2010-12-31

2010年よ、ありがとう!

今年も、今日で終わってしまいます。

ザ・速すぎる!!!!


。。。本当、なんなんでしょうねー。坂道を転がり落ちるかのごとく、一年が過ぎて行きました。
特に、ぱんだにとって、この一年はいろいろ感慨深いものとなりました。
「いつもと違う一年」だった割に、こんなにも速く感じられるのは毎年と一緒。。。
このご時世、来年はどうなっていくのか、自分はどうしたいのか、不安と期待で一杯です。

なーんて。。。


皆様ーーーーーっっっ。フホホホホーーーっっっ。

今年一年、「カバ好き」をご愛顧くださいまして、本当にありがとうございました。
カバン様ネタを楽しみにして下さる方、観劇ネタを楽しみにして下さる方、それ以外の方。。。
心から感謝ですわーっっっっっ(涙) 


来年も、頑張りますので、どうかどうかどうか、お見捨てなきよう、宜しくお願い申し上げます。


御身体をご自愛くださいませね。(しつこいようですが、ぎっくり腰には要注意です!!!) 

良いお年をお迎えください。 
スポンサーサイト

2010-12-30

中川晃教 「The WIZ」コンサート

今年も終わりですね。
ぎっくり腰がいまだに痛む今日この頃。。。
クリスマス・イブに行った中川晃教くんのコンサートのレポ、ずーっっとアップできずにおります。来年へ延ばすくらいなら、なんとか今年中に。。。

。。。というわけで、少しだけ。


このコンサート、実はとっても貴重なものとなりました。

場所は「HAKUJU HALL」です。去年も何回か使用した会場ですが、なんせキャパが狭い。
さらに、クリスマスということもあり、イブの夜に彼の生歌を聴きたい!!!っというぱんだのようなファンが沢山申し込んだらしく、チケットの購入が抽選ということに。。。
運よく、ぱんだは当選しましたが、常連サマの中にも選に漏れた方が大勢いたとか。。。
その割には、かなりの枚数を関係者招待に回したり、カメラを設置する場所がないから(?)最後列がまるごと空席になっていたり。。。ちょっと疑問に感じちゃいましたわーっっ。。。(????)

。。。まー、愚痴はこのへんで。。。え? 当選したくせに文句を言うな? はい。その通りです。フホホホ。。(汗)


そして。

今回は、ミュージカル「WIZ」の楽曲をほぼまるごと演ってしまおうという初めての試み。
楽器はピアノだけで、MCもなく最初から最後までずーーーーーーっと「一人芝居」ならぬ「一人歌唱」。
その世界観を壊してはいけないということなんでしょうね。衣装も中性的なものを選んでいました。(どう見ても、ミッキー・マウスにしか。。。あ、すみませんっっ正直すぎる感想で)

この演目は、「オズの魔法使い」を黒人ミュージシャンだけで表現しようというもので、主人公・ドロシー役にはダイアナ・ロス、かかし男役にはマイケル・ジャクソンなど。。。ソウルサウンドに乗った楽しい作品ですが、子供向けというよりはモータウン・ファンの大人向け。
映画的は評判が良かったし、特にマイケル・ジャクソンはかなり高い評価だったそうですが、興行成績的には完全にコケたようで。。。まー、世の中、なかなか上手い具合にはいきませんねぇぇ。。。

以前から、コンサート内で「HOME」というメイン・ナンバーを歌っていた晃教くんですが、今回の試みはチャレンジだったと思います。
まだ、誰もやっていないジャンル、「一人ミュージカル」的なものを確立させ、自分のスタンダードな活躍のひとつとできたら嬉しいと言っていました。本当、素晴らしいです。是非是非、ガンガンやっちゃってくださいませ。

でも、問題はいろいろとあるようです。なんせ、大勢いる登場人物たちの楽曲を一人で演るというのは至難の業。
当然、女性のパーツも沢山あるはずだし。。。それに、観客へダイレクトに伝えるには、英語を日本語に訳さなければなりません。まー、英語でのほうが分かり易いという方もおられるでしょうが。。。。
今回は、全曲を英語で歌ってくれましたが、あまり得意ではないそうで、苦労のご様子がうかがえました。今年の5月、中国語で頑張った京劇挑戦には負けるでしょうけど。

まー、そんなこんなで。。。

晃教くん、今回も頑張りました。クリスマスのプレゼントとしては最高でした。ありがとう!!

本来は、今日渋谷でマイケル・ジャクソンのトリビュート・ライブがあり、彼も4曲歌うというのでチケット購入していましたが、ぎっくり腰が悪化して断念。
今年最後の晃教くんの雄姿を観ることかなわず。。。無念。。。!!(涙)

2010-12-19

奇跡のリンゴ、いただきました!

ご無沙汰しております。。。

いやー、ブログ・スランプの上に重ねて、相変わらずのぎっくり腰。。。
記事をなかなかアップできずに日々だけが過ぎ行き。。。うー。。。


そんな中、金曜日にノエビアのローズ・カフェにお邪魔してきました。
たまたま、身体のエステも予約していたので、ポカポカ温めながらマッサージして貰えればと思い、頑張って出掛けてみたところ。。。

巷で噂の「奇跡のリンゴ」と遭遇し、食するというラッキーなサプライズが!!!

ノエビアのローズ会員は、一応お得意様の中ではハイ・クラスということになっているようで、行けば必ずオイシイお菓子とコーヒーを出してくれます。
今回は、社長のお友達の並々ならない頑張り(執念の勝利か?)により、今では有名になりすぎて抽選でしか購入できないという奇跡のリンゴ様を出してくれました。(あ、別のお菓子もちゃんと出ました)
もちろん、皮付きでございますわよーっっ!!!!

「奇跡のリンゴ」という著書は、木村農園の木村秋則さんが出版された無農薬農業についてのご本なのです。
その他にも、たくさんの著書があるようですが、社長が3年前に読んだというこの本は、一番ポピュラーなもののようです。
リンゴという果実は、思いのほか育てるのが大変らしく、何度も農薬を空中散布しなければならないのが普通。
社長曰く、デパート等で販売している高価なリンゴでも、「散布9回」という表示が付いていたりするとか。。。
ぱんだなど、まったく能天気に近所のスーパーでリンゴを購入しておりましたので、それほど感心はありませんでした。
ですが、よくドラマなどでリンゴを木からもいで、そのままガブリと食べるシーンには、「ちょっと待てぇぇぇ!!!!」と感じておりました。
だって、リンゴって表面の皮がベタベタしていますよね。農薬無知なぱんだでさえ、ゴシゴシ洗って、包丁で綺麗に皮を取り除いてから食べていましたから。。。
ですが、木村さんのりんごは完全無農薬なので皮ごとガブリとやれるのです。皮と身の間に一番栄養素が含まれているといいますから、これは嬉しいじゃありませんか!!


そんな奇跡の食べ物を、「じゃあ、下さいな」と言っても買うことはできません。
青森に住んでいるという社長のお友達が、社長のために粘って粘って粘り倒して、これまた奇跡的に手に入れることができたというから、アンビリーバブル!!!!
。。。これぞ、「奇跡の輪」ですわー。(wwwwww) 社長、ありがとう。そして、社長のお友達。グレイト・ジョブ!!!!


さてさて、肝心のお味ですが。。。


うぉぉぉぉーーーーっっっ!!!!


よく、「懐かしい味」と表現する方がいますが、ぱんだ的には「ハッキリとしたキレのある味」でした。
蜜がまんべなく散らされていて、甘さの中にジュワっとしたスッパさも相まっていて、シャキシャキした食感にとても合うお味でしたわーっっ。ジュルルルル。。。
本当に、ご馳走様でした。


さて、ぎっくり腰ですが。

マッサージが功を奏したのか、かなり楽になりました。
腰って大事ですねー。今さらですが、痛感いたしました。

寒い日が続いております。皆さま、くれぐれもお気をつけ下さいませね。無理はしないように、そして身体をなるべく温めましょう。それと、デブ猫を持ち上げるときは。。。フホホホホ。。。。。


奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録
(2008/07)
石川 拓治

商品詳細を見る



2010-12-12

AAA at 武道館

しかし。。。

なんで師走の、クソ忙しい時期にギックリ腰になるかなぁぁぁーーー。。。
いやー。。参りました。うちのデブ猫をだっこしながらソファへ「ドッコイショ」と座ろうとしたところ、骨と骨の間がグニュゥとなった気がして、「あっ!!!いかんっっっ」と思ったのも束の間、案の定のギックリ状態へ突入であります。。。(バカバカバカーッッッッッ)

最近、事情があって体重を10キロほど落としたのですが、それに気をよくして食べちゃっていたところ、2キロほど体重が戻ってしまった矢先でした。少しくらいのリバウンドは想定内だったとしても、気を緩した途端にこのテイタラク。。。(ワンモア、バカバカバカバカーーーーッッッッッ)
まー、原因はいろいろと考えられるのですが、今は原因追求よりも快復のほうが大事。
整骨院へ行って治療してもらったのですが、なんとなく悪化したような気が。。。

どどど、どーしよーっっっっっ!!!!!(涙)


。。。というわけで。

12/1に姉に無理やり(?)誘われて行ってきた「AAA」のレポを少し。。

去年もアップしたのですが、このイベントはアミューズ主宰のエイズ基金を目的としたチャリティー・ショーなのです。
発起人は、地球ゴージャスの岸谷さんと寺脇さんのお二人。
今回は、ぱんだの大好きな中川晃教くんも(今夏「Xday」で共演したので)ご出演されるかな?という期待がありましたが、彼は「SAMURAI7」の公演で無理。
それならば、同じアミューズだし、「龍馬伝」でファンを増やした福山さんあたり、チラッと出てこないかな?という期待をしていましたが、ご出演ならず。。。
まー、そんな訳でかなりテンションが低いままショーを観ていたぱんだですが、トリで出演された「ポルノグラフィティ」のパフォーマンスにはガツンとやられてしまいましたわーっっっ。(wwwwwwww)

「皆さん、一緒にタオルを振ってくださーい!!!」

というメンバーの呼びかけに対し、うぉーーーーっっっっという歓声が地鳴りのようにとどろき。。。

武道館のアリーナ席・一階スタンド・二階スタンドが一丸となり、布切れのようなモノを一斉に振り回し始めました。
今どき、タオル振りなんて珍しくもないと言うなかれ!!!
ぱんだの席は一階スタンドの南東・真ん中あたりだったので、アリーナも一階も二階もよーーーーーーっっく見えたのです。なので、あの一体感が目前に迫ってきて。。。フホホホホホホホホ。。。。
もう、いけません。
それまで黙って観ていたぱんだと姉、突然同時に(DNAの為せるワザか?)布切れをブンブンと振り回す振り回す。。。
ぱんだなど、タオルハンカチではもの足りず、首に巻いてきたスカーフを振って振って振りまくれっっっ!!!!

。。。

まー、ストレス発散には最高です。。。

その後、出演者たちが一同に集まってのフィナーレ。彼らが揃って着ていたエイズ基金用に作成したTシャツが可愛かったので、ついついお持ち帰りしました。(ピンク地に、スニーカーの図柄でした)
サザンの桑田さんがデザインしたというTシャツも別販売していましたが、かなりキワドイ(エッチな)図柄だったので、購入する勇気のある人、ほとんどいなかったような。。。
最近、「RENT」を観たせいか、エイズに対してチャリティー参加の気持ちが高まっているぱんだです。


エイズよ、フレディ・マーキュリーを返せ!!!!


いまだに、この人だけはこの世に返して貰いたいと思っています。。。


このイベントの主旨は、故・フレディ・マーキュリーのようなケースではなく、ラオスやカンボジアなどの発展途上国に大勢いるエイズ・キャリアの子供たちのために病院を建てるというもの。
彼らは、ほとんどが親の出産時に感染しているのでどうにもこうにも防ぎようがありません。
岸谷さんが毎年現地を訪れて調査をしているようで、「問題は、エイズよりも貧困にある」とおっしゃっていました。確かに、壁だけで天井がない家に家族10人で住んでいたり。。。
そんな状態でいくら病院を建てたところで、診て貰うお金もなければ、そこまでたどりつく交通手段もないのです。それでは、まったく問題解決にはなりませんよね。むしろ、無理やり押し付けて建てた病院のために、彼らの気持ちを逆撫でしているような。。。

病院よりも、エイズにならないための教育とか、コンドームの配布の方が直接的だと思うのはぱんだだけでしょうか?
まー、そうは言っても、このチャリティー・ショーを開催する意味は十分ありますけど。。。

たぶん、黄色い歓声に嫌気を感じつつも、来年も参加させていただきますーっっ。

(フレディー!!!、カムバァーッッック!!!!(しつこっっ))

2010-12-08

<今日のカバン> VOL.84

955
9556

お久しぶりに、カバン様ですー。

このカバン様は、「レスポ」の愛称で親しまれているレスポール・サックの特別バージョンです。
よく、ハワイ・シリーズなどがネットで売り切れ続出なんて事態になっていたりましすが、こちらのカバン様は、当時流行していたテレビの連ドラのイメージに併せて作成されたもののようです。
残念ながら、なんというタイトルの連ドラだったか失念してしまいましたが、日本のドラマですわ。。。
ハワイ・シリーズは「ハワイ限定」ということで人気なのは理解できましたが、ドラマのイメージに併せてって。。。
一体、なんじゃ、そりはーっっっ!!??? by (くもじい)
(このフレーズを知っているという方、かなりの「テレ東好き」と見たっっ!!)



まー。。。。

要するに、とっても珍しいといいますか、貴重なる「レスポ様」というわけなんですわ。フホホ。 (ちょっと自慢。。。)

お持ち帰りしたのは、丸井ファミリー・溝の口店の、1Fカバン売り場のレスポコーナーです。
もちろん、一目惚れだったことは、言うまでもありません。
ナイロン素材が大好きですし、黒無地にピンクの薔薇。。。しかも、中側がまた美しいじゃありませんかーっっっ。(涙)
ふーむ。。。。ふむふむふむ。。。これって完璧じゃん???(うおーっっっ自画自賛の嵐!)

取っ手は牛革で、チェーンが二重に付いています。そして、シルバーの薔薇チャーム。。。さらに、有り得ないほどのポケットの多さ。ファスナーにもレスポの金属製チャームが付いてます。なので、ナイロン製の割にはちょいと重いところがタマにキズですが。。。
しかし、ぱんだが断然気に入ったのは、圧倒的な珍品感。これがタマラナイっっっ。。。ですぅぅぅ。。。フホホホホ。。。

かなり以前に購入したので、たぶんもう売っていないと思われますが、叶うならば、緒に売っていた小ぶりのコンビニお出掛け用プチ・トート様もゲットしたいです。


(48×30×13) お値段ですが、確か。。。34,800円くらいだったと思います。レスポの限定版にしては安いなと思った記憶があります。。。

2010-12-02

舞台 「SAMURAI7」

きゃーっっ。

もうもうもう、アッという間に12月です。
昨日は、12/1ということで、国際エイズ・デーでした。去年に引き続き、日本武道館で開催されたアミューズ主宰の「AAA」に行って来ましたが、今回は、相変わらずのブログ・スランプで延び延びとなっていた「SAMURAI7」の記事をアップします。

いやー。。。スランプって、一度なってしまうとなかなか抜け出せないものですねー。辛いです。。。
先月なんか、丸々1ヶ月かけて3つの記事しかアップできておりません。
非常にヤバイ状態が続いているわけですが、にもかかわらず、「カバ好き」を覗きにきて下さる方々が大勢様いらっしゃるということに、ひたすら感謝ですーーーーーっっっっっ!!!(涙)


と、いうことで。。。


場所は、青山劇場でした。12/5まで上演しています。
今回の公演は再演ということなので、初演は大成功だったということなんですよね。
ぱんだは、もちろん今回が初観です。大好きな中川晃教くんがご出演されているとと、なんと彼は今回が初の悪役。これは、なにが何でも行かねばなりませんねーっっっ。
。。。って、いつも行くくせにっってノリツッコミは置いといて。。。

この演目、「SAMURAI7」というタイトルからも分かるように、故・黒澤明監督の「7人の侍」をモチーフにしています。
アニメとして魅力的なキャラクターを創り上げ、舞台化したもののようですね。
目の付け所は良いと思いますが、なんせ原作はアニメ。
ストーリーはハチャメチャなSFとなっていますが、ちゃんと人間ドラマも盛りだくさんに仕込んであります。
ですが、アニメという二次元の環境では許されるセリフが、舞台といえども生身の人間がしゃべるととーーーってもヤバイくらいダサクなるという試練が待ち受けています。良い例が「ルーキーズ」。あれも、相当ヤバかったじゃないですかーっっっ。
まー、そう言いつつ観客は号泣させられてしまうんですけどね。。。それは、役者の上手さだったり、演出の巧さだったりするんでしょうけど。

今回の再演では、初演時から出演されている方が少なく、再演というよりはリニューアル版。
我らがアッキー、中川晃教くんは押しも押されもしない(?)特別出演様なのでございますよーっっっ。
当然、「歌える人には歌っていただきましょう」というわけで、彼はグルグル回転する高所セットの上で熱唱するハメになっちゃってました。。。お気の毒に。。。っていうか、大丈夫???

彼の役は「ウキョウ」という悪役ですが、俗に言う”悪党”ではありません。
ネタバレしてしまうので詳しくは語れませんが、彼もまた哀しい宿命を背負ったもう一人の主人公。
もちろん、メイン・キャラは7人の侍たちなんですが、強烈な存在感を放つ稀有なキャラクターであることは間違いありません。
相変わらず、妥協を一切しないで取り組んだと思われる「ウキョウ」は、ちょいと去年の「女信長」の明智光秀を彷彿とさせましたが、綺麗なロング金髪をなびかせて颯爽と演じる姿に、並みの舞台役者とは一線を画す「中川晃教、ここにアリ」と感じざるを得ません。。。フホホホ。。。贔屓目もありますけどぉーーー。。。(汗)


主演は、超美形で典型的なイケメンさんの三浦翔太くん。
今回が舞台初出演だそうで、とっても緊張されているご様子でした。
人を一度も斬ったことのない、若くて悩み多き侍の役で、そのまま彼の役者人生がリンクしているようなフレッシュさでした。様々な人たちや出来事の中で、本物の侍へと成長していくのですが。。。何故か主演という感じがしないのですわーっっ。もうちょっと出番が欲しいところでした。
(お詫びと訂正)
彼は、百恵&友和ご夫妻の次男坊ではないそうで。。。(汗汗汗っっっっ)
どーりで、1ミリも似ていないハズです。。。ごめんなさいですー。

準主役に、加藤雅也さん。
もうもうもう、メチャクチャ格好良いったらありゃしませんっっっ!!!!!
出演者の中で、一番の年長だったはずなのに。。。やはりあの渋さとセクシーさは年長であるがゆえの賜物なんでしょうか?
ぱんだは、彼の舞台を始めて観ましたが、もの凄い舞台オーラを発している方ですねーっっ。声も通りが良くて力強い。侍たちを束ねていくリーダー的な役柄でしたが、自身も「時代遅れの侍」を十分意識していて、若い世代たちとのギャップに立ち往生したり。。。でも、最後はオイシイところを全部持っていくという。。。まー、彼にはピッタリの役どころと言っておきましょう。

しかし。。。顔が小さいですっっっっっっ!!!!!!!一番背が高いのにっっっっっ!!!!

さすがに、元トップモデルさんだっただけのことはありますが、舞台であれだけ顔が小さいと、ちょっと貧相に見えてしまいますね。よく、舞台役者は顔が大きい方が良いなんていいますけど、本当にその通りなんだと痛感しました。

その他、AAAの西島くんとか、レイザーラモンHGさんとか。。。それぞれがドラマを持ち、泣かせる場面をサワヤカに演じていて、とっても好感が持てました。
西島くん、ぱんだが観に行ったときにNHK「紅白歌合戦」の出場が決定した日だったとかで、さんざん共演者にいじられまくっていましたが、彼の役はとってもクールな役なので、イメージが台無しになっちゃったなぁぁ。。
カテコで遊ぶのはときとして嬉しいサービスではあるけれども、舞台の余韻に浸っていたい場合には逆効果。
うーむ。。。ワガママですみません。。。


このメンバーで、また再・再演して欲しいです。
アニメも、読みたくなっちゃいました。ブック・オフ行かなくちゃーっっ。



プロフィール

Author:naopan555
「ぱんだ」と申します。
東京・世田谷在住のカバン大好き女子!
ダンナと猫の3匹(?)暮らしです。

☆ 応援、ありがとうございます!励みになります!


人気ブログランキングへ

☆ ブログ分析のランキング投票です。こちらも励みになります!よろしくですーっっ!
blogram投票ボタン

☆ よろしければ、ポチしていって下さいませね! 後ほど、伺わせていただきます!
おきてがみ


☆ ようこそいらっしゃいました! ご訪問、ありがとうございます!



☆ 2009.7.24より、カウントスタートしまーす!

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
<今日のタロット>
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード