2009-06-29

ありがとう!の日々 2

今日で、このブログを始めてから丁度2ヶ月になります。
毎月、この日(29日。。。なんて中途半端なのーっ!)を「カバ好き」記念日と定め、日ごろ御礼ができない皆様へ感謝の意を表したいと思います。

皆様、改めまして、ご愛顧感謝です!!!
つたない文章、一方的かつ偏見に満ち満ちた内容、趣味に走りまくりのブログにお付き合いくださり、本当にありがとうございます。
写真にしても、我が愛するカバン様たちが美しく撮れているとはとうてい言いがたく、ド素人まるだしの紹介に辟易されていらっしゃる諸氏も多いかと存じますが、平に平に平に!!!ご容赦のほどお願い申し上げます。。。

さらに、「拍手」にポチをして下さったり、ブログランキングにポチをして下さったこと、(なかば強制かっっ?)ぱんだ感激でもうっっっ。。。(嗚咽)
ブログランキングの結果については、いつかご報告しなければと思いつつ、今日まで引っ張っちゃってすみませんですーっ。
おかげ様をもちまして、「FC2ブログ・小物カバン部門」では現在4位という状況となっております。驚いたことに、一時は1位という結果が出たことがあります。これには、本人が一番ビックリして腰を抜かすところでしたわーっっ!(www)

「カバン・小物ランキング」の方は、現在19位と検討しておりますが、こちらも一時は10位までランクアップしたことがあり、ビックリ仰天しましたーっっ。

これもひとえに、皆様の「優しいお気持ち」のたまものだと実感しております。
カバン様共々、この場をお借りして、重ねて御礼申し上げます。

皆様、どうかこんなぱんだですが、お見捨てなきよう、これからも宜しくお願い致します!!

3ヵ月目も、頑張ります!!

スポンサーサイト

2009-06-28

<今日のカバン>VOL.30

20090628

このカバン様は、玉川高島屋1Fにあった(現在は閉店)「ザ・ギンザ」のバーゲンで購入しました。
「ザ・ギンザ」はご存知の通り、資生堂が本体のオリジナル&高級インポートの洋服と雑貨のお店です。
アパレル関係のアイテムは、現在では銀座本店のみの展開だけとなってしまったのではないでしょうか。。。とても残念でなりません。(あの独特の雰囲気、ぱんだは好きでした!!)

本体はストロー(麦藁)製ですが、ピンクとゴールドのスパンコール、そして黒く細い牛皮の紐が間に撒きつけてあり、上部と取っての部分も牛皮製となっています。

しかし、デカいので重いです!!

肩凝りのぱんだには、このカバン様は年々辛くなっちゃってます。。。
でも、デザインと色あいはとてもゴージャスで、併せる洋服次第ではとてもシックな感じにもなります。
基本、カゴなので夏場に活躍してくれていましたが、秋から冬の入り口くらいまではいけると思いますが、いかがでしょう?

このカバン様を始めて外に連れ出したとき、ぱんだの友人が開口一番の一言。。。

「ぱんだと会うときって、今日はどんなカバンで来るのかと期待しちゃうんだけど、。。。。フーン、これなんだぁぁぁ。。。」

って、どんな反応なんですかぁぁーーっっっっ??!!

散々眺めたおした最後に、その友人は「。。。。。いいじゃん!」と言ってくれました。(涙・・・)
ありがとう、友よ!!!その言葉、カバン様になりかわって前向きに受け止めます!!!


(サイズ)  49800円が、半期に一度の大バーゲンで24900円でお持ち帰りでしたわーっ。

2009-06-26

悲報!マイケル・ジャクソン

やっぱり、今日はなんといってもこの話題しかありません。
特にファンというわけでもありませんでしたが、ぱんだも一様にショックを受けています。

朝、7時台のワイドショーではまだ「病院に搬送された」とだけでしたので、またぞろ話題を提供するためのパフォーマンスか?なんてお気楽に捉えていましたが、8時台のワイドショーでは完全に「死亡」というアナウンスに切り替わり、司会者たちの表情が一変していました。
この時点でもなお、ぱんだは全然実感がわいていません。 
でも、その一方で「自宅を出たときは既に呼吸は停止しをし、心臓も止っていた」という報道を耳にしたとき「そりゃ、助からんわな。。。」などと漠然と考えていましたが。。。

なんか、寂しいですねーっっっ。。。
同年代の世界的スーパースターがこの世からいなくなるなんて。。。ここで幕を降ろすだなんて。
ダイアナ妃のときは、本当に悲しかったなぁぁぁ。
「女信長」の舞台では、織田信長は49歳で自身を消滅(リセット)させたという解釈でした。
それは、信長がこれ以上スーパースターであり続けることができなかったということに他なりません。
ちょうど同じ年代ですよね。ダイアナはもう少し若かったけれども。。。
人間って、与えられた人生を全うするようにプログラムされているけど、己に架せられた人生の在り様がその人の力量を超えたとき、もの凄い重荷を背負わされることになり、残りの人生はただただ苦悩でしかない。。。そんな人たちって本当に「孤独」なんでしょうね。。。 だって、誰にも理解してもらえないことだと思うからです。本人にも解らないことかもしれません。

「何故、自分なのか?」という疑問。。。「自分が望んだものって、これだったのか?」という疑問がスーパースターとしてのプライドとぶつかって、常に心の中は葛藤が渦巻いている。。。
さらに、一旦世界的スターになってしまったら最後、他人から攻撃され、潰しにかかられ、脅され、狙われ続ける毎日。。家族でさえも信用できなくなってしまう。。。
ぱんだのような凡人で一般人のはしくれでも、その恐ろしさは容易に想像できてしまいます。

「僕は、一皿のスパゲティだ」
。。。と、湯川れい子氏のコメントにありました。マイケルの言葉だそうです。
飢えた、無数の手が自分を毟り取っていくような気がするというのを一言で表現したそうですが。。。

幼少時代から天才であり続けてきたマイケル。。。
父親からの虐待を恐れるあまり、自分は歌うしかなかったというコメントが辛いです。
晩年はスキャンダル一色だったマイケル。。。
だれにも理解されないという、「究極の不幸」を想像すると。。。。。。

でも、彼は世界中の人たちに愛されたことも事実です。
どんなに頑張っても、そう簡単に世界は認めてくれません。大統領だって、世界中の人には愛されないのです。
彼が残した20世紀の宝は、無形の世界遺産として語り継がれていくだろうし、大切にされていくことでしょう。

ぱんだは一度だけ、マイケルのコンサートに行ったことがあります。80年代の終わりくらいでしたね。
東京ドームの片隅から観た彼のステージは、本当に素晴らしかったです!!!
すぐに忘れるぱんだ脳でも、あのときの映像は今だに頭の中に残っています。
正直、友人に誘われて渋々付き合わされた感は否めなかったのですが。。。。ぱんだを連れ出してくれた友人に感謝です!!!
たぶん、マイケルの全盛期だったのかもしれませんね。 冗談ヌキの理屈ヌキで、凄かったぁぁ!!!
最後まで飽きさせないステージ構成とパワフルな歌声・ダンスパフォーマンスはまさに、観客のためのものでした。あたりまえのようですが、それは誰にでもできることではありません。
うーむ。。。上手く言えないのですが、だからこそ20年を経た今でもその映像を鮮明にフラッシュバックさせることができるのだと思います。


最後に、ぱんだが大好きだった女優、ファラ・フォーセットさんにも触れたいと思います。
ご存知「チャーリーズエンジェル」の初代エンジェルとして、そりゃあもう、半端なくスターでした。
(当時はダンナのリー・メジャースの名前をつけて、ファラ・フォーセット・メジャーズと名乗っていました)
「ファラ・カット」なる髪形が日本でも大流行してましたね。
小学生だったぱんだも、夢中でテレビを観ていたクチです。 同年代ではありませんが、彼女の死もぱんだにはショックで、寂しいことでした。。。


いつも輝いていたスーパースターたちに。。。合掌。。。。。。

2009-06-25

<今日のカバン>VOL.29

20090625

最近、またまた流行りだしましたね。ゼブラ柄!!
アニマル・プリントの中でも、ぱんだが一番好きな柄はゼブラ。
モノ・トーンってところが我が愛すべきジャイアント・パンダを彷彿とさせるし、なんといってもシマ柄が本物のゼブラよりバラけていて、なかなかシャープでタイトなカバン様じゃありませんこと? フホホホホホホ。。。
(同じモノ・トーンでも、牛柄はNG。。。あのユルさには脱力です。。。)

本体は布製で、持ち手はソフトレザー。 なので、何も考えずに習い事で使用するテキストを入れたり、赤ちゃんのオムツを入れたり、エコバッグとしてスーパーに持っていってもオーケーです。 
購入場所は、有楽町「丸井」の1F。お店の名前忘れましたーっっ。。。

ゼブラっていう動物は、本来薄茶色の身体らしいですね。
よく、黒地に白か白地に黒かで、クイズ番組に出題されたりしてますが。。。
それにしても、動物の柄って不思議です。猫なんか、猫という亜種の中でも、さらにトラ・ブチ・無地・キジなど、様々な模様があるわけで。。。
神様も、地球上に生息する種たちのデザインを考えていて、途中で面倒になり、どーでもいいやと投げ出した感のあるヤカラもいますよね。
たまに、デザインしている最中に酒飲んでラリってたな、神様。。。と疑いたくなるような方々もいるよね?絶対いるよね?

でも、ゼブラは違います。 神様はちゃーんと計算しつくして、本腰入れてデザインしてくれています!!(もちろん、ジャイアント・パンダもね!)
アニマル・プリントは好き嫌いがパックリ別れるところでしょうが、アレルギーの根源は「思い込み」だったりします。。。
自分はダメだと、頭に擦り込まれているだけのような気がするのです。。 おもいきって、挑戦してみてはいかがでしょう? (って、どこの回しモンだよ!)
前回記事の、ぱんだの赤い服のように撃沈する可能性もありますが、食わず嫌いはもったいないですわーっっ。。。って、ぱんだは責任とれませんがぁぁぁぁ。。。(大汗)


(サイズ) メチャ激安の6,900円くらいでした。 いいですよね、こういう手頃感って。。。 

2009-06-25

街で見つけた???な店 (その1)

街を散策していて、面白いお店を発見するとワクワクしますよねー。
ぱんだは今日、チャリを走行中にチラ見した新しいお店に心奪われましたよ。

その名も「宣材写真屋」!!

。。。ってことは、このお店の前で張っていれば、どこぞの芸能事務所が所属タレントを引き連れてやってくるところに遭遇できるのでしょうか?(んな、バカな!)
店構えは小規模ではあるものの、店の前にはそれ風の写真が見本(?)として飾ってあります。
いかにもな不自然笑顔&ポーズをとった男女3人の写真。。。。たぶん、モデル事務所所属の無名(失礼!)タレントさんたちでしょう。
うーむ。。。気になるじゃありませんか!

それとも、一般人がタレント気分を味わうためにシャレで撮って貰うっていうやつでしょうか。
ディズニー・ランドで白雪姫の衣装を着てポーズとったりする。。。でもこれって、地方の温泉地なんかによく設置してある、地元出身の武将だのお姫様だのの顔だけくり貫いていて、そこに顔を入れて写真を撮るやつと気分は同じですよね。(名称知っている方、教えて下さいっっ) あ、違う? こりゃまたまた失礼!!!
お見合い用の写真だとか、成人の日用の写真、家族記念日の写真などは、普通の写真館で撮ってくれるし、それなりの見本が飾っていてしかるべきでしょ?
いやー。。。考えれば考えるほどわかりません。。。

これはちゃんとお店にいって聞いてくるべきなんでしょうが、どうも勇気がわきませんわーっ。
お店の前をウロついているところを近所の人に目撃でもされようもんなら、いろいろな意味で悲惨です。この歳で芸能人を目指し、写真を撮ろうと目論んでいると思われ。。。いや、芸人ですか。。。
それとも、どこぞのタレントを張っていると思われ。。。いや、ストーカーか。。。
どっちにしてもイイことは何もないのでやめておきますわ。(でも、真相が知りたいーっっ!!)

しかし、本当にタレント用のちゃんとしたお店だとするなら、ちょっと驚きですね。
ああいうモンは、芸能事務所が抱えている傘下の業者がいるものだと思っていました。そういう業者っていうのはたいていマンション事務所みたいなところで細々と営業しているもんだと勝手にイメージしていましたから。 街中にバーンと看板出して、「さあ、来い!撮ってやる!」みたいな展開はナイものだと。。。(イメージっていうのは怖いものです。想像が妄想に変化したりします。。。)

このお店の記事、これで終わらせません。
どんなお店なのか、ぱんだなりに調査してみます。。。頑張ります。。


2009-06-23

<今日のカバン>VOL.28

        20090623

ここのところ、ずっと<今日のカバン>をサボっていましたので、ちゃんとやりまーす!!(汗)

。。。んでもって、いきなり長い写真です。。。デカ過ぎて縦しか入りませんでした。(www)

このカバン様も、すっかりお馴染みの日比谷シャンテ1Fの「カテリーナ・ルッキ」。
ぱんだの場合、好きなカバン様のおられるお店しか行かないって噂も。。。フホホホホホホ。。

実は、他のお店のカバン様を買いに行ったときに、横目でチラ見しておいたモノ。
自分でも驚きますが、チラッと垣間見たその刹那の出逢い。。。神様の悪戯(もはや、いじめか?)としか思えませんわー。。。

皮は、なんと珍しいバッファローです。 この赤を出すために、何度も何度もなめすのだそうです。
取って下部分の細工も全部手作業。 お花の飾りがそのまんま、「華」となってくれています。
形はかなり大きめのバルーンタイプで、何でも入ってしまうのが玉に瑕(?)。。。

まあ、カバン様やアクセサリー類、譲ってスカーフくらいなら赤も良いのですが、ぱんだの場合はそれ以上のアイテムで赤は身につけません。(。。いや、身につけられません・・・)
過去に一度だけ、何ごともチャレンジだと思い真っ赤なジャケットを購入しましたが。。。。
着ていると、ジワジワと気持ち悪くなってきます。
ムズムズと何かが這い上がってくるような嫌悪感。。。気持ちが乱れ、息も絶え絶えにっっっ。。。

あ、そこの、何を大袈裟なことをぬかしやがると思っている人!!
決して大袈裟などではありませんのよ。。。 
ぱんだは、「赤い洋服」は着れない体質のようです。 でも、見ると可愛いとなとは思ってんのよ! 真っ赤なワンピや春コートなんか着てみたいっていう愚かな願望はあるのです。(。。。フッ。。。)
(ぱんだの友人に赤の大好きな人がいますが、一緒に買い物に行くと赤い洋服をバンバン買っていて、いつも羨ましく思っていましたわーっっ。。)

こういうのって、日常に結構ありませんか?
自分の好むと好まざるとに関わらず、アイテムやシチュエーションによってこの色だけはNGっていうの。。。が激しく混じってるとか、ゴールドで誤魔化してあるとか、ショッキング・ピンクをさりげなく乗っけてデザイン性を強調させてあるとか、そういうのは別にして、です!!!
あくまでも、どこまでも、いつ見ても(あたりまえじゃっ)赤いアウター。。
鬼門中の鬼門です。

ノエビアのI・M社長、今度「オーマ・ソーラ」お願いしますー。 自分のカラーと出会えます!!(よね?)


(サイズ) お値段は、49,700円がお安くなって、24,850円でした。 イタリア製ですーっっ。


2009-06-22

映画ハシゴDAY

今日は、久しぶりに映画のハシゴをしてしまいましたわーっっっ。
もう、この歳になるとかなりキツイんだけど、映画そのものは面白いから、やめられまへん。。。

ぱんだは、最近のDVD事情を鑑みるに、デカイ画面仕様の映画だけに限って映画館へ足を運ぶことにしています。
これ、絶対観たい!!。。。けど、どーせ直ぐにレンタルできるわけだし。。。
と考えると、なかなか映画館へ行こうなんて考えません。
ま、よーするに不可価値なのです。。。この場合、大スクリーンとサラウンド音響で観たいんでぇぃっっ!!っというヤツですね。

そこで、今日観たものを紹介すると。。。

「天使と悪魔」
「ターミネーター4」

の、2本立てです。

待て、待て待て待て待て!!!
なんだよ、そんなの今頃観てやがんの? おっせーなぁぁぁーっっっ! と、おっしゃるなかれ!!
これでも、頑張ってやっと重い腰を上げたんですからぁぁぁ。。。(汗)

まず、「天使と悪魔」です。
前作「ダヴィンチ・コード」では、暗号やキリスト教の秘密を探った本がブームになり、歴史好きのぱんだにはとても興味深いことでした。
その第二弾として出版されたこの本、発売当日に即買して読みふけり、上・中・下巻を1日で読み終えたほど入り込みました。
ローマ&バチカンが舞台というのもGOOD!!!前作のパリより親しみが増しましたし。。。(バチカンに行ったことがあるものの、物語の中核となるコンクラーベが行われるシスティーナ礼拝堂での観光時間約1分!!!(涙涙涙。。。))
なので、内容が分かっていながら映画という、あまりよろしくない順番での鑑賞です。

評価としては、中の上でしたーっっ。。
娯楽作品としては、純粋に楽しめない人もいるかもしれません。
ローマ中がパズルを解くプレイ盤のように設定されていますが、展開が速すぎてついていけません。
ぱんだは原作を読んでいたのでなんとか理解しましたが。。。ちょっと余所見をして字幕を見落とすと、かなり危険です。。。ヤバイです。。。
でも、ローマ観光まだという方には、オススメです。ツアーでは絶対に立ち寄らない教会なんかも出てくるので、映画を思い出しながら周ってみても楽しいかも。。。

「ターミネーター4」ですが。。。
これがデカいスクリーンで観たくて行ったんです!!!!
シュワちゃんは、残念ながら出てないのよ。 でも、チラッとCGで顔見せアリです!!

これは、上の下。。。。って微妙なラインついてみますわーっっ。フホホホホホ。。。
シリーズ全ての完結として、説明がきっちりなされています。

主役の俳優陣があまりパッとしないぶん、ぱんだ的にはどうしても派手なアクションシーンに目が行きました。CGもフル活用で、お客を飽きさせることはありません。
今回の主要ロボットはちょっと変り種なんですが、「ターミネーター1」から一貫しているテーマ(ヒトとマシーンの友情)がかなり強調されて表現されています。 今回は、ちょっとだけ「愛情」も入ってますよー!
ラストは、「えーっっ。それはないでしょ!!」な展開ですが、このテーマに則して描かれているのでしょーがありません。。。
全体の感想として、とってもハリウッドでした!(なんじゃ、そらっっ)
ぱんだ、ちょっとまたまた涙が出そうになりましたわーっっ。。。

今度からちゃんと、誰も観に行かないけどレンタル屋にはあるぜという作品評をやります!!!
。。。なので、今回はご勘弁のほどをー。。。

2009-06-21

千秋楽ってサプライズ!

最近、ぱんだがハマッていた舞台、「女信長」が、今日無事に千秋楽を迎えました。
6/5から始まったこの舞台、短かったけれど内容はとても素敵で、弾けていて、大好きになりました。
千秋楽はどの演目も舞台挨拶があったり、カテコで何かやらかしてくれるのですが。。。
この舞台の場合、もうひとつの舞台が待っていました!!
いやー、こんなのアリですかぁぁぁーー???
あまりバラすといけないので、ここでは止めておきますが、ぱんだはあんなに面白い千秋楽は初めて観ました。。。。

ここで、舞台についてちょっと書いてみます。

先ほどから指摘しているように、千秋楽は特別のものです。そういった意味では「初日」「中日」もそれなりに重要なのでしょうが、「千秋楽」(通称・楽(らく)、地方公演も含め、本当の最終日を大楽(おおらく)といいます)のお祭り気分には適いません。
ま、これで終わりっていう寂寥感・安堵感は、役者もお客も一緒です。
なので、ロック・ミュージカルなど、ノリノリの演目などは終演後の方が楽しかったりするのです。
劇団四季あたりになると、ロングラン過ぎて千秋楽がいつなのか、もはや神様しか知らないなんて状態になっちゃってますね。。。。それでも、「キャッツ」の大楽は盛り上がったんでしょうが。。。

でも、ノリノリの千秋楽が迷惑なお客さんもいるわけです。
地方から遠征してきて、帰りの新幹線に間に合わなくなるからやめてくれとか、千秋楽だけそんなサプライズなオマケを付けるなんてズルイじゃないかとか、芝居を観に来ているのにコンサートライブのごときノリノリな演出はいただけないとか、まあ、いろいろなご意見があります。
確かに、その通りなのですが。。。。

ぱんだは、千秋楽が時間無制限的(そんなことないだろうけど)に色々な趣向を凝らしてくれるのは、単純に役者や主催者たちの「気持ち」だと思うのです。
何度も何度も幕が上がり、そのたびに彼等は深々と頭を下げて「ありがとうございましたぁぁ!!」と御礼をしてくれますが、本当に「ありがとうございました」と御礼を云うべきなのは観客の方じゃないかと思いますが、どーなんでしょう?
こんなに面白くて素晴らしい舞台を提供してくれたことに、感謝です!!!
こちらはもちろんお金を払っていますが、それ以上のものを魅せてくれた場合には、せめて千秋楽くらい、彼等が気持ち良く板の上から降りられるようにしたいじゃありませんか。
なので、彼らの気持ちには、こちらもちゃんと気持ちで応えて、ノリノリでお返したいところです。。。

チケット代金。。。
映画は安いですが、生の舞台は高価いです。。。でもそれは、公演期間中ずっと同じレベルでその質を保ち続けている彼等への御礼だと考えると、とても納得がいくのです。

今回はチョイ真面目(?)に書いてみましたわーっっっ。。。


2009-06-20

ABBA GOLD

いやー、去年に引き続き、今年も来日しますね。

ABBA GOLD!!!!

ミュージカル、「マンマ・ミーア」でお馴染み、あのABBAの名曲を全部やってくれちゃうのが、ABBA GOLDなのです。
もちろん、本物のABBAじゃありませんわよーっっ。 そこんとこ、間違えちゃうとかなりややこしいことになります。。。

実は去年、ぱんだは本物が来るのかと思ってチケット買ったという、筋金入りの愚か者。。。(www)
友人に、「本物が来るわけじゃないのに、観に行く人なんかいるのかねぇぇ?」と言われ、
ギョッッッ!!!とした経験がぁぁぁ。。。
大汗をかきながら、友人には平静を装いつつ、「あ、大丈夫。みんな知ってるから平気だよーん」
などと心にもないことをっっっ!!!!アホです。。。。

でも、行って観てビックリ仰天。。もう、感動で涙すら出ましたわーっっっ!!

忘れもしない、赤坂ACTシアター。。。
最初こそテンション下がりっぱなしで、来てはみたもののマジで帰ろうかなどと考えていました。
でもまあ、とりあえずどんなもんか、チラッと観てから帰ろうと思い直し。。。。。。

ショーが始まって、ぱんだは直ぐに後悔しました。偏見だらけだった己の先入観を!!!
こんなに面白いモノが世の中にあったのかっっっ!!!って、またまた目からウロコがドサッと!!

ま、いってみればABBAのそっくりさんが出てきて、ABBAの曲を歌うっていうだけのものなのですが、これが半端ないです!!
この21世紀に、若かりし頃のABBAがライブで登場し、当時と寸分たがわぬパフォーマンスを披露してくれたら、こちらもタイムスリップするしかありません。

本物のABBAが流行っていた当時、ぱんだは「ABBAなんかダサくて聴いてられませーん」っという小生意気な若者でした。
まあ、ハードロックファンとしては、当たり前の反応だったのだと思います。
それから歳月が流れ、ぱんだも大人になって、アレルギーだったアーティストたちの曲がすんなり耳に入るようになり、心に響いてくるようにもなりました。
カーペンターズ、サイモン&ガーファンクル、エルトン・ジョンなど、近年になってその「良さ」が身にしみてわかってきたというか。。。ABBAもまたしかり。。

コンサート戻りますが、会場中、有り得ないくらいノリノリで大変でした!!アンコールなんか何度も何度も呼び出されて、最終的に歌う曲がなくなってしまったくらい!!!
何がそんなに凄いのかって、やはりノスタルジーなんですかねぇぇ。。ぱんだの場合は、当時、ABBAをスルーしていたツケを、今頃になって払ったような気持ちで暴れておりました。ひぃぃーっっっ。。。

ABBA GOLD。。。ぱんだは、ABBAよりABBAだと思います!!!


今年は、去年の成功が認められて会場がデカくなりました。
国際フォーラムに格上げです。
懐かしいという方、ABBA、WHO?という方、ダマサレタと思って足を運んでみて下さい。
チケットは近日より予約開始ですが、公演は10月の中旬です。
ぱんだと一緒に騒ぎたいという方、是非ご一報くださいませーっっ! ストレス解消にもなりますわーっっ!



2009-06-18

親睦「大会」の不思議

ぱんだが仕事をしている会社には、妙な”大会”があります。

普通、会社で行われる「○○大会」といえば、なんといってもバーベキュー大会。(バーベキューで大会って、一体何を競い合うのでしょう。。。知っているという方、ご一報を!)
ぱんだも好きなボウリング大会や、盆踊り大会あたりが主流ですかね。
その他、趣味に走ってゴルフ、テニス、バドミントンなどのスポーツ大会や(運動会なんていうのもあります)麻雀や囲碁、将棋なんていうのも大会としては一般的ですね。


ですが、ぱんだの職場では「地引網大会」なるものを開催しています!!!!!

ま、ままままま、百歩譲って潮干狩り大会なんていうのであれば、小さい子供も一緒に参加できるからわかります。
普段、なかなか子供と触れ合えないお父さん連中のポイントアップに貢献するのが目的なんでしょうから、充分アリだと思いますけど。。。

。。。。。。。なぜ、地引網?????
普通に釣りじゃだめなの?釣りじゃ!!!!

ぱんだ、果てしなくわかりません。。。

やはり、「大会」と銘打つからには、競い合ってもらいたいところです。何チームかに分かれて、一番魚を捕ったチームの勝ちとか。。
雑魚ばかりではなく、鯛が入ってたら○点加算とか!!!???
同じ課の人に子だくさんの人がいて、前回大会に参加していたような気がしますが、恐ろしくてとても聞けません。。。興味あるのかと誤解されてもナンですのでぇぇぇ。。。(汗)


ぱんだの昔の職場に、アーチェリー大会なんてぇものがありました。
ゴルフのように、4人1組でホールを回るのですが、これが案外楽しいのです!!
どうして流行らなかったのか不思議なくらいですぅぅぅー。。
そしてなんと、ぱんだは初めての経験ながら女性部門で優勝しましたーっっ!!!!
でも、優勝商品が「くまのプーさんのジグソーパズル」って、どういうことですかぁぁぁぁ!!!!!
ぱんだの目には、準優勝の商品の方がはるかに良いモノだったように映りましたが、気のせいでしょうか。。。。。。

しかたがないので、家に帰って作りましたよ。。。。
あり得ないくらい、すぐに出来ちゃう、プーさんでした。。。(涙涙涙。。。)
プロフィール

Author:naopan555
「ぱんだ」と申します。
東京・世田谷在住のカバン大好き女子!
ダンナと猫の3匹(?)暮らしです。

☆ 応援、ありがとうございます!励みになります!


人気ブログランキングへ

☆ ブログ分析のランキング投票です。こちらも励みになります!よろしくですーっっ!
blogram投票ボタン

☆ よろしければ、ポチしていって下さいませね! 後ほど、伺わせていただきます!
おきてがみ


☆ ようこそいらっしゃいました! ご訪問、ありがとうございます!



☆ 2009.7.24より、カウントスタートしまーす!

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
<今日のタロット>
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード