2012-02-28

奈良見仏記

土日に、かねてよりずーっと行きたいと思っていた奈良旅行へ出発しました。

奈良へは人生で3度目となります。 
関東の人間には、京都から奈良、あるいは大阪から奈良と経由しなければなないことがネックとなり、なかなか足を延ばせないでおりましたが、最近になってから「東海ツアーズ」のキャンペーン宣伝に乗せられて、ついに決行することとなりました。

自称・歴女のぱんだでしたが、とうとう仏教美術にも手を出したかっっっと、我ながら呆れてはいるものの、東大寺・戒壇堂の四天王像に逢いたい一心から、とりあえずは何も考えずにGO。

仏(ブツ)マニアの友人とともに、朝6時の新幹線に飛び乗り、一泊して翌日の深夜に東京へ帰るという、中年のオバサン真っ盛りの身体には超過酷なスケジュール。
帰りは京都の仏にもお逢いできるかと思いきや、奈良という国宝仏だらけのエリアを完全になめきっておりました。一泊旅行で満足に見仏(けんぶつと読みます)するなど到底無理だということがよぉぉぉぉぉーーーーーっっっく分かりましたわ。。。。 本当、ごめんなさい。 奈良の仏たちには、もうもうひたすら謝るしかないです。
そして京都の仏たち、申し訳ないっっ。 せっかく京都の地を踏んでおきながら、かすりもせずに通過するだけなんて、本当に辛かったです。。。

えー。

それでですね。。。


奈良見仏なんですけどね。


これが、もうっっ。 凄かったんですよ。


やはり、若い時分に仏を観に行っても、全然心に響いてこないんですよね。 ぱんだが始めて奈良観光したのは小学5年生くらいのとき。 当然、親に連れられてしかたなくというスタンスでした。 子供の知識量で、仏を観て「うぉーーーーっっ」とうなり声をあげるなど、たぶんマルチタレントのみうらじゅん氏くらいではないでしょうか。(筋金入りの仏マニアとして有名。仏に関する著作本も多数)
実際、今回訪れた「奈良国際博物館」でも、小さいお子さんはつまらなさそうにブラブラしていただけで、仏などこれっぽっちも観ちゃいませんって。 まー、当たり前かなー。
2回目は、二十歳くらいのときに友人と行った「なんとなく関西方面」旅行でしたが、大阪・京都が中心で、奈良へは「立ち寄った」程度の記憶しかありません。

この歳になって、日本の歴史や背景、仏師たちの力量などに興味が出て、自分なりに勉強した上で彼の地へ訪れることができ、嬉しく思います。 
宗教がどうのというものではなく、美術としての仏鑑賞のつもりでいましたが、やはりお寺の本堂に安置されているご本尊を眺めると自然に手を併せてしまいますね。 これは、太古の昔から培われてきた日本人としてのDNAの、なせる業なのかもしれません。


ですが。


そーは言っても!!!


フホ。

フホホホホホホホホホ。。。。



「カッコ良い」仏というのもアリなわけですよ。

そもそも、テレビで流されていた戒壇堂の四天王に一目ぼれをしたのが旅行への第一歩だったりしていますので、あまり偉そうなことは言えません。
以前から仏教美術を観たいという欲求を心の奥へ封じ込めていた(自分でもわかりませんが、たぶん仏に対しての知識がまだ乏しいと感じていたのでしょう)にもかかわらず、戒壇堂の四天王像たちは、そんな考えを吹き飛ばすほどの強烈な”仏オーラ”を持っていたのであります。


<一日目>

奈良到着 ⇒ 戒壇堂 ⇒ 東大寺本堂 ⇒ 東大寺ミュージアム(三月堂の仏あり) ⇒ 春日大社 ⇒ 新薬師寺 ⇒ 興福寺

。。。と、ほとんどが奈良公園内だったのですが。。。


奈良公園は広すぎる!

地図上だと、歩いて3分程度に書かれていますが、15分とか、20とか、「タクシー、乗ったろか!!!」と思うくらい隣の寺が遠かったりします。
さらに、道案内の看板も少ないので、人に道を聞こうとしたところ、

人がいない!

国際的な観光地だったよね?

土曜日だよね?

フツーの住宅街に、国宝がワンサカっていうのも含めて。。。大和路、恐るべし。。。。。


まー、それは置いておくとして。

先ず、当然のことながら到着後すぐに飛んでいったのは、東大寺境内にある戒壇堂。(戒壇院)
その昔、鑑真が聖武天皇を初めとする天皇家や貴族たち、僧侶たちに戒律を説いたというお堂なのですが、これが寒々とした四角い部屋がひとつのみ。
ご本尊(釈迦仏)が安置されているのは中央にある多宝塔の中で、その姿は暗くてよく拝めません。 四天王はその東西南北位置に凛として立っているのです。
東に持国天、西に広目天、南に増長天、北に多聞天(単独では毘沙門天)。
ぱんだのお目当ては、広目天様。 もうもうもう、あの鋭く光る眼差しに惚れない女子がいるでしょうか?
事実、仏マニアの友人も完全にノックアウト状態で、柱の陰から「憧れの先輩」を覗き込むかのごとくであります。
友人曰く、「眉間から出ているフェロモンにやられた」そうで、ぱんだも同じように柱の陰から覗いてみたとろ、なるほどと納得。
我ながら、不謹慎きわまりないと思いますが、みうらじゅん氏といとうせいこう氏の名本「見仏記」でも、それぞれの「お気に入り」の前では中学生のごときドキドキしており、彼らはそれを不謹慎だとは全く感じていず。。。いいよね。そういう見仏も、あっていいと思いますがいかがでしょうか。


次の日、買い忘れた四天王のクリアファイルを求めて、もう一度朝いちばんで戒壇堂へ。
そのとき乗ったタクシーの運転手さんに、「昨日も行ったけど、今日も逢いたくなって」とだけ言ったところ、

「ああ、広目天?」

という反応が!!!!

戒壇堂といえば「広目天」、広目天といえば「戒壇堂」という図式が、奈良のタクシー運転手さんの中にあるのだとしたら、広目天以外の三尊の仏の立場は!!!!。。。。(汗)
それ以上に、ご本尊の面目は。。。???
さらに言えば、他のお寺におられる四天王たちにも微妙な影響があるのでは。。。???

ぱんだは、四天王揃い踏みのものに加えて広目天の単独クリアファイルもゲット。 土産として人に渡してもドン引きされると思うので、あまり多くは買わないつもりでしたが、行く先々で他の仏たちのクリアファイルを目にし、耐えきれずに何枚か購入。もちろん、全部自分用。。。。くぅーーっっっ。。。何に使用すればいいものやら。。。

お土産といえば、球形のプラスチックの中に組立式のミニフィギュアが入っているガチャガチャがありました。
ガチャガチャとは、小銭をいれてダイヤルを回すとガチャンと玩具が出てくる、例のアレです。

東大寺参道にはたくさんの土産物屋さんがあり、ちょっとやってみようということになりました。
何台かある中で、サスガに我らが広目天。 単体で他のお寺の仏に交じってエントリーされており、これだ!!!と飛びついてはみたものの。。。
友人もぱんだも、見事に大外れでテンション落ちまくり。 「私たち、二人とも広目天にはフラれたわね」ということで落ち着いたのです。
そして翌日、別のと場所で再チャレンジ。 今度は、興福寺の宝物館で圧倒的なスーパースター扱いだった阿修羅像狙いだったのですが、またもやフラれました。

うーむ。。。

まー、そんなもんでしょう。


<二日目>

戒壇堂 ⇒ 奈良国際博物館 ⇒ 法隆寺 ⇒ 中宮寺 ⇒ 奈良出発


国際博物館では、仏の軍団ともいえるお歴々に逢うことができました。 過酷なスケジュールの中でしたが、この博物館を訪れずして東京へ帰ることなどできません。
法隆寺では、聖徳太子の人相をかたどったというアルカイック・スマイルのご本尊にも再会できたし、中宮寺(旧斑鳩御所)では日本人ならほとんど誰もが知っている、あの「如意輪観世音菩薩」を拝むことができました。

「この菩薩って、奈良にいたの?」

はい。いたんです。
いいえ、おられたのでございまする。

ずーっと、”京都のどこか”だと思ってきましたが、イェーイ!!!!なんか、ラッキー。
この菩薩も典型的なアル・スマで、エジプトのスフィンクス、ダ・ヴィンチのモナリザと並んで、「世界三大微笑像」と呼ばれているそうです。(スフィンクスって、微笑んでたんだー。へぇー。。。)


まー、そんなこんなで一泊二日の強行奈良旅行から無事帰還。


もっと、他にもいろいろとヤバイことやら爆笑ネタがあったのですが、それはまたの機会に。。。


スポンサーサイト

2012-02-17

中川晃教 「ポピュラーウィーク 2012」

昨日は、毎年恒例となったアッキーの「ポピュラー・ウィーク」へ行って来ました。

このイベントは、毎年2月の中旬に開催されているもので、主にアーティストたちのアコースティックなサウンドを中心に演奏されています。

ぱんだは、このイベントが大好きで、今回も本当に期待して行ったのです。
何故なら、アッキーがいかにこのイベントを大事にしているかが伝わってくるから。 彼の才能の素晴らしが大爆発するパフォーマンスを魅せていただけるというのがわかっているからです。
もちろん、ご自身のコンサートも見事なものですが、このイベントには、神が降りてくるので、そこのところが違うのです。
。。。。というと、なにやら怪しげですが、会場となる上野の東京文化会館には、音楽の神さまが棲んでいて、その才能を認めた者には最大限の恵みをもたらしてくれるような。。。そんなイベントなのであります。

そして!

今回も、神様はそのパワーを発揮されたようです。

うーむ。。

何と言ってよいのやら。。。

ぱんだの乏しいボキャブラリーではとうてい表現しきれないくらいの圧倒的歌唱力を、これでもかと見せつけてくれたアッキー。 君は、やはり天才としかいいようがないです。

彼が勝手に名づけているポピュラー・ウィーク専門の名物コーナーでは、毎年趣向を凝らして、普段では絶対に表現することのない「珠玉の一曲」を演るのが恒例となってまいす。 去年は、クィーンの名曲「ボヘミアン・ラプソディー」のフルコーラスに挑戦し大成功に終わったのですが、今回、選ばれたのは、なんとベートーベンの「運命」。
さまざまなアーティストたちが、クラシックの名曲に日本語の歌詞をつけてアレンジをし、カバーとして披露したり、CDとして発表したりしていますが、アッキーはあまりそれを演らなかったので、彼のボーカル力を鑑みるに、もったいないと常々感じていたぱんだですが。。。

ついに来たかっっっっっっ!!!!!! 待ってましたっっっ!!!!

ROLLYさんのライブでも、この曲をフィーチャーしていましたが、男性アーティストには受けがいいんでしょうかねぇぇ。この曲は。。。まー、派手だしねぇ。。
ROLLYさんには申し訳ないけれど、アッキーの「運命」は、この世で一番でした。 
ぱんだたち観客は、絶句もののパフォーマンスに、ただただ酔いしれるのみ。 歌詞はもちろん、アレンジのカッコ良さ、歌唱、どれをとってもダントツの出来栄え!
この曲では、ぱんだの好きな楽器であるチェロの二重奏を取り入れたことにより、曲に深みと力が加わって、アコースティックであることを忘れてしまうほど。
このチェロがまた、レッド・バイオリンならぬ、レッド・チェロと言っても過言ではないほどの大迫力ときているから、もうたまりません。

さらに!

アンコールでは、大方の予想通り、最近亡くなったホイットニー・ヒューストンさんの代名詞的楽曲である「I WILL ALWAYS LOVE YOU」を、マイクレスで大熱唱。

いやはや、ぱんだは、久しぶりに緊張してしまいました。 胸がドキドキし、身体中に力が入ってしまい、なんだかもう、どうしていいものやら。。。

汗だくになり、顔をクシャクシャにして、身体をクネクネさせながら全身全霊で歌っているアッキーの御姿は、音楽の神様が彼の中に降りてきているとしかたとえようがないのであります。
その歌声に酔いしれるというよりは、ただもう呆気にとられて、「ひぇーっっっっ」とか、「うぉーーーっっ」とか、「ヤバすぎだろーーーーーっっっ」とか、そんな感想しか出てこないといいますか。。。

ただもう、ひたすら神様とアッキーに感謝です。。。本当にスゴイものを魅せていただき、ありがとうございました。
最前列の席だったせいもあり、神様&アッキーのコラボぶりを間近で拝めることができて、とっても幸せでした。


ああああーーっっっ!!! 来年が待ち遠しい!!!!!!


でも、これだけの内容を上回るものを出してこないと観客が納得しなくなってしまうかもしれないので、用意や準備はハンパなく大変なんじゃないかなぁ。。。

いやいや、アッキー、君には音楽の神様がついてるから大丈夫!

2012-02-12

「歌川国芳」展

去年から、大々的にやってましたねー!

ですが、本日、12日をもって終了のようです。 もっと観たかったなぁーっっ。

ぱんだが駆けつけたのは、終了まじかの今月の8日。 去年からずーっと行きたいと思いつつ、いつでもいいやとたかをくくっていたらあなた!
なんと、1月の18日に総入れ替えをしていたらしく。。。
入れ替えっつったって、主要なヤツラ(作品)は絶対にそのままで、ちょろちょろっとわからないようにやってくれるものだと勝手に思い込んでいたのですが、これが大きな間違い!!!(涙)

クゥーーーーーーーーーっっっっっっっ!!!!!

キェーーーーーーーーっっっっっっっっ!!!!


。。。。。

。。。。。。。。。。


会場に行ってみて、しばしの悶絶。。。。


あの、ガイコツくんがいなぁぁぁぁーーーーーーいっっっっっっ!!!!!


まー、世の中、そんなもんですよ。。。


おたまじゃくしがカワイイで超有名な、「金魚ぼんぼん」だとか、スカイツリー疑惑(?)でおなじみの「東都三ツ股の図」だとか、人間ピラミッド状態で"顔"を表現している「みかけシリーズ~」だとか、そんなのはもちろんありましたけどね。
でも、ぱんだのメインは、やはりあのガイコツくんですよっっっ。 ド迫力のデカいつら構えで登場し、ガイコツのくせに遠慮ってもんがぜんぜんない、あの絵ですっっ。

「相馬の古内裏」

というタイトルなんですけどね。

もうもうもう、この絵のメインキャラであるガイコツくんが、今回の「歌川国芳展」の宣伝大使としてドカーンと汐留駅の構内に張り出されていたときは、うぉぉぉぉぉぉぉーーーーっっっと心の中で歓声をあげたもんです。
そんな偉い大使様が、まさかの総入れ替え組に入っていようとは、誰が想像しえたでしょうか?

歌川国芳というおっさんは、後世にたくさんの浮世絵を残してくれちゃったおかげで、途中での総入れ替えを余儀なくされたのでしょうが。。。
400点強という膨大な作品を、約200ほど入れ替えているようです。 。。って、半分じゃねーか、おぃっっっ(汗)

それなら、前半と後半、両方観にくればいいじゃないかということなんですけど。。。。時すでに遅しでしたわ。。。


平日の昼間だっていうのに、老若男女がワンサカ来場しておりました。 団体バスで遠方から来られる方々も大勢さんのようで、国芳の恐るべき大人気ぶりに面喰ってしまいました。 浮世絵界のスーパースターといえば、「広重」や「写楽」ではなく、昨今では国芳なんでしょうか。。。マジで、GOOD JOB!

それは、他の絵師よりも構図がスゴイとか、ディティールが細かいとか、色使いが大胆とか、発想がユニークとか、そんなことよりも、まずは「面白い・分かり易い」というのが一番。
「喜多川歌麿」の浮世絵を観て、アハハハハハハハとか、フホホホホホホホとか、腹をかかえて笑った経験、無いですから。
でも、この国芳というおっさんの絵は、笑えちゃうんですよねー。。。不思議です。

当時の江戸庶民たちも、天保の改革で水野忠邦がとんでもない条例を強いたにもにもかかわらず、国芳画に隠された体制批判の風刺を言い当てるのが流行ったというから、なんともたくましいハナシじゃありませんか。
ああ、江戸の人たちってなんて「粋」なんだろうと、いまさらながら感じ入る次第であります。。。
極端に擬人化した図柄では、タコだのイカだの、ひどいのはコマとかとっくりに目・鼻・口をいれて歌舞伎役者に見立てたり、着物の柄や家紋などで判断させるように仕掛けたり、そりゃあもう、やりたい放題。
国芳が人々に熱狂的に愛される理由が、江戸でも現代でも同じなんだってところがイイじゃないですか!

ぱんだが気に入ったのは、将棋のコマたちが戦国の鎧を着て戦っている絵でした。

もう、笑いしか出てきません。

将棋にまったく詳しくないので、この絵の中で繰り広げられている戦局がどのような状況となっているのか理解できないのが悔しくてなりません。 


お化けモノの絵もたくさんありました。
 
化けモノちが忠臣蔵を表現していたりとか、東海道双六とか、国芳という大天才の脳内でガンガン排出される世界観がこれでもかと押し寄せてきて、それらを受け取るこちら側の凡人たちは、「わけ、わかんねー!」とドン引きしつつもニタァーっと笑ってしまうというか。。。笑わされてしまうといいますか。。。



仮設のミュージアムショップでは、我先にお宝を手に入れようという人々でごったがえし、レジには長蛇の列ができておりました。
ぱんだも、図録が欲しくて並んでいたら、一緒に行ったダンナが「これ買ってくれ」というので見てみると、作品群の絵ハガキを数枚差し出されました。
その中の1枚に、「東都名所 かすみが関」というタイトルのものがありました。

これがっっっっ。

一見、なんの変哲もない風景画で、国芳っぽさなどほとんど見られない地味な絵でありながら、400点以上にも及ぶ作品たちの中から、晴れて土産用の絵ハガキにとなるだけのことはあるのかもしれません。
。。。ですが、ぱんだには一向にその「良さ」が理解できず、「何で、これなのよ」とダンナに聞いてみたところ、「一番右側にいる人の顔がケッサク! 超、笑える」とのこと。

。。。。
。。。。。。。


まー、笑いのツボは、人それぞれでしょう。

ショップの隅に、新しく判を刷った国芳の浮世絵が売られていました。 もちろん、あのガイコツ大使くんも、そこには鎮座されておりました。


かっっっ買いたいっっっっ。

でも、高価くて買えないっっっっっ。


店員のおばさんに、「私、ガイコツ観にきたのに、入れ替えで観れなかったんですよーっっ」と愚痴ってみたところ、

「あら、お気の毒」

と、満面の笑顔であっさり言われてしまいました。



ガイコツ大使くんーーーーーっっっ。 カムバーーーーーーック!!!!(映画「シェーン」より)


プロフィール

Author:naopan555
「ぱんだ」と申します。
東京・世田谷在住のカバン大好き女子!
ダンナと猫の3匹(?)暮らしです。

☆ 応援、ありがとうございます!励みになります!


人気ブログランキングへ

☆ ブログ分析のランキング投票です。こちらも励みになります!よろしくですーっっ!
blogram投票ボタン

☆ よろしければ、ポチしていって下さいませね! 後ほど、伺わせていただきます!
おきてがみ


☆ ようこそいらっしゃいました! ご訪問、ありがとうございます!



☆ 2009.7.24より、カウントスタートしまーす!

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
<今日のタロット>
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード