--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-04-29

祝! 「カバ好き」2周年!!

hana

祝!

。。というタイトルは、去年の1周年のときにつけたので今回もつけてみましたが、自粛ムードの日本ではあまり相応しくないような気もします。
でも、震災から1.5ヶ月で空港や道路、新幹線が復興したのには嬉しい驚きです。日本人として、「日本の底力」を目の当たりにしたようで、とても誇らしい思いがします。
ですが、まだまだ被災者の方々や自衛隊やボランティアの方々のご苦労が伺えますね。日に日に、震災の大きさが浮き彫りになり、大変な生活や作業を強いられているのを考えると、心が痛みます。
そんな中、今日のニュースで「戦場」と云われている福島原発での作業に、定年退職をされた「元技術者」の皆さんが立ち上がり、「あそこで作業をしているのは将来がある若い者たちだ。だから、今こそ、我々のような者が役に立ちに行くべきだ」というコメントを聞き。。。なんか、感動の涙が出ました。
事故後の原発での処理作業など、誰だって恐ろしいに決まっていますよね。なのに。。。本当に、本当に頭が下がります。。。


そんな日本の状況ではありますが。。。

とりあえず、「カバ好き」が無事に2周年を向かえ、3周年目に突入であります。

思えば、去年の暮れにギックリ腰を患ったあたりからブログ・スランプに陥ったりして、最近ではなかなかアップの回数を上げることができずいました。
それでも、このサイトを覗きに来てくださる方々、本当にありがとうございます!!!!

これからも、頑張ります!!!!

カバン様を愛しておられる方々、観劇ファンという方々、その他の方々、よろしければ、コメントなど書き逃げしていってくださいませね。

お待ちしておりますーっっっ。フホホホ。。。




スポンサーサイト

2011-04-25

ミュージカル 「アニー」

azusasan

最近、震災の自粛で舞台観劇のご無沙汰が続いておりましたが、「陰陽師」から怒涛のごとく観劇ムードになっておりまして。。。
中川晃教くんの「アン・パレ」やら、四季の「JCS・エルサレムバージョン」など、アップできていない記事がたくさんありますが、今日は先ほどまで劇場で観劇していたミュージカル「アニー」を、興奮冷めやらぬ状態のまま、ちょいレポしたいと思います。

。。と、いうのも、お写真の美女を見ていただきたいのでが。。。

この方は、舞台女優の今井あずささんです。
「アニー」では、5役以上をこなし、歌・踊り・芝居の三拍子を軽々とパフォーマンスしてくれています。(。。。といいつつ、彼女のおみ足はテーピングの嵐。。。連日のお疲れや、お稽古でのものでしょうか?)
今日は、彼女に手配していただいた超美席チケットで、いつもお世話になっているノエビアの販社社長と久々にご一緒しました。

このお写真は、終演後にぱんだたちが花束を抱えて楽屋へ押しかけたときに撮らせていただいちゃった1枚。まだ、舞台メイクのままですが、あずささん、サスガに艶やかですねーっっっっ。



さてさて。。。

フホホホ。。。。

肝心の、「アニー」なんですけどね。。。。


なんか、久しぶりに感動したーーーーーーっっっっ。


四季の「サウンド・オブ・ミュージック」のときのような、癒されパワーが炸裂です。
なんですかねー。。。たぶん、あんなにちっちゃい子供が、頑張って歌って、一生懸命振り付けを覚えて。。。って、そういう部分で、泣けるのかなぁ。。。特別、子供好きってわけでもないのですが。。。
しかも、観客にもあれだけ子供さんがいて、ワサワサしてザワザワして落ち着かないコンディションの中でも、こんなに感動できるって、凄いことなんじゃないでしょうか。

何十年も変わらずに愛されている演目というのは、本当ーーーーーーーっっっっに、ハンパなく良くできた作品なのですね。今夜は、それが再確認できましたわーっっ。
普遍的なテーマ、解りやすいストーリーと構成、圧倒的な楽曲の良さ。。。
この作品では、もちろん「家族愛」がテーマになっていますが、「孤児」や「浮浪者」、または「いじめ」という側面も表現されています。
周囲の大人たちの思惑がそのドラマ性を際立たせ、シンデレラ・ストーリーに厚みを持たせているのでしょうが、ヒロインは全てを受け入れて生きており、単に両親を探し出したいという願望しかありません。そのあたりのギャップがちょいと引っかかるところではありますね。フホホホホ。。。

出演者の中では、ミス・ハニガン役の友近さんが秀逸でした。
歌も演技も上手かったーっっっ。ダンスも頑張ってましたし!!
あずささんも「彼女は、あちこちのお仕事で忙しくて大変なのに。。。」とのコメント。
舞台はこれが始めてということなのですが、立派なミュージカル女優の誕生に拍手です。
来年あたり、「レミゼ」の舞台で主役を食っちゃっている可能性大ですわーっっ。(汗)


ぱんだは、この作品については一般的な認識しかありませんでしたし、日本版を観たのは今回が初めてです。
映画版では、ぱんだの大好きなティム・カリーが悪役を演じていて、あの「ロッキー・ホラー・ショー」のティム様がっっっっ。。なっなんてトホホな展開にっっっっ。。。という、残念な印象しか残っていず。。。
そういえば、映画版が日本でロードショー公開されたときは、スタローンの「ランボー」も一緒に封切られ、映画館をハシゴして観た思い出が蘇ります。(wwwwwwww)


5月8まで、青山劇場で上演中です。
ゴールデン・ウィークに、お子様とご一緒にいかがですか?

子供たちの熱演に加え、賢い犬のサンディーが劇場で待っていますよ! この仔が本当に素晴らしいワンちゃんで、あのメガトン・ナンバー「トゥモロー」を一緒に熱唱(?)してくれます!



2011-04-15

舞台 「陰陽師」

昨日は、久しぶりに舞台見物に行ってきました。

ロック・ミュージカル「陰陽師」。場所は、新国立劇場の中劇場です。


うーむ。。。

「陰陽師」というからには、先ず「安倍清明」じゃありませんか?

どっこい、この演目は清明とは時代も背景も違います。
なんと、平安時代をすっ飛ばして、鎌倉時代に突入寸前の、源平合戦あたりが舞台。
時の絶大的権力者・平清盛に対し、ボッと出の若造・源義経が武蔵坊弁慶らと戦いを挑むっていうストーリー。
まー、歴女のぱんだに言わせれば、突っ込みどころが満載過ぎて苦笑いしか出てこないんですが、歴史よりも、ここでは「陰陽師」たちの活躍が主題なのでそれほど気になりませんでした。

水無月(長男)・如月(次男)・皐月(三男)
という、陰陽師として修行中の仲良し兄弟の物語なのです。
この三人が、平家・源氏・冥界とバラバラになって関わっていき、それぞれの立場と兄弟愛の狭間で揺れ動いていくという。。。なんつーか、そんなお話でしたわーっっ。。(wwwwwwwwww)

この手の「時代劇」エンターテイメントは、古さと新しさを兼ね備えた「完璧」なセリフ回しが必至だと思うのですが、この演目ではそれが十分楽しめました。
これに衣装・美術・音楽・ダンス・殺陣が揃っていれば最高なのですが、そのあたりもなかなかのものでした。
正直、ナンの前評判も知識も知らずに観にいったので、期待はしていませんでしたが。。。フホホホ。。

雅やかな世界観をブチ壊すかのごとく、ロックのリズムが流れてはいましたが、楽曲そのものは(一部を除いて)ロックでもなんでもありませんでした。まー、よくありがちですね。
でも、主演の泉水洋平くんのボーカル力の凄さを目の当たりにできて、感動しましたーっ。。。
この演目を観て、ミュージカル界には、超実力派のイケメン男子がワンサカいることを教えていただきました。

他に、IZAMさんや紫吹淳さんなど盛りだくさんな顔ぶれでしたが、イケメンたちの解説がしたかったです。もっと勉強して出直しですわー。

ぱんだがご贔屓している中川晃教くんも、うかうかしてられないっすねー!!!

2011-04-06

<今日のカバン> VOL.88

3333

震災からはやいもので、もうすぐ1ヶ月ですね。
本当に早いものです。。。この3月はあまりにも凄い1ヶ月だったので、とても長く感じました。
そして、とうとう4月に入り、桜を楽しむ季節になりました。

今回のカバン様は、そんな季節に全くナンの関係もない、ブリティッシュ・テイスト。

いやー。
このカバン様、見てのとおりのビニール嬢。 コットン素材の上からコーティングしてあるので、ちょいと重いのがたまにキズ。。。
まー、プールだの海だの、夏のレジャーで活躍してくれそうなんですが、ぱんだは(哀しいかな)オバサンなのでタウン用です。あ、たまにエアロビに連れて行ったりしますが。。。
最近でこそ、イギリス国旗である「ユニオン・ジャック」柄が流行っていますが、このカバン様をお持ち帰りしたのは何年も前のハナシです。なので、買った当時は派手すぎて道行く人々からジロジロ見られてしまい、その日のうちに納戸へ直行&封印の憂き目に。。。
フホホホホ。。。(ショップで接客を受けているときの自分と、帰宅して我に返った後の自分では、あきらかにテンションが違います。。。って、我ながら情けないっっっ!!!

購入場所は、玉川高島屋1Fの「マリー・クワント」。カジュアルブランドの「マリー・クワント・ロンドン」です。
よーく見ると、ユニオン・ジャックの柄が縫い目の部分でズレてしまっていて、縫製技術の甘さが目立ちます。その辺り、ちゃんとしておいて欲しいところですが、そのアバウティーなズレ感が、「オシャレ」という方もおられるのでしょうねー。


(サイズ) かなり昔に購入したので、正直、お値段わかりません。。。たぶん、16,800円くらいだと。。。

プロフィール

naopan555

Author:naopan555
「ぱんだ」と申します。
東京・世田谷在住のカバン大好き女子!
ダンナと猫の3匹(?)暮らしです。

☆ 応援、ありがとうございます!励みになります!


人気ブログランキングへ

☆ ブログ分析のランキング投票です。こちらも励みになります!よろしくですーっっ!
blogram投票ボタン

☆ よろしければ、ポチしていって下さいませね! 後ほど、伺わせていただきます!
おきてがみ


☆ ようこそいらっしゃいました! ご訪問、ありがとうございます!



☆ 2009.7.24より、カウントスタートしまーす!

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
<今日のタロット>
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。