--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-06-27

映画 「ブラックスワン」

この映画、ずーっと観たくてしょうがなくて、先月の封切りとともに映画館へGO。


記事を先月中にアップする予定だったんですが、こんなにズレこんでしまい申し訳ありません。
なんというか。。。イマイチ、だったもんで。。。

なーんていうと、これから観たいと思っていた方に悪いので、ぱんだの期待度が高すぎたと言っておきましょう。

前評判は良かったし、主演のナタリー・ポートマンはアカデミー主演女優賞を獲得しているので、バレエに興味のない人たちを映画館へと向かわせることに成功したようですね。

バレエが大好きなぱんだなど、そりゃあぁぁぁぁもうもう、嬉しくてしかたがなかったわけです。

ですが、この映画はバレエに焦点を合わせているのではなく、一人の女性が壊れていく様を描いた心理ドラマが中心です。
なので、そう考えれば、取り立てて背景にバレエを持ってこなくてもいいんですが、そこはエンターティメントの凄いところ。
普段、バレリーナの日常など触れようもない位置にいる一般人には、「ええーっっ! ウソーっっ」とか、「そこまでするかーっっ」みたいな驚きがあり、新鮮に感じるのも確かですよね。
今までのバレエ映画では絶対に見せなかった謎の部分を公開してくれたような。。。
まー、そんな映画って無かったですもんねぇ。。

過去に、「フラッシュダンス」という映画がありましたが、ダンサーの日常を少しだけ描いていました。でも、主人公はストリートダンサーでしたし、「コーラスライン」ではダンスとは関係ない、プライベートな部分にスポットを当てていました。
「ブラックスワン」では、バレエ界という想像を超えた異質な世界を舞台に、バレエダンサーならではの苦悩と人間としての心の葛藤を描いています。これが、結構解りやすく説明してくれちゃっているのです。
。。。っていうか、解り易すすぎて、「おいおいおいっっっ」っとツッコミ入れたくなりましたけどね。フホホホホ。。。

でも、この映画は単なる娯楽作品ではありません。芸術作品に近いクォリティも持ち合わせています。
主演のナタリー・ポートマンの演技力たるや、ガッチリと心を鷲掴みにしてくれますし、彼女の役を別の女優がやったらどうかと考えても、全然ピンときませんから。
ダンスは幼少時代にも習っていたし、撮影の1年前からバレエのレッスンをしていたというから、ハリウッド女優たるもの、これくらいの準備なくして成り立たないものなんでしょうかねえ。
それでも、80パーセントは吹き替えだったというから、バレエという舞踊が身体的にいかに過酷で、幼少からの英才教育と特殊な才能が必要かが伺えるというもの。
もちろん、ナタりー演じるところのダンサーはプリマドンナ。"バレエ団の顔"ともいうべきトップ・スター役ですから、当たり前のことなんだけれども、せめて50パーセントくらいは吹き替えナシで頑張ってもらいたかったなぁぁぁぁ。。。だって、天文学的なギャラを取るわけだし。。。(wwwwwwwwww)


この映画のみどころとして、タイトルである黒鳥が踊るシーンがあります。
「白鳥の湖」は、全4幕で、黒鳥は3幕目に登場し、作品全体としても見せ場中の見せ場なのです。
通常、白鳥のオデットと、黒鳥のオディールは、あまりにもキャラクターが違うために別のダンサーが踊ったりしていますが、本当に上手なプリマはこの真逆の役を1人で演じきります。
特に、黒鳥・オディールは王子・ジークフリートとのグラン・パ・ドゥドゥで、25回転の連続スピンを踊らなければならず、観客はこの人間離れした卓越の技と美しさを期待して観ているといっても過言ではありません。
このスピンを、プリマによっては、シングルで回るかダブルで回るか両方を併せて回るかで、そのバレエ団の格の違いが見えてしまうというか。。。それだけ重要なキャラクターなので、これが成功すれば自分を売り出すのに絶好のチャンスとなるのも理解できるというもの。

この作品でも、核になるストーリーはまさにそれで、古いプリマが観客に飽きられて捨てられ、次のスターになるために「ブラックスワン」というモンスターに変貌できるかどうかがクライマックス。
若くて活きの良いライバルの出現や、元バレエダンサーの母親との確執など、お約束的な要素が絡んではきますが、要は己に自信が持てない「自分との戦い」がテーマなのです。

オデットなら踊れても、悪魔の化身である激しい女・オディールを踊るには、技術以上に演技を要求されるからです。演出家は、あくまでも1人で2役ができるスターを求めているとしたら、「私とはキャラが違うから、できませぇーーーーーんっっ」とは言ってられません。覚悟を決めて、やるっきゃないのです。

まー、自分を追い詰めるのも時には良いかもしれませんが、この主人公には逆効果だったようで、幻覚を見たり、自傷行為に走ったりと、良い事ナシの連続。
そりゃそうだよねー。自分の力は、自分自身が一番よく解っているわけで。。。キャパを遥かに超えた力を出すには、自分以外の”別の何か”にならなければ到底無理ってヤツですわーっっ。。。

そんな中で、舞台初日に主人公は、”別の何か”になってしまいます。あることがキッカケで。。。
うーむ。。。そこはネタバレなので書けませんが、なんとなく想像できると思いますけどぉ。(wwwwwwwwwwwww)


主人公が、白鳥から見事な黒鳥へと変身するシーンは、映画史上に残る名場面として後世に語られるかもしれません。
冗談抜きに、ザ・素晴らしい!!!!!

正直、このシーンを観るためだけに映画館へ行ってくださいませ。
本当、これだけのためでも十分にお金を出す価値がありますからっっっっ!!!

鳥の役なので、ナタリー・ポートマンの白い肌がゾワワワワーと、鳥肌が立つのですが、観ているこちらもゾワワワワワワワワワーーッッッッって感じ。あれは、マジでヤバい!!!!

いやー。

期待ハズレだったとか最初に切り出しておきながら、絶賛しちゃっていますが。。

要は、このシーンだけってこと。。。あ、それを言っちゃいけませんね。撤回、撤回。。。


監督は、ダーレン・アノロフスキー。よくぞ、こんないろんな意味で面白い映画、作ってくれました。
衣装も美術も素敵だったし、夢ごこちと恐怖の現実を彷徨わせてくれてありがとう。

演出家役のヴァンサン・カッセルと、捨てられた元プリマ役のウィノナ・ライダーは別の俳優でも遜色ありませんでしたが、母親役のバーバラ・ハーシーとライバルダンサー役のミラ・クニスは完璧でしたーっっ!!
特にミラは、第二のアンジェリーナ・ジョリーと云われているそうですが、顔だけじゃなく、演技もアンジーを彷彿とさせ、次世代に輝く大物女優としての貫禄がありました。

バレエファンの方、そうでない方、ナタリーの体当たり演技に酔いたい方。。。

ぱんだのように鼻息荒くではなく、軽い気持ちで観にいってくださいませーっ。(汗)


スポンサーサイト

2011-06-21

ミュージカル 「風を結んで」

いやー、先週の一週間は怒涛のごとくバタバタとしておりまして、アップが出来ずにズレ込みました。

我、愛すべきアーティスト、中川晃教くんが、4年ぶりに本格ミュージカルにご出演(主演)でございます。
。。。にもかかわらず、ぱんだはファンクラブにチケットを手配するのをすっかり忘れ、大慌てで別スジから手配。。。ザ・不覚!!!!(最近、ちょいとたるんでます、反省ですわー。。。)

まー、そんなこんなで。。。東京公演が終盤にかかってから観たのでたいした情報にもなりませんが、とりあえず感想など。。。



うーむ。むむむむ。

前回の「アン・パレ」ショックをまだ引きずっていたのかもしれませんが、あまり期待せずに出掛けたのです。。。。

が!!!

正直、凄く面白かったし、演目としても素晴らしかったですー。(っって、何だこの投げやりなワードはっっ)

今回は本格的なミュージカルなので、水を得た魚のごとく、アッキー節が大炸裂しておりました。まさに、本領発揮というところでしょうか。
コミカルな演技に加えて、相変わらずの熱唱ぶり。観ていて、実に気持ちが良かった!!


先ずは、ストーリーですが。。。

幕末を経て、「明治9年に起きた様々な歴史の中に生きるサムライたち」の生き様を描いています。
廃藩置県・廃刀令によって、腰に差していた「武士の魂」を手放さなくてはならなかった多くの武士階級者たち。
今さら、農夫にも商人にもなれないけれど、プライドだけは天下一品というサムライたちは、”世にも不思議な人たち”と成り果てるわけです。
そんな彼らには、武力しか信じる道がありません。「もう一度、サムライが一番エライ世の中」を取り戻すべく奔走するなか、旗本の長男坊である主人公が同じ道場の友人たたちとの友情や、様々な人たちとの出逢いにより自分の生きる道を見つけ出していきます。
それが、たとえ大道芸人(真剣を使ったパフォーマー)の道でも。。。。


これに、白虎隊の生き残りなどをサイド・ストーリーに加えて、舞台に重みを感じさせてくれます。
「生きる」ことがテーマの作品は多いですが、この作品は「真っ直ぐに生きる」ことなんですかね。。。
とにかく、アッキー演ずるところの主人公が、とにかく良い人。それがラストまでずーっとブレません。
一生懸命パフォーマンスの練習をして、舞台でお客さんを楽しませることに集中している姿は、実際のアッキーとカブって見えてしまいましたが、本人は「あまりにも真っ直ぐな人物過ぎて、どう演じようかと思案した」そうですが。。。フホホホホホ。。そういうところが、アッキーらしいですねー。

でも、ぱんだ的には「生きる」ことよりも、「人の繋がりや、絆」がテーマなのではないかと思いましたけど。

他に、「アン・パレ」で共演した藤岡正明さん、ぱんだのご贔屓・小西遼生くん、ヅカ出身の大和悠河さん、「女信長」で共演した山崎銀之丞さんなど、多彩な顔ぶれがご出演。
山崎さんは、「女信長」でもストーリー・テラーをされていたので、あの素晴らしくもぶっ飛んだ舞台を思い出してしまいました。再演してくれないかなーっっっ。メイサちゃん次第なのかしら?(wwwwwwwwww)


笑い・涙・チャンバラの三拍子に加え、友情・恋愛・女性の自立なんていうのもアリの舞台。

東京公演は終わってしまいましたが、これから名古屋と大阪で始まります。
よろしければ、梅雨の憂さ晴らしには最適な演目ですので、お出掛けになられてはいかがでしょうか。

幕が上がってから、いきなり初っ端でダンサーがビターン!!とすっ転んだり、小道具がぶっ壊れて、大事な場面で???な状態になったりと、東京でのアクシデントを全部乗り越えて、よりグレードアップした舞台になると思います。
リピーターが続出したというから、そんなアクシデントもサービスのひとつだったのかも知れませんが。。。


アッキー、今回はちゃーんと観ましたからねー。(涙)

梅雨のジメジメ時期ですが、頑張って乗り切ってくださーい! 


2011-06-10

<今日のカバン> VOL.90

9080

またまた、カバン様ネタが疎かになっていた感があり、このブログのブログランキングがカバン部門で登録していて良いものかどうか悩むところであります。

しかし、90個目ともなるとなかなか佳境に入ってきたとも思えます。フホホホ。。

このカバン様は、最近流行り(?)のネット通販サイト、「ZOZO TOWN」で購入しました。 検索してみると、それはそれは膨大な量のカバン様たちがゾロゾロ出てきて、ぱんだ的にはウハウハなんですが。。。
選べませんよねー!!! 
あれだけの数があるとさぁー。。。って、全部見た(吟味した)ってどんだけヒマなのよってことですわーっっ。(wwwwwwwww)

でも、その膨大なカバン様の中から、唯一ピンッ!とくるカバン様って、凄いと思いませんか?
今回のカバン様も、そんな愛すべき一品。

地はキャンバスで、持ち手は合皮です。 御覧の通り、縁取りにスカーフと同布のヒモがぐるぐるされちゃっていて、そこが気に入ったポイントなんですけど。。。
まー、トートなので丈夫なほうが良いだろうし、汚れでも洗えちゃいそうだし。。。

って、言い訳がましいですが、このカバン様は通勤用として便利ってことなのです。
肩がけできないのが、ちょいと難点ですが、オシャレ度はそこそこあるし、パンツでもワンピでも、両方GOOD。

色は、もっと濃い感じの「レンガ」っぽいタイプのものがありました。
中布も、同じスカーフが貼ってあればもっと良かったのですが、この値段だと無理のようでしたね。
でも、もしぱんだがこのカバン様の企画者だったら、中布スカーフは外せないと思うけどなぁ。。。絶対。。。


(サイズ) お値段は、確か5,800円くらいだったような気がします。ネットで検索して衝動買いをするには、ちようど良いお値段かと。。。フホホホ。。。





2011-06-04

劇団四季 「ジーザス・クライスト・スーパースター」 

初夏に突入ですねー。

いやー。。。ブログ更新がなかなかおぼつかずに、今日まできてしまいました。
暑くてジメジメした季節の到来に、時間の流れの速さを思い知らされるワケであります。

友人のご主人が、震災後より少し経ってから最近まで仕事で被災地へ赴任していたらしいのですが、仙台市内はエアコンがガンガン入っていて、繁華街のネオンもギラギラしていたとか。。。
これはやはり、「東北電力」と「東京電力」の電力供給の違いなんでしょうが、「東京の方が暗くて驚いた」というのは、なんとも感慨深いものであります。

この夏は。。。一体、どうなってしまうのでしょう、我らが愛する街、大都市・東京はっっっっ???
エアコン、使わせてもらえないなら扇風機よこせーっっっっ!!!!
この際、巨大なウチワでもいいからーっっ。(涙)

この国難時に、日本政府はナニをたわけたことをやっとるんでしょーか。。。まったく、情けないったらありゃしませんわーっっ。
「内閣不信任案」を決めるためのライブ国会中継、思わず釘付けで見入ってしまったぱんだ。。。疲れました。。。トホホホ。。


まー、そんなこんなの初夏の日々、皆様いかがお過ごしでしょうか? (。。って、やっと本題かいっっ)


今日は、最近観に行った劇団四季の「ジーザス・クライスト・スーパースター」について少し。。。。


この演目、いつも「エルサレム・バージョン」と「ジャポネスク・バージョン」の両方をセットで公演しています。
もちろん、セットといっても同時というわけではなく、期間をズラしての公演というわけなんですが、今回は両方のバージョンのチケットをセットで購入すると「値段がお安くなります」という、ありがたい企画。
この演目の大ファンのぱんだとしては、待ってましたとばかりに、脱兎の如く飛びついてしまいました。フホホホホホホホ。。。

この演目は、ロイド・ウェーバーとティム・ライスが若かりし頃に作った作品で、「大好き」という方と、「そうでもない」という方がパックリと分かれる、カルト・ロックミュージカルです。
まー、ぱんだなど、「大好き」派を代表したいくらいのマニアなわけなんですが、もちろん、単にロックだから好きというわけではありません。
この作品が持っている魅力と底なしのパワーは、もうもうもう、一言では語れません。
特に劇団四季版のこの演目は、浅利慶太氏の演出の素晴らしさが観客を引きつけて離さないからです。

その意味でも、ここでは「ジャポネスク・バージョン」について語りたいと思います。

以前、もうもう、ずーっと昔に、あの山口祐一郎大先生がジーザス役でご出演のおり、ぱんだはこの作品と出逢いました。
もちろん、映画版は観ていましたし、オリジナル・ロンドンキャストの舞台版CD(なんと、ジーザス役は、ディープパープルの黄金期ボーカリスト、イアン・ギラン!!!!)も持っていましたが、やはり国内で観る生の舞台となると、この劇団に頼らざるをないわけでして。。。(wwwwwwwwwww)
そのときの衝撃たるや、ガツンとかドカンとか、そんな生ぬるいもんじゃありません。
ドゥベバコーーーーーン!!!!って感じでしょうかぁ。。。

ストーリーは、キリスト(ジーザス)が十字架に磔刑となる最後の7日間を、彼を裏切るユダを中心に描かれています。

何故、彼は死ななければならなかったのか。 彼は自分の死に様を、どのように感じていたのか。。。

ここでは、彼の「死」が語られ、物語はそこへ向かってひた走ります。
ジーザスが救世主として生きた3年間に思いを馳せながら、観客はその末路をまざまざと見せられるのです。
以前、ある牧師さんが神学校の生徒たちに、「聖書を読むより、この作品を観た方が解りやすい」と言ったとか、言わないとか。。。

キリスト教徒が比較的少ないといわれている日本人には、この演目を観ても身近には感じられず、いまいちピンとこないのですが、それでもこれだけ感動し、作品の持つ強烈な世界観に引き込まれてしまうというのは、身近ではないがゆえのことなのかもしれません。
ピンとはこないけれども、知識として頭に入っているものなので、ストーリーとしての「面白さ」みたいなものがダイレクトに感じられるのでしょうか。
だって、ジーザスがピラトに命じられて39回もムチで打たれる場面など、バリバリの信者だったら辛くて観ていられないのでは?

ところで、この「ジャポネスクバージョン」ですが、昔は「江戸バージョン」って言ってたような気がするのは、ぱんだだけでしょうか?
要は、「江戸」イコール「歌舞伎」というような、そんな図式なんてしょうけど。。。
このバージョンでは、全役者たちが顔に歌舞伎メイクを施し、大道具としての「大八車」を縦横に動かし、舞台を進行させていく「白子」たちがいます。
このあたりが従来の「エルサレム・バージョン」と違うところでしょうか。
もちろん、細かい構成やダンスの振り付け、衣装などにも違いがありますが、一番の違いは音楽伴奏に日本独特の楽器を用いているところ。ピィヒャーーーーッという笛の音や、三味線、和太鼓などがイイ感じにマッチして、ロイド・ウェーバーの初期傑作の楽曲たちに「日本」っぽさを醸し出させています。

20年ほど前、イギリス・ロンドンで開催された「ジャパン・フェスティバル」にこのバージョンを持っていった劇団四季は、「炭鉱の町へ、石炭を売りにくるようなものだ」と揶揄され、ある意味バカにされちゃっていた前評判を、上演によって大いに覆すという快挙を成し遂げました。
その後、浅利氏が「石炭は石炭でも、最高級の石炭を持ってきた」とコメントしたときは、同じ日本人としてやった!!!!という思いがして、心がスカッとしたものです。

ぱんだは、ロンドン公演を大成功に終わらせた彼らの、帰国凱旋公演を観に行きました。
そのときのパンフレットには、ロンドンでの評判やらメディアへの取り上げられ方などが所狭しと掲載されており、現在でも当時の記事が紹介されています。
今ではお宝となったパンフレットですが、ぱんだは目を凝らしながら、全ページを隅々まで、時間をかけて読みふけったのを思い出します。

ロンドン公演で大抜擢されたヘロデ王役の下村さん。
劇団四季を退団されたのだと思っていましたが、今回の配役に入っていましたねー。もうもうもう、ただただ感激でした。
あなたのヘロデ王は、ピッカピカに輝いていましたよね。当時のまま、そのまんまでした!!!!
ロンドン公演でも、「主役を完全に食っていた」と評価されたほどの大喝采を浴びたヘロデ王が、そのまんまのお姿で登場するなんて、本当に考えられないことです。
当時は、役者たちが各々のビッグ・ナンバーを歌ったら、必ず拍手が沸き起こっていたのに、ここ最近ではそれがなくなり、静かに舞台が進行していく傾向にありましたが、下村さんの「ヘロデ王」だけは、リピーター率が多い観客たちも解っているとみえて、ブラボーのかけ声とともに拍手喝采の嵐!!!!!
サスガです、下村さん!!!!!
ジーザスの「ゲッセマネの園」でも、マグダラのマリアの「私はイエスがわからない」でも、ユダの「スーパースター」でも拍手が起こらなかったのに。。。凄いです。。。(涙)
山口ジーザスの頃は、劇場が「青山」だったり「日生」だったりしていましたから、楽曲ごとに沸き起こる大歓声と拍手があたりまえでしたが、自由劇場のキャパだと拍手しずらいところではあります。
それでも、おもわず拍手をしてしまう下村さんの「ヘロデ王」は、完璧と思えるほどの美しさと力強さがあり、いつでも安心して観ていられるという満足度100%のパフォーマンスなのです。 
それならば、山口さんのジーザスも、もう一度だけで良いので観てみたいなぁ。 無理なのは、百も承知だけど。。。
あの伝説化されたロンドン公演が忘れられない劇団四季は、今だにパンフレットや会報誌に掲載しているわけで。。。
そんなに過去の栄光が忘れられないなら、いろいろな垣根を越えて実現させてくれないものでしょうか。
どんなに観たくても、観ることのできない現在の若いミュージカル・ファンのためにも、山口ジーザスの復活は期待しちゃうところです。
それから、ロンドン公演のメンバーでもあった光枝明彦さんのピラトも、もう一度観たいなぁ。。。ぱんだは「ピラトの夢」という楽曲が好きなので、彼のディナーショーで聴けたときには感動しましたわーっっ。
個人的なディナーショーで、今だに歌ってくれるということは、きっと光枝さんもこの演目が大好きで、ジーザスに「死の宣告」をするピラトが切々と歌う、この美しくも哀しい旋律の楽曲が気に入っておられるのでしょうねぇぇ。。

長文になってしまいました。
もっともっと書きたいのですが、ここらでやめておきましょう。

7月に、「エルサレム・バージョン」の追加公演がありますので、この演目を観たことのないという方、是非お運びくださいませ。
正直、古い演目(古典ですね)なのですが、そのあたりの遜色はまったくありません。

あの有名な「最後の晩餐」の後、キリストが弟子たちとどんなやり取りをしたか。。。
ピラトの下した磔は、はたして正しかったのか?


躍動感溢れるロックのリズムと、心打つ美しいメロディーの楽曲たちが、劇場でお待ちしています。




プロフィール

naopan555

Author:naopan555
「ぱんだ」と申します。
東京・世田谷在住のカバン大好き女子!
ダンナと猫の3匹(?)暮らしです。

☆ 応援、ありがとうございます!励みになります!


人気ブログランキングへ

☆ ブログ分析のランキング投票です。こちらも励みになります!よろしくですーっっ!
blogram投票ボタン

☆ よろしければ、ポチしていって下さいませね! 後ほど、伺わせていただきます!
おきてがみ


☆ ようこそいらっしゃいました! ご訪問、ありがとうございます!



☆ 2009.7.24より、カウントスタートしまーす!

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
<今日のタロット>
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。