2009-05-31

キャラメル考

ぱんだの大好物に、キャラメルがあります。(だから、デ○なんだーっっっ(涙))

砂糖をひたすら煮詰めるという単純なものなんだけど、バニラ味にしてみたり、チョコ味にしてみたりと工夫することにより、バラエティーに富んだ極上の食べ物に変身するんですよね。

小さい頃、なかなか買ってもらえないものに「不二家」ミルキーの赤箱がありました。
これ、ただの赤箱ではありません。
B5サイズくらいのでっかい箱に、モール製の持ち手がついているやつね。
中身は普通のミルキーだけど、入っている量がハンパない!
パッケージのデザインは、ペコちゃんの顔アップなんだけど、時代によっては、ペコちゃんの目がグルグル回るような細工が施してあるものも。。。(これが怖いのよぉぉぉ・・・)

同様に、「グリコ」もこのサイズの赤箱を出していましたが、こちらは嬉しいオマケ付き!
「ひとつぶで二度おいしい」がキャッチ・フレーズでしたが、ランナーのオッサンが手を上げているデザインは、(理由を聞いたことあるけど)今だによくわかりません。。。

「森永製菓」に至っては、ミルクキャラメルの黄色いエンゼル柄など、可愛いを通り越して不気味でしたわー。相手は子供よーっっ!?
ハイソフトは中にカードがオマケで入っていて、ちょっとしたお楽しみでした。(でも、しばらく取っといて捨てようか迷い、結局捨てるっていう代物なんですが。。。(涙))

「明治製菓」はクリームキャラメル(お花柄)・ヨーグルトキャラメル(水玉模様)・サイコロキャラメル(赤と白のタイプあり)の三本柱でした。ぱんだが一番好きだったメーカーです。
特に、大きくで硬いけど素朴な味がGOODなサイコロキャラメルは、キング・オブ・キャラメルに決定!(後で転がして遊べるしっっ。フホホホホ)

番外編で、「セイカ食品」のボンタンアメっていうのがあり、これは本体をオブラートで包んでいるという変り種。(よっ!大人の味っっっ)
うちの母はこのキャラメルが好きだったらしく、よく買ってくれました。子供の好みなんて完全無視のワガママ買い。。。さすが、ぱんだ母です。。。

最近、キャラメルというものが流行っています。
どこぞの牧場で作ったものが良い!とか、たいして変わりはない!とか、評価は様々。

ぱんだは以前、ローソンで一週間だけキャンペーン用に売っていた、うわさの牧場のキャラメルを発見!!!
手にとってみたものの、800円という結構なお値段にビビッて棚に戻したという体験があります。
貧乏性のぱんだ、ここに極まれリ!!!でしたわ。バカバカバカバカァァァァー!!!!
あれよあれよという間に手の届かない存在になってしまいましたよね。。。(嗚咽・・・)
自称・キャラメルおばさんの異名をとるぱんだ。。。人生最大の過ちを犯した気分です。(www)

ですが!!!!!!

最近になって、会社の上司が北海道出張のお土産として買ってきてくれました!!
もちろん、一人一粒づつ。
ぱんだ、涙もので口の中に放り込みましたよー!!

。。。。。。。ザ・普通。。。

一生懸命並んで買ってくてきれて、ありがとうございます!
でも、もうそんな無理しないで下さいませ。。。。。。

マスコミ!!煽るなよなぁぁー!!!!!!(。。。って、一度言ってみたかったっスっ)
スポンサーサイト

2009-05-31

<今日のカバン>VOL.18

200905294

このカバン様は、見ての通り、ツギハギだらけのお姿です。
実は、製造行程の段階で余った端切れの部分を大量に買い取り、それを利用して作られているのです。もともと捨てる部分だったので皮製の割にお値段が超リーズナブル!

軽いし、デザインも可愛い。。。ので、色を迷ったあげくにピンク系を購入しました。
ベージュやブロンズ、ブルーなど、様々な色目があったんですが。。。(マジで迷いました。全部、連れて帰りたかった!。。。ってもう、ビョーキ、ビョーキ。フホホホホホホホ。。。)

あるバッグショップの店員さん、このカバン様を見るなり一言。
「高価そうなバッグですねー。どこのブランドですかぁ?おいくら万円でしたー?」

。。。。。。。。。あ、そーくる?!

ぱんだ的には、この安っぽさがメチャ可愛いと思い込んでいたので(高価そうって言ってくれるのは嬉しいけど)、かなりズッコケましたわー。

購入場所は、たまプラーザ東急1Fの「PIKO」。
インポートものとオリジナルの両方を扱っていますが、このカバン様はオリジナル・メーカーのものだそうです。

ノエビアのカフェで、I・M社長曰く、
「ぱんださん、カバンのブログなんかやってて、今まで以上にカバン買っちゃうんじゃないの?」

はい、ご指摘の通りですーぅぅ。(涙)
このカバン様はその道すがらでお取り置きしちゃってましたぁぁぁー。(嗚咽)

(サイズ) お値段は、軽くてやわらかい本皮で 8,300万円! ウソウソ、万を取ってちょ!(W)

2009-05-31

父の日に贈ったもの

まー、ちょっと早いのですが。。。父の誕生日が5月15日っていうこともあり、父の日と重ねてプレゼントを贈りました。
なかなか実家へも行けない中、一方的に郵送で押し付け状態なんですけどね。(汗)

大体、父という人は誕生日が2回もあるという妙な人なのです。ズルイというかマズイというか、よくぞ今日まで普通に生きてきちゃってると思うことしばしば。。。
2回というのは何故かというと、出生日そのものは2月の(?)日かなのです。(正確な日付は、本人も忘れている可能性アリ)
父の生まれた時代は戦中だったために、そりゃぁぁぁもうバタバタしていて出生届けを出さないままほっとかれている場合が多かったらしいのです。
祖母なり、祖父なりが5月になってようやく届けを出していないことに気づき、慌ててお役所へ。。。
結局、手続をしたその日が誕生日っていうことになったようです。

ナンじゃそら???!!!

ここまでイイ加減だと、本人も怒る気にさえなれないのでしょうね。。。(星座占いとか、四柱推命とか、生年月日での占い系は全滅じゃんっ?)

今回、ぱんだが贈ったのは一冊の本です。
母からの、「腕時計が欲しいって言ってるわよ」という情報は一切聞かなかったことにして、有無を言わせず選んだのはこの本。 フホホホホホホホホ。。。

「昭和30年代・40年代の世田谷」 著・下山照夫

父と母はともに世田谷出身で、小学校・中学校も同じところ。しかも歩いて5分のところに住んでいたため、兄弟同士入り乱れて幼馴染みのはずなのですが、なのに。。。

まさかのお見合い結婚!!!

信じられないことに、当時は知り合いであろうとなかろうと、何故か仲介者が必ずいたみたいです。ぱんだ、全くわかりません。。。???
まあ、そんな父に、ぱんだが生まれた頃の世田谷の写真集を贈ってみましたが、反応はまだありません。。。(汗)

世田谷というエリアは、ハイソな住宅街のイメージがありますが、下町のようなざっくばらんさもあって気取りがなく、人々が暖かいんですよ。
桜新町が舞台の、サザエさんファミリーを連想していただければいいかも。。。
コマQ保存会もそうですが、古き良き時代のレトロさがだんだん失われていく中で、こんな本が本屋さんの店頭に並べられているのを見ると、まだまだ都会も捨てたもんじゃないと気付かされ、なんだか気持ちが和んできます。

ぱんだは、幼女期によく「タマ電」に乗っていたのです。
二子玉川から渋谷まで、路面を電車が走っていた時代があります。今では、世田谷線にその痕跡が残っています。チンチン電車と呼ばれていた、2両編成の小さなローカル線。。。石畳の街中を自在に走るタマ電は、今もぱんだの心にしっかりと刻まれているのです。

昭和30年代・40年代の世田谷昭和30年代・40年代の世田谷
(2009/04/21)
下山 照夫

商品詳細を見る


2009-05-29

<今日のカバン>VOL.17

200905295

このカバン様は、ぱんだの超お気に入りで、毎年夏になると大活躍してくれます。
なので、かなーーーーり、ボロボロなご様子になってきちゃってます。。。(涙)

まず、黒いシフォン製のお花がメッチャ取れる!
花びらが4枚くらいで1つのお花が、ひしめきあってくっついているわけです。
それが、ひとつ取れ、ふたつ取れ、みっつ取れ。。。という具合にもう、取れる取れる!
でも、拾うんだなぁぁこれがぁぁ!フホホホホホ。。
そりゃあもう、笑っちゃうほど、見つけます。だって、黒いから落ちると目立つのよー。。。
なので、拾った花びらをカゴの中に放り込んでおくので、だんだん溜まってくるのです。
それをまとめて、アロンアルファでくっつけるというわけ。
この、「取れる・拾う・くっつける」という一連の作業を毎年繰り返しているんですわ。。。(もはや、夏の風物詩か?)

そして。。。
このカバン様。。。何かに似ているとは思いませんか?

。。。そうなのです。。。。畳(タタミ)です!

「あらー。オシャレなカゴねーっっ」
と言ってきてくれる方に、ぱんだ必ず、こう切り返すことにしています。
「ありがとうー。でもこれ、どう見てもタタミだよねー?」

って、ぱんだ的には笑いを取るつもりなんですけどぉぉぉぉ。(WWWW)
マジで受け取ってドン引きする人や、本当にタタミなんだと信じ込む人や、完全無欠にスルーする人など、相手によって様々なんですわ、これが。。。

友人たちなんかはまだ良いとして、初対面時は、話のとっかかりとしてまずは無難に相手の持ち物を褒めておくかっていう場合があるじゃないですか。
そんなときに、「これタタミっぽいよね」とタタミかけることにより、相手の性格などが垣間見えたりするわけです。。。(ぱんだとしては、笑いをとって和やかになり、初対面の殻を破って親睦を深めようっていう魂胆なんですけどぉぉぉぉっっっっ)

購入場所は、表参道の裏手にある路面店。お店の名前は忘れました。言い訳なんですが、いわゆるウラハラにある無数のインポート・ショップは、入れ替わりが激しいのです。。。(フホホ)

ディスプレイされていたこのカバン様を一目見るなりお店に飛び込んだぱんだ。
お生まれは、おフランスってことしか聞いていませんが、しのごの言う前に、「これ下さぁぁぁい!」なことになっちゃってましたわー。

(サイズ)  お値段は、18,000円。 飛び込み・即買い女「カバジェンヌ・ぱんだ」でした。

2009-05-29

ありがとう!の日々

このブログを始めてから、今日で丁度一ヶ月になります。 早いものですねー!
なんぶん初心者なもので、まるで勝手が分からず、オロオロしながら突っ走ってきました。
読んでくださる方たちからは、お世辞にも「面白いよー!」とか、「カバンが可愛い!」などと言っていただき、どれだけ励みになっているかわかりません。
もう、日々感謝!ですわー!

今、振り返ってみると。。。
立ち上げ当初は、<今日のカバン>と謳っているからには、毎日更新しようと決めていました。

。。。いや、ちょっと待て。。。

毎日更新するとなると、一年間で365個のカバン様がご登場になるわけで。。。
とすると、2年目に突入なんてことになった場合、いったい何個のカバン様が。。。
そんな素朴な疑問がフツフツと湧いてきて、今頃になって激ヤバということに気づいたぱんだ。(お前はバカかっ!)

まあ、お友達のカバン様をお借りするとか、ネットで素敵なカバン様を見つけたら紹介するとかして、これからも頑張っていきたいと思います!
もしかしてこの先、カバン様が登場しないなどという不測の事態に陥りましたら。。。
「日々雑感」で、激しくゴマかします!!!
フホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホ。。。。

こんなぱんだですが、これからも何卒、ご贔屓のほど宜しくお願い申し上げます。。。

あ、それからですねぇぇぇ。
カバン好きの女子をカバナーと命名しておりましたが、動物のカバを連想させるような気がするので、改めたいと思います。

その名も、「カバジェンヌ」!

。。。あれ?。。拍手喝采が聞こえませんが。。。ってか、カバは一緒だろぉぉーっ!(。。。ちょっと!どなたか、突っ込んで下さいませね)

2009-05-28

<今日のカバン>VOL.16

20090528

このカバン様も、一目惚れでしたねー。。。
ハードなボディに楽しいプリントの布張りがしてあり、地味にビーズ刺繍がしてあります。
この画像だと良く見えないかもしれませんが、比較的右上の方に、カウボーイがウクレレだかギターだかを抱えてだらーっとしているでしょ?
その、ウクレレだかギターだかのボディ部分に、黄色いビーズがあしらってあります。
その他には、草花っぽいところにチラチラあるんだけど、あまりにも中途半端で説明できません。(W)
ぱんだが思うに、このカバン様を企画している段階では、ちゃんとバランス良くビーズを配置するつもりだったんじゃないでしょうか。
製作段階で、「こりゃ、面倒だわ」ってことになり、???な有様になってしまったのでは。。。

購入したお店は、渋谷PARCO PRAT-1にあった「バイオレット・ハンガー」。
残念ながら、現在は撤退してしまっているようです。

実はこのカバン様、あるお店に貸し出していたことがあるのです。そのとき、ずっと重いものを上から乗せられていて、マチの部分が完全に潰れてしまいました。
ショック!!!!
ぱんだの大事なカバン様に何してくれんのぉぉぉ!!!!って、またまた小心者のぱんだにはとても言えません。。。このお店、弁償どころか謝罪もナシですわー!!!(号泣&激怒)

お家に飛んで連れ帰り、必死で直しましたよ!!カバン様ぁぁぁ。生き返ってちょぉぉぉー!!!
ぱんだ、祈り唄い踊り叫びながら、頑張りました!!!

。。。フホホホホホホ
看病の甲斐があり、なんとか元のカバン様のお姿に戻りました。
でも、このことでぱんだは学びましたよ。。。
大事なものは、信用できないところ(人)へは絶対に貸してはいけません!!!!

(サイズ)  お値段ですが、29,800円でした。ぱんだにしては珍しく、記憶に残っておりました。(W)

2009-05-28

駒沢給水塔 ~レトロのあるまち~

閑静な住宅街をブラブラ歩いていると、突然現れる超レトロな双子の塔。。。

その名も「駒沢給水塔」!! 地元での愛称は「コマQ」です。(注:オバQではありません)

ぱんだのお家から、歩いて5分くらいのところにあります。そりゃあもう、地味なのか派手なのか、もはや誰にも判別できないそのお姿。。。
建設されたのは、大正13年! 水を多摩川から取り入れ、渋谷方面への給水をしていたそうです。
なぜここに建っているかというと、世田谷の地で一番高い位置だからなのです。(ごもっとも・・・)
今では、災害時のためにだけ給水できるような体制をとっているみたいですね。でも、現役には違いないので、ここへは気軽に入ることはできません。
昭和の初期頃には、「怪人20面相」のロケ地として使われていたそうですよー!

ぱんだは、なんとコマQ保存会のメンバーなのです!

。。。といっても、名前だけの幽霊会員ですが、見学会へはちゃんと行ってますよー!フホホホホホ
毎年、10月1日だけ一般公開いたします。
夜ともなれば、名物・王冠ライトアップまでしてくれます。(この日だけよ、あくまでも、この日だけ!!!)
なので、レトロな建物が大好きな方々が、カメラ片手にワンサカいらっしゃいます。
この建物は珍しく双子の塔なのですが、塔と塔の間をつないでいる鉄塔は渡らせてもらえません。
実は、ここの間を渡るのがぱんだの夢だったりします。。。。
でも、夕暮れどきにはマジで怪人20面相が出てきそうで、ぱんだは門の前を通るたびにシビレます~!!!

門の前といえば、たまにタクシーが止まっていて、中で運転手さんが昼寝をしています。平和な風景で結構なんですが、はっきりいって邪魔です!!!!
門からのビューがまた格別なんだってば、これがぁぁ!!

ぱんだは、何年か前にスペインへ旅行に行きました。
最南部にセビリアという町があり、(ビゼーのオペラ「カルメン」の舞台になったところです)
何という川だったか憶えていませんが、その川岸に建っていた塔にコマQは激似なのです!!
大きさは、コマQの十分の一くらいでしたが。。。
もしかしたら、その塔がモデルとなったのかもしれませんね。今でも忘れられません。

実は、ぱんだが撮影したコマQの雄姿をアップしようと思いましたが、ちょっと状態がよくない(お天気が悪かったっス。。。(涙))ので、コマQ保存会のHPを紹介しておきます。
ぱんだの説明より10,000倍詳しいので、深くコマQを知ることができます!!!!

興味のある方、(まだ、だいぶ先なんだけど)良かったら見学会に参加してみて下さい。
もう、是非!!是非!!是非!!
地元の人はもちろん、地元以外の方たちからも愛されているコマQ。。。永遠なれ!!!

http://setagaya.kir.jp/koma-q/

2009-05-27

<今日のカバン>VOL.15

20090527

このカバン様とも、半期に一度のバーゲンで出逢いましたー!

場所は、ぱんだお得意の玉川高島屋本館3F・「エポカ ザ ショップ」。
このカバン様も、このお店のオリジナルなお方なのです。

毎年、2回・4日間づつ、タマタカは大バーゲンを開催しています。(夏と冬ね!)
人だかりの中、いかにキラッと光る優れものをGETするか!!
それこそ、バーゲンの醍醐味だと思いませんか?

昔は、一週間くらいやってたんですよ。「7デイズバーゲン」っていってたと思います。
それが6日になり、5日になり、とうとう4日間に減ってしまいました。。。
ではなぜ、開催期間が減ったのかというと。。。

あるお客さんが、バーゲンの最終日に買い物に来たのです。そしたら、主要な商品は大方売りつくされ、いかにも売れ残りっていう感じの商品しかなかったのだそうです。
そこで、このお客さん、キレました。

「売る商品も残ってないくせに、ダラダラとバーゲンバーゲン言ってんじゃねぇぇぇー!」

。。。確かに、そうなんだけどぉぉぉ。。。。
百貨店っていうところは、顧客の貴重なご意見ってヤツに激弱ですからぁぁぁ。。。
だけど、お正月なんか「早いもの勝ち」的な発想で、福袋買うために並んでますよね?
ぱんだは、売れ残りでもナンでも、ずっとずっとずーーーーっと、(できれば一年中)大バーゲンやっていて欲しいところですが。。。
まあ、この話は本当なのかどうなのか分かりませんが、嘘だとしても、良く出来た都市伝説として後世まで語り継いでもらいたいですわ。

このカバン様は、ボディは布製で、持ち手とポイントの部分が型オシの牛皮。
色が鮮やかで綺麗なのと、フリンジ(スウェード製)が可愛くて、お家へ連れて帰りました。

押すな押すなの大盛況の中、普通なら買い物なんかしている状況ではないのに、バーゲンに来たからには、何かGETしなければならないという使命感に燃えてしまうぱんだ。。。

手ブラじゃ絶対に帰れません!!!

31×18×9  お値段は、半額で 17,000円くらいでした。

2009-05-27

かっかっ髪がぁぁー!!!

ここ2ヶ月ほど、ぱんだを悩ませていたことがあります。
それは、あるシャンプーを購入して使用したところとんでもないことになってしまったからです!!

そのシャンプーは、日本では有名な銘柄です。ぱんだも若い(?)頃からちょくちょく使ってきたもので、特にトラブルもありませんでした。
最近になって、この商品はグレード・アップ化を図り、「美容液成分」なるものを開発してシャンプー内に混入させるという、画期的なことをやってのけたのでした。
それに伴い、テレビCMもお金をかけ、3分以上のロング・バージョンはハリウッド仕立ての映像で、それはそれは素晴らしいものでした。
ちなみに、出演している女優さんは、ぱんだの大好きなキャサリン・ゼタ・ジョーンズ!!ゴージャスさでは、あのアンジェリーナ・ジョリーに唯一対抗できますね。。。でも、セクシーさでちょい負けかな。
(この時点で、何の銘柄がピンときましたね?)

実はぱんだ、あのカッコ良いCMに乗せられてお試し用のセットを買わず、無謀にも、いきなりのポンプボトル購入!!!

そして。。。

わくわくしながら使ってはみたものの、なんか。。。これは。。。という、微妙な違和感を覚えるのです。
お風呂から出てきてドライヤーをかけていると、指に何かくっついてくるような気がして。。。

次の日!!!!
ぱんだの髪の毛、ベッッッタベタやぞ!!!(by ザ・ブングル)

ショックでもう、どうして良いかわかりません。
でも、ポンプで買ってしまった以上、もったいないので次の日も使用。その次の日も使用。
何だかんだで、貧乏性のぱんだは我慢しながら10日ほどこのシャンプーを使いました。
11日目にして、ようやく我慢の限界に達し、別のシャンプーを買ってきました。
でも、なかなかベタベタは直りません。

月に一度通っている美容院の店長さんが、ぱんだの髪を見て一言。
「。。。。。ヤバイッスね。。。。。。でも、ツヤ、。。。スゴイッスね。。。」

そりゃあそーでしょぉぉー!!!ベッタベタなんだからぁぁぁー!!!!
もう、1週間くらい洗髪していない人のようになっちゃってます。。。(号泣&嗚咽)
まず、泡がたたないし!!!
洗っても洗っても現状に変化なし。いろいろなシャンプーを買いまくって試してみましたが、中には、逆に酷くなったものもありました。
完全に、シャンプー恐怖症です。

しかたがないので、このメーカーのお客様相談室にメールを出しました。(遅いわっっ!)
そしたら、さすがに大きい会社だけあって対応が素早い!

何でも、「新しく開発した美容液成分が髪に付着したまま落ちなくて、稀にこのような状態になってしまう方がいらっしゃいます」とのこと。
当社で一番洗浄力の強いシャンプーを送るから、それで洗ってみてくれというのです。
(美容成分って、どんな成分じゃぁぁ!!責任者出てこぉぉーい!!!って言ってやりたかったのですが、小心者のぱんだにはとても言えません。フホホホホホホホ。。。)

そして。。。
送ってもらったシャンプーで、洗いましたよ。もう、藁をもつかむ思いって、まさにこれですよ!
毎日3回づつ、必死にゴシゴシと洗うこと1週間。。。(絶対に髪にはマズイ洗い方ですわっ)
やっと光明が見えてきました! 長かったです。。。ベタベタ感が消えていき、今では元の状態になりつつあります。
ジーザス!
髪は女の命!! 生きていれば、どこでどんな目に遭うかわかりません。
皆様も。。。気をつけなはれや!(by Wエンジン)

2009-05-26

<今日のカバン>VOL.14

20090526

いゃぁぁぁー、参った参った!
ぱんだ、完全に参りましたわー。(wwwwww)

このカバン様、どこでどう出逢い、どうしてぱんだの家にいらっしゃるのか、まったく、ぜんぜん、冗談抜きで記憶にございませんでした。
そう、ついさっきまで。 フホホホホホホホホホ。。。。
ぱんだ、とんでもないヤツですね、自分で自分をスリッパで殴りたいです。

カバンの神様の悪戯としか思えませんが、突然記憶が蘇ってきました。こんなことって、あるんですよねぇぇー。。。

このカバン様は、「ホワイ石原」という日本では老舗のカバン・メーカーのファミリーセールで出逢ったのでした。かれこれ、5~6年前に、友人に連れられてイソイソと出かけた「ホワイ」の渋谷本社。
オフィスを即席でバーゲン会場にして、3日間ほどシーズンアウトした商品をお安く提供してくれるのです。半期に一度の蔵出しセールですね。
まあ、これがとにかく、凄い人だかりで大変!!!!
季節は真夏。ぱんだの友人は超がつくほどスレンダーゆえ、池尻大橋の駅から20分歩いても汗ひとつかいていません。
それに比べてぱんだは。。。汗が身体中から吹き出て、滝のように流れています。
バーゲン会場に到着したとき、大盛況の混雑ぶりにもかかわらず、ぱんだの回りには空間ができておりました。皆さん遠巻きに、有り得ないほど迷惑そーーーーうに、ぱんだを避けているのでした。(泣)

そんな中で出逢ったのが、このカバン様でした。。。
デザインがイタリアっぽくて面白いし、ちゃんと牛皮なので気に入ったんだと思います。( 。。。思いますって、おいおい!!!)

それよりも、ビックリしたのは「ホワイ石原」の社長令嬢。
なんと、ぱんだの同級生だったじゃありませんか!
中学一年生のとき、同じクラスでした。ぱんだが「ホワイ」の手帳をそれと知らずに持っていたら、彼女が笑顔でやってきて「あ、それウチのだよ。使ってくれてるんだー。ありがとうー!」って言ってたような、いないような。。。(?)

そんな記憶も、会場に着くまですっかり抜け落ちていたぱんだ。
もう、自分で自分にタライを落としたいです。

27×21×7  そんな状況だったので、お値段も忘却の彼方。たぶん、半額になって6,000円前後ではないかと。。。
プロフィール

naopan555

Author:naopan555
「ぱんだ」と申します。
東京・世田谷在住のカバン大好き女子!
ダンナと猫の3匹(?)暮らしです。

☆ 応援、ありがとうございます!励みになります!


人気ブログランキングへ

☆ ブログ分析のランキング投票です。こちらも励みになります!よろしくですーっっ!
blogram投票ボタン

☆ よろしければ、ポチしていって下さいませね! 後ほど、伺わせていただきます!
おきてがみ


☆ ようこそいらっしゃいました! ご訪問、ありがとうございます!



☆ 2009.7.24より、カウントスタートしまーす!

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
<今日のタロット>
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード