--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017-10-09

song & dance Broadway WORLD MUSICAL CONCERT

一昨日ですが、渋谷のシアター・オーブで開催された海外のスターたちがわんさんご出演するコンサートに行ってきました。
毎年、ここの(オーブ)コンサートは楽しみにしているのですが、なんと、今回は我らがアッキーがゲストでご出演。

凄ーい。

わーいわーい。

いやいやいや、でもでもでも。。。

アッキー、頑張ってたなー。 下手すると、自分のコンサートよりも頑張っていたのではないでしょうか。
ブロードウェーや、ウェストエンドで大活躍しているスターさんたちの前で、いいとこ魅せつけたかったに違いないですね。

うーむ。。。

彼が歌ったのは、アンコールを含めて3曲です。
一曲目は、ミス・サイゴンより「世界が終わる夜のように」を、デュエットで。
もちろん、英語バージョンです。 普段は、日本語でのデュエットですが、今回は間違えないように、相手に合わせるようにと務めていて、ハンパなく上手なパートナーに必死で付いて行っていました。 

二曲目は、ソロでウェストサイド・ストーリーより「サムウェア」。
いやー、参った。 気合が違ってた。 天才でも、緊張するんですね。 「極限状態の中でパフォーマンスしています」感が、バシバシ伝わってきました。 今までの人生で、一度も聴いたことのない「サムウェア」でした。

三曲目は、アンコールなので合唱でした。 以前、マイアミ・サウンド・マシーンが一世を風靡した曲、「コンガ」。
早口言葉のような歌詞を、もうもうもう、それこそ必死でくらいついてました。 頑張った!!!!!
よくぞ、オファーを受けてくれました。

アール・カーペンター、エリック・グーンジー、ウィレマフィン・フェルカイック、シボーン・ディロン(敬称略)の4人が、入れ代わり立ち代わり出てきちゃあ歌い倒して引っ込みます。
前半は、「ニューヨーク」を題材にした楽曲ばかりで、アッキーが得意(?)なバリー・マンの「オン・ブロードウェー」なんかもセット・リスト入りしていました。
「あれ? アッキーの方が上手い?」 とは、ファンの贔屓目かもしれませんが、彼らは自分の持ち歌に全力投球するためか、曲によっての力配分が感じられました。 そこは、いつでも全力疾走してしまうアッキーにはない部分で、ある意味、プロの仕事を目の当たりにしたといいますか。。。 もちろん、アッキーもプロ中のプロなんだけど、その辺は意識レベルの差なんでしょうね。

脚の長ーーーーーーい、ロングドレスにピンヒール姿(たぶん、身長は180センチ超え)の美女に囲まれたアッキー。。。なんか、根本的な土俵そのものが違うと感じたのは、ぱんだだけでしょうか。

アッキーは、自己紹介の際、「君は、今まで、どんな作品に出てきたのかい?」とスターさんに質問され、たじたじオロオロしながら、過去の作品の名前を列挙し、いちいち代表曲を歌で口ずさみながら説明していました。 そのあたり、事前に打ち合わせなどがあったと思うけれど、「え?ええっっ?」って感じで、すり合わせがなかったのではと思うほど一生懸命の説明でした。
それに対して、スターさんたちは「凄いっっ」でも「素敵~」でもなく、「ふーん・・・・」って感じのリアクション。
なんか、悲しかったなー。
日本では有名でも、世界では無名に近いってことをハッキリ知らしめられたような一幕でした。

まー、大枚12000円払って観に行った分は取り戻したかな。。。

アッキー、お疲れ様でした。
良かったよー。 ぱんだ的には、いつもの数倍、良かったよーっっ。

スポンサーサイト

2017-10-02

中川晃教コンサート2017 「Season Of Love」

久しぶりに、アッキーのコンサート行った気がするなー。
今まで、ゲストで呼ばれた他人のコンサートばかりだったもんなー。。。

なので、喜びいさんで行ってみたわけですよ。 場所は、お初の東京・明治座です。

いやいや、何の予備知識も仕入れずに、ただアッキーのコンサートだからとチケットを購入していたので、今回が「ライブ・アクト」なる副題めいたものがくっついているとは露しらず。
同行した友人に、開演前にチラッとそんな感じのことは聞いたのですが、「へー。。。」と、いまいちピンとはきていませんでした。

で。

開演ですよ。

幕が上がったとたんに、青白い照明に照らされた横笛を吹く裃姿の男性がセンターに現れ、ピヒャァァァーーーーーッッッッッと一発かましたかと思うと、その後方では、まだ少女のようなあどけなさのダンサーが妖しく身体をクネクネさせております。
そして、朗読者が出てきたかと思うと、寺山修司氏・作の本読みが始まり、その世界観を堪能せよとは。。。

合間に、アッキーが出てきて歌います。 

そして、また朗読くん登場。 アッキーも朗読してたけど、メインは伊礼くん(自称、詩人らしい)という名のシンガー(???)がしんみりとやっちやっております。
ぱんだ的には、「あー、なるほど。こーいうことね」と思いながらも、昼ごはんを食べすぎたせいか眠気が急激に襲ってきて、本当に申し訳ないけど。。。 寝ました。 あくびなんか、10回くらい出た。

だってだって。

99%以上が女性客なのを知ってか知らずか、「女が男に飽きられて捨てられ、それでもまだあきらめずにずーっと男を待ち続ける」なんていうハナシを延々とやられても。。。 なんというか。。。 共感しずらいとでもいいますか。。。今時、時代錯誤も甚だしい内容となっておりました。 まー、全部とは言いません。 中には、ほのぼのした話もありましたが、なんせ長いっっっ。 

アッキー、どうしたいのかなー。 ヨッシーの「星の王子様」みたいな舞台を目指してたのかしら?

後半は、ようやくアッキーのコンサートのみとなり、寺山修司の世界観は静かに消えていきました。
正直、ホッとしちゃいましたよ!! わー、いつものアッキーに戻ったーっって。。。

アッキーは、朗読劇には、いくつかご出演しているけれども、自分のコンサートに入れ込むのは、賛否両論かと思います。
ぱんだ的には、もう二度とやらないで欲しいところ。 やるなら、ちゃんとそれなりのプロを呼んできて、もっと徹底してやってくださいってハナシです。 実験的に、いろいろ試してみたい気持ちはわかりますが。。。 中途半端は勘弁してください。

ぱんだの席は、花道側の上段席で、舞台はよーく観えたんですけど、ぜんぜん盛り上がれなかったなー。
明治座とか、歌舞伎座とか、お芝居を静かに観るための構造なので、コンサートで盛り上がれと言われても、ダメな位置っていうのはあります。 オペラシティもそうですが、あそこもクラシック用に造られているみたいなので、スタンドアップして盛り上がっていいようにはできていません。 会場と演目の関係性、もう少し配慮がいるかもですね~。。 そういう意味では、明治座と朗読劇っていうのは相性は良いはずなので狙いとしてはアリなのかもしれませんが。。。 うーむ。。。 

アッキー自身は、今回もその天才ぶりを発揮して相変わらずの素晴らしいパフォーマンスでしたね。 アッキー、お疲れ様でした。 
「ビューテイフル」からの曲もやってくれたし。 歌いたかったんだろうねー、バリー・マンの名曲を!!
ぱんだは、「ビューテイフル」についてアッキーを語る気になれず、スルーしちゃいましたが。。。 だって、名曲はすべてアンサンブルが歌ってしまうなんて思ってなかったしさー。 アッキー本人も、「貴重な体験でした」と言っていましたが。。。 そりゃそーだよね。 ジレンマ炸裂だよ。 あれだけ歌える人に、メインの楽曲を鼻歌でさえ歌わせないとは。

今回は、観客を置いてけぼりにすることもなかったけれど、「ダンスと朗読」の企画は、ライブとしての盛り上がりには欠く要素になってしまいました。 まー、あくまでも、ぱんだ個人の感想ですけども。

年末、ぱんだはアッキーでは初の遠征に行きます! いい歳して何やってんだと思うけど、いい歳だからできる事かもしれません。
クリスマスに、京都でアッキー節を堪能してきます!

2017-09-22

岡本知高 concerto del sopranista 2017-2018

最近、この手のコンサート、行ってなかったなー。。。

岡本さんといえば、言わずと知れたソプラニスト。 アッキーがゲストでご出演なので、台風18号が近づきつつある中、行ってきましたよー。

岡本さんとアッキーの競演は、ミュージカル「ピトレスク」。 2013年くらいだったですかね。大好きな演目で、何度でも観たいと久しぶりに思ったんですよね。
内容は、ちょいと暗めだったんですが、出演者が全員ぱんだ好みのプロたちで、全員が「ザ・上手い」のです。 楽曲も素晴らしかったし。
そんな中、岡本さんは一人異彩を放っていて、そのド迫力ボーカルはアッキーもたじたじ(?)なほどでした。

それが今度、コンサートツアーの初日のゲストとしてアッキーとまたまた競演し、「ピトレスク」からの楽曲を二人でデュエットしてくれました。

場所は、東京オペラシティコンサートホールです。 ピアノ一台だけの美して旋律に、岡本さんの美声が響きわたります。
セットリストも、よく考えて構成されており、流暢なMCも最高でした。

アッキーは、弾き語りでデビューシングル曲のソロと、どっちが野獣かみわけがつかない「美女と野獣」をまたまた岡本さんとデュエット。 あくまでも、「美女」の方が自分だと言い張る岡本さん。。。 なんか、可愛い人ですね。
でも、アッキーはなんだか顔色が冴えず、元気いっぱいではなかったです。 まー、いろいろとゲストで呼ばれたり自分のコンサートの準備やらでお疲れなんでしょうね。

ぱんだのご近所さんの友人が、岡本さんの衣装をすべて手掛けている方らしのです。 あのバカでかい衣装、いつみても凄いですよね。 ゴージャスを通り越して、ハイパー・ゴージャスとでも表現しましょうか。 岡本さんは、あの衣装を身にまとった瞬間に、スイッチが入るんだと思います。 ぱんだは、今アクセサリー作家などをやらせていただいておりますが、お客様が身に着けたとたんにテンションが上がるようなモノ作りができればと、岡本さんの衣装を通じて、しみじみと思いました。

普段は、「アッキー」「トモチン」と呼び合う仲の二人は、素晴らしいパフォーマンスで観客の心をわしづかみにしてくれました。


2017-08-23

ミュージカル 「ビリー・エリオット」

20170823_162941.jpg

うぎゃー。。。
アッキーの「ビューティフル」もアップしていないのに、今日観てきた「ビリー・エリオット」、興奮冷めやらぬままパソコンに向かっております。
皆様、本当にご無沙汰しております。 パソコンがぶっ壊れたという超難関アクシデントがありまして、精神的ダメージが強くてブログのアップどころの騒ぎではなく。。。

でも。

今日は特別です。
なんたって、こんなに素晴らしい作品を観ることができたのですから。

この作品は、もともと「リトル・ダンサー」という映画でもお馴染みになりましたね。 ぱんだは、映画も観ましたがそれほどの感動は感じずに、WOWWOW放送で海外舞台版を観ました。 画面に釘付けでしたが、泣くほどではなく。。。
今回の初日本人版では、ダイレクトに歌詞を受け取ることができるせいか、泣いて泣いてしかたがありませんでした。
ミュージカルを観て、これほど涙が出たのは、四季版の「サウンド・オブ・ミュージック」以来。

ストーリーは、イギリスの炭鉱の町に生まれた少年が、あるきっかけでバレエ・ダンサーへの道を切り開くというもの。 これだけ聞くと、単純に思えるのですが、マーガレット・サッチャー時代の炭鉱町はさびれ始め、炭鉱夫になる以外に生きる道のなかった20万人の男たちをストライキに駆り立てその後の人生を大きく変えて行くのです。
そんな中で、貧しい父が息子に下したのは、ロンドンにあるロイヤルバレエスクールへのオーディションを受験させることでした。 母を亡くした息子と、妻を亡くした父の葛藤、場末のバレエスクールの先生の情熱が観客の心をグッとさせるのです。
そして、なによりも主演であるビリーのバレエ技術たるや。。。 凄いの一言です。
四季の「サウンド~」もそうでしたが、今回も子役たちが一所懸命頑張っています。 特に子供好きというわけではないのですが、ぱんだは子供が舞台で頑張っている姿にめっぽう弱いようです。

ビリー役の彼らは、間違いなく将来の日本のミュージカル界を背負って立つのでしょうね。 全員ではないでしょうが、2時間30分という長時間を、座長として引っ張ったという経験は、何にも代えがたいものです。

お父さん役の、益岡徹さん! 素晴らしかったーーーーっっ。。 ウィルキンソン役の柚木礼音さんも素敵でした。 Wキャストの島田歌穂さんのも観たかったなー。。。 でも、ウイルキンソンのイメージは、柚木さんのほうがあっているかも。
オールダー・ビリー役の栗山さんも良かったです。 完璧に近い大貫くんの向こうを張って、堂々たるダンスを披露してくれました。

音楽は、あのエルトン・ジョンがやっています。 派手さはありませんが、しっとりと泣かせてくれる楽曲たち。。。 良いです!

このミュージカルは、本当に「ザ・当たり」です。

10月1日まで、赤坂ACTシアターで上演中。 終演後、リピーター用のチケット売り場に人がドドドとなだれ込んでました。 わかるわー。 もう一度観たくなる気持ち。 ぱんだも、今度は吉田剛太郎(お父さん役)さん、島田歌穂さんバージョンで観てみようかなー。。。

上のお写真は、カテコのラストで、ビリー役と友達のマイケル役の子たちが、スマホ撮影オーケーってことで出てきてくれました。

夏休みの思い出に、お子様とご一緒にいかがでしょうか。 実際、ぱんだの臨席に座っていたのは12歳くらいの男の子でした。 ビリーみたいな子だったなー。 オーディション受けた子かもしれないなー。。。 ふむふむ。。。




2017-07-05

「NAO・f」公式HPリニューアルしました! 

013.jpg

おおおーーーっっ。。。

またまたご無沙汰です。

カバン様はおろか、アッキー・ネタさえ怠っている今日この頃。 心を入れ替えようとしている気持ちだけは、あるんですーっっ。

ってことで、「NAO・f」のHPに、マクラメコーナーを作りました。 宜しければ、そーっと覗いてみてごらん~。。。って、みんなでお遊戯はしていませんが、宜しくお願い申し上げます。
こちらにも、ブログをアップさせていてます。重ねてよろしくですーっっ。


アッキーは、先月にオリンピック・コンサートにゲスト出演して2曲だけ歌ってくれました。 アッキーの出番少なかったけど、行って良かったです。 感動・感動・感動の連続。 もちろん、オリンピア・アスリートたちの映像が泣けるため!!!
オリンピックに出場したことのある人を指して、オリンピアっていうのですね。 ぱんだは、以前、オリンピッカーと呼んでましたが。。。 さらに、ブルー・シーツの方々をダンボーラーと呼んでたり。(なんて脈略のないハナシだっっ)

カバン様も、アップしたいので、どうかどうか、皆さま、お見捨てなきよう。。。

ザ・頑張ります。


プロフィール

naopan555

Author:naopan555
「ぱんだ」と申します。
東京・世田谷在住のカバン大好き女子!
ダンナと猫の3匹(?)暮らしです。

☆ 応援、ありがとうございます!励みになります!


人気ブログランキングへ

☆ ブログ分析のランキング投票です。こちらも励みになります!よろしくですーっっ!
blogram投票ボタン

☆ よろしければ、ポチしていって下さいませね! 後ほど、伺わせていただきます!
おきてがみ


☆ ようこそいらっしゃいました! ご訪問、ありがとうございます!



☆ 2009.7.24より、カウントスタートしまーす!

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
<今日のタロット>
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。