせてくださいっっっ。 今のままでは、ヤバイですっっっ。 かなーーーーーーーり、ヤバイですっっっっ。 絶対にっっっ!!! ヤバイんですっっっっ!!!!!」

これだけしつこく念を押しておけば、きっとなんとかして下さるはず。。。と思いますが。(wwwwwwwwww)


kinpu2

金峯山寺の外観です。 日本では、東大寺の次に大きい金堂とのこと。

kaki

「ならまち」で食べた、奈良名物「柿」の炊き出し。 柿まるごとの中に、具がたくさん入っていて、面白い食べ物でした。 なんか、不思議な味。。。
実は、お土産物屋のお兄さんに、「美味しい料理を出す店を教えて」と尋ねて、教えていただいたお店のお料理なんですが、面白い料理が、美味しいかどうかはベツモノです。(汗)

nigatsudo

次の日の朝一で行った東大寺「二月堂」。 この写真は、「四月堂」の中から撮影したもの。 あいにく、お目当てのひとつだった「三月堂(法華堂)」が、シロアリ駆除のため来年の6月まで立ち入り禁止。 これも、ちゃんと調べてから行けば良かったと後悔しきりでした。
もちろん、今回も「戒壇院」の四天王にもお逢いしてきました。 ぱんだの「仏ラブ」の発信源である、あの渋さ1000パーセントのイケメン・広目天様に、またまたズギューーーーンとやられてきてしまいましたわーっっっ。

syousouinten

ちょいと出遅れてしまい、長蛇の列に並びました。 毎年、皇族の方が見えられるそうです。
奈良の方には、おなじみのイベントらしいですね。 この期間は、ホテルも満杯になるらしく、失礼ながら、そんなに凄いイベントとはつゆ知らず。。。えらい目に遭いましたわ。。。。。

niouzou

その後、西大寺の十一面観音や愛染明王、いとうせいこう氏のお気に入り・文殊菩薩を拝観。 唐招提寺では鑑真さんのお墓を観て、最後に薬師寺へ行ってきました。 
次の日から、市川海老蔵さんが歌舞伎を演じるってんで、仮設ステージを組み立てている真っ最中にお邪魔してしまいました。 こーいうのって、雰囲気は確かに出るのかもしれないけれど、巨大な薬師如来を背に歌舞伎っていうのはどーなんでしょーねー。。。

うーむ。。まー、いっか。。。


この写真は、薬師寺にある山門に立つ金剛力士。 たぶん、修繕してこのような色をされているのでしょうが。。。それにしたって、もっと威厳のある色ってなかったんでしょうか? 髪の毛なんて、ターコイズ・ブルーじゃんっっ。
そりゃあ、東大寺南大門にそびえ立つ金剛力士には、天地がひっくり返ったって叶わないっていってもさー。。。この仁王さんにはそれなりの面白さがあるっていうのに。。。 しかも、どーせ塗るなら、お顔も塗ってあげてくださいませよーっっ。 中途半端じゃないですかーっっ。?????



まー、そんなこんなで、なんとか無事に帰りつきました。

事情で、平城京跡に行くことかなわず。。。友人に、ちゃんと見てくると約束したのに、スケジュールの関係でどうしても無理でした。 そのかわり、車窓から何度も観てきました。 この広大な遺跡後に、なにやらコンクリートを入れてどーこうしようという動きがあるらしいです。
それを阻止すべく、署名運動などがあるようですので、もしご興味があれば、是非よろしくお願いしたいと思います。

スポンサーサイト

2012-10-20

ミュージカル 「星めぐりのうた」

昨日は、久しぶりに本格派ミュージカル鑑賞にいってきました。
タイトルからも想像できますが、この演目は宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」をモチーフに創作されたダンス・ミュージカルです。 

この、「本格派」というのがポイントなのでありますよ。 昨今では、音楽劇やら劇中歌やら、ストレートなのにストレートっぽくせず、ちょいと歌える役者がいると2~3曲歌ってもらっちゃうパターンというのが流行っているみたいですが。。。

我らがアッキーも、そんな風潮に乗っかっちゃっているようで、何曲が楽曲まで提供したりしております。
そんな中、彼は「本格派」の新作ミュージカルに挑んでくれました。 まー、アッキー的にはこっちの方が真骨頂なんだろうけれど、なんせ楽曲も作らなければならない中、短い稽古期間をフル回転させての主演ですから、相当キツかったんだろーと思われます。。。


ですが!!!!!!


そんなアッキーはやりました!!!!!!


山崎育三郎くんとのダブル主演ではありますが、見事やり遂げてくれました。 終演後、劇場を出るときにぱんだの後ろにいた女性が大興奮で放った言葉が耳について離れません。


「やっぱりアッキーは凄い!、やっぱりアッキーは凄い!、やっぱりアッキーは凄い!!!!!!」


もう、この言葉だけで説明はいらないと思います。

ぱんだは、振り返って彼女を抱きしめたいという衝動に駆られましたわ。。。うんうん、そうそう!!!! 本当、そのとおりだよね!!!!

ぱんだは、たまたまラッキーにも最前列の真ん中あたりの超美席におりまして、この感動をダイレクトにビンビン感じることができました。 なぜなら、会場となった銀河劇場は、舞台と最前列の間が狭いからです。
緞帳が下りている開演寸前に、舞台でなにやらゴニョゴニョと役者たちが立ち位置の確認などの会話をしているのが聞こえたり、ダンサーたちの筋肉の緊張や歌い手たちの喉の震えまで丸見えなのであります。フホホホホーッッ。。


内容は、もちろん現代劇に直してありますが、大筋は変わりません。
ジョバンニとカンパネルラの銀河鉄道の旅が、アッキー演じるコーイチと、育三郎くん演じるケイという幼馴染の青年となって始まるのです。
最初は、「またぞろ、夢破れて都会に流される若者が苦しみもがきながら自分探しをするっていうパターンかぁ。。。」なんて、カビが生えそうなほどありがちな状況設定に辟易しかかったていんですが、一幕目の中盤から盛り返してきて、ラストまで飽きさせない展開と演出に引き込まれました。 まー、ストーリーのオチは知っているので、あっと驚くドンデン返し的な意外性はないんですけどね。。。

それにしても。。。
コーイチとケイの二人は大親友という説明でしたけど、こーいってはナンですが。。。ほとんど、ゲイ・カップル並みの仲の良さ。 最前列にいると、そんな二人が見つめ合ったり笑い合ったりしている表情のひとつひとつがよーーーーーーーーーーーーーーーーっっっっく見えて、なんといいますか。。。こんな風に思っちゃいけないんだろーけど、観ているこちらが気恥ずかしくなってしまいましたわーっっ。(wwwwwwwwww) 
まー、それだけ役者二人の思い入れの深かさが、妙な(?)相性の良さに繋がって見えるのでしょうかねぇ。。。


その他には、土居裕子さんの素敵な歌声も秀逸でした。 ぱんだは、本当に久しぶりに土居さんの舞台を観ることができ、とても嬉しかったです。


あー、久しぶりにミュージカル観て感動したーっっ。

もちろん、拍手喝采・スタオベの嵐!!!!!!
最前列にいると、後方がスタオベしているのに気付かないという欠点があるのですが、今回もちょいと出遅れてしまいました。一番役者たちに近い位置というのは、やはりなんとなく気恥ずかしさがあるのかもしれません。(以前。アッキーが、舞台上から自分のファンクラブの会員たちが見えたというような発言をしていましたが、たぶんリップサービスでしょう)コンサートライブと違って、最初から立ち上がるというのはなかなか勇気がいるものです。

ぱんだは、二回目のカテコのときに立ち上がりに失敗して後ろにすっ転びそうになり、最前列にいる者の心得として、スタオベ中に立ったり座ったりしてはいけないのだということを学びました。 こっぱずかしいこと、この上なかったですわーっっ。(涙)


パンフレットですが、ぱんだは初めて見たのだけれど、なんとなんとなんと。。。ハガキでした! こー言っても、よくわからないと思いますが、ハガキとしか伝えようがありません。
ハガキの束に、いろいろと写真や役者のプロフィール、簡単なストーリーと解説などが載っているのですが、これって奇をてらい過ぎていませんか?
そのまま絵葉書として使用可能って言われてもねぇ。。。大方の演劇ファンは、パンフレットをまとめて整然と収納されているのではないかと思われ、そんなこちらの事情など完全に無視した作りとなっております。

どーやって保管すりゃいーのさっっ???


2012-10-18

<今日のカバン> VOL.99

3232
32323

いよいよ、カバン様も100個めに近づいてきました。
といっても、ナニか面白い企画記事でもアップしようなんていうもくろみは特にありません。
我ながら、「よーやるわ。。。」とため息をつきながら天を仰ぐくらいのものなんですけど。。。

まー、今回は、その前哨戦ってことで、ちょいと個性のあるカバン様を紹介します。


このカバン様は、ちょいと秋っぽい感じがイイと思って、夏の終わりに購入しました。
お持ち帰りの場所は、自由ヶ丘「メルサ」の1Fすぐ右横にあるインポートのお店です。

お写真でもわかるように、一見、フツーのデザインなんですが、持ち手と側面のカラフル・スタッズが個性的な一品。
素材は合皮で、色はこの他にブラックがありました。 ですが、ブラックだと肝心のスタッズがたいして目立たないばかりか、ななめの入ったファスナーもよく見えません。 ブラックなのに、なんか無個性。。。意外にも、「シックさ」さえ感じられませんでした。

まだ使用しておりませんが、持ってるだけでなんか満足で、このまま家に置いて眺めていてもいいやなんて考えちゃったりしている今日このころ。。。いやいや、それではこんなにも可愛らしいくこの世に生まれてきたカバン様に失礼なので、とりあえずどこかへ連れ出さなきゃ、ですよね。 フホホホ。。。

秋も深まってきたところで、このイボイボ(?)カバン様とパワー・スポット巡りにでも出かけてみようかと思います。 

あ、ちなみに今月またまた奈良へ仏像見物に出かける予定です。 同じ一年のなかで、2回も奈良へ行くっつーのもどーかと思うところではありますが、まさに、久しぶりの超がつくほどのマイブーム到来。。。 実は、ウィークリー・マンションでも借りて、一か月ほど奈良県に住み、仏見物像三昧の日々を送りたいと、マジで考えたくらいですからっっ。フホホ。。
「行ける」と思ったときが、行きどきで、そこへ「この仏像が、観たすぎるっっっっ」という気持ちが重なってしまったならば、それはもうGO!しかないですわ。。。

とても、幸せなことですね。。。。 ありがたや、ありがたや。。。 


(40×34×15) 値段は、確か10,000円ちょいだったような気がします。 いつも中途半端な情報を書き逃げで、スミマセン。。。

2012-10-13

リヒテンシュタイン展

友人にお誘いを受けまして、行ってきました。 リヒテンシュタイン展へ!


この展覧会、なにがスゴイかというと、リヒテンシュタイン侯国から秘蔵の美術コレクションが日本に来るというのがまずありえないくらいに珍しいことなんだそうです。
さらに、天井画をそのまま天井を外してまるごと空輸し、美術館の天井へペタンと貼り付けて展示するというから恐ろしいじゃありませんか。 前代未聞っていう言葉の意味は、まさにこーいうことなんでしょう。

会場は、六本木の「国立新美術館」です。


先ずは、肝心の「リヒテンシュタイン」ってナニ? という方のために説明をしますと、スイスとオーストリアの国境沿いにある、とーーーーーっても、とーーーーーーーっても、とーーーーーーーーーーーーーっても、小っこいけど、絵本から抜け出てきたように美しい国のことです。
世界で6番目に小さな国なんだそうですが、国民総所得額は、世界で堂々の第1位。 ビレッジと呼ばれてもいいような「村」に、毛がパラパラっと生えたような国なのに、3万点もの膨大な美術コレクションがあるというのも不思議なものです。

テレビで紹介していましたが、この国は税金が異常に安いため、世界中の名だたる銀行が支店や本店を置いていたりするらしいのです。 そのあたりが、なんとなく関係していそうではありますが。。。本当は、リヒテンシュタイン家の先祖が、ハブスブルグ家の当主である皇帝に美術品を見せたところ交流が始まり、侯爵の称号を得て、領地をひとつの国として独立することを許可してもらったのだとか。
なので、美術品好きの皇帝がいなければ、今の膨大なコレクションもなかったというわけです。 その後、大戦では美術愛好者だったヒトラーの命令で、ドイツ軍に没収されたりしましたが、見事、奪還に成功。 ルーベンスやバン・ダイク、その他超高級家具や調度品なども爆破されずに済み、現在に至っているそうです。

ですが、3万点を超えているにもかかわらず、今現在でも美術品を収集し続けているというから言葉を失います。 どんだけ集めりゃ気が済むんでしょうか。 まー、大草原が有り余ってる(ってか、それしかありません)みたいなので、収蔵&展示場所でもたくさん作って、観光客を呼び込むっていう手もありますよね。



さて、展覧会ですが。

うーむ。。。

フホホホホホホ。。。  良かった。。。のかも。



たいして混んではいなかったし、130点の作品はバラエティーに富んでいて見応えがありました。

ですが、「誰でも知っているような有名な絵」とか、「子供でもわかる人気作家が作成した銅像」なんていうのを期待していくと、裏切られるかも。。
ぱんだ的には、一本の象牙で彫られている水差しとか、螺鈿細工の調度が美しいタンスなんかが良かったですけどね。
いかにも、ヨーロッパ貴族が好みそうな絵画調タペストリーとか。。。バロック装飾が好きな方にはお薦めです。

あ、それからリヒテンシュタイン侯女が2歳児だったときの肖像は見ものです!! 
赤ん坊の寝顔なんだけれど、まさに天使。。。なのになぜか、この絵を絵葉書にしなかった物販担当者よ。。。
「いーだろー。天使みたいだろー。欲しいだろー。買いたいだろー。でも、作ってやんないよー。ざまーみろー。うひひひひひひひひひっっっっ」って笑っている姿が目に浮かびます。。。
(ポスターはあったけど、絵葉書サイズのほうが飾りやすいでしょ。クリアファイルは、チケットホルダーサイズと葉書サイズのものがありました。しかたがないので両方ゲット。なんだか、してやられた感がアリアリですわ。。。)


とっても大人チックな展覧会。 

小さな国の大きな財産。。。秋の芸術鑑賞にいかがでしょうか?

12月23日まで。


2012-10-01

<今日のカバン> VOL.98

ORENGE
ORENGE2
ORENGE3

今日から、10月に突入ですね。

台風も去り、気持ちの良い季節となりました。 
そんな中、ぱんだはパソコンの使いすぎとやらで、右ひじが痛くなり、病院へ行ったら「上腕骨外側上顆炎」であることが判明。 俗に言う「テニス肘」というヤツで、中高年になると発症し易くなるとか。。。

あーやだやだっっっ。

ということで、オバサン的な気分を味わったついでに、このカバン様をご紹介します。。。初夏のころにバーゲンでゲットしたものです。

今年の夏は、「プリントもの・オレンジ色・厚めのコットン地」が流行ったそうで、なんとこのカバン様はその三拍子が全て揃い踏み。
一目ぼれで購入したまでは良かったのですが、駅とか道とか、さまざまな場所で同じカバン様を持っている人に遭遇!!!!

うーむ。。。

ちょっとちょっとっっっっ。。。カブるってだけでも嫌な気分なのに、相手が若くてカワイイ女子だったりした場合、ぱんだのようなオバサンが同じものを持っているのを見てショックなんじゃないかと心配までしちゃいましたわーっっ(WWWWWWW)

以前、。。。といっても10年くらい前に、お気に入りのブランドのチュニックを着て街を歩いていたら、あきらかにぱんだより高齢と思われるご婦人が同じものを着ていて、なんともいえない気持ちになったことがありまして。。。フホホホホ。。ワガママですが、自分より一つでも年下の人が着ている分にはまだマシというもの。(時には、嬉しかったりして)
時は巡るもので、今度は自分が逆の立場になったんだなぁーと、しみじみ思う今日この頃。。。

そーいうワケで、ぱんだは最近、カバン様や洋服を購入するときに、一応店員さんに一言聞くようにしております。


「これって、こんなオバサンでも大丈夫ですかね?」


すると、店員さんたちはニッコリ微笑んで、当たり前のようにこう言い放ちます。


「えーっっ? もちろん、大丈夫ですよー。何言ってるんですかー。ぜんぜんオッケーですよーっっ」


またまた~。本当かよーーーっっ? と思いながら、こちらも笑って応えます。


「そーですかぁ? じゃあ、これ。。。いただきますぅーっっ」


とまあ、こんなバカバカしい会話が、日常茶飯事となっておるわけでありまして。。。。

店員さんとしても、商売だから売らなくちゃしょうがないんだろうけれど、「この商品は、絶対にこの客にだけは持ち歩いて欲しくない」という気持ちになるときもあるでしょう。 なのに、笑顔で「とってもお似合いですよーっっ」と言わなければならないなんて、マジでお気の毒なことです。。。。
でも、ちょいと古いけど(死語か?)「そんなの関係ねーっっ」ですわ。 フホホホホホ。。。(涙)


このカバン様は、丈夫だし、ズタ袋感覚で持ち歩いていました。 あまりにもみんなが持っているので別のカバン様を使用するまでは、重宝してくれてたんですが。。。

購入場所は、渋谷の東急駅ビル内1Fにあるインポート・ショップです。 ブランドは「MODARU」。 持ち手や絞り紐も、たぶん合皮だと思います。(もしかしたら、本革かも。。最近のは巧妙に作られているので判断が難しいですね)
中は袋状になっているアニプリ。 ファスナーの持ち手部分に、「貝殻」のスタッズが着いていて、ちょっとカワイイでしょ。


(34×45×19) お値段ですが、たしかバーゲンで15,000円だったような気がします。 初夏のバーゲンだったので、割引率は低かったんですが、即買いしちゃいましたーっ。



プロフィール

naopan555

Author:naopan555
「ぱんだ」と申します。
東京・世田谷在住のカバン大好き女子!
ダンナと猫の3匹(?)暮らしです。

☆ 応援、ありがとうございます!励みになります!


人気ブログランキングへ

☆ ブログ分析のランキング投票です。こちらも励みになります!よろしくですーっっ!
blogram投票ボタン

☆ よろしければ、ポチしていって下さいませね! 後ほど、伺わせていただきます!
おきてがみ


☆ ようこそいらっしゃいました! ご訪問、ありがとうございます!



☆ 2009.7.24より、カウントスタートしまーす!

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
<今日のタロット>
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード