2011-05-08

不思議舞台 「アンダーグラウンド・パレード」

この演目は、4月にたった7公演だけ上演されました。

ぱんだが観に行ったのは、そうとは知らずに手配していた初日の公演。 なんか、ラッキー!(引き出しの中にしまったままずーっと忘れていた2000円札を見つけたときのような気分。。。かな?)

まー、この舞台、前評判では「今まで観たことのないステージ」というもの。
そう云うからには前代未聞ということなんでしょうが、そんな、大袈裟な~っっなんて思いながら会場入り。
なんせ、会場が「シアター・クリエ」ってところが、「いかにもっっ」って感じじゃないですか。(wwwwwwww)
(最近では「クリエ祭り」なる演目を興行しているのを見て、思わず目が点に。。。)

今回はぱんだのご贔屓、中川晃教くんがご出演されるとのこと。
いつものレビューかなと思いつつ、それだけの興味で出掛けてみましたが。。。


こここっっっ。。。

これが、本当に前代未聞のステージだったのですわーっっっっっ!!!!!


何が、前代未聞かというと。。。

本来、バック・ダンサーとして主役たちを盛り上げるべく人たちが、メインの主演シンガーたちを完全に食ってましたわーっっっっ!!!!

キャーっっっ。こんなことってアリですかぁーーーーっっっ???


ごめん、アッキー。。。(汗)

今回は、ぱんだはあなたの大ファンであるにもかかわらず、あなたのためにチケットを買ったにもかかわらず、あなたの歌声を何よりも心の癒しとしているにもかかわらず。。。

あなたのことを、全然観ていませんでしたーーーーーっっっ!!(衝撃発言ーーーーっっっ!!!)

。。っていうか、観れませんでした。
ダンサーたちの、超ド級のウルトラ・パフォーマンスに、完全にノック・アウト状態でしたからーっっ。

しかも、このダンサーさんたちは、演技もするし、歌も歌います。。。これが、結構上手かったりするし。。。

この演目は、4人のシンガーと、5人のダンサーという、たった9人のアーティストたちで構成しており、この突出した9人がそれぞれの個性を出し切って、お互いの才能をぶつけ合い、補いあいながら最高のステージングを繰り広げるというもの。
なので、ダンサーたちは決してバックダンサーなどではなく、主役の一人といっても過言ではないんですけどね。

ダンサーがメインの演目は、初めから「それ」として成立していて、「ダンスを観に行く」という意識があります。ミュージカルでも、歌よりもダンスがメインのものもありますし、両方が際立っているものもあります。

でも、この演目は。。。
なんというか。。。
4人のシンガーたちが演じる役どころを説明する上で、物語を補佐をするためのものなんですが、補佐というよりは捕食になっていました。(wwwwwwww)


うーむ。。。彼らのダンス技術が、とんでもなく素晴らしいとしか云いようがありません。
なので、ぱんだ的には、この演目が成功なのかどうなのかは分かりません。


4人のシンガーたちは、中川晃教くん(地下鉄でミュージシャンをしている悩み多き青年)、彩吹真央さん(旅先で死んだ恋人の面影から抜け出せないでいる女性カメラマン)、藤岡正明さん(表の世界で勝負する勇気がないギタリストの青年)、岡千絵さん(奇抜すぎて世間に受け入れられない洋服ばかり作るデザイナー)。

この4人の出逢い、それぞれの物語が、地下鉄の構内を舞台に楽しく、哀しく、語られていきます。
ニューヨークの最下層地区が設定されているあたり、ちょいと「RENT」を彷彿とさせますが、この作品のテーマは「過去の自分からの脱却」です。
「RENT」は、都会に棲む若者たちの孤独や、AIDSに対する恐怖などがテーマでしたから感情移入がし易かったのですが、この4人は、あくまでも自分自身との戦いをしているわけで、観客としては「ふーん、頑張れー」としか気持ちの持って行きようがありません。

それもあって、シンガーよりもダンサーの方が目立っちゃったのかもしれませんが。。。フホホホホ。。。


5人のダンサーたちは、

原田薫さん、YOSHIEさん、港ゆりかさん、大貫勇輔さん、佐藤洋介さん。
アメリカン・ダンス・アイドルの決勝戦クラスのパフォーマーだと思いますわーっっ。 もうもう、拍手しかありません。。。

それぞれ、バレエやヒップホップ、コンテンポラリーと出身や専門は違うのですが、5人の個性が、一見、何の関係もないと思われる13のエピソードをひとつにまとめていく。。。これは、本当に素晴らしかった!

それから、都会の片隅を表現したり、アラブの国を彷彿とさせたり、ジャズやヒップポップ、ブロードウェイまでを網羅した音楽も秀逸でした。
てっきり、テープを流しているのかと思いきや、裏でしっかり生演奏をされていたのですねーっっっ。


最後、初日の舞台挨拶というのがありました。

これが、長かったーっっっ。
アッキー、いつものように即興で歌ってくれてありがとう。
出演者全員が意気込みなどを熱く語り、「初日の面白さ」を実感しました。
演出の小林香さんは、客席の最後列にいらしたのを呼び出され、この演目がいかに「普通ではない」かをお話しされていました。
そして、稽古に入ったばかりの2日目に大震災に見舞われたこと、その後、スタッフやキャストたちに自宅待機をして貰いながら、この舞台を演る意味を考えたこと、稽古を再開させ、舞台の幕を開けを決意したことなど。。。
様々な葛藤があり、悩みぬいて、この感動を伝えてくれるべく尽力されたんだと思い、熱いものが込み上げました。


確かに、前代未聞の、素晴らしいステージでした。


ぱんだたちに、この空間を提供してくださり、感謝です!!!

もし、再演があるなら、もっとアッキーを観て帰ります。。。。

スポンサーサイト

2011-05-07

音楽劇 「探偵-哀しきチェイサー」

最近、観に行った舞台の中で、この「探偵-哀しきチェイサー」はちょいと変り種でした。

場所は、新宿のサザンシアターですが、公演そのものはもう終了しております。


なんせ、この舞台。。。


主演が、あのジュリーこと沢田研二さんですよ!!!!


もうもうもう、思いっきり昭和の女であるところのぱんだは、ジュリーと聞いただけで「おおおっっ!!」という反応をしてしまいます。(wwwwwwwww)

実は、ぱんだが小学生のころから「ザ・タイガース」のボーカリストとして活躍していたジュリーは、大人の男性の代名詞的存在で、アイドルというには少し違う位置にいました。
ぱんだたちのころのアイドルといえは、郷ひろみさん、西城秀樹さん、野口五郎さんの新・御三家が全盛期を向かえており、ジュリーはもうひとつ上の世代の方たちのアイドルだったように思います。
中学生になってからのぱんだは、洋楽にはまってROCK少女となり、日本の歌謡曲からは遠ざかりましたが、それでもピンク・レディーの「UFO」だけはオールで踊れたほど、身近には感じていましたし、もちろん、ジュリーのソロ活動も頂点に達し、素晴らしい楽曲と彼のパフォーマンスのカッコ良さには注目していました。

そんな日々から数年後、同じROCK少女の友人から思わぬ告白をされました。それはなんと、「実は、ジュリーのファンだった」というもの。

えええええええーーーーーーーっっっっっ!!!!????(ブルータス、オマエもかっっ)

彼女は、ご幼少のみぎりから洋楽しか聴いて育っていず、てっきり「歌謡曲音痴」だと思っていたのに。。。
そこで、早速ぱんだと友人はジュリーの「武道館コンサート」へ出掛け、席が遠くてマメつぶにしか見えないジュりーに大興奮したのを憶えています。
「勝手にしやがれ」では、スタンドのファン全員が、両手を前方やや顔より上にかざして、「ア~ア~、ア~ア、アアア~」と一緒に歌いながらユラユラさせているのを見て、一瞬は「うっっ」と思いつつ、戸惑いながらもついには勢いで参加してしまうという暴挙(?)に及び、これがジュリー・パワーかと恐れ入ったわけであります。

それから、どれくらい後のことかは記憶にありませんが、ジュリーが篠井英介さんと共演した「ガラ」というお芝居を、今はなき東京グローブ座へ観にいったのですが。。。。
ジュリーの役は、シュール・リアリズムの巨匠・サルバトーレ・ダリ。
グローブ座は、ステージから観客席が超近いので、武道館でマメつぶにしか見えなかったジュリーが、こここここっっっこんなに近くにっっっっ!!!!
ちょいと不思議な感覚に陥ったのを、昨日のことのように思い出します。


それから、またまた歳月が流れ、今回の舞台で3回目の生・ジュリーを拝めました。

前置きが長くなりましたが、思い出バナシにお付き合いいただき、恐縮です。フホホホ。。。


この音楽劇は、阿久悠さん作詞・大野克夫さん作曲の「探偵-哀しきチェイサー」というジュリー歌唱の楽曲をモチーフに、演出家のマキノノゾミさんが書き下ろした台本で、音楽をcobaさん、振り付けを南流石さんという布陣です。。。。なんか、これだけ聞いただけでも面白そうじゃありませんか。

もちろん、探偵役には我らがジュリー。
近年、ちょいと体重が増加されてしまった感は否めませんでしたが、舞台に登場したジュリーは、そんなことは関係ありませんっっっと言わんばかりのカッコ良さ。
隣の席に座っていた2人連れのご婦人方が、「やっぱり、ジュリーはスーパー・スターだね」という会話をしておられました!!! 本当、その通りでございますぅぅーーっっ!!!!

歌も、昔より上手くなっているのでは? と、ぱんだは決め付けます。はい。
演技も、昔より上手くなっているのでは? と、ぱんだはまたまた決め付けます。はい。
踊りは。。。良くわかりません。。。はい。。

まー、ストーリーは、ことさら複雑というわけでもありませんが、とりあえずハード・ボイルド系のサスペンスものなのです。
舞台は神戸のあるショット・バーから始まりますが、ジュリーはここの看板バーテン。このバーテン、昔は刑事で、その後に探偵になったものの、あまりにも人間のダークな部分を見過ぎたので、今では探偵の仕事をあまり引き受けていないという設定です。
そこへ、ある事件について美しい依頼主が現れ、恋愛などもからめながら事件の真相を暴いていきます。
神戸の港町や、バーの雰囲気がとっても素敵で、そこへ集まる人々の関西弁がアンバランスでGOOD。
コメディ的な要素も随所に入れ込んでいるのですが、関西弁ならではのツッコミ感覚で、かなり楽しさめます。

うーむ。。

良くも悪くも、ジュリー次第というこの舞台、ぱんだは贔屓目も含めてとっても良かったと思うんですけど。
元々、2009年に大阪で上演され、大好評を博しての再演ですからーっっ。

もし、また東京で上演されることがあったら、是非お立ち寄りくださいませ。特にジュリー・ファンの方々。必見です!!!

オマケのお土産で、ジュリーが「東日本大震災」のために作ったというリストバンドをいただきました。
そこには、メモ紙がくっついていて、

「 ”PRAY FOR JAPAN” 東日本災害の被災者の方々のもとに平穏な日々が戻ることを念じつつ、リストバンドをつくりました。 少しでも多くの人たちの祈りが届きますように。。。 平成23年4月 沢田研二 」

と書かれていて、もったいなさのあまり、リストバンドを装着するどころか、このメモ紙そのものがお宝となりました。
もちろん、ワープロで打たれている字なのですが、どっぷりと「ザ・昭和の女」のぱんだには、「スーパー・スターからお土産貰った」のが嬉しくてたまらないのでした。

フホホホホホホホ。。。


ジュリー、最高!!!!!


2011-05-06

「今日のカバン」 VOL.89

9888

今回のカバン様は、去年、爆発的ヒットをして売り切れ御免となった「アニエス・ベー」のかごバッグです。
写真のカバン様は、今年のバージョンで、去年より微妙にリニューアルされています。

去年、滑り止めの間一髪で黒地に「ベー(文字)」バージョンを手に入れたぱんだは、今年は早めに動きました。
どーしても、ロゴ・キャラであるトカゲ・バージョンが欲しかったからですわーっっ。(汗)

去年と違うところは、縁取りのスパンコールがないことと、トカゲにピーズが加わったことで、より一層ゴージャスな仕上がりになったこと。
でも、縁取りのスパンコールを残しているパターンもあります。
今年モノは、去年より種類が豊富で、本当に悩ましい限りなのですが、とりあえず「ベージュ地・黒トカゲ」のカバン様をお持ち帰りしました。
このパターンは、「赤地・銀トカゲ」、「黒地・黒トカゲ」の3パターンでした。
その他、中布が花柄で、ロゴである「b.」のものや、スパンコールと地がボーダーとなっているものもありました。今の時期が、一番お店に出ていると思われますので、興味のある方は、速攻でお店へGO!!!

rogo

去年は、全身をスパンコールで覆っていましたが、今年はビーズが加わり、美しさが倍増です。。。

チャームですが、これは別売りですのでご注意くださいませね。

rogo2

こちらも、スパンコールを施されていますが、素材は布にビニール・コーティングがしてあります。
「b.」の裏側にも、刺繍で「b.」の文字がっっっ!!!(wwwwwwwwww)


去年の「バカ売れ・品切れ」で手に入れることができなかった方々が、2~3個の大人買いをしていかれるそうです。その気持ち、解るわーーーーーっっっ。フホホホホ。。。
ぱんだが購入した場所は、「丸井」新宿店の2Fバッグ売り場です。ここの店員さん、とっても優しくて、好感が持てましたわーっっ。店員さんの良し悪しで、ついつい2個以上買ってしまうこともありますよね!


まー、そんなこんなで。。。。

とにかく、可愛いんですっっ。

丈夫なんですっっ。

なので、ヘビー・ユーズしちゃうんですっっっっ!!!



(48×25×25) 写真ではわかり難いですが、マチが25センチって凄いでしょ。 お値段ですが、チャームが4,000円、カバン様が14,800円でした。




プロフィール

naopan555

Author:naopan555
「ぱんだ」と申します。
東京・世田谷在住のカバン大好き女子!
ダンナと猫の3匹(?)暮らしです。

☆ 応援、ありがとうございます!励みになります!


人気ブログランキングへ

☆ ブログ分析のランキング投票です。こちらも励みになります!よろしくですーっっ!
blogram投票ボタン

☆ よろしければ、ポチしていって下さいませね! 後ほど、伺わせていただきます!
おきてがみ


☆ ようこそいらっしゃいました! ご訪問、ありがとうございます!



☆ 2009.7.24より、カウントスタートしまーす!

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
<今日のタロット>
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード