FC2ブログ

2019-02-25

祝! ラミ・マレツクさんアカデミー賞最優秀主演男優賞

いやー、やってくれましたねー。
ぱんだは、リアルタイムでwowwowの放送を見ておりましたが。。。
下馬評では、誰も獲れるなんて思ってなくて、別の賞(ゴールデングローブ賞とか)を貰って満足かなと思っていましたが。

本国イギリスでは出来についての評判も悪く、まさかのロングランヒットに誰もがあっと驚いていた「ボヘミアン・ラプソディー」に、5部門ノミネートのうち、4部門でのオスカー受賞とはっっっ。
編集賞、音響賞、ミキシング賞に加えての主演男優賞。

対抗馬である、他の俳優たちが粒ぞろいでしたし、ぱんだの予想では、「グリーン・ブック」のヴィゴ・モーテンセンか、「バイス」のクリスチャン・ペールのどちらかに決まりでしたから。

思わず、遠い日本のお茶の間で、「うぉおおおおーーーーっっっ」と拍手喝采してしまいました。
「QUEEN」に思い入れのある日本人は、皆、一様に嬉しいのではないでしょうか。

フレディ役のラミ・マレック氏、嬉しそうでしたねー。 割と、背が低いんですねー。 隣にいた奥様(?)より確実に低かったので、178センチくらいのフレディ役は大変だったのでは。
今見比べてみても、とっても重要なご本人のフレディ役であるラミ氏が一番似てないかも。
でも、映画では間違いなくフレディがそこに居たんですよね。 他の誰よりも、クォリティが高かったし、渾身の演技で我々を「QUEEN」の世界に引きずりこんだのは事実です。

スピーチも、とても良かった。
「天国のフレディ、ありがとう」なんて一言も言わないところが良かったと思う。
移民としての自分の苦悩は、そのままフレディの苦悩に繋がり、これは「自分の物語」であると断言してました。

オープニングを飾った、ブライアン・メイ、ロジャー・テイラー、アダム・ランバートのパフォーマンスも最高でした。
何時くらいに出てくるんだろうと思ったら、なんと初っ端に登場して大盛り上がりのステージに。
今回は、司会者を立てずに、50名からなるプレゼンターだけで進行するという新しい試みでした。 司会者がいたら、このオープニングはありえなかったろーなー。。。

そんなこんなで、興奮さめやらぬぱんだです。

スポンサーサイト

2019-01-01

2019年よ、よろしくたのむ!

20181122_111356.jpg


謹賀新年


この写真は、去年の秋に行った箱根の「ガラスの森美術館」で撮影したものです。
美しいベネチアンのブルーグラス。 正月なので、乾杯がわりにアップしてみました。

今年は、いろいろと頑張るというより、身体の調整に励もうかと思っています。
一年の計は元旦にあり。 
去年に蒔いた種を実らせるためにも、ガタがきた身体を調整して、動きを軽くしたいと思います。
まー、これがなかなか難しいのですけど。。。

映画も、いろいろ見たいですねー。
結局、去年は「ボヘミアン・ラプソディー」くらいしか観てないんじゃないかな。
ラスト30分は、ずーっと涙が止まらなかったなー。。。 フレディの圧倒的な孤独感と、スターであり続けることのプレッシャー、父親との確執、当時はマイノリティーだった性差別や、エイズの恐怖。。。
その中でも、唯一、救いだったのがフレディ・マーキュリーというアーテイストの才能が本物だったということ。
奇抜なパフォーマンスばかりが目に焼き付いているけれども、音楽家(コンポーザー)としてのヒラメキは誰にも真似できない唯一無二のもの。
比較的仲良しだった他のメンバーたちが、彼にもうちょっと目をくばってあげていれば。。。 なんて。
デビュー当時から日本のファンは解っていたんだけど、そこは触れないで物語が進行していったのは残念でした。
ぱんだは、中学2年になったばかりの4月、初めての武道館を、QUEENで体験しました。 初来日のときです。
天井に手が届くような席でしたが、ただただ感動して心がザワザワし、学校どころではなかったような記憶があります。
そして、2度目の来日時には、羽田まで出迎えに行って、500人くらいの女の子が将棋倒しになり、なんとか抜け出してメンバーを追いかけ、フレディが着ていたフェイクファー・ジャケットの毛を5本ほどむしり取ったこと、今でもハッキリと瞼によみがえります。
いやー、我ながら、若かったんですねー。
その時は、実はブライアン・メイのファンだったんですけど。。。
青春だなー。

とにもかくにも。。。

今年もよろしくお願いいたします。
頑張りますー。


不肖の管理人 ぱんだ

2018-12-31

2018年よ、ありがとう!

jTYUBFtxwzCs9jPNPvzzLHGr1BCiD3ScrSekRvH8LBXclYgW4oyWSvQi4P152X1mOHixaA--.jpg

いやー、2018年、なんとたったの3回しかアップしてないみたいです。。。 怖いですー。
こんな状態で、一体この先どうしようって思ったりして。 
アッキーのネタも書かなくなて久しいしなー。 昨日、彼が主演の「サムシング・ロッテン」という舞台の千秋楽と、ファン・イベントがあったので行ってきましたが、アッキーは今年も大忙しだったので、「一年間、お疲れ様でした」と伝えたところ、満面のサービス笑顔で「はい!ありがとうございます」と言ってくれました。 本当に、お疲れ様です。
今年は、ジャージーボーイズの再演がありました。 全部で、8回観ました。 同じ演目で、しかも再演なのにこの回数は、過去に「オペラ座の怪人」12回というのに迫るものがありますが、「オペラ座~」の方は公演日数が圧倒的に多かったので、これはお話にならないくらいしつこく観にいったっつーことですね。 フホホ。

カバン様のアップも出来ずに、だんだん歳を重ねていくと素敵なカバン様よりは、より機能的で軽いカバン様に愛着が出てくるというのは、いかんともしがたいですね。 いやはや、情けないったらありゃしません。

歳といえば、右愛膝痛のため足をかばったため、暗い劇場の階段ですっ転びました。
咄嗟に、右手で重い体重を支えてしまい、ヤバイ状態に。。。 ああ、なんて年の瀬だっっっっ。
来年こそは、更新アップ3回っていうことのないように頑張ります。
最近では、SNSに押されて、ブログってどーなの?っていう時代となりましたが、ブログってやはり自分の気持ちを細かく表現できるので好きなんですよね。

それでは。。

来年も、宜しくご愛顧の程、お願い申し上げます。

不肖の管理人 ぱんだ

2018-08-11

パワーストーンについて

去年の夏より、自宅でささやかながら「アトリエ」のようなものを開始しました。
お教室ではなく、ワークショップ的なサロンになれば嬉しいと思い、おかげ様で人の出入りがある家になりました。

まー、ワークショップといっても、ここで何かを作りたいと思う方が、好きなように利用して頂ければという発想なのです。
主催者であるぱんだも、一緒に学んだりしながら楽しい時間を過ごさせていただいたおります。

以前、遊び感覚で「パワーストーン」を作っていた頃があります。
それは「誰かのため」というよりも、専ら自分自身のためで、ファッション的な意味合いの方が断然強かったのです。
ですが、最近になって、「鉱物」の面白さに目覚めました。
鉱物が人の手を流れて美しい装飾品に変化していく様が面白く、そこに「パワー」という付加価値を付けるとは。。。 なんか、これは石屋業界の単なる思い付きではなく、実際の効力があるのかもしれないと思ったのです。

なんにせよ、人間というものは「お守り」に縋りたい生き物です。 特に、日本人にはその傾向が強いのではないでしょうか。
これだけ多くの神社仏閣がある国って、世界広しといえども日本くらいだと思います。
そして、参拝するとなぜか「お土産」が欲しくなり、たーーーーーーっくさん持っているのについつい「目新しいお守り」を購入してしまう。。。 「お守り」というだけで、それは単なる「商品」ではなく、霊験あらたかな「大切なもの」に変化します。 ですが、ふたを開けてみると全国の神社仏閣に同じ商品が陳列していて、その寺社の名前が付か変わっているだけのものもあります。

だけど!!!  何故か??? 欲しくなるっっっ!!!!! WHY???

これって、日本人の哀しい性なんでしょうか。

ぱんだも、ご多分にもれず、「お守り爆買いツアー」と称して各地の有名神社を巡ったりしてますから。(。>ω<。)ノ

パワーストーンについては、勉強するたびにいろいろと理解が深まり、なかなか奥が深いものだということが判明。
確かに、ファッション以外で身に着けたい「相棒」的なパワーストーンは、お守りという要素があります。
ですが、ここで神社仏閣で売っているお守りとは全く違うものであるということも理解しました。
神仏の力ではなく、石が本来持ってる波動と、自分の「幸せになりたい」という気持ちが重ならないと意味がないのです。
たとえば、「恋愛運」とか「金運」とか、「健康運」とか、見えないものに対する願望に、石が応えるかといえば違うと思うのです。
恋人が欲しいと強く願う人が、その念というか気持ちを「盛り上げ、助ける」というか。。。 一種の自己暗示でしょうか。
おまじないみたいなものですね。
でも、このおまじないという意識が大切なんですよ。 昔から、 「病は気から」 という言葉があるように、流行りの「引き寄せ術」的な観点から言うと、「生き方」なんですよね。 たぶん。。。 身もふたもない言い方かもしれませんが、石の波動は、自分自身の気持ちによって左右されるということです。

まだまだ勉強中ですが、楽しいです。
ルールやセオリーなども本によって様々ですが、それもまた一興。
医療用の石については、特に興味深く、本当に面白いです。 太古の昔から、薬は動植物から採取していますが、鉱物に含まれている成分次第では、十分、薬として価値のあるものも沢山あるんですねー。
地球ってすごいなぁと、いまさらながら感心しきり。 ありがたいなぁぁと。。。。

将来、サロンにくるお客様や生徒さんたちに、石についてのアドバイス(鑑定)できるようになりたいですね。
相手の望みにできるだけ合わせ、100%満足できる「世界に一つだけのパワーストーン」を作る。 これは野望ですぅぅぅ。 フホホホ。。。
そのためには、先ずは自分のを作らないと。

勉強、勉強っっっっ!!

2018-08-09

ご無沙汰しており、大変恐縮です!!!

いやはや、もうじきお盆ですか。。。
こんなに長期間にわたってこのブログを更新しなかったのは、かつて無いことでした。

ご存知の方もおられると思いますが、今年に入ってからやたらとバタバタすることが多く、
婚家と実家に不幸が続き、その後の処理などが大変だったというのが言い訳のひとつです。

その他にも、精神的に辛いことや、避けられないイベント箏など。。。
まー、今年は前半から盛りだくさんでした。

そんなわけで、わずかながらでも、このサイトに遊びにきてくださる方々には、大変申し訳ないことをしました。
あまりにも怠惰なことをしていたため、当サイトのパスワードなどが使用できないことになっており、慌てて取り直した次第。。。

カバン様の紹介はもちろん、アッキー・ネタもいろいろと割愛しちゃってます。(アッキーとは、シンガー・ソングライターであり、ミュージカル俳優のトップを突っ走っている中川晃教くんのことです)
まー、アッキーの場合は、去年、彼が「ジャージー・ボーイズ」の初演に対する演技で読売演劇大賞で最優秀男優賞を獲得してからというもの、ぱんだごときがとやかく彼の何を語っていいものか、憚れるといいますか。。。
単なる演目の感想なんですが。。。

というわけで。

このサイトは、カバン様の紹介というよりは、日々のいろいろという感じになっていくと思われます。
もちろん、アッキー・ネタもやりたいですが。

アッキーといえば、ぱんだの友人が、彼をハリウッド・スターの「エイダン・ターナー」に似ているという、嬉しいような哀しい(?)ような、複雑な意見を言ってくれました。

800px-Aidan_Turner.jpg

ちょっとまってください。
このセクシーなワイルド・イケメンがアッキー?
ぱんだの好きな日本の俳優、永澤俊矢さんとの合体ですか?

まー、目のあたりなど、雰囲気??

でも、有難いです。 で、なんか「似て非なるもの度」が80%強って感じも否めないので哀しくもあります。
アッキーも、一昨年あたりに上演された「マーダー・ブラッド」という作品では、かなり大人の色気を出そうと頑張っていました。
何を言いたいのかというと、アッキーには今のままでいて欲しい気持ちと、変化(進化)して欲しいという気持ちが半々。
エイダンにはほど遠いけど、アッキー・ファンではない人から、ハリウッド・スターに似てると言われたっていうのは喜ばしいことなのでは。 フホホホホホホ。。。

さてさて。
その「ジャージー・ボーイズ」ですが、今年は9月に東京で再演されます。 その後、今回は地方にも遠征するようです。
ぱんだは、チケット7枚購入、都合6回観に行く予定です。

アホか!!!

と思われた方、ある意味正解です。
ほとんど、3日おきに観に行く週もあります。 いくら、バージョンが2つあり、それぞれに特徴があるとはいえ。。。
先ず、お金。 そして時間。 なんの考えもなしにチケットを購入するのってアホです。
しかも、最近では台風やらゲリラ豪雨やらで電車が動かないなんて状況も考えられるというのに。 まー、それを言ったら、きりがありませんが。

でも。

観て損はないと思います。
去年、なぜもっとチケット買わなかったのだろうと、大後悔したし。。。

皆さま、よろしければ、台風シーズン真っただ中の本公演、今からでも間に合うならば、絶対に行くべきです!!!

プロフィール

naopan555

Author:naopan555
「ぱんだ」と申します。
東京・世田谷在住のカバン大好き女子!
ダンナと猫の3匹(?)暮らしです。

☆ 応援、ありがとうございます!励みになります!


人気ブログランキングへ

☆ ブログ分析のランキング投票です。こちらも励みになります!よろしくですーっっ!
blogram投票ボタン

☆ よろしければ、ポチしていって下さいませね! 後ほど、伺わせていただきます!
おきてがみ


☆ ようこそいらっしゃいました! ご訪問、ありがとうございます!



☆ 2009.7.24より、カウントスタートしまーす!

パンダの時計

by Animal Web Clock
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
<今日のタロット>
無料占いプルモアpresents☆

タロット占いはココから♪
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード