2012-01-30

舞台 「CHESS IN CONCERT」

今年、お初で、我らがアッキーの舞台を観に行ってきました。

うーむむむむむ。。。

むむむむむむむ。。。。


ごめん、アッキー。

結論からいって、面白くなかったですぅぅ。。。
。。。っつーか、ハッキリ言って、つまんなかったですぅぅぅ。。。。(涙)

ごめんごめんごめんなさいっっっっ!!!!

ぱんだもさー、新年早々、こんな感想は記事にしたくないんだけれど、心を鬼にして言っちゃうと、内容がスッカラカンなんですよね。
この「CHESS」というミュージカルは、かれこれ20年以上前にできた作品で、あの世界的アーティストであるABBAの男性二人組の方(ビヨルンとベニー)が音楽を担当し、「ジーザス」や「アイーダ」でおなじみのティム・ライスが作詞をしているにもかかわらず。。。

楽曲そのものは、確かに良かったんですよ。 前評判通りでポップなロックあり、ワルツあり、大仰なクラシック調ありのオンパレードだったんですが、それが返ってハナにつくというか。。。
内容がスッカラカンなだけに、曲でカバーしようとしているのが透けて見えてくるといいますか。。。
同じような形態の作品で、「ヨセフとアメイジングテクニカルドリームコート」がありますが、こちらも作詞はティム・ライスだったにもかかわらず、作曲があのアンドリュー・ロイド・ウエーバーってだけでこうも違うのかと思ったりして。。。(他作品と比べるのは、あまり良くないけどね)
何故なら、ロックだのワルツだのと、一見全く相いれないジャンルのものでも、一つの作品で表現するにはそれなりの一貫性が必ずどこかに散らばっているものでしょう。 今回、その一貫性がまるで感じられず、同じ作品でありながら、全く違う作品を観ているようで、心がしっくりと落ち着かないのであります。

登場人物たちも、誰ひとりとして共感できる人物がでてこず、最後まで誰にも感情移入できないまま「アレ? もう終わったの???」って感じだったしなぁぁ。。

確かに、コンサート形式だから突っ込んだストーリー展開ができないというのはあるでしょう。 
もちろん、それは理解した上で観たのだけれど、人物設定や状況説明があまりにも中途半端すぎて、それらを曲の内容で補っているのかと思えばそうでもないし。。。
直接的過ぎる表現をしていたかと思ったら、物語に関係あるのかどうかわからない歌詞になっていて、前から3列目のド真ん中という美席に陣取っていたにもかかわらず一生懸命聴き取ろうという気持ちになれませんでした。
「CHESS」というミュージカルをコンサート形式ではなく、本編を観てみないと判断できないのではというご指摘を受けそうですが、あくまでも、今回はコンサート形式で一つのパフォーマンスとしているので、もっと他にやりようがあったのでは???と。。。なにも、無理やりコンサートっぽくしなくてもいいじゃん!!!と、ぱんだは思うわけであります。


でもでも。。。


フォローするわけではないですが、アッキーと浦井くんは、良かったよー。

特にアッキーは、ひいき目をなくしてもちゃんと歌詞が聞き取れたし(これって、すごく大事)、相変わらずの大熱唱ぶりには堪能させていただきました。 素晴らしかった!!!!
浦井くんも、この世のものではない感が出ていたし、前方列の方々は怖いくらいの役への入り込みと気迫を感じたのではないでしょうか。


演出は荻田浩一さん、音楽監督は島健さん。

舞台の上にチェス盤を表現し、両サイドにオーケストラっていうのは斬新でしたねー。 もっとチェス盤を活用して欲しいところでした。 舞台にポールが立っていたけれど、カッコ良いダンサーさんがそこでポールダンスでも披露してくれるのかと期待していたら、全く使用していたようには見受けられず。。。残念。

出演者は、他に安蘭けいさん、石井一孝さん、AKANE LIVさんなど。



本編、もし観る機会があったら、観たいかも。


でも、コンサート版は、再演があったとしても。。。たぶん大好きなアッキーがご出演でもパスかなぁぁぁ。。。


スポンサーサイト

2012-01-22

「平清盛」展

前回の「MRI」の結果はまだなんですが、ヒザの状態はかなり良くなっており、この調子で治療すれば手術などという恐ろしい結論には達しないものと思われます。
皆さまには、たくさんのご心配のお声をかけていただき、ありがとうございました。
この場をお借りして、御礼申し上げます。

それと、「MRI」の騒音について、ヘッドホンを貸してもらえなかったのかという質問も多数ありました。
残念ながら、ぱんだが受診した場所でそのようなサービスはされておらず、ガシャンガシャン・ドカーンドカーン・ビビビビーッッッ・ゴゴゴゴゴゴーーーーッッ という、医療機器にあるまじき大騒音をダイレクトに体感せざるを得なかったことが、なんとも悔やまれてなりません。



まー、今回は、そのオハナシは置いといて。。。



今年のNHK大河ドラマですよ。
ぱんだ的には、待ちに待っていた題材、「平清盛」ですよーっっっ。(WWWWWWWWWWW)


うーむむむむ。。。



「平家に非ずんば、人に非ず」


などという、とんでも発言が飛び出すほどの権力と、名声を得た男、平清盛。。。
自称・歴女のぱんだが、歴史上好きな人物のナンバー2にランク・インしているのが、まさにこの御仁、清盛公なのです。
(あ、ちなみにナンバー1は幕末の偉人・吉田松陰先生です)

この時代の歴史はあまり好きではないという方、結構いらっしゃるんですよね。

メチャ、面白いのになーっっっ。 なんでかなーっっっ????


ぱんだが何故、清盛が好きかというと、遠い昔の小学生時代、「人に非ず」ってなくらいの権力者って、単純にスゴイじゃん!!!!っと、子供心にそう感じたのがキッカケなのです。
もちろん、そうなるまでに散々悪いこともしたんだろうとは容易に想像できますが、とりあえずその頃の日本において、武家の出であるにもかかわらず、天皇を凌ぐがごとくの勢力を持ったというのはスゴイの一言に尽きると思ったわけであります。
まー、奢れるものも久しからず、滅亡の一途をたどる運命ではありましたが、清盛が死ぬ前までの平家は、そりゃあもうもうもう、ガチでスゴかったのでありましょう。
歴史上、他に類を見ないくらいの権力を己の才覚と力だけで得た、「最初の男」なんじゃないかと思うのですが、いかがでしょうか。
そして彼は、死にざまもスゴかった!!!! 熱病に侵されて、通常では有り得ないほどの悶絶苦の末に亡くなったとされています。 現代医学を以ってなら、薬でなんとかなったのでしょうが、12世紀あたりじゃ怪しげな陰陽師に祈祷させるくらいがいいとこですもんねぇぇぇ。。。お気の毒です。。。

まー、「いろいろなスゴさ」に、小学生だったぱんだはグッと来てしまったんですねー。フホホホホホ。。。。



そこでっっ。 今回のNHK大河ドラマですが、まだ始まったばかりなのでなんとも言えないんですが。。

清盛が白河院のご落胤であるというのは、歴史上あくまでも「噂」の域を出ておらず、あれだけの権勢を誇った人物なら、出自もやんごとないものであって欲しいという、後世の人々の願望や、平家物語を面白くするために考え付いたことなんじゃないかと思うのです。
あの「織田信長」だって「平氏」の出自であると自分では言っていたようですが、実際は、藤原氏の血脈らしいといわれていますし、「豊臣秀吉」に至っては、百姓出身だったはずがなぜか「忍者の里出身の忍者(当たり前だろーっっ)」だとか、自分も主君である信長と同じ「平氏」の血が流れているだのと言いだす始末で。。。

こーいう出自的なものって、権力を得たモノたちの「言ったもん勝ち」なわけで、ぱんだは白河院のご落胤と決め付けるかのごとくのドラマ運びにはちょいと疑問を感じています。
これでは、子供たちや歴史に詳しくない人たちは完全に信じてしまうのではないでしょうか。 

今回のチームは、前々回の「龍馬伝」のスタッフらしいのですが、以前記事にも書きましたように、彼らは彼らなりに史実と向き合って頑張っているとのこと。 でも、岩崎弥太郎の視点というところに根本的な無理があったのは否めず、ちょいと?????????だったことは確かです。 
やはり今回は「噂」くらいにとどめておいていただきたかったというのが本音です。
だって、フツーに考えて、あのクソ真面目が服着て歩いているような忠盛公が、自分の血脈ではない息子に「平氏一門」を譲り渡すとは思えないんですけど。。。
まー、この先跡目争い的な展開がなされることを大いに期待したいところです。





そんなこんなで、お待たせしましたが、江戸東京博物館ですよ。


「平清盛」展。


行ってきましたよーーーっ。 雨がザンザン降る中を。。。(涙)


今回は、大体が厳島神社に奉納されている「国宝」や「現品国宝」(この違いがイマイチよくわかんないのですが。。。)がワンサカ展示してあります。
絵巻物やら、経典やら、掛け軸になった肖像画など紙ベースのものが主体です。
雨だったにもかかわらず、沢山の来場者でごった返し、サスガにNHKの威力と清盛人気は衰えることはないのだと思いましたわ。。
清盛直筆の写経なども観ることができますし、豪華絢爛な安徳天皇のおもちゃ箱なども拝めます。
その中に、愛染明王像など仏像も展示されていて、ガラス・ケースに向かって思わず手を合わせたくなってしまうほどの威厳と風格、神々しさを感じました。


しかし。。。バブル時構想のあげくに都の税金で建てられただけあって、ここは、常設展示もスゴイです。
やたらとデカい空間が展示スペースとしてドカーンと存在しています。

そのかいあって、江戸の風景を実物大を再現して展示していたりします。。。もう、江戸ファンのぱんだにはヨダレもののテーマ・パーク!!!!
時間がなくて、サーッとしか観られなかったのが悔やまれてなりません。


「平清盛」展は、2月5日まで。

歴史好きな方は常設展示と併せて、是非。 かなり楽しめます!!!


2012-01-19

いくらなんでも、デカすぎるだろー!

いやー。

最近、またぞろデブ化に拍車がかかったせいか、会社でイスから立ち上がろうとした刹那、グギッ!!!


。。。というおぞましい感覚が右ヒザを襲いまして。。。


もうもうもう、その痛さといっら、全人生でお初のモノでございましたわーっっ。(wwwwwwwwww)
その場では、あまりのことに声も出ず、痛さに悶絶しつつもなんとか平静をよそおい仕事を続行。
次の日に、会社を休んで近所で上手いと評判の整形外科へ直行しました。
その評判医者は、さすがに遠方から患者が通院するといわれているだけあり、自分の施術に相当の自信を持っているらしくメチャ態度の横柄なヤツでして。。。
まー、あれだけ患者を平然と待たせる神経は、アッパレと言えるのかもしれませんがね。(しかも、レントゲン室で、冷たい台の上に置き去り状態)
それでも、ぱんだは痛い右足をなんとかして欲しい一心でしたのでキレそうになりながらも耐えましたわーっっっ。(涙)


そして、診断結果は。。。


「MRIを撮って、悪ければ手術ね!」

。。。。って、おいおいおいおいっっっっ!

手術ねっ!って、簡単に言ってくれるじゃありませんかーっっっ。

「し。。手術ですか?。。。」

茫然とつぶやくぱんだに、人をコバカにしたようにフフンと鼻で笑いながら「だぁぁからぁぁ、結果が悪かったらって言ってるでしょ?」

このヤロー、ぶっ殺す!!!っっっと思ったものの、ショックの方が先にたって、バトルする元気もなく。。。
大体、オメーがレントゲンだけで判断できないからって、なんでもかんでも「MRI」とか言ってんじゃねーぞこらぁぁぁ!!!!!
。。。という気持ちを押し殺しつつ、小心者のぱんだは素直にMRIの予約をして帰りました。


うーむ。


MRIねぇ。。。

閉所恐怖症気味のぱんだにとって、それは恐ろしい響きを放つ言葉。。。
まー、ヒザは大事なので行きましたけどね。

それで。。。
本題は、ここからなんですよ。


いろいろいろいろいろいろいろいろいろいろな条件をつきつけられ、MRI撮影は始まるのです。
その条件とは、たとえば化粧をするな、マニュキアをするな、リタッチ白髪染めをするな、アクセサリーなど言語道断、遠赤外線の下着は脱ぎ捨てろ、入れ歯・差し歯のたぐいは全て外せ、などなどなど。。。。
さんざん煩い条件をつきつけられ、それにクリアした者だけが検査を受けられるわけです。
まー、それはいいですよ。 しかたないのかもしれません。
マシンが設置してある部屋そのものが、強烈な磁場であるわけですから、しょうがありません。

ですが!!!

いざ、始めてみると、撮影音のうるさいことといったら!!!!

「工事現場みたいな音しますからねー」
と、MRI技師さんからニコやかに言われていたことはいたんですが。。。

検査を受けたことのある方は、共感できると思います。
そーなんです。 あれは、実際に現場で聞かないとわからないかと。。。。
もうもうもう、約30分間、大音響が鳴り響いているのです。 それも、リズムがあったり、単調で二重奏・三重奏であったり、バラエティに富んだ音たちが所狭しと飛び交っているのです。
工事現場っていうけど、工事現場の人が20人くらいで一斉同時に「コンクリート穴あけドリル」をやり出したくらいの騒音でしょ、あれは。。。

あんなにデカい音を長時間聞いたのは、昔、渋谷にあった「屋根裏」というライブ・ハウスに出演した初期のシルバー・スターズ(バンド名です。覆面してたんだけど、中身はBOWWOWってバレバレ(?))なみでしたわ。。。


とにかく、です。


MRI、恐るべし。。。

閉所である上に、あのデカすぎる大音響。。。
あれじゃあ、重篤な患者さんはたまりませんなぁ。。心臓の悪い方とか、安静を必要としている方には、絶対にキツイ、というか、ヤバイしろものでしょう。
科学の進歩がここまできているのなら、三分の一、いや、せめて半分くらいの音にしていただきたいところです。。。


あ、ちなみに検査結果はまだ出ていません。

手術って。。。怖いよーっっっっ。。





2012-01-05

世の中、捨てもんじゃありません!

昨日のことなんですが。。。


姉の家で親戚が集まる新年会があり、ぱんだがダンナと一緒に電車で向かっていたとき。

携帯に着信があったので、電車内では取らずに切っていたのですが、なんとなく胸騒ぎがしたので出てみると。

それは親からの着信でありながら、まったくの別人の声がして。

「ご両親の車が道路の途中で止まっちゃってます。至急来てください」


。。。。え? ナニ? 止まってる?


ぱんだは、いつかこんな連絡が来るのではないかと、年老いた父親に「頼むからもう車の運転はしないでくれまいか」と口すっぱく、しつっこく、ネチネチと言い含めていたにもかかわらず。

「事故ですか!?」 の問いに、「あ、事故ではありません。ただ、車が動かなくなっちゃっただけです」 との返答で、ひと安心はしたものの。


正月早々、車が止まるって!!!!????


まー、とりあえず、予定変更して現場に急行したわけであります。

ノーテンキにうろうろしている父と母のそばに、ひとりの40台くらいとおぼしき男性の姿が。。。

彼は、両親の車が30キロより下の速度でプスプスいいながら交差点を通過するときに、たまたま横断歩道待ちでその場に居合わせ、「なんじゃ? ありゃぁ。。。」と思いつつ注目していたそうで。

そして、信号が変わり、走り始めたときはもうクタクタのヨレヨレで、なんと父は路肩に止めず、道のど真ん中に車を「置いた」らしく。

見るに見かねた彼は、両親の車に駆け寄り、路肩まで誘導してくれた上、ぱんだたちが到着するまで両親のそばにいてくれたのでした。
しかも、ご丁寧にJAFの手配までしてくれ、御礼がしたいからと名前や連絡先を聞いても、「いいえ、それはいいですから」とかたくなに、しかもやんわりとそれを拒否。


あのときの、あなた!!!


本当ーーーーーっに、ありがとうございました。

この場をお借りして、御礼申し上げます。 両親が事故らずに、取り乱すこともなくいられたのは、すべてあなたのおかげなのです。

お正月早々、とっても素敵な方に出合いました。 カッコ良いです!!!

人助けって、なかなかしたくてもできないことの方が多いですが、彼は何のためらいもなく、すんなりとやってのけてくれちゃったのでした。


世の中、まだまだ捨てたもんじゃありません!!!!


2012-01-01

2012年よ、日本を救いたまえ!

sky-t

皆さま、新年あけましておめでとうございます。

本年も、よろしくお願い申し上げます。
今年は、去年のダラダラぶりを猛烈反省し、頑張ってブログの更新に力を注ぎたいと思います!!!
一年の計は、元旦にあり。。。
。。。って、思いっきりプレッシャーかけてますが、なんとか有言実行したいものであります。


このお写真は、午前0時を過ぎたころのスカイ・ツリーと、「うんこビル(正月早々失礼っ)」として有名な、浅草のアサヒビール社を写したものです。
大晦日から元旦の午前1時までスカイツリーのイルミネーションが点灯するってんで、真夜中に「ニューイヤーズ宴会」で集まっていたみんなで見に行っちゃいました。(義妹のウチから車で5~10分圏内。このために、酒ををガマンして運転してくれた義妹のダンナちゃん。ありがとう!!!)

このイルミネーションは、クリスマスのときも点灯したらしく、その時はテレビのニュース番組で取り上げられていましたが、今回は地味にやっていたものと見え、集まって写真を撮っている人々も、初もうでのついで感がアリアリでしたね。フホホホ。。。

実は、麓のすぐ傍まで行ったのですが、デカすぎてイルミネーションがあまり美しくなかったのと、携帯のメモリ不足で写せなかったという大失態もあり、この写真でご勘弁のほどを。。。

このイルミネーションのデザインは、たしかコンペで選ばれたものだったと思います。
写真ではあまり見えないのが残念ですが、裾の方はなんともいえない微妙なパープル色をしており、「江戸むらさき」と呼んでいるそうです。あ、当たれ前ですが、海苔のつくだにの名前ではありませんよ。 色の名前だそうです。。。。 カッコ良いじゃないですかーっっ。


しかし、想像以上にデカかったスカイ・ツリー。。。


高いところが大好きなぱんだ。。。ムムムムムム。。。早く上りてぇ。。。



プロフィール

naopan555

Author:naopan555
「ぱんだ」と申します。
東京・世田谷在住のカバン大好き女子!
ダンナと猫の3匹(?)暮らしです。

☆ 応援、ありがとうございます!励みになります!


人気ブログランキングへ

☆ ブログ分析のランキング投票です。こちらも励みになります!よろしくですーっっ!
blogram投票ボタン

☆ よろしければ、ポチしていって下さいませね! 後ほど、伺わせていただきます!
おきてがみ


☆ ようこそいらっしゃいました! ご訪問、ありがとうございます!



☆ 2009.7.24より、カウントスタートしまーす!

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
<今日のタロット>
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード