2012-05-31

ドラマ 「Three Kingdoms 三国志」

風薫る5月も、今日が晦日となりました。
年間を通して、一番好きな季節でした。 これから、ジメジメとした6月が始まり、サンサンと太陽光が降り注ぐ7月となり、あり得ないほどクソ暑い8月が過ぎると、日本は台風のシーズンへ突入します。。。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?


今回のネタは、満を持してといいますか、ずーっと書きたくても書けずにいた「Three Kingdoms 三国志」について、ちょいと語ってみたいと思います。

このドラマは、4月の半ばからBS-フジ(夕方5時から1時間番組として)で放映しております。
第一回から現在まで、ずーっとずーっとずーーーーっとかかさず見続けております。 ぱんだは、今だかつてこれほど面白い「三国志」を知りません。
一度など、会社で録画し忘れているのに気付き、真っ青になったぱんだは上司に「いかにもバレバレの腹痛」を訴え、大急ぎで帰宅して放映に間に合わせるという失態をやらかしました。。。(wwwwwwww)

このドラマは、製作費25億円、撮影年数6年の歳月をかけ、ガイ・シーシー監督のもと、約100人を超える名優たちが、この壮大な物語に華を添えています。
完成は2010年ですが、2011年には世界中のドラマ賞を総ナメにし、本場中国以外でも驚異的な視聴率を叩きだしているという、とんでもないドラマなのであります。

何が面白いって、もうもうもう、これはもう!!!!

脚本が素晴らしいっっっっっっ!!!!!!

ロケ地が美しすぎる!!!!!

俳優たちの演技合戦がスゴイ!!!!!


脚本の良し悪しは、一にも二にも耳聞こえの良い「リズム」だと思っているので、そういう意味では、中国語を日本語に翻訳して台詞に直した日本側のスタッフにも敬意を表したいですわ。。。
そして、日本語吹き替えを担当した声優の皆さんにも、エールを送りたいと思います。 

こればっかりは、四の五のいうよりも、まずは見ていただきたいのであります。

現在、ようやくあの有名な「赤壁の戦い」が終わり、関羽が曹操をわざと山中で逃がし、諸葛亮の神業的な策略で周瑜をギャフンと言わせ、沈み込んでいるかと思った曹操が、ようやく司馬懿と出会うという。。。まあ、そんなところです。
このとき、赤壁で大敗した部下が悔しさと情けなさで大泣きしているのに対し、曹操はこう言うのであります。

「なぜ泣く? 生きている。 それでも、生きているではないか! 3千の兵を失ったくらいなんだ! 次は3万を与える! だから、笑え。」

ぱんだは、この台詞に、グッときて泣きそうになりましたわーっっっ。。。
このとき、曹操は3千どころか、80万の兵馬を失っていたにもかかわらず、です。。。

うーむ。。。我が愛すべき曹操孟徳よ、サスガです。。。

中国人の友人曰く、曹操は中国人民の「恥」なのだそうです。 まー、いつの時代にも、「悪役」という大物は出てくるものです。 でも、織田信長を破った明智光秀を「悪役」としてに認識している日本人は少ないのではないでしょうか。 
むしろ、延暦寺などを問答無用で焼き討ちにした織田信長こそ、「悪役」としては貫禄十分といいたいところ。
他にも、平清盛なんか長いこと「悪役」っぽいイメージを持たれていましたが、誰にもできない覇業を成した時点で、「悪役」にも「善玉」にもなります>
ですが、歴史を語り継いできた人間たちのさまざまな思惑によってそれらは全て操作されてしまうのは、いかがなものでしょうか?
それに、日本人は判官びいきでおなじみの義経が大好き。 覇者そのものではなく、「覇者の素質があったにもかかわらず、非業の死をとげた」なんていう連中には同情票が集中しがちです。
まー、いずれにせよ、歴史なんてもんは、大方は民心の力によって偏って伝わっているということなのてす。

その中国人曰く、「以前、中国で話題になったのが、「曹」という字が腹に浮き出た豚が生まれたこと。あれは、絶対に曹操の生まれ変わりだ。中国人は皆、そう信じている」って。。。おいおいおいおいっっっっ。

中国人よ、目を覚ませっっっっ!!!!

ナニを言うかーっっっ。

ぱんだに言わせりゃ、三国志の元ネタともいえる「三国志演義」でヒーロー扱いされている劉備玄徳の方がヒドイじゃないかっっ。 中国の正史である「三国志正史」では、曹操の方がよっぽどヒーローなんだぞ。
俗に、曹操は「智の人」、劉備は「義の人」、孫権は「和の人」なんて言われているようですが、その「義」を貫いているはずの劉備は、曹操のところに着の身着のままで何度も転がり込み、庇護や恩恵を受けておきながら、その恩に報いたのは義兄弟の関羽だけじゃんかーっっっっ。
それどころか、「漢室の末裔」という立場を大いに利用しまくり、各国の敵将の元へ転がり込んで大事に接待された挙句に裏切ったり、寝返ったりし続けたのはどーいう了見じゃぁーーーーーっっっっ!!!!
ナニが「義の人」じゃぃっっ。 聞いて呆れるぜぇーーーーっっっっ!!!!!
それもこれも「漢」の再興のためだなんて、口を開けばバカの一つ覚えのごとくほざきやがって、フザケなさんなってんだーーーーーーっっっ!!!!!


。。。はぁはぁはぁ。。。。。あー、スッキリした。

マジで、スカッとした。。。


要は、ぱんだは、あの「劉備玄徳」という、とんでもないクワセモノが大嫌いなのであります。

さらに、諸葛亮孔明の神のごとき頭の良さもハナにつきます。 でも、唯一、関羽だけは例外。 世の中に、ぱんだみたいな人って、けっこう多いのではないでしょうか。 だって、三国志の好きな登場人物ランキングで、1位は「諸葛亮孔明」、2位は「曹操孟徳」、3位が「関羽雲帳」。。。ずーっと下位に「劉備玄徳」だったりしてますから。


「三国志LOVE」な方も、そーでない方も、是非ご覧いただけると嬉しいです。

今回は、曹操が単なる「悪役」ではなく、人間・曹操孟徳を描いているそうです。 ぱんだのように、曹操ファンの方は、必見かもしれません。


公式HPはここでーす!


「呂布」役のピーター・ホーがかっこ良すぎて、ぱんだは倒れそうでしたわ。。。フホホ。。。

スポンサーサイト

2012-05-25

ミュージカル 「TATOO14」

昨日は、演出家の小林香さんがプロデュースしている、「SHOW-ism Ⅳ」と題しての公演、「TATOO14」を観てきました。

うーむ。。。

これって、ミュージカルなんだけど、それっぽくないというか。。。

さすがに小林さんの演出です。 前人未到の舞台だった前回の「アン・パレ」を彷彿とさせるような、ちょいと不思議な舞台でした。
まー、会場が「SHIBUYA-AX」ってところからして、フツーではないんですけどね。

この舞台、一言で表現すると、「ザッツ・エンチーテイメント!」なんでありまして、7人の女たちが歌い、踊り、語り、涙するという。。。ブロードウェーのヒット作である、「シカゴ」とか、「ナイン」に似ているかもしれません。

しかし。

この7人の女たちというのが、ハンパないです!!!!!!

元劇団四季の大看板女優・保坂知寿さんを筆頭に、元宝塚雪組男役トップの水夏希さん、「レベッカ」での見事な演技に対して菊田一夫賞を受賞したシルビア・グラブさん、本場NYで「マンマ・ミーア」など多数の舞台にご出演の高良結香さん、ハワイ出身で「レミゼ」「RENT」などで主役級のJenniferさん、同じく「RENT」や「アイ・ガット・マーマン」でおなじみのMizさん、ダンサーとして振り付けなどをされながら表現の幅を広げている今枝珠美さん。

まー、この7人。。。歌がメチャメチャ上手いです!!!!!! 

プロなんだから、あたりまえじゃんと思うなかれ。。。
プロでも、「あれ。。。。????」っていう方々は、ゴマンとおられますから。
その点、この方々は、歌に関してはプロ中のプロ。 演技の方は、また別ものですけれども。。
特に、シルビアさんの「コーリング・ユー」(映画「バグダッド・カフェ」の主題曲)には、ガツーーーーーンと一発お見舞いされてしまいました。 
なんでも鑑定団の中島先生ではないけれど、「イイ仕事してますねぇーーーっっ」って感じですかね。


実は、この舞台、我らがアッキーがゲストでチロッとご出演なんですが。。

これが、あのアッキーも霞んで(?)しまうほどの、ド迫力ボーカルが、延々2時間続くという。。
きゃー、凄い。 女の底力、甘く見ていたわけではありませんが゛、参りました。もう、ごめんなさいするしかありません。(wwwwwwwww)


ストーリーは、いたって単純なのであります。
7人の女の子の孤児たちが、幼いころに孤児院を抜け出し、名前を新しく変えて「姉妹」として生きていくことを決め、ショー・ビジネスの道を順調に歩いていた矢先に。。。
という、まー、そんなおハナシです。
「家族」とか「絆」とか、「SHOW-ism」の大きなテーマでもあるのでしょう。
そこへ、「夢を叶える」や「希望」なんていうのも投入されており、内容としては「はいはい、わかりました」的な感じで特に目新しいものはありません。(wwwwwwww)

アッキーの役は、「スカイ」というスター様の役。 この役は、公演日によって役者さんが違います。なかなか面白い試みだと思いました。
毎回違うゲストに同じ役をやってもらうのですが、そのゲストの個性に合わせたアレンジをしていると思われ、もしかしたら楽曲や演出にも変化があるのかもしれません。(勝手な希望的妄想です)
ゲストたちは、他に知念里奈さん、大貫勇輔さん、彩吹真央さん、井上ヨッシーとなっております。
全員、以前このカンパニーにご出演している関係で白羽の矢が当たったのだと思われますが、こーいうのって、割と多いですよね。 まー、だからどーっていうワケではありませんが。。。 

アッキーは、「さっと出てきて、2~3曲歌って、ささーっと引っ込むというゲストならではの楽しみがある中、今回は自分も7人の女性たちの「家族」になったつもりで頑張りました」と語ってくれました。
うーむ。。 そっかー。アッキー、お疲れさま。 汗だくになりながら、難しい楽曲を熱唱してくれました。


ミュージカルというよりも、ロック・コンサートのごとく盛り上がった舞台。 
内容的には、もーちょいとチープなといいますか、素人がプロを目指しているという逆の「味」があっても良かったと思いますが。。7人の孤児たちが、プロのボーカル・レッスンも受けずに、あれだけのレベルに達しているというのも違和感が否めません。
そういう「いじわる」で贅沢な感想を言うと、出演者全員のクオリティが高すぎたということなのでしょう。


まー、でもでも。

衣装も舞台美術も素敵でしたし、高額チケットの元は充分に取れたので大満足でした。

フホホホ。。


2012-05-19

朗読 「宮沢賢治が伝えること」

かなり前になってしまいましたが、一応、行ったのでございますよー。

この、「一応」というのは、平日の昼間、ナンらかの理由をでっち上げて会社をサボりたおし、チャリでちょちょーいと向かったことをいうわけで。。。
まー、朗読劇がキライという方々も多数おられる中、なぜかここ近年、上演が増えてきているというのはぱんだ的にも解せないところであります。

向かった先は、世田谷パプリックシアター。シス・カンパニーの公演です。

チケット代が比較的安いのと、自宅から激近という理由以外に、この演目をさして観たいというわけでもありませなんだ。。。
もちろん、我がアイドル、アッキーがご出演されているからでして。。。


うー。。。


いやー。


素直に感想を言ってしまうと、わりと面白かったんですよ。これが。。。

過去、彼は「ラブレター」「私の頭のなかの消しゴム」の2作品に参加しています。
いずれも、朗読劇の中では有名な作品で、さまざまな役者さんたちがそれぞれの持ち味を競う形なのですが、ぱんだは今回のアッキーが一番良かったかなぁ。。
肩に力が入り過ぎていず、3作品の中では一番自然体で臨んだような気がします。

一緒に演じたのは、広末涼子さんと、段田安則さん。
透明感のある、少女のような声の広末さんに対し、ちょいとダミ声で深い味わいのある段田さん。
そこへ、アッキーの天然美声が重なると、全く相いれない個性たちのぶつかり合いがはじまります。 そして、それが最後までイイ感じでぶつかり合い、溶け込むことはありませんでした。
でも、ぱんだはそこが「メチャ良かった」と言いたいのであります。

宮沢賢治といえば「銀河鉄道の夜」なのかと思いきや、あえて外してきたところもニクイじゃありませんか。
まー、「よたかの星」とか、「注文の多いレストラン」などは宮沢ファンでなくともおなじみでしたけれど。
この、「よたかの星」は、たしか小学生時代に国語の教科書に掲載されていたような記憶がありますが、子供が読んで感動するような内容ではないと思いますが、いかがでしょうか。
ちょいと胸が痛くなり、泣きそうになるのを堪えてしまいましたわー。。 あぶないあぶない。(wwwwwww)
主人公である「よたか」の役を、広末さんが担当していましたが、読後に涙ぐんでおられたような印象で、好感が持てましたけども。。。

3人の後ろに、マリンバ奏者が演奏していて、とっても素敵だったなぁー。
宮沢賢治の世界観に、これ以上ないってくらいピッタリマッチの楽器だと思いますわーっっ。
演出の栗山民也氏、ナイス・チョイス!!!!

他にも、多数の役者さんがご出演です。

6月3日までなので、よかったら新緑の世田谷までお出掛けくださいませ。

ちなみに最終日は、マチ・ソワとも井上ヨッシーなんですねー。 



2012-05-12

ミュージカル 「PROMISES PROMISES’」

9日に、一日だけマチ・ソワの公演でしたが、タイトルの舞台を観てきました。

ぱんだが会社から急ぎタクシーで乗り付けたのは、新国立劇場・中ホール。
アッキーがまたまたご出演ということで、さらにまたまた何の前知識もないままにチケットを購入。

。。。こーいうパターン、そろそろ卒業しなくちゃと思いつつ。。。まだまた続くような気もする、今日この頃。。


いやー。


それにしても、ほとんどがアッキー・ファンと思われるお客さんの数、凄かったです。。。
今回は一日しか公演がないので、マチ・ソワ両方ともしっかりと観劇される方々も数多くおられたようですが、それをやるにはちょいとキツイ舞台でしたかねぇ。。。(汗)


。。。というのも、この舞台、いまいちよくわかんなかったといいますか。。。????

最近できた劇場の割に、イスにコストをかけなかったらしく、1時間も座っているとお尻が痛くなってくるというのもマズかった。
この劇場には、過去に何度も来ていたにもかかわらず、これほどまでにお尻の痛さを感じたことはありませなんだ。。。

まー、正直言ってしまうと、ぱんだ的には、そーいうことなのであります。 (この場合の「そーいうこと」とは、推して知るべし的な「そーいうこと」なのでありまして、たぶん、察しの良い方には「あー、そーなんだ。やっぱり、そーいうことだったのね」と、ピンと来ていただけるとありがたいです)


タイトルの「PROMISES PROMISES’」とは、アメリカの作家、ニール・サイモン原作・脚本の「アパートの鍵貸します」をパート・バカラックの作曲、ハル・デヴィッドの作詞でミュージカル化したものを、コンサート形式で演出したもの。
前半でこれをバババーッッと演ってしまいまして、後半は宝塚のようにレビュー的なステージで、バカラック大先生のヒット曲を出演者たちが入れ替わりで歌うというものでした。

我らがアッキーは、もちろん主役のチャック役。

出世のために貸しているアパートの自分の部屋で、上司と好きな女の子が不倫しているという、身もふたもないハナシなんだけれど、なぜかラブ・コメ的な扱いで描かれています。
そのあたり、さすがに「巨匠」ニール・サイモン。 古き良きアメリカのニュー・ヨーカーたちをコメディとして風刺しちゃっています。 「これって笑えないけど、笑うしかないだろ?」みたいなヤツですね。

コンサート形式なので、特別感動を誘うでもなく、ゲラゲラと笑わせるでもなく、可もなく不可もなく。。。というこじんまりとしたものでした。
でも、メチャ小難しい楽曲たちを、ほんの数日という稽古期間でこなしてしまうというのは、サスガにプロの集団だと感服いたしました。 本当ーーーーーっに、難曲揃いのスコアだったと思われます。

物語の設定が「ニューヨークの保険会社」だったため、アッキーをはじめ男性陣はサラリーマン・スーツでご登場でした。
意外に、似合ってたよ、アッキー! ネクタイと同色の帽子もGOOD! ぱんだの席は前から5番目でしたので、かなり細部まで見えました。。。
あの姿で、踊りまくるアンサンブルの人たち、ご苦労さまです。。。
観ているこちらは、裂けちゃったらどうしよう。。。そこは笑っちゃ失礼なんだけど、あえて笑ってあげた方が本人たちの気も楽になるんじゃなかろうかなどと、いらぬ心配をしてしまうじゃありませんか。


そして。

問題の後半ですが。。。


なんと、アッキーは前代未聞の一曲入魂。 こんなことってアリですかーーーーーーっっっ!!!!???

会場内にいた90パーセント以上の観客が、「えええ? アッキー、たった1曲しか歌わないの? マジで???」と心の中で暴れたい気持ちになったとことは間違いないでしょう。

歌ってくれたのは、ぱんだの年齢には懐かしい、クリストファー・クロスが大ヒットさせた「ニューヨークシティ・セレナーデ」!!!!
映画「ミスター・アーサー」の主題曲でもあります。
ぱんだは、このときまでこの名曲がクリストファー・クロスの作った曲ではなく、バート・バカラックが作った曲だったなんてつゆ知らず。。。ちょいとショックを受けました
何故なら、クリストファー・クロスがこの曲にマッチした声質だったからというだけで、あれほどの名曲を歌わせてもらえるなんて。。。。歌っている本人が作詞・作曲をしている(勝手な思い込みですが)と思えばこそ、あのルックスでも世界中が彼を受け入れ、酔いしれまくったのだと思っていたもので。。。ごめん、クリストファー・クロス。 大きなお世話かもしれないけど、ぱんだにも青春の思い出ってヤツがあるわけで。。。
。。。って、まー、そんなハナシはどーでもいいんですが。。。

この曲の間奏には、いわゆる「泣きのサックス」といわれる部分があるのです。
サックスを間奏に導入して盛り上げる曲は世にゴマンとありますが、この曲のパート部分は特に泣けると有名です。なので、ぱんだは期待してそのときを待ちましたよーっっ。

そして、いざそのときがくると、ステージのバックで演奏していたオーケストラの中から、おもむろに立ち上がったサックスのおじさん。
顔を真っ赤に上気させ、身をくねらせながらソロを吹きまくるおじさんは、一世一代の晴れ舞台のように勇ましかったなぁ。。。
だって、前で歌っているのは、あの天才・中川晃教!!!!
彼のバックで、しかも名曲中の名ソロを担当するのだから、そりゃあもう、最高に気持ちイイだろーと思いますわ。
そして吹き終えた後の、誇らしげにイスに座るおじさんのドヤ顔。。。忘れられないほどカッコ良かったです。。。

あ、もちろん、メインのアッキーも良かったよーっっ。 高音がちょっとキツそうだったけれど、いつものアッキー節が炸裂してましたし。。。


。。。



なんといいますか。。。


それにしても。。。。ですよ。。。


「題名のない音楽会」かよっっっっと思わずツッコミたくなるよう地味(?)なMCがバート・バカラックの思い出やプロフィールなどを紹介してくれましたけど。
しかも、アンサンブルの人たちが一人ずつ紹介され、彼らがメインの出演者同様の尺で次々に歌うステージというのは、ぱんだ史上、始めてのことでした。

まー。。

汗水流して働いたお金を払って観に来たひとたちは、アンサンブルの歌を聴きたいわけではなく。。。

彼らも、それなりに上手に歌っていたけれど、ちょっと違うと感じたのは、ぱんだだけでしょうか?


いや。。。いやいやいや、絶対に違うだろうっっっ!!!!!


2012-05-06

<今日のカバン> VOL.94

akakago

いやー。

風薫る5月。 新緑の季節となりましたが、皆さま、いかがお過ごしでしょうか?
GWも怒涛のごとく過ぎ去り、明日からはいつもの日常に戻ります。

。。。って、これもどーかと思いませんか?
散々、休みが続いて家族サービスをしたり、自分磨きの旅に出たり、友人等とバカ騒ぎをしたり、一人で何もせず、悶々と時間が過ぎていくのを楽しんだり(苦しんだり)させておきながら、終了してしまえば、否が応でもいつもの日常に「いっせーのーせ」で引き戻されてしまうというのも。。。

誰か、暴れてくれませんかねー。。。


まー、ぱんだ的にはいつもの日常っていうのもキライではないのだけれど、この「いつもの日常」ってヤツがあるから、GWがより一層引き立つわけで、「日常ありきのGW」だと理解しておきながら遠出をするという。。。
この時間の使い方を、賢くしようと思えば思うほど、いろいろ考えすぎて空回りしてしまうんですよねー。。。

。。。と、ワケのわからんことを言いつつ、満を持して!!!!!!!

ようやく、カバン様登場でございます。


このカバン様は、最近になって、うちの年老いた両親が、「普段、いろいろと世話になったり、モノを買ってもらったりしているから、2万円程度のモノで、欲しいものを買ってやる」という、とんでもないことを言い出しまして。。。

この季節に、雪でも降るかと思いましたわーーーーーーーーっっっっっ。。。(wwwwwwwwww)


おいおいおいおい。。。
マジで、いよいよボケちゃったのかと、真剣に驚きましたわ。。。

まー。。。


そんなわけでですね。。。

ぱんだと姉は、このあり得ない両親の提案に、一度はやんわりとご遠慮させていただいたのですが、どうしてもと言い張る老人たちの気が変わらぬうちに。。。。フホ。。フホホホホホホホホホ!!!!!!


ということで、買って貰ったのがこのカバン様であります。

購入場所は、実家近くにある伊勢丹・相模大野店1Fにある、アニエス・ベーです。
アニベは、この手のクラフト・バッグを出すのは4シーズン目。 春夏は3年目、去年だけ秋冬を出しています。
ぱんだは、今回で3回目の春夏モノをゲット。
一昨年はブラック、去年は生成り色だったので、今年はレッドに挑戦してみました。

aka2
aka3
aka4


上の写真は、ジッパーの部分に「b」の文字をチラ見せしているものです。

毎年、アニベらしいトカゲやアルファベットをモチーフにしていますが、今回はドット柄。 なので、さりげなくジッパーにブランド・アイコン(シグネチャー)を配しております。

中央の写真は、一緒に購入したチャームです。

下の写真は、大きなスパンコール・ハートの裏側です。 ここにも、「b」の文字。 しつっこい割に目立たなくて、あまり意味がないような。。。。????

夏の定番、マリン風の洋服には、差し色としてGOODなカバン様ですね。


でも、これを買っていただいたときの母親、心の中で「イイ年をしたオバハンのくせに、なんなんだこの真っ赤な水玉はっっっ。。。」と、思っていたのかいないのか、一言も発しないままレジでお金を支払っておりました。。。なんか、怖いです。。。


でもでもでも。。。とりあえず両親に感謝。


どうか、元気で長生きしてくださいませせぇぇぇぇっっっっ。。。。


(23×46×24) お値段ですが、本体が18,900円くらい、チャームが4,800円くらいでした。 まー、併せて20,000円超えでしたが、文句は言われず。。。ありがとうっっ。(感涙)

プロフィール

Author:naopan555
「ぱんだ」と申します。
東京・世田谷在住のカバン大好き女子!
ダンナと猫の3匹(?)暮らしです。

☆ 応援、ありがとうございます!励みになります!


人気ブログランキングへ

☆ ブログ分析のランキング投票です。こちらも励みになります!よろしくですーっっ!
blogram投票ボタン

☆ よろしければ、ポチしていって下さいませね! 後ほど、伺わせていただきます!
おきてがみ


☆ ようこそいらっしゃいました! ご訪問、ありがとうございます!



☆ 2009.7.24より、カウントスタートしまーす!

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
<今日のタロット>
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード